『SRS-LSR100』製品版実機開梱&セッティングレポート:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『SRS-LSR100』製品版実機開梱&セッティングレポート [┣ BRAVIA & Home AV]

DSC00001.jpg

こんにちは、店員佐藤です。

敬老の日直前に発売になったお手元テレビスピーカー「SRS-LSR100」ですが、先週土曜日から出荷が始まっています。我が家にも届いているんですが、それは来週、義父へプレゼントするための秘密兵器。

先に、店頭展示用に到着した製品版モデルのセッティングを自分でやってみましたので、そのレポートです。意外と困ったことが起こっていて試してみてよかった、ということが多々ありました。

 

DSC00002.jpg

製品の概要は今まで何度かレポートしているので、詳細はそちらでご覧いただければ幸いです。

☆当店blog 15.9.2「『SRS-LSR100』ショールーム展示レポート」 
☆当店blog 15.9.1「『SRS-LSR100』実機15分レポート」 
☆当店blog 15.8.26「お手元テレビスピーカー『SRS-LSR100』新発売」  

充電池を内蔵しており、音声発信部が充電クレードルを兼ねている製品。リモコン信号は赤外線ですが、音声信号は無線電波で届くためしっかりと音が届くのと、リモコンについているスピーカーが2ch+バスレフという、しっかりしたワイヤレススピーカー仕様になっている、というのがウリ。

リモコンに簡易スピーカーがついたのではなく、本格的なワイヤレスオーディオスピーカーにリモコンをつけた、という仕上がりになっているところが今までのリモコンスピーカーとの違いです。 

ショールームでのテストでは、付属のACアダプターを使わなくてもテレビ側のUSB端子からの電力だけで駆動することができることもわかりました。なので、今回はブラビアのUSB端子から電力をもらうことにしてUSBケーブル、音声ケーブルをブラビアとだけつないでセッティングしたいと思います。

DSC00003.jpg

音声ケーブルは2種類はいっています。光デジタル(写真左)とステレオミニケーブル(写真右)です。

両方使う必要はなく、どちらか片方だけ使えば良いことになっており、光デジタルケーブルの方が高音質だしセッティングも簡単だし。。ということで、光デジタルケーブルで今回はつないだんですが、これが裏目に出ました。

光デジタルケーブルは環境によって良いことばかりではなくなります。アナログケーブルの方が使い勝手が良かったりすることもあるんです。それを今回はまざまざと体験することになります。

ちなみにケーブルの長さはマイクロUSBケーブルを含めて全て1.5mで統一されています。実際には光デジタルとマイクロUSBケーブルはやや短めでプラグをのぞくと1.4mの長さしかないんですが、まぁ、大体一緒くらいです。

DSC00004.jpg

うちみたいに壁掛けセッティングをしていると光デジタルケーブル、USBケーブルをつなぐだけで、一度壁から外さないといけないので結構セッティングが大変なんです。

接続するテレビは2015年製のAndroid OS搭載4Kモデル「KJ-55X9300C」です。

マイクロUSBケーブルと光デジタルケーブルをつないでテレビの脇にSRS-LSR100を置いてみました。

DSC00005.jpg

わかりにくいのですが「充電」の文字の下にあるオレンジのランプが点灯しています。これでスピーカーリモコン本体の充電をしています。満タン充電で約16時間の利用が可能。

ACアダプターを使わなくてもテレビからのUSB給電だけで充電も音声出力も可能です。

 

そして、ここで問題。セッティングは済んでいるんですが、SRS-LSR100から音声が出てきません。

DSC00006.jpg

取扱説明書を読むと、音が出ないときの対処方法としていくつかのチェック項目を挙げてくれています。光デジタルから音声出力をしている場合は出力フォーマットをPCMにする必要があります。

KJ-55X9300Cの音声出力設定をチェックしてPCMに切り替えます。

まだ音が出ません。

DSC00007.jpg

結果的になにが問題だったのかというとスピーカー出力を「テレビスピーカー」にしていたためで、これを「オーディオシステム」に切り替えると音声が問題なく出てきました。

DSC00008.jpg

当店のブラビアはAVアンプをHDMIケーブルで接続しているのですが、こちらに音声出力を直すとSRS-LSR100からも音が出てくる、というのがわかりました。

なるほどなぁ。こうしてAVアンプをシステムにつないでいると、そういう問題が出てくるのか。テレビスピーカーからの音声出力時にSRS-LSR100を使うことは出来ません。意外と不便というか融通が利かないというか。。。

同様にBDレコーダー→AVアンプ→テレビという流れで接続している場合も、SRS-LSR100がつないでいる光デジタル端子から音声信号が出てきません。この場合はAVアンプでテレビ音声を出してしまっていて、テレビに音声出力がされていないんでしょうね。

なので、こうしてAVマルチアンプなどを使っている場合などは光デジタルケーブルを使わずにアナログケーブルでヘッドホン出力から音声信号をもらった方がシステム構築が簡単になると思います。

単に音質優先で光デジタルケーブルを選ぶよりも使い勝手でよりわかりやすいアナログケーブルを選んだ方が良いこともあるようです。

DSC00010.jpg

ま、それでも一度視聴が始まれば、快適な音声空間を作ることができます。2ch+バスレフのステレオ音声は手元で鳴らすのには良いバランスで聞こえます。

決して安っぽい音声出力ではなく、これはオーディオシステムレベルのもの。お年寄り向けのスピーカーとしてだけではなく、普通に小型スピーカーとして使えると思います。

そして、ここでさらにもうひとつ困ったことが発覚。

DSC00011.jpg

こうして2015年モデルのブラビア「KJ-55X9300C」の場合に限るのかもしれませんが、テレビ画面がホーム画面になるとSRS-LSR100ではもうなんの操作もできなくなってしまうんです。

DSC00012.jpg

テレビ付属のリモコンには「ホーム」ボタンや各種キーが満載になりますが、SRS-LSR100にはホームボタンも戻るボタンもないのです。

そのため、一度ホーム画面に入ってしまうと、SRS-LSR100ではそこから抜け出せなくなります。

DSC00013.jpg

2015年製の4Kブラビアでは、付属のリモコンを使って一度十字キーで入力切替の地デジなりBSに切り替えないとAndroid OSのホーム画面から抜けさせない様になっているんです。

DSC00014.jpg

リモコンには「入力切替」というボタンもあるので、それも試してみるのですが、ここで地デジやBSを選んでも切り替わらずにホーム画面に戻ってしまいます。

結果、2015年製のブラビアを使う際はSRS-LSR100だけではなくテレビリモコンも必ず必要、という答えになってしまいます。

【追記】

その後、いろいろ試していたところ入力切替を押しまくって上から下へ一周させてから地上デジタルなどで止めて、しばらく待つと地デジが映ることが判明しました。なんとかホーム画面から抜け出すこともできます。

ちなみに自宅のブラビアはチャンネルボタンを押せばそれだけで地デジが映るし、チャンネルの送り・戻しボタンでもそうです。こうした使いにくさがあるのは2015年のAndroid OS搭載ブラビアだけの話かも。

2015年製のブラビアと組み合わせて使われる方は要注意です。

DSC00015.jpg

そんなわけで、今回はいろいろ思い通りにいかないセッティングの例を挙げてみたんですが、AVアンプをつないでいない、またAndroid OS搭載テレビではない、ということであれば、こういう問題も起こらないと思います。

操作できるのはソニー製のテレビでだけではなく、他社製テレビでもOK。CATVのセットトップボックスでも利用可能となっています。義理の両親の家がケーブルテレビなので、今度の敬老の日に接続してくるんですが、それも試してきたいと思います。

 

SRS-LSR100.jpgお手元テレビスピーカー
SRS-LSR100
ストア価格19,880+税
 ソニーストア長期保証選択
 ・5年ワイド:2,000円+税
 ・3年ワイド:1,000円+税
 ・5年ベーシック:1,000円+税

 ・3年ベーシック:無償
 メーカー商品情報ページはこちら
 製品サポートページはこちら 
 名称未設定-.jpg
発売日:2015年9月12日
ソニーストア購入特典: 
 3年ベーシック保証無償
 送料無料 ソニーカード決済で3%オフ
テックスタッフ店頭購入特典:
 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
 長期保証半額クーポン プレゼント中
 開店1周年記念トートバッグ プレゼント(無くなり次第終了)

☆当店blog 15.9.2「『SRS-LSR100』ショールーム展示レポート」 
☆当店blog 15.9.1「『SRS-LSR100』実機15分レポート」 
☆当店blog 15.8.26「お手元テレビスピーカー『SRS-LSR100』新発売」  

 

ソニーストア
★ソニーストアのご利用はこちらから

 


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 5

コメント 4

ソニー信者です。

このテレビスピーカーの購入を検討しております。
レポート参考になります。ありがとうございます。
テレビとの接続方法で質問があり、書き込みいたします。

私の古いブラビア(KDL-40V5000)は、光出力をAVアンプに接続しておりますので、ヘッドフォン出力からアナログケーブルでお手元テレビスピーカーに接続することを考えております。その場合の心配として、テレビ本体のスピーカーから音声が出なくなるのではないか?と思うのですが。
お手元テレビスピーカーの電源ON/OFFに連動して、どちらから音声が出るか切り替わるような仕様であれば望ましいです。まさかいちいちアナログケーブルを抜き差しする必要はないと思いますが、実際はどうなのでしょうか。
by ソニー信者です。 (2015-09-16 17:55) 

店員佐藤

♪ソニー信者さん、こんにちは。
V5000の仕様がわからないのですが
最近のモデルではヘッドホン出力の音声を
テレビの設定で変更することができます。

テレビスピーカーの音声を消してしまうこともできるの
ですが、同時出力にすることなどもできます。

V5000よりも一世代後になりますが、自宅のブラビアが
X1という2008年モデルになります。今週末、自宅へ
持ち帰っていろいろな年代のモデルで試してみます。
また、続報をblogでお伝えしたいと思いますので
しばらくお時間をください。
by 店員佐藤 (2015-09-19 20:33) 

ソニー信者です。

先日、このテレビスピーカーを購入しました。
気に入って使っております。

前回こちらの記事にコメントを付けてからもう1年以上経っていて驚きました。
昨年はテレビ本体を買い替えるかどうか迷っていて、このスピーカーを買うことを見送りました。結局古いブラビア(KDL-40V5000)をもうしばらく使い続けることにし、浮いたお金の一部でこのスピーカーを購入しました。

音声出力は私の希望仕様とは異なりましたが、さして問題無くホッとしました。
私の希望仕様:お手元テレビスピーカーの電源ON→テレビスピーカーの音声が出なくなる。
この製品仕様:お手元テレビスピーカーの電源ON→テレビスピーカーの音声も出続ける。
私の希望仕様の理由は、お手元スピーカーとテレビスピーカーの音声にタイムラグが生ずるのではないか?という懸念でした。しかし我が家が狭いせいか(笑)、タイムラグを感じることはありません。

よく考えてみると、お手元スピーカーとテレビスピーカーの両方から音が出る仕様は、耳が遠くなり始めたお年寄りのいる家庭で有用なのだと気づきました。
後期高齢者になってしまった私や嫁の両親に向けていずれ購入する日が来るかも知れません。
by ソニー信者です。 (2016-12-06 21:41) 

店員佐藤

♪ソニー信者さん、こんにちは。
コメント&お買い上げありがとうございました。

その後、私と妻の実家にそれぞれ1台ずつプレゼントして
使ってもらっています。たまに規制したときにテーブルの上に
このスピーカーが置いてあると、ちょっと嬉しかったりします。

タイムラグはゼロではないのですが、本当に微妙なので
それほど気にはならないかと私も思います。

デザインも秀逸な製品だと思います。是非、永くご利用ください。
by 店員佐藤 (2016-12-09 16:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

okaimonoken_1000.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから

 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ