ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

スリーブフラッシュ「HVL-FSL1A」ミニレビュー その1

今朝届いたソニーのスリーブフラッシュ「HVL-1A」を先ほど開梱
しました。定価8,400円です。このフラッシュの特長はサイバーショット
Pシリーズにデザインを合わせてくれているのと、カメラ本体の
フラッシュを感知して発光してくれるので、面倒な配線とかが
全然必要がないこと。


仕組みは開梱してみるまでわからなかったんですが、なんだ
電池駆動なんですね。これ1本で最強フラッシュ約480回分
になるそうです。

裏の電池蓋に電池を入れて、4段スライド式のスイッチを入れます。
スイッチのポジションはOFF、LOW、NORMAL、HIGHになっていて
光量は自分で決めるって仕組みになっているんですね。


付属のアタッチメントを使うとこんな感じで、ぴったりと。。。うーん、
あまりぴったりな感じでもないんですが、大体ぴったりと合うわけ
ですね。(本来、前の機種のDSC-P10とかに厚さは合わせて
あるんでしょうね。より薄型になったDSC-P150だと若干カメラの
方が薄くなってしまっています。)


アタッチメントは三脚穴に入る様になっているので、DSC-F717なんかにも
こうして装着することが可能なようです。試してみましたが非常に撮りづらく
なるので、あまり実用的ではないんですが。。。



スリーブフラッシュ「HVL-FSL1A」ミニレビュー その2

ということで試し撮りしたのがこれ。

距離は1.5m位離れた被写体をちょっとズームして
狙っています。この1枚目はフラッシュハイモード。


2枚目はノーマルモード。
ちなみに部屋の明かりは真っ暗に落としています。


これはローモード。ノーマルのフラッシュもたいているんですが
影がちょっと強くでてしまいますね。


これはDSC-P150の内蔵フラッシュだけの明かり。
なんかとても暗く感じますが被写体が黒いモノなので
余計にそう感じるのかも。


で、これはスリーブフラッシュをカメラからはずして被写体の後ろに
置いてみたりした写真。

ね、ちょっと面白い写真が撮れるんですよ。有線でつながっている
わけではなく、本体フラッシュの光が到達すればOKなので
こうして離れたところにフラッシュがおけるのがスリーブフラッシュの
魅力なんですよね。

ちゃんと計算すれば影の出にくい位置とかに持っていて、
より楽しくフラッシュ撮影が楽しめるって寸法な訳ですよ!!

私は型落ちの「HVL-FSL1A」を購入しましたが、DSC-V1、
DSC-W1にも対応した「HVL-FSL1B」というのがソニースタイルさんで
販売されています。

正直言って、コレは買って正解だったな!!と思いまくりです。
不自然な影が出るのがいやでフラッシュ撮影はなるべく控えて
いたんですが、ちょっとこれ活用してみよう!!

「HVL-FSL1B」の詳細はこちらです。





スリーブフラッシュ「HVL-FSL1A」ミニレビュー その3

これはちょっとおまけ。
スリーブフラッシュを真横に持ってきた写真。
うん、これが一番良い感じですね。


これはちょっとやりすぎというか斜め後方45度くらいに
もってきた写真。

光がレンズに直接入ってしまうとダメですね。


光源が画面に入ってしまうとこんな風になります。

ポケットサイズのスレーブフラッシュでこんな
遊びもできちゃうなんて、ちょっと楽しいですよね。
さぁて、コレ使って何を撮ろうかなぁ。



10月26日 火曜日

おはようございます。

早速ですが、朝一番の便で先日購入したスレーブフラッシュが
届きました。早く開けたくてウズウズしているんですが、もうちょっと
ガマン。仕事が終わったらセットアップして、今日の帰りにでも
フラッシュ撮影を楽しみたい!と思っているんですけど、なんか
天候が悪そうですねぇ。

帰りには雨が止んでくれているといいのですが。。。



sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

okaimonoken_1000.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから

 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ