小澤忠恭先生の『私版大磯百景』展にお邪魔してきました:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

小澤忠恭先生の『私版大磯百景』展にお邪魔してきました [★店員佐藤の写真日記]

DSC00001.jpg

ソニー"α"のカタログ掲載される写真作品や、ソニーのイベントで行われるトークショーでお見かけする小澤忠恭先生が神奈川県・大磯で写真展を開催されてます。

かなり変わったイベントも開催されていて私も月曜日に参加させていただいてきました。それも含めて写真展の紹介をしたいと思います。

 

DSC00002.jpg

まずは先に写真展の紹介なんですが神奈川県中郡大磯町大磯1174にある「ギャラリーさざれ石」が会場です。大磯駅から歩いて3分ほど。坂を下っていくと写真の様な素敵な建物が右手に見えてくるので迷わずに行けると思います。

期日は8月29日(金)~9月16日(火)までで水曜日と木曜日はお休み。

11時~18時までの営業となっています。

ギャラリーは喫茶と併設されているのでコーヒーをいただきながらゆっくりと時間をすごく事もできます。

「私版大磯百景」というタイトルで小澤先生がお住まいのある大磯のお気に入りの写真を50枚並べてそれを見ることができるギャラリー。入場は無料です。

 

と言うと、普通の写真展に思われるかもしれませんが、裏でものすごいイベントを小澤先生が仕掛けてくださっていて、ここからはそれを紹介します。ちなみに、すでにイベント参加は締め切られているので、これから参加の申し込みをすることはできません。写真展にお邪魔することはできますが、イベント参加はかないませんのでご理解ください。

 

さて、この写真展の作品なんですが、小澤先生がFacebookで「私版大磯百景」 の全ての展示作品を公開してしまっています。

DSC00003.jpg

公開設定になっているのでFacebookにログインして小澤忠恭先生を探せばどなたでも作品は見られます。写真展に行かなくても作品は見られるなら大磯まで行かなくてもいいのか、と、思いきやここからが面白いんです。

DSC00004.jpg

撮られた作品の撮影場所を記したマップも用意されているんです。(こちらは非公開、参加社のみ閲覧可)

「私版大磯百景 追跡ごっこ2014」と題して、写真展を見に大磯まで来てくれるなら、せっかくだし大磯をたくさん見ていってください。写真展で展示している写真作品の撮影場所を公開するので、そこへ行って小澤先生と同じ目線で写真を撮ってみてください。というイベントを用意してくださっています。

写真展のスタート前日までFacebookで参加受付をしていて、すでに締め切っているんですが、参加メンバーさん達が1日かけて大磯の街全体を楽しみつつ写真展にやってくる、ということになります。

 

DSC00005.jpg

私は9月1日(月)にお邪魔してきました。この日は東武東上線もJR山手線もみんな遅延が発生していて多くの方が会社に遅刻されているかもしれませんが、私はのんびりと大磯まで2時間の旅をしていました。

DSC00006.jpg

駅に着いたら早速、スマートフォンで小澤先生の地図を見ながら大磯散策の開始です。

大磯というとロングビーチを思い浮かべる方が多いと思いますが、私は2007年に東海道53次を歩いていてそのときの印象が残っています。松並木の街という印象。ですが、それは街道沿いの話だけで実際に歩いてみると坂の街なんですね。駅を超えて山の方に行くとすぐに坂だらけになります。

山登りは大好きですし、喜んで歩きます。午前中は山側を攻めて、午後は海を攻めて大磯を広く堪能しよう、という作戦でいってきました。

DSC00007.jpg

マップには地図作品も掲載されているので同じ景色を探して歩きます。地図は詳細まで記されていますがさすがに同じ画角を探そうとすると場所探しの努力が必要。

ここは「東小磯をのぞむ」という作品の撮影場所と思われるところ。この時も後からわかるのですが小澤先生が実際に撮られたところよりもやや低いところだったようです。私なりに屋根の位置や電車の位置を見て、手前に前ボケだけ入れてちょっと気持ちを入れてみたのが下記の写真。

DSC00001.jpg

撮影場所ですが、ここだけ視界が開けていてよくぞこの場所を紹介してくれました!というところだったんですが、実際には違う場所だったとは。。。とほほ。

あ、でもこの写真はあとで満点くれました。(最後に採点をしてくださるんです。)

DSC00008.jpg

こちらは数カ所回った後の山の中。小澤先生と同じ画角の写真を撮った後で、自分なりに工夫をしてみたりするんですが、そういうのが後で大きな意味を持つことになります。

DSC00009.jpg

ギャラリーは11時からスタート。11時半くらいになったら一度ギャラリーに立ち寄って採点表を手にして、それと小澤作品を一通り見てください、という事を言われています。そうしないと単なるスタンプラリーみたいになってしまいますからね。あくまでも主目的は小澤先生の大磯の写真作品を楽しみ、それをもっと体験して楽しむためのミニゲームという位置づけなんです。

DSC00010.jpg

12時近くにお邪魔するとちょうど雨が降ってきました。ギャラリーに小澤先生もいらして、他のご来客の方も大勢休まれていました。ご挨拶をさせていただき作品を一部紹介していただき、一緒にお昼に行こうねとまで声をかけていただき、お昼ご飯をご一緒することに。

ここでFacebookでつながりのある小澤先生のコミュニティに入れていただきました。

DSC00011.jpg

ギャラリーには新聞も置いてあり、さすが、写真展の事が記事になっています。

DSC00012.jpg

お昼はおそばを一緒にいただいてきました。他の参加者さんも紹介していただき、その後は撮影イベント再開です。

あいにくの雨ではありますが「雨の大磯もイイよ。晴れの日にしか撮れない写真はあるけど、逆に雨の日にしか撮れない写真もあるからね。」「雨が降ったくらいで写真が撮れないなんていうカメラヤには良い写真は撮れない」などの励ましのお言葉をいただき、午後からは海側のポイントを回ります。

DSC00013.jpg

撮影ポイントを回るとクリア数によって得点がもらえます。でも、ただ同じ場所に行って写真を撮るだけだとスタンプラリーになってしまうので、そこで小澤先生の写真の意図を理解してそれを踏まえた上で自分なりの写真を撮ってきてください、というルールもあります。ちゃんと理解していなかったら減点。

でも、良い写真を撮ってこられたら加点をしてくれるということで、この日は午後からザーザー降りの雨でしたが、私の全力投球状態での撮影をしています。(全力投球でこの程度か、とは言わないでください。)

DSC00014.jpg

これはお花の写真だったんですが、花は咲いていなくて同じ様な画角を探した写真。

DSC00015.jpg

今回の写真展のイメージフォトになっている「兜岩」です。私が撮るとこんな感じ。船を入れてみましたが、特に加点はなし。

ここは浜に沿って岩を半周近くぐるっと回ることが出来るんですが、それがポイントで同じ角度で撮ることがポイントだったようです。

DSC00016.jpg

それほど大きくはない大磯の街。割と近い距離で歩いて回れるんですが、さすがに1日で50カ所回るのは難しく、採点もあるので16時くらいにギャラリーに戻ってまいりました。

撮影してきた写真は16点。遠いポイントなどは2点計算してくれるところもあり、全部ポイントが入ると19ポイントになります。15ポイント取ると小澤先生から作品のポストカードを1枚プレゼントされるとのことで、それが目標です。

DSC00018.jpg

かくして採点をしていただくんですが「あくまでゲームだからね」と言いつつも採点が始まると一つ一つの写真をじっくり見て「これ、どうして縦で撮らなかったの?」「どうしてこういう構図にしたの?」などの気になるポイントを全部突っ込まれます。

DSC00019.jpg

たとえばこんな感じ。左の写真が小澤先生の作品なんですが、階段と向こうの道にはわざとスペースを作っていて、ここに本来なら被写体があってもおかしくないのに、それが無い、という不自然な感じをイメージしているそうです。階段と道になにもないのが見せ場なのに、私はそのスペースを消してしまって、しかも画角も違ったものに。。。これはげんてーん。

全てこんな感じで、撮ってきた写真と小澤先生の写真を見比べて、小澤先生の作品の意図を解説してくださる感じ。

うわー、そういう意図が隠されていたんですか!?ということの連発というか、あらゆる仕掛けが1枚1枚の写真に隠されていてそれを解説してくださるのがとても楽しかったです。こんなことだったら泊まりでやってきて全部のポイントの写真を撮ってくるべきでした。

DSC00020.jpg

ということで採点していただいた結果がこちら。マイナスポイントだらけですが1枚だけ加点してくださっている写真があります。最初の方にあった石仏です。あそこに行った人が今のところいなかったそうで、それでご苦労さん、ということで1ポイントいただきました♪

さすがプロというか私の写真を数点みただけで「あなたはどっしりと安定した写真を撮るんだね」と言われました。それはそうです。こうして商品写真のblogフォトばかり撮って収まりの良い物を撮り続けているんですから。逆に言えばつまらない写真が多いのと、今回思い知りましたが、もっと集中して被写体を見て無造作ではないシャッターを切らないといけません。

勉強させてもらったというよりは、今回も写真の楽しさを自分の写真を使って手ほどきしていただいた感じ。小澤忠恭先生に写真の見方、見せ方を教わって来ました。

今までの写真遠足の中で一番楽しい1日になったんですが。。。こんな風に1日、お客さんを相手して、集中して写真の話をしてお疲れにならないのかな?とか思うんですが、もっと大量の写真をチェックしなくちゃいけないこともあるし、これくらい全然平気とのこと。

すごいパワフルです。

私一人のために30分以上もおつきあいしてくださり16点もある写真を1枚1枚丁寧に見てくださるなんて、小澤先生に感謝するばかり。

DSC00021.jpg

お願いしてオリジナルプリントの小澤先生の作品を購入させてもらってきました。ギャラリーでは写真作品を見るだけでは無く、こうしてプリントを購入することもできます。

この作品は行く前から気になっていた写真なんですが、このポイントの写真をせっかく撮っていったのに、私の写真は全然だめだめだったんです。思い出の1枚ということで譲っていただいてきました。

出来ることならここで、私の写真と小澤先生の作品と全部並べて比較して、どんなお話をいただいたのか全て記録しておきたいくらいなのですが、まだこれから参加される方もいらっしゃいますし、小澤先生の作品は小澤先生のものですからね。

DSC00022.jpg

Facebookでは続々と参加された方の作品が掲載されているんですが、やはり腕の立つ方はちゃんと小澤先生の作品の意図を理解した上でアレンジして撮影されています。

小澤先生のお話をうかがって、これで私もステップアップした、とは全然思えず、今、ようやくスタートラインに立てた、という気がしています。

 

小澤先生の写真展はまだあと2週間あります。大磯はやや遠いところになりますが、1日かけて遊びに行けるところ。

ギャラリーには大磯の観光マップの用意もあったので、11時にギャラリーにお邪魔して作品を見て、マップを持って撮影ポイントを回ることができると思います。

夕方になればイベントに参加された方々の採点をされていると思います。その話を聞くだけでも楽しめると思います。今週末、来週末にお時間が取れる方は是非、大磯まで!

※繰り返しになりますが追跡ごっこの参加はできません。採点していただくのにはカードが必要になります。撮影場所巡りをされる際はあくまで写真展見学のついでの遠足体験ということでご参加ください。

 

小澤忠恭『私版大磯百景』展
「ギャラリーさざれ石」 神奈川県中郡大磯町大磯1174
 8月29日(金)~9月16日(火)【水・木休み】 11時~18時

 

☆タウンニュース記事「写真展「小澤忠恭の私版大磯百景」を開催する小澤 忠恭さん 」

☆まわりぶろぐ『写真展「小澤忠恭の私版大磯百景」で,「追跡ごっこ」ワークショップに参加してきました。』
※私と同様に参加された方のblogです。ポイントの高そうな写真がいっぱいです。

 


nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 11

コメント 2

Noir

いやぁー、楽しまれて居ますね。
私はいつ行けるか確約出来なかったので、ギャラリーにお邪魔だけしたいと思います☆
by Noir (2014-09-04 22:05) 

店員佐藤

♪Noirさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
小澤先生のおもてなしのおかげでとても楽しいイベントでした。

写真の「気づき」が非常ににぶい私でもこれだけ楽しめるので
Noirさんとか参加されたらそれは楽しいゲームになっていたと
思います。

ギャラリーに行かれましたら、是非、またお話をお聞かせください!
by 店員佐藤 (2014-09-05 08:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

okaimonoken_1000.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから

 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ