デジタル一眼”α6000”店員レビュー:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

デジタル一眼”α6000”店員レビュー [┣ デジタル一眼“α”]

DSC00012.jpg

こんにちは、店員佐藤です。

本日デジタル一眼カメラ”α6000”のキャッシュバックキャンペーンの発表がありました。2014年3月発売のAPS-Cセンサー搭載”α6000”の発売から2年経ちますが、その性能はまったく色あせるモノではありません。

現にこれからデジタル一眼カメラを始めたい、という方がいらしたときに、当店で最初にオススメするのが”α6000”です。上位機種の”α6300”が今年になって発売されていますがボディ価格は倍以上に設定されていてクラスの違うカメラになっています。

上位機種がある状況で改めて”α6000”の魅力、オススメポイントをお伝えしたいと思います。

 

DSC00005.jpg

さて”α6000”の最大の魅力ですが、これは値段が安いことにつきます! カメラボディの価格もそうですが、それよりも後から購入することになるレンズの価格がAPS-Cセンサー用のEマウントレンズだととにかく安くつきます。

せっかく購入するレンズ交換が可能なデジタル一眼カメラです。交換レンズをこれからちょっとずつ増やしていってレンズ資産を作っていくんですからランニングコストも重視しないとすぐに行き詰まってしまいます。

標準ズームレンズがついてくるレンズキットを購入した後に、すぐに買いたいのが単焦点レンズやマクロレンズ。そして望遠ズームレンズ、広角なワイドズームなどを揃えていくわけですが、フルサイズセンサー搭載の”α7”シリーズで価格を比べてみると。。。(レンズの焦点距離が違っているものがありますが、それぞれのボディに相当するレンズを選択しました。)

  APS-Cセンサー フルサイズセンサー
 ボディ+標準ズーム
 レンズキット
 ILCE-6000L
 78,857円
 ILCE-7K
 162,880円
 50mm単焦点レンズ SEL50F18
 28,000円
 SEL55G18Z
 89,333円
 マクロレンズ SEL30M35
 24,000円
 SEL90M28G
 134,880円
 望遠ズームレンズ SEL55210
 33,600円
 SEL70300G
 154,630円
 超広角ズームレンズ SEL1018
 76,000円
 SEL1635Z
 143,880円
 Total 240,457円 685,603円

”α6000”にはダブルズームレンズキットが用意されているので、望遠ズームレンズ「SEL55210」もセットにしてしまえばもっとオトクになります。もちろんフルサイズセンサー搭載の”α7”と比べると画質も変わってくるのですが、それでもこの価格差の違いはすごいですよね。

うわー、デジタル一眼カメラって、こんなにお金かかるの!?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、いっぺんにこんな支出があるわけではなく自分の撮りたい写真や、必要なシーンがあるときにレンズを買い足していくことになります。

ボーナスシーズンのたびにレンズを1本ずつ買い増していく、という楽しみ方もあるのですが、そのときの出費にこれだけ差がつくわけです。

すでにデジタル一眼カメラをお使いで画質の違いがわかり、作品撮りをされる方でしたらフルサイズセンサー搭載の”α7”シリーズをオススメするのですが、今まではコンパクトなデジタルカメラしか使った事がない、サイバーショットRXシリーズからステップアップしてレンズ交換ができるカメラを使ってみたい、という方でしたら、まずはランニングコスト的に楽なAPS-Cセンサー搭載の”α6000”がオススメ。

 

さらに、APS-Cサイズのデジタル一眼カメラ”α”は現在3機種がラインナップされています。これらのモデルの比較をしてみると下記の様な違いになります。

  ”α6300” ”α6000” ”α5100”
 ソニーストア価格
(ボディのみ)
 134,880円 64,571円 54,880円
 発売日 2016年3月11日 2014年3月14日 2014年9月5日
 カメラ有効画素 2420万画素 2420万画素 2430万画素
 14bit RAW出力 ○ × ×
 ピクチャープロファイル ~PP9 × ×
 4K動画記録 ○ × ×
 位相差検出測距点数 425点 179点 179点
 コントラスト検出測距点数 169点 25点 25点
 LA-EA1/3使用時の
 AF検出方式
 コントラスト
 位相差 選択可
 コントラスト コントラスト
 連続撮影速度 11コマ/秒 11コマ/秒 6コマ/秒
 ファインダー解像度 235万画素 144万画素 ×
 タッチパネル × × ○
 ISO AUTO低速限界 ○ × ×
 ブライトモニタリング ○ × ×
 Camera Apps
 ライトトレイル対応
 × × ○
 著作権情報 ○ × ×
 マイク端子 ○ × ×
 撮影時USB給電 ○ × ×
 撮影時本体質量 404g 344g 283g

ちょっと難しい単語ばかりですね。よく分からない項目が多いかもしれませんが、大丈夫です。意味の分からない項目は最初のウチは使わない機能ということになります。

重要なのは価格差のところで、上位機種の”α6300”と”α6000”では価格が倍も違うことがわかります。機種名は6300というとマイナーチェンジモデルみたいな感じなんですが、機能面では1クラス上の機種です。

DSC00025.jpg
※写真左が”α6000”で右が”α6300”です。α6300の方がややボディに厚みがあります。

4K動画撮影ができるのと、他には”α7S2”にしか機能実装されていない「S-Log3」での撮影ができたり、マイク入力端子があるなど動画撮影のマニアックな機能が搭載されています。AF性能はさらに強化されている面もありますが、それでも価格が倍というのは写真撮影を中心に考えるとちょっと高いかも。

ちなみに134,880円のボディ価格はフルサイズセンサー搭載の”α7”と同じ価格です。

 

DSC00001.jpg

クラス下には”α5100”というソニー”α”のエントリー向けモデルもあって、女性向けの可愛いアクセサリーなども用意されています。価格も1万円ほど安く設定されているし、”α6000”よりもさらにボディがコンパクトでたなびいてしまわれる方もいらっしゃるかもしれませんが、この”α5100”を使いこなそうとするとちょっと厳しいんです。

実際に使い比べてみたことがあるのですが、”α6000”にあって”α5100”にないものはファインダーだけではないんです。設定を操作する際に頻繁に利用する「Fn」キーがないんです。

DSC00001.jpg

この「Fn」(ファンクション)キーを使うことでファンクションメニューに設定した12個のショートカットメニューを呼び出して素早く設定を変更していくのですが、”α5100”にはそれがないため、メニューボタンから階層を降りていってひとつひとつの機能を呼び出す必要があります。

最初のうち、タッチパネルを使っておまかせオートモードで撮っている分には良いのですが、写真の勉強をしてプログラムオートや絞り優先モードなどを使い始めると急に使いにくいカメラになってしまうんです。

これからデジタル一眼カメラ”α”を使いこなすぞ!という方には”α6000”がはやりオススメなんです。

 

DSC00002.jpg

さて、”α6000”が発売になったのは2014年の春でした。その前のシーズンにフルサイズセンサー搭載の”α7”が登場しついに登場したフルサイズミラーレスカメラに世の中が盛り上がったあとだったので、その直後に登場したAPS-Cセンサーのカメラが注目されるはずもなかった。。。はずなのですが、これがまた大ブレイクしてしまいました。

ほぼ全面を覆う179点の像面位相差AFが搭載され、位相差AFで動作しているときの表示がインパクトありまくりだったんです。

コンティニュアスAFというのは、シングルAFとは違いシャッター半押しで「ピピッ」とフォーカスが合うのではなく、常に被写体を探してフォーカスを合わせ続けてくれるモードです。

コントラストAFでコンティニュアスAFモードで使うと、単焦点レンズとかでたまに画像がブヨブヨと動いてしまうことがあります。これはコントラスト AF特有の動きでAFが合っているかどうかをピントをわざと外してピントの山を見つける現象なんですがα6000の場合、像面位相差AFだけで動くので、そのブヨブヨした動きが起こりません。

従来のコントラストAFではあり得ない様な動作でAFを合わせ続けてくれるこのAF機能にびっくり。α6300の登場まで、このα6000を持っていろいろなものを撮りに行かせてもらいました。

A6000
"α6000"+SEL70200G F4.0 1/800秒 焦点距離178mm相当

☆当店blog 14.6.25「デジタル一眼“α6000”の連写でGO!」 

これは品川で撮影した新幹線。鉄道写真というと置きピンというあらかじめ手前にピントを合わせておいて、そこに列車が来たらシャッターを押す、ということをしていたと思うのですが、これはロックオンAFという機能を使って、新幹線が向こうから来たときに顔にマークを合わせて被写体を認識させ、あとはフォーカスを自動で追尾させて撮ったもの。

DSC00011.jpg

こんな状態で認識させ、あとはフレーミングしておいて良いところに来たところで秒11コマ連写、とかしていました。

DSC00001.jpg

なんせ、この赤いエリアが像面位相差AFのゾーンになるんです。100%ではないですが、そんなに端に被写体を置くことはないですからね。 

DSC00001.jpg
α6000+SEL70200G F7.1 1/500 焦点距離200mm(35mm判換算300mm)

☆当店blog 14.4.25「『SEL70200G』で撮るエアフォースワン」 

国賓として2014年の春に来日していたオバマ大統領のお見送りにも行ってきました。APS-Cセンサーだと焦点距離は1.5倍になります。200mmのレンズでも300mm相当の望遠レンズとして使えます。SEL70300Gがあれば450mm相当になるわけで望遠撮影についてもAPS-Cセンサーは有利。 

L1018と、α7S+SEL1635Zで撮影開始。α6000は3秒間隔、α7Sは10秒間隔で撮影を始めます。


α6000+SEL1018 カスタム設定 プログラムオート 3秒間隔にて 12月14日16時47分~約50分撮影

☆当店blog 14.12.15「α7Sとα6000で撮る『堂平天文台からのふたご座流星群』」

ソニーのEマウントボディでは「Camera Apps」というカメラ用のアプリを後からインストールすることができます。無料のアプリもあり撮影した写真をスマートフォンに自動で転送することなどもできるのですが、私のお気に入りは「タイムラプス」アプリです。

静止画を長時間一定間隔で撮り続けて後から動画にするもの。これは流星群を見に行ったときの夕暮れを撮影したものになりますが、こんな撮影にも使えます。 


α6000+SEL1018 「明るい夜空」設定 露出-1.3EV、5秒間隔、光跡4 12月14日18時42分~約80撮影

これもまた別のアプリで「スタートレイル」というアプリです。星の動きが軌跡として残る動画が撮影できます。これで流星が撮れるかな?という実験だったのですが、一つだけ写っているみたいです。

DSC00001.jpg
α6000+SEL18200 F6.3 1/80秒 ISO400

シャッター速度を遅くしてわざと背景を流して撮影する「流し撮り」なども、このカメラでよく練習させてもらいました。

上記機種に搭載されている基本的な機能はこのカメラでほとんどの事ができます。まさに最強の入門機です。

こちらのカメラが今日から11月6日まで10,000円のキャッシュバックキャンペーンの対象モデルになりました。

mainvisual.jpg
★ソニーストア 「秋のカメラキャッシュバックキャンペーン」のご案内はこちらから

熊本の震災の影響でこのα6000も供給が止まっていたのですが、やっと復活してきてのキャンペーンです。この夏はデジタル一眼カメラの入門者さんにオススメするカメラの在庫がなくてご迷惑をおかけしましたが、今なら全力でオススメできます。

当店店頭には実機展示もあります。是非「芸術の秋」を目指してα6000でデジタル一眼デビューをしてみてはいかがでしょう!?

 

ILCE-6000Y_A.jpgデジタル一眼カメラα6000
ダブルズームレンズキット
ILCE-6000Y
ストア価格99,880+税
 ソニーストア長期保証選択
 ・5年ワイド:10,476円+税
 ・3年ワイド:無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
 製品サポートページはこちら
 
ソニーストアのご利用はこちらから.jpg
発売日:2014年3月14日
ソニーストア購入特典:
 送料無料 ソニーカード決済で3%オフ 3年ワイド無償
テックスタッフ店頭購入特典:
 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
  先着でカメラ座布団プレゼント!(無くなり次第終了となります)

ILCE-6000L_A.jpgデジタル一眼カメラα6000
パワーズームレンズキット
ILCE-6000L
ストア価格78,857+税
 ソニーストア長期保証選択
 ・5年ワイド:7,619円+税
 ・3年ワイド:無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
 製品サポートページはこちら
 
ソニーストアのご利用はこちらから.jpg
発売日:2014年3月14日
ソニーストア購入特典:
 送料無料 ソニーカード決済で3%オフ 3年ワイド無償
テックスタッフ店頭購入特典:
 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
  先着でカメラ座布団プレゼント!(無くなり次第終了となります)

ILCE-6000.jpgデジタル一眼カメラα6000
ボディのみ
ILCE-6000
ストア価格64,571+税
 ソニーストア長期保証選択
 ・5年ワイド:6,667円+税
 ・3年ワイド:無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
 製品サポートページはこちら
 
ソニーストアのご利用はこちらから.jpg
発売日:2014年3月14日
ソニーストア購入特典:
 送料無料 ソニーカード決済で3%オフ 3年ワイド無償
 同時購入で社製アクセサリーが10%OFF
テックスタッフ店頭購入特典:
 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
  先着でカメラ座布団プレゼント!(無くなり次第終了となります)

☆当店blog 15.5.16「『レッドブル・エアレース』予選に行ってきました」 
☆当店blog 14.12.15「α7Sとα6000で撮る『堂平天文台からのふたご座流星群』」 
☆当店blog 14.11.14「デジタル一眼カメラ"α6000"に新色ホワイトボディが追加」 
☆当店blog 14.10.30「Camera Apps「スマートリモコン」が配信再開」 
☆当店blog 14.10.30「"α7""α6000"の本体ソフトウェアアップデート」 

☆当店blog 14.9.5「α6000とα5100で新幹線連写対決」 
☆当店blog 14.6.25「デジタル一眼“α6000”の連写でGO!」 

☆当店blog 14.5.27「シューキャップ『FA-SHC1M』入荷」 
☆当店blog 14.4.25「『SEL70200G』で撮るエアフォースワン」 
☆当店blog 14.4.24「無料Camera Apps『スマートフォンシンク』リリース」 
☆当店blog 14.3.23「環状2号線開通ウォーキングイベントに行ってきました」 

☆当店blog 14.3.13「"α6000"がいよいよ出荷開始 製品版実機開梱レポート」 
☆当店blog 14.2.14「全面位相差AF搭載 新型デジタル一眼“α6000”実機レポート」 
☆当店blog 14.2.13「『CP+ 2014』ソニーブースレポート」 
☆当店blog 14.2.12「ソニーヨーロッパにて”α6000”が発表」

 

ソニーストア
★ソニーストアのご利用はこちらから

 


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

okaimonoken_1000.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから

 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ