『UBP-X800』で観る Youtube HDRの話:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

『UBP-X800』で観る Youtube HDRの話 [┣ BRAVIA & Home AV]

現在も絶賛品薄中のヒットモデル、ソニー初のUHD BDプレーヤー「UBP-X800」なんですが、これ、YouTubeのHDR動画再生に対応しているってご存じでした?

というか、YouTubeでHDR動画の配信がすでに始まっているのって知ってました? UBP-X800でのYouTube HDR動画再生について紹介したいと思います。

 

 

こんにちは、店員佐藤です。

YouTubeの動画ってスマートフォンとかPCで見るモノなんじゃないの?というところですが、ずいぶん前から4K解像度の動画をアップロード&配信することができるようになっていて、まだ放送コンテンツも少ない4Kブラビアで4K動画の高画質を楽しんでみたい、ということになるとYouTubeが一番手っ取り早かったりします。

Android TV搭載のブラビアが登場した当時は「4K(よんけー)」という単語で検索するとドバドバと4K動画が出てきたのですが、現在は「4K(よんけー)」というキーワードでは検索ができないようになっているようで「ウルトラエッチデー」というとUltra HD動画(4K動画)が検索できるみたいです。

同様に「HDR」という言葉で検索をするとタイトルに「HDR」という単語を使った動画がドバッと出てきます。

 

こちらがYouTubeがHDR対応になったときに紹介でよく観た有名な動画です。これはHDRコンテンツになっているので、ハードウェアが対応していればHDRで映像が配信されます。

HDR対応になっているかどうかはYouTube側で判断しているようで、対応していない場合はHDRの存在もわからず、またHDRに対応してる場合も自動でHDRコンテンツが配信されるためHDR機能のオンオフもできません。

なのでHDR映像が配信されているかどうかは自分の目で見て判断するしかないのですが、ブラビアの場合は簡単に判断ができます。

4Kブラビアの音声検索で「ザ HDR ワールド」などで検索をするとすぐに先ほどの動画が見つけられます。

わお、これは綺麗な4K映像です。HDRコンテンツでもしかして配信されているんじゃないの? というところですが、ここで「視聴中メニュー」ボタンから「画質」機能を呼び出します。

するとブラビアの画質設定画面が出てきます。ここで「画質」という文字の右隣に「HDR」マークが表示されていると、表示されている映像はHDRコンテンツとして認識されていることになるのですが、そのマークがありません。

テレビはHDR対応になっているのですが、YouTubeアプリはそうではないという判断を現時点ではしているようでHDRコンテンツは4Kブラビア単体では見られないんです。

「The HDR Channel」というチャンネルに入るとそこにもHDRコンテンツがズラッと収録されています。

こちらはソニーさんのコンテンツですね。4K HDRで配信されている動画なんですが、ここで画質メニューを呼び出してもHDRマークは表示されません。この映像は残念ながらSDRで配信されています。

 

続いては新製品のUHD BDプレーヤー「UBP-X800」を使ってみます。ホーム画面のマイアプリに「YouTube」アプリがあります。

いきなりオススメとして「The World in HDR in 4K」の動画がピックアップされています。これを再生してブラビア側の画質メニューを呼び出してみます。

はい、出ました。画質メニューの右上に「HDR」のマークが表示されました。UBP-X800から出力された映像をブラビアは「HDR」信号だと判断してHDR表示してくれています。

写真を見比べてもわかりますね。こちらのHDR映像の方がお腹のところの白い部分の白飛びがありません。輝度差の高い映像が表示されました。

ブラビア側の画質メニューを呼び出さなくてもHDR信号として受信しているかどうかをUBP-X800側でもチェックできます。

動画再生中に十字キーを使うとYouTubeの再生オプションが表示されます。そこれらのボタンの一番右に「詳細情報」というボタンがありますので、これを選択します。

すると画面中央部分のやや邪魔なところの表示になるのですが、再生動画のフォーマットなどが細かく表示されるんです。

重要なのは「Color:smpte2084(PQ)/bt2020」というところです。bt2020は色域ですね。従来のBT709よりも広い色域を使っているということを表しています。詳しい事はわからないのですが、その前の「smpte2084(PQ)」というのがHDRのフォーマットを記述しているんでしょうね。

この表示があるとHDR映像として送られてきている、ということになります。

「HDR」という単語で検索をすると4K HDR対応テレビの説明動画や、HDR対応スマートフォンの説明案内動画なども見つかります。というか、HDRで検索してもほとんどの動画ファイルはHDRファイルではなくHDRを解説してるものだったり、HDR対応テレビのCMということだけだったりするんです。

HDR対応になったスマートフォン「Xperia XZ Performance」のCM動画もそうでした。これはSDRコンテンツでタイトルにHDRというのが入ってるだけでした。

こうしてブラビアの画質メニューを呼び出しても「HDR」マークは表示されていませんし、Color:の表示項目もありません。

これはSDR映像です。

「HDR」という単語だけで検索すると多数の「タイトルだけHDR」動画が見つかります。あ、UHD BDソフト「宮古島」のサンプルムービーがありました。

これ、欲しいんですよね。amazonのコメント欄を読むと画質の期待もできるみたいだし、音声もハイレゾということになっています。ただ、価格が1万円近くするのでかなり躊躇します。4K HDR の映画ソフトが2本くらい買えてしまいますからね。

とりあえずYouTubeのサンプル動画を見てみると。。。

なんだ、これ4K HDRじゃないんだ。サンプルだからだと思いますがSDR映像でデモを流しているんですね。もったいないなぁ。せっかくの4K HDRコンテンツなのに。

「The HDR Channel」も開いてみました。ここに収録されている映像ファイルはどうやら全て正真正銘の4K HDR映像になっているようです。

先ほどのソニーの4Kブラビアのデモ映像ですが、しっかりとColorのところにbt2020の表示があります。4K HDRでしっかりと配信されていますよ。

こちらも4K HDRコンテンツです。

カラーグレーディングという色調整を行って4K HDR映像を配信するのですが、これがどうもメーカーさんによって色やダイナミックの傾向が変わります。

こちらの「TCL」さんの動画はわりとどぎつい色が表示されます。

こちらはLGさんの4K HDRデモコンテンツです。全体に色が薄くはっきりしない映像になっています。

自社のパネルに合わせてカラーグレーディングしているんでしょうけど、ソニーのデモコンテンツとはだいぶダイナミックレンジが違っていそうです。LGのパネルはテレビ側で相当色を載せて表示させているんですね。

こちらはサムスンのデモ映像です。全体にマゼンタが載りまくっていて映像が赤いんです。サムソンのテレビはマゼンタの表示が弱いのかな?とか勘ぐってしまいそう。

チェックしてみるとどれもすべて4K HDRで配信されています。テレビの比較視聴ってなかなか出来ませんが、各メーカーさんのデモコンテンツを比べてみるだけでも特徴がつかめそうです。

こうしてUBP-X800のYouTube再生アプリを使えば、HDRの有無の他、ビットレートのチェックまでできるんです。単なるUHD BDソフトの再生だけに使うなんてもったいない!

 

せっかくなのでPlayStation 4 Proでも試してみます。

当店店頭の4Kブラビアは勇気ELパネル搭載のブラビアA1です。そこにプレミアムハイスピードHDMIケーブルでPlayStation 4 Proを接続していてPS4からは4K HDR映像が出力されています。

18Gbps対応のプレミアムハイスピードHDMIケーブルなんて4K/60pのコンテンツでも見ない限り18Gbpsまで利用しないんだから映画ソフト(4K/24p)しか観ないなら不要、とかいう話がありましたが、実はubp-x800やPS4 Proのホーム画面が4k/60pで表示されているみたいなんです。ちゃんと18Gbps対応のケーブルを用意した方がトラブルは少ないと思います。(必要なビットレートが得られないと砂嵐しか表示されなくなったり、ノイズが盛大に出ます。)

ということで4K HDR環境にちゃんとなっている当店のPlayStation 4 ProでYouTubeアプリを最新版にアップデートしてからHDR映像の再生をしてみるのですが。。。

The 4K ChannelにあったソニーのHDRデモコンテンツを再生。うーん、ダメみたいですね。

Color: bt2020の文字は見えません。ハードウェア的には4K HDRに対応しているのですが、おそらくYouTubeアプリがHDR対応になっていないんですね。

ブラビア側でチェックしてもやはりSDR映像で出力されているみたいです。ただ、ハードは経路を含めて4K HDRに対応しているわけですし、アプリのアップデートでいつかYouTube HDRにも対応はしてくれるかな?というところです。

 

そんなわけで、当店で試したところではYouTube HDR動画コンテンツの配信を受けられるのは「UBP-X800」のみ、ということになりました。

HDR対応テレビをお持ちの方で、HDRコンテンツを観てみたいんだよなぁ、という方にUHD BDソフト再生と一緒に、YouTube HDRの再生なんてのもいかがでしょうか?というお話でした。

 

UBP-X800_01.jpg
Ultra HD BDプレーヤー
UBP-X800
ソニーストア価格:
44,880円+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年6月24日 メーカー商品情報ページ
延長保証 5年ワイド:5,000円
3年ワイド/5年ベーシック:3,000円
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
送料無料

3年ベーシック無償
UHD BDソフト「ソニーアクアリウム」プレゼント


☆当店blog 17.8.9「UHD BDプレーヤー『UBP-X800』ソフトウェアアップデート」
☆当店blog 17.8.1「4K UHD BDソフト『Sony Aquarium』プレゼントキャンペーン」
☆当店blog 17.6.28「4K SDRテレビにつなぐ『UBP-X800』自宅開梱レポート」
☆当店blog 17.6.22「4K UHD BDプレーヤー『UBP-X800』開梱&セッティングレポート」

☆当店blog 17.5.9「Ultra HD ブルーレイプレーヤー『UBP-X800』展示レポート」
☆当店blog 17.5.8「ソニー初のUltra HD BDプレーヤー『UBP-X800』プレスリリース」
☆当店blog 17.3.29「『Xbox One S』と4Kブラビアで観る『4K Ultra HD BDソフト』の話」
☆当店blog 17.3.22「4K Ultra HD BDプレーヤー『Xbox One S』開梱レポート」

 

468_60.gif
★ソニーストアのご利用はこちらから

SonyBankWallet.jpg
☆当店ホームページ『Sony Bank WALLET』のご案内はこちらから

 


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 5

コメント 2

Aclub@北海道

今日は、ソニーストア札幌でUBP-X800購入しました。
お店のショップ番号手続き済みです。
1台在庫があり、パッセンジャーのソフトプレゼント応募に間に合いました。
by Aclub@北海道 (2017-09-25 13:29) 

店員佐藤

♪Aclub@北海道さん、こんにちは。
いつもお世話になります。

コメント&お買い上げありがとうございました。
ソニーストア札幌でオーダーをいただいていたので
Aclub@北海道さんかな?と、うすうす感じて
いました。(^^)/

パッセンジャー、ご夫婦で観られると、いろいろと
語り合うことがあると思います。いつか、ご感想を
是非、お聞かせくださいませ!
by 店員佐藤 (2017-09-26 16:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ