3分でわかる『SEL1635GM』『SEL1224G』日本国内向けプレスリリース:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

3分でわかる『SEL1635GM』『SEL1224G』日本国内向けプレスリリース [┣ デジタル一眼“α”]

SEL1635GM-01.jpg


昨日海外で発表があった大口径広角ズームレンズ「SEL1635GM」と超広角ズームレンズ「SEL1224G」が日本国内向けに発表されました。


メーカー希望小売価格とおおよその発売日が公開になっています。


 

SEL1635GM-02.jpg
※6月23日に受注開始しました


こんにちは、店員佐藤です。


国内向けの発表で明らかになったのはメーカー希望小売価格と、おおよその発売日で海外での発表と同様に「SEL1224G」が7月発売予定、「SEL1635GM」が8月発売予定ということです。ソニーストアでの先行予約販売開始日やソニーショールーム/ソニーストア銀座での発売前先行展示の日程なども今回は明らかになっていません。


SEL1635GM-05-e1a9e.jpg


商品情報ページについても各レンズの特徴がテキストで紹介されているのと、海外で公開されている作例が掲載、仕様が記載されています。


ソニーUSAの商品ページで紹介されているレンズ構成やMTF曲線なども国内向けの商品情報ページには記載がないため、現時点では海外サイトの方が情報量が多いことになります。


希望小売価格は「SEL1224G」が220,000円(税別)で、「SEL1635GM」が295,000円(税別)となっています。


これはメーカー希望小売価格になりますのでソニーストアでの販売価格とイコールではありません。


SEL1635GM-01.jpg


直近で発売された"α"レンズの価格を一覧で比較すると「G Master」や「Gレンズ」「カールツァイス」ブランドのレンズは1割引、それ以外のレンズは一部を除いて2割引に設定されることが多いので、今回発売されるレンズについてもおおよそ下記の価格前後になると予想されます。


新発売レンズ 発売予定日 メーカー希望
小売価格
ソニーストア
予想価格
SEL1224GM 7月予定 220,000円 198,880円
SEL1635GM 8月予定 295,000円 265,880円
SEL100400GM 7月予定 320,000円 288,880円

※価格はいずれも税別です。当店の試算による価格表示なので前後する可能性が高いのでご了承ください。


90%を切るような価格設定になることがないのでSEL1635GMなどは169,880円とかになるんでしょうね。


なお、商品情報ページにはテキスト情報の記載しかありませんが、αのスペシャルコンテンツ「α Universe」には新レンズの解説記事が掲載されており、従来商品情報ページで案内されていた内容がこちらに記載されています。


SEL1635GM-03.jpg


★ ソニー α Universe「FE 12-24mm F4 G Debut」 


★ ソニー α Universe『FE 16-35mm F2.8 GM Debut』 


今後は商品情報サイトがソニーストアの購入ページになっていって、製品コンテンツはあちこちに分散していくんですかね? ソニー商品情報サイトの新しい動きに注目です。


 


SEL1635GM-01.jpg


さて、レンズの特徴ですが簡単にご案内します。フルサイズEマウントで最も広角撮影ができるようになる「SEL1224G」ですが、こちらは小型軽量設計のコンパクトなレンズになっているのも特徴です。


『SEL1224G』の主な特長


●非球面レンズ4枚を含む新規光学設計により、超広角ながら絞り開放から高い解像性能を実現
●ED(特殊低分散)ガラス3枚、スーパーEDガラス1枚を最適に配置し、色収差を良好に補正し画面周辺までクリアに描写
●ナノARコーティングの採用で、フレアやゴーストを大幅に抑制し、クリアでヌケのよい描写を実現
●新規光学設計による鏡筒長の小型化と前玉の小径化で質量約565gを達成。コンパクトなEマウントボディにマッチした優れた携行性を実現
●高速、高精度で静音性に優れたダイレクトドライブSSM(DDSSM)を採用。静止画、動画ともに快適なAFが可能
●カスタマイズ可能なフォーカスホールドボタンや、応答性のよいフォーカスリングなど、高い操作性を実現
●防塵・防滴に配慮した設計


ソニー"α"には比較できるレンズが他にないのですがレンズメーカーのシグマさんから同様のレンズ「12-24mm F4 DG HSM」が発売されています。マウントアダプターを利用することでソニーEマウントボディでも利用ができますのでそれとスペックを比較して見ると下記の様になります。


  SONY
SEL1224G
SIGMA
12-24mm F4 DG HSM
レンズ構成
13群17枚
11群16枚
レンズマウント
ソニーEマウント
シグマ/キヤノン/
ニコンマウント
(マウントコンバーターにより
 キヤノンマウントをソニーE
 マウントに対応可能
焦点距離 12-24mm 12-24mm
開放絞りF値 F4 F4
最小絞りF値 F22 F22
絞り羽根 7枚(円形絞り) 9枚(円形絞り)
最短撮影距離 0.28m 0.24m
最大撮影倍率 0.14倍 0.204倍
外形寸法 87x117.4mm 102x131.5mm
質量 565g 1150g
希望小売価格 220,000円
220,000円
(別途 要マウントコンバーター)

希望小売価格が同じなのがニクいのですが、質量がソニーSEL1224Gの方が大幅に軽量化されており半分くらいになっているところがもっとも大きな違いになると思います。


プロカメラマンでしたらいざしらず、我々アマチュアカメラマンにとっては「旅行のついで」の撮影が多いため、こうしたレンズの軽量小型化は非常に大きな恩恵になります。まさか12-24mmの超広角ズームレンズだけをもって旅行に行くことはないでしょうし、このレンズは多くの場合「予備レンズ」として持ち歩くシーンがほとんどだと思います。


SEL1635GM-lens.jpg
ソニー「SEL1224G」MTF曲線(ソニーUSAサイトより抜粋)


また、MTF曲線というレンズの解像度、コントラストを数値化したグラフを見てもソニーのSEL1224Gはかなり好成績に見えます。


SIGMA-01.jpg
SIGMA「12-24mm F4 DG HSM」MTF曲線(SIGMA公式ホームページより抜粋)


レンズ周辺のコントラストなどはソニー製「SEL1224G」の方が優れているように見えます。


SEL1635GM-04.jpg


超広角ズームレンズによる今までの"α"レンズには撮れなかった風景がこれで撮影できるようになります。このレンズもSTFレンズに引き続き、相当な人気が出そうな感じですね。


SEL1224G.jpg
デジタル一眼カメラα
[Eマウント]用レンズ
SEL1224G
ソニーストア価格:
199,630 +税
ソニーストアのご利用はこちらから
anshin-support.jpg
発売日 2017年7月7日 メーカー商品情報ページこちら
長期保証
サービス
5年ワイド:20,000円
3年ワイド/5年ベーシック:10,000円

未定 3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
送料無料
ソニー提携カード決済で3%オフ
店頭購入
特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
店3周年記念品プレゼント中
※6月23日に受注開始しました

☆デジタル一眼カメラα[Eマウント]用レンズ『SEL1224G』商品情報ページはこちらから 
★ ソニー α Universe「FE 12-24mm F4 G Debut」 
☆ソニーUSA「SEL1224G」製品情報ページはこちらから 
☆ソニーグローバル Photo Gallery「SEL1224G」作例はこちらから

 


SEL1635GM-02.jpg


「SEL1635GM」はF2.8通しの大口径広角ズームレンズとして発表されました。これで「SEL2470GM」「SEL70200GM」と揃ってソニー フルサイズEマウント版の大三元が揃った事になります。


レンズの特徴は下記の通りとなります。


●超高度非球面XA(extreme aspherical)レンズ2枚、非球面レンズ3枚を効果的に配置し、ズーム・フォーカス全域で高い解像性能を実現
●ED(特殊低分散)ガラスを2枚採用。色収差を良好に補正し、画面隅々までシャープに描写
●フローティング機構の採用により、近距離から遠距離まで鮮鋭な描写を実現
●2つのフォーカスレンズ群の駆動には「ダイレクトドライブSSM(DDSSM)」を採用。静止画、動画を問わず精緻なピント合わせが可能
●ナノARコーティングの採用で、フレアやゴーストを大幅に抑制
●超高度非球面XA(extreme aspherical)レンズと11枚羽根の円形絞りにより、被写体を引き立てる自然で滑らかなぼけ表現が可能
●最新のシミュレーションを用いた光学設計と製造工程での球面収差の最適な調整により、洗練されたぼけ描写を実現
●高い機動力が求められる撮影現場に最適な小型・軽量設計
●快適な操作性で撮影をサポートするため、フォーカスモードスイッチ、フォーカスホールドボタン、MFリングを搭載
●防塵・防滴に配慮した設計に加え、レンズ前面には汚れが付きにくく、落としやすいフッ素コーティングを採用


G Masterレンズならではの超高度非球面XAレンズを2枚採用。フレアやゴーストを抑制するARナノコーティングと、レンズ前面には汚れがつきにくくするためのフッ素コーティングを採用しているとのこと。広角レンズはレンズの前玉が非常に大きく出っ張ることが多いのでこういう配慮も嬉しいところです。


比較したいレンズはF4通しで使えるカールツァイス「SEL1635Z」になると思います。こちらのレンズも写りには定評のあるレンズですが仕様を比較すると下記の通りとなります。


  SEL1635GM New SEL1635Z
レンズ構成
13群16枚
10群12枚
焦点距離 16-35mm 16-35mm
開放絞りF値 F2.8 F4
最小絞りF値 F22 F22
絞り羽根 11枚(円形絞り) 7枚(円形絞り)
最短撮影距離 0.28m 0.24m
最大撮影倍率 0.19倍 0.19倍
フィルター径 82mm 72mm
手振れ補正 無し(ボディ型対応) レンズ内手振れ補正
外形寸法 88.5x121.6mm 78x98.5mm
質量 680g 518g
希望小売価格 295,000円
158,000円
ストア価格 未定(265,880円予想)
143,880円

広角レンズでF2.8の絞り開放が必要なシーンがどれだけあるのかというと、やはり思いつくのは星景写真などです。絞りが1段違うと光量は倍違いますのでシャッター速度を半分に出来たり、ISO感度を1段上げられるメリットがあります。


焦点距離16mmでの撮影でシャッター速度が15秒なのか30秒なのかは結構大きな違いになりそう。


SEL1635GM-05.jpg


8月発売予定となっていますが、これも上旬の出荷なのか、下旬の出荷になるのかで夏休みに使えるかどうか微妙な時期の発売になっています。


「SEL1635Z」をお持ちの方で買い増しや買い換えをご検討の方は発売日次第で気持ちがかなり揺らぎそうですね。


SEL1635GM.jpg
デジタル一眼カメラα
[Eマウント]用レンズ

SEL1635GM
ソニーストア価格:
267,500
+税
ソニーストアでのお買物はこちらから
anshin-support.jpg
発売日 2017年7月28日 メーカー商品情報ページこちら
長期保証
サービス
5年ワイド:27,000円
3年ワイド/5年ベーシック:14,000円
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
送料無料
ソニー提携カード決済で3%オフ
店頭購入
特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中


☆デジタル一眼カメラα[Eマウント]用レンズ『SEL1635GM』商品情報ページはこちらから 
★ ソニー α Universe『FE 16-35mm F2.8 GM Debut』 
☆ソニーUSA「SEL1635GM」製品情報ページはこちらから 
☆ソニーグローバル Photo Gallery「SEL1635GM」作例はこちらから 


 


まだ発売日や先行予約販売の開始日時、ショールームでの展示開始日時、ソニーストアの販売価格などが未定となっています。当店でも情報追加がありましたらすぐにお知らせをしたいと思います。


☆当店blog 17.5.18「ソニーUSAにて広角の"α"レンズが2本プレスリリース」 


☆ソニープレスリリース『35mmフルサイズ対応Eマウントレンズの新商品として広角ズームレンズ2本を発売』  


☆ソニーUSA オフィシャルニュース「Sony Introduces Two New Wide-Angle Full-Frame E-Mount Lenses」 


 


mainvisual.jpg
★ソニー「αプレミアムキャンペーン」のご案内はこちらから


ソニーストア
★ソニーストアのご利用はこちらから


 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ