スマートフォン連携のウォークマン『NW-M505』開梱レポート:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

スマートフォン連携のウォークマン『NW-M505』開梱レポート [┣ Walkman & Audio]

DSC00001.jpg

今日は開梱レポートが続きます。続いては新型ウォークマン「NW-M505」の開梱レポートです。今日から出荷開始なので、ご自宅に帰ってすでにご自身の分を開梱されている方もいらっしゃるかと思いますが、私も早速使ってみました。

DSC00002.jpg

パッケージサイズは11cm×8cm×5cmくらいの小さなものになっています。中にはぎっしりと同梱品が詰め込まれています。

DSC00003.jpg

中から出てきたのはこんなもの。本体の他にクリップ、マイクロUSBケーブル、ノイズキャンセル機能搭載のインナーイヤーヘッドホン、延長ケーブル、スペアのイヤーピースです。

DSC00004.jpg

ウォークマンは従来機種ではWMポートと呼ぶ専用端子を使っていますが、このモデルはマイクロUSB端子を採用、WMポートを搭載する大きさではないですから当然といえば当然。

底部のカバーを開くとそこに端子があります。

DSC00005.jpg

付属ヘッドホンは13.5mmのドライバーユニットを搭載したEXモニターヘッドホンです。デジタルノイズキャンセル機能を搭載しているウォークマンは多数ありますが、Bluetoothレシーバーとして見ると、デジタルノイキャン搭載のレシーバーは今年の秋に初登場しています。

もちろん、デジタルアンプS-Master MXを搭載しているBluetoothレシーバーなんてありませんので、S-Master MX搭載のBluetoothレシーバーという最強仕様のモデルはNW-M505だけ。

17,800円の価格はそれだけでも十分元が取れる感じで、おまけにウォークマン機能が内蔵されている、くらいの勢いで私はオーダーしています。

ヘッドホンはほかのものに換えて使ってもいいんですが、せっかくのデジタルノイズキャンセリング機能です。しばらくはこのまま使おうと思います。

DSC00006.jpg

付属のクリップもついてきていて、こうして本体にカチッとはめて使います。

ですが、これがちょっと問題ありまくり。なにが問題って。。。

DSC00007.jpg

NFCがこのクリップの部分につくんです。クリップを装着するとNFCスマートフォンとタッチするだけで接続♪ができないんです。

うーん、これはクリップなしで使うか。。。って、もともといつもワイシャツの胸ポケットに入れているだけなので必要ないといえば必要ないんですが。

ふーん、Bluetoothのアンテナってここにあるんですね。手で覆わないようにして使うのがコツのようです。

DSC00008.jpg

付属のインナーイヤーヘッドホンですが、コードは極端に短く左側キャビネットからはかってプラグまでが45cmしかありません。まさに胸ポケット専用コードです。

延長ケーブルは65cmの長さがあるのでバッグにウォークマンをしまうなら延長コードの利用は必須です。

DSC00013.jpg

さて、そんなわけで本体バッテリーの充電をしつつ、最初の曲転送をVAIOから行いたいと思うんですが、ここでポイントがひとつあります。

DSC00009.jpg

最初はMedia Goなりx-アプリといったソニーの音楽管理ソフトで接続すべし、なんです。なぜかというとつなぐとわかるんですが、すでにNW-M505用の本体ソフトウェアのアップデートプログラムが公開されており、最初にアップデートインストールを促されるんです。

DSC00010.jpg

容量は18MBと小さいんですが、NFCタッチによるウォークマンの起動など、頻繁に使う機能の改善があるのでこれはすぐにアップデートした方がトラブルに見舞われないで済むようになります。

DSC00011.jpg

ものの数分でアップデート終了。ファームウェアは1.01になりました。

DSC00012.jpg

なお、こちらがウォークマンNW-M505に最初から入っているサンプル曲です。いつもおなじみの曲です。ハイレゾ対応ウォークマンのF880シリーズだとハイレゾ楽曲が10曲ほど入っているんですが、そういうのはさすがに他のハイレゾ非対応モデルには入らないnですね。

手持ちの曲をMedia Goから転送するんですが。。。あらら、Media Goを使うとMP3、もしくはAACに変換されてしまうんですか。あらら、なんで? FLACの非圧縮音源を入れたかったのに。。。って、このモデルはFLAC非対応なんでした。

ATRAC LosslessかWAVでないと非圧縮音源は楽しめないようです。16MBという容量の少なさもありますが、ま、性格はそういう感じのモデルですからね。

ATRAC Losslessは自宅にしか持っていないので、ここではMP3の320kbpsで転送してアルバムを数枚入れてみました。今日の帰りに聞ければよいだけなのでこれで良し。

DSC00014.jpg

本体サイズですが今まで私が使っていた昨年モデルのNFC搭載ワイヤレスレシーバー「DRC-BTN40」と比較するとこんな感じです。

DSC00015.jpg

やや本体の長さが延びていますがサイズ感はそれほど大きく変化した感じもありません。この長さが延びた部分にデジタルアンプS-Master MXが入っているんだと思えば、全然問題のないレベル。

DSC00016.jpg

DRC-BTN40はクリップ付きでNFC対応になっていましたが、そうか、クリップの中にNFCを仕込んでいたのか? いや、そんなはずはないな、クリップ越しに本体のNFCが使えるのかも。ということで再びNW-M505にクリップをつけてNFCタッチ接続を試してみるんですが、うーん、ウォークマンの電源起動はできるんですが、Xperia Aの方が感知しないです。

やっぱり無理か。

なんだかんだ言ってもちょっとクリップに未練がありました。

DSC00017.jpg

Media Goから転送した曲をまずは再生してみます。うん、ここ半年くらい、Xperia AからBluetoothで転送した曲を聞いてばかりなこともありウォークマンの音がすごく良く感じられる反面、ここ最近はハイレゾ試聴をする機会も多いものでMP3の音がちょっと。。。(^^;) 圧縮音源の聞き分けができてしまうもので、やっぱりM505にはATRAC Losslessの音を用意しないといけないですね。

というか、このM505がハイレゾ対応だったら無敵だったのになぁ。。。価格が倍してても買っていると思います。

音質は非常に高品位な音を鳴らしてくれているし満足、満足。しばらくはこのままで使ってみます。

DSC00018.jpg

メニュー画面はこんな小さなディスプレイなのにちゃんと日本語で表示されるところがすごい。

DSC00019.jpg

あちこちの項目を探してみるんですが、使用するヘッドホンの選択もできるようになっています。デジタルノイズキャンセリング機能対応のヘッドホンでネックストラップタイプのものと、オーバーヘッドタイプのものが別途用意されています。

「MDR-NWNC200」とか、発売されたときは高く感じられましたが、乗り換えてこのモデルでも利用ができることを考えたら安い買い物だったかも。

DSC00020.jpg

イコライザーもこのディスプレイで調整可能。さすがウォークマン。こういうディスプレイでは操作できないだろう、ではなく高音質回路もちゃんと真面目に載せて全部調整ができるようにしてくれています。

デジタルアンプS-Master MX搭載、というのはこういうことなんですね。

DSC00021.jpg

Bluetoothレシーバーならではの機能として「ワイヤレス再生品質」という項目もあります。

DSC00022.jpg

「接続優先」というのは音声が途切れやすいときに設定するものなんですが、私も経験があって、Bluetoothって反射する電波も利用して通信をするんです。土手とかに行って開けているところで使うと電波の反射がないので途切れやすくなるんです。

街中で塀とか建物があるとそこで反射が起こるので、そういう方がつながりやすかったりします。広いところで利用して電波が途切れやすいときにこの設定を変更すると良いかも。

「音質優先」というのはaptXなどの次世代コーデックを利用するときに使うんでしょう。Xperia Aでは利用ができないので標準音質で使い続けます。

DSC00023.jpg

Xperia AとNFCでワンタッチ接続して音楽再生も試してみます。これはちょっと嬉しい誤算なんですが、スマートフォンの楽曲再生中でも再生楽曲の表示がウォークマンでされるそうです。

うわ、こうなるとウォークマンとスマートフォンとどっちで音楽再生しても操作感はほとんど一緒じゃないですか。

DSC00024.jpg

さらに、こちらは動画再生をしているところなんですが、再生楽曲、アーティストの項目は「Unknown」になっているものの、ビデオの再生時間は表示されます。

ビデオを見ている時に駅に到着して、スマートフォンの電源をプチッと切ってしまったときとか、どこまで見たっけ?がたまにあるんですが、これだと助かるかも。(Xperia Aのビデオ再生のレジュームってちょっといい加減で、ちゃんと記憶してくれないときがあるんです。)

あと、ビデオ再生時の音をS-Master MX+デジタルノイズキャンセリングで聞けるのってすごく威力があるかも。映画を見ることが多いんですが音楽と違って映画だと音量の変化が大きいじゃないですか。今まではややボリュームを大きめにして使っていたんですが、M505のおかげでビデオ再生の時の音の楽しみが増えるかも。

DSC00025.jpg

これからはレビューとかではなく、実際の通勤時のお供として活躍してくれます。

帰宅時が今日はいつもよりも倍くらい楽しみです♪

DSC00003.jpg
★ソニーストア ウォークマン「NW-M505」のご案内はこちらから

☆ソニー商品情報ページ「NW-M505」商品ページはこちらから

☆当店blog 13.12.4「ウォークマンM505の本体ソフトウェアアップデート」 
☆当店blog 13.11.6「ウォークマン『NW-M505』ブラックも入荷次第出荷へ」 
☆当店blog 13.10.8「ウォークマン『M505』バイオレットが入荷次第出荷へ」 
☆当店blog 13.9.25「スマートフォンと連携するウォークマン『M505』シリーズ」
 


nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 10

コメント 6

takeee

NFCはクリップを装着していても側面にタッチでokですよ(^_^)ちょっと持ちづらいですけど...
by takeee (2013-12-05 20:13) 

通りすがりのソニーファン

いつも拝見しています。

2ch情報ですが、HOLDスイッチあたりにタッチしたら、NFCが反応するって情報がありました。
by 通りすがりのソニーファン (2013-12-05 22:10) 

Noir

Bluetooth レシーバーとしては魅力的ですね~
価格4倍でいいので、このサイズでDSD対応して欲しいです(^^ゞ
by Noir (2013-12-06 01:26) 

店員佐藤

♪takeeeさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

なるほど、試してみたら確かに
Xperia Aも反応してくれました。

とか言いつつ、実際に使ってみるとウォークマンの
場合、電源が入るだけで勝手につなぎにいってくれる
ので、NFCって最初の初期設定の時に使うだけで
いいのか、というのに気がつきました。

今はクリップを装着して持ち歩いています。
by 店員佐藤 (2013-12-12 20:03) 

店員佐藤

♪通りすがりのソニーファンさん、こんにちは。
情報ありがとうございます。

確かにおっしゃる通りでHOLDスイッチの上が
ドンピシャみたいです。
by 店員佐藤 (2013-12-12 20:05) 

店員佐藤

♪Noirさん、こんにちは。
そうなんです。最強Bluetoothレシーバーに
ウォークマンがおまけでついている、という
感じです。

バッテリーもスマートフォンの音楽再生分を
軽減できるので良いかも。DSDというか
FLACでのハイレゾ対応をしてくれていたら
神だったんですが。。。って、数年のうちに
そういうモデルもきっと出てきてくれるでしょうね。

それまでM505に頑張ってもらいます。
by 店員佐藤 (2013-12-12 20:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

okaimonoken_1000.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから

 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ