フルサイズ光学5軸手振れ補正"α7II"実機開梱レポート:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

フルサイズ光学5軸手振れ補正"α7II"実機開梱レポート [┣ デジタル一眼“α”]

DSC00001.jpg

今日から出荷がスタートした新型デジタル一眼カメラ"α7II"。昨日から当店にも店頭展示モデルの入荷があったのですが、最後の「ドコモ ケータイ払い」ご購入ラッシュがあり全然手つかず。そして、今日もどういうわけか初めてのご来店のお客様が多数いらしていて、なかなか手をつけることができませんでした。

ということで冒頭から言い訳ばかりなんですが、正直言ってほとんど触る時間が作れない中でのレポートなので非常に簡単な内容になってしまうんですが、開梱の様子だけレポートします。

 

DSC00002.jpg

早速ですが、パッケージに入っている内容は上記の通り。カメラボディ本体とストラップ、マイクロUSBケーブル、バッテリー、ACアダプター、そして取説類となっています。

DSC00003.jpg

ストラップはα7無印と同じモノ。α7「II」というのはついていませんでした。

サイバーショットDSC-RX1Rの時はわざわざRが刺繍されていたんですが、そういうのは続かなかったのかな。

DSC00004.jpg

この秋から無料で使える様になったRAW現像ソフト「Capture One Express」についての案内もありました。ソニーからのお知らせではないので「Sony製カメラのご購入おめでとうございます!」になっています。

ちなみに先月、こちらのソフトの販売元であるPHASE ONEが「Capture One」のセミナーを開催していたので参加してきました。セミナーに参加しているときは非常に非常に使いやすいソフトと感じられて全体的な使い方の流れも教わってきたので、これで使いこなせる!と、思っていたんですが、いざ、自宅に帰って使ってみるとどうも聞いていたのと違った感じで。。。あちこち、聞き飛ばしてしまった部分があるみたいなので、この年末年始に使いこなせるように勉強したいと思います。

詳しい人に聞いてみるとソニー純正のImageDate Converterよりも表現できる幅が広がるとのことなので、使いこなしてみたいです。

DSC00005.jpg

従来のα7シリーズとのサイズ比較はショールームのレポートの際にさせていただいたので割愛です。グリップを持ってみるとだいぶ大きさ感が変わるんですが、見た目にはほぼ同じデザインで持ち歩くときの大きさ感はそれほど違いがない、とも思えます。

DSC00006.jpg

それでも、見慣れた55mm単焦点レンズ「SEL55F18Z」を装着してみるとややボディが大ぶりな感じに見えなくもないですかね。

DSC00007.jpg

ソフトになったファインダーアイカップもこうして落ち着いて触ってみると違いがよくわかります。従来のアイカップは隅の方まで芯が通っている感じで変形をしないのですが、新型のアイカップは芯が半分くらいまでのところにしかなく、手前側はフニョフニョっという感じになります。

従来α7シリーズのユーザーさんも使い比べてみてこちらの方が断然良い!という感じであればアイカップだけ買い換えてみることもできます。

私が使った感じだとそれほど使用感に大きな違いはないような。。。

DSC00008.jpg

メモリースロットはよく見ると挿し込む向きが違っていました。以前は縦向きに入れていましたがα7IIは横向き。

グリップ形状、サイズが変わったのでこのあたりの容積にゆとりがあるんでしょうね。

 

充電済みのバッテリーを装着して、時刻設定を行い、適当なレンズを装着したら試し撮りもしてみます。

DSC00009.jpg

まずは55mm単焦点レンズ「SEL55F18Z」から使ってみるんですが、いやぁ、このレンズを装着して使う時はα7IIが最高のカメラになるんじゃないですかね。

フォーカスモードを「DMF」にして、シャッターを半押ししてマニュアルフォーカスで操作をします。すると自動で拡大フォーカスになって画像を拡大してフォーカスあわせをするわけですが、この時にも5軸手振れ補正が効くんです。

α7無印も隣に並べて使い比べてみると使いやすさが全然違ってきます。

先日の筑波山のときから、改めてこの55mmのカールツァイスSonnarに首ったけ状態で、DMFを使ってフォーカスを合わせたい場所を狙い撃ちしてシャッターを切っているんですが、α7IIとの組み合わせ、最高です。

α77IIのときはSAL70400G2と組み合わせて使って、もうこのカメラとレンズだけで他はいらない! α写真路はもうこのセットだけで遊べれば満足!とか思いましたが、α7IIとSEL55F18Zもいいですね。レンズ交換しないので溶接してしまっても良いんじゃないかと思えてきてしまいます。

DSC00010.jpg

ですが、それではもったいないので、いろいろ他のレンズも試しに装着。前回のソニービルショールームでの展示モデル試用の際にはまだ撮影メモリーカードの持ち帰りができませんでしたが、製品版がやってきたので、それが自由に試せます。

LA-EA4を装着して、SAL500F80とSAL70400G2での手振れ補正効果の違いを動画で撮ってみました。SAL500F80には距離エンコーダーが内蔵されていないため、おそらくこれは3軸手振れ補正になるレンズ。SAL70400G2はエンコーダー内蔵のため5軸補正ができるレンズになっていると思われます。

焦点距離500mmと400mmで近いモノもあるし、これで比較してみると5軸手振れ補正の威力がちょっとわかるかも。

DSC00011.jpg

そしてAPS-CレンズになりますがSEL55210とSEL18200の比較などもしてみました。SEL55210はレンズ内蔵の手振れ補正は使わずにボディ側のセンサー手振れ補正のみで5軸補正を行っています。SEL18200の場合はヨー、ピッチというレンズの軸補正はレンズ側で、シフトブレ、ロールブレはセンサー側で補正するという役割分担をしています。

この違いってわかるかなぁ。。。というのを試してみたんですが、うーん、微妙。ほぼ同等という感じですね。

DSC00012.jpg

前言撤回。α7IIですがマクロレンズ装着時も破壊力満点でした。接写撮影の時にぴたっと止まってくれるのは超大助かりです。ショールームで試した時よりも手振れ補正の効きが良く感じられるのは気のせいでしょうか?

来年3月にはGレンズブランドで90mmマクロが登場しますが、そちらも期待がかかります。

 

DSC00013.jpg

マウントの爪がα7S同様に金属の爪になっているα7IIですが、マウントの強度は7Sよりもさらにあがっているとのこと。重量級レンズの装着を想定して強化されているとのことですが、これにより精度の低い、他社製マウントアダプターでは相性の問題でがっちりと噛んでしまうこともあります。

私もα7Sの時に経験したんですが、がっちりと入ってしまってマウントが外れなくなってしまうことがあったんです。α7、α7Rや従来のNEXシリーズではそういうことはなくて、爪の部分が樹脂製だったことが幸いして力を逃がしてくれていたんだと思いますが、かなりシビア。

DSC00014.jpg

慎重に手持ちのマウントアダプターをはめてみたんですが。。。α7SのときはだめだったライカLマウントの変換アダプターですが、今回は上手くいきました。ちゃんと外すこともできてひと安心。

当店で、このアダプターの利用を保証することはできませんが、今年の1月に購入したこちらのアダプターでライカレンズを装着することはできました。

オールドレンズの手振れ補正ができるのもメリットがあります。ただ、これらのオールドレンズも距離エンコーダーが搭載されていないため3軸補正になります。シフトブレの補正はできないのですが、それでも効果は段違いですね。

ということで、今日装着を試したレンズで動画撮影をしてフォーカスロックをしているときの映像がこちらです。

本当は手振れ補正を切った状態の撮影と比較をしたかったんですが時間がありませんでした。

DSC00015.jpg

α7IIの実機は本日より当店店頭でも展示を開始します。お試しになってみたレンズがありましたら、当店店頭で是非、装着を試してみてください。

手振れ補正を試してみたら、なんか急にテンションが上がってきてしまいました。週末、これをもってどこに遊びに行こうかな!

 

DSC00004.jpg
★ソニーストア デジタル一眼カメラ"α7M2"ボディ「ILCE-7M2」のご案内はこちらから

DSC00001.jpg
★ソニーストア "α7M2"スペシャルコンテンツページはこちらから

☆当店blog 14.11.26「フルサイズ光学5軸補正搭載"α7II"ショールーム展示レポート」 
☆当店blog 14.11.20「世界初 光学5軸手振れ補正内蔵フルサイズ"α7M2"発表」 

 

468_60.gif
★ソニーストアのご利用はこちらから

 


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

okaimonoken_1000.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから

 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ