【プライスダウン】4Kブラビア「X8500D」の55型と「X7000D」の49型が大幅値下げ!:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

【プライスダウン】4Kブラビア「X8500D」の55型と「X7000D」の49型が大幅値下げ! [┣ BRAVIA & Home AV]

KJ-49X7000D.jpg

Android TV搭載の4Kブラビア「KJ-55X8500D」と「KJ-49X7000D」が1万円プライスダウンし、よりお得に購入できるようになりました。なかでも「KJ-49X7000D」はクーポンを利用することで月々2,000円で購入可能になっています。


BRAVIA-35.jpg

こんにちは、店員よねっちです。

2017年モデルの新型BRAVIAが5月8日に発表になり、ソニー製品情報サイトを見ると新型モデルがズラッとラインナップされていますが、まだまだ2016年モデルも併売されています。

もちろん2017年モデルは画質も1シリーズずつアップグレードしたかのような進化を遂げているわけですが、モデル末期のセール価格になっている2016年モデルの4K BRAVIAも見逃せません。

BRAVIA-44.jpg

「X8500D」シリーズは2017年モデルと比較すると大きく価格差のあるお買い得なモデルになっています。

  65型モデル 55型モデル
2017年モデル X8500E 369,880円 279,880円
2016年モデル X8500D 299,880円
▲70,000円
174,880円
▲105,000円

65型は70,000円の差額で約2割ダウン、55型はなんと105,000円の差額になっており、約37%ダウンで購入できます。

後継モデルとの最大の違いは4K高画質プロセッサーにあります。2017年モデルでは「HDRリマスター」という、SDR映像もHDR相当のコントラストに映像処理を行う「HDR X1」というチップを搭載しています。
これは昨年モデルではZ9Dにしか搭載されていなかった機能。それが2017年モデルでは4KベーシックモデルのX8500Eにも搭載されているんです。

その他、2017年モデルになってからBluetoothオーディオ機能を搭載しています。また、Android OSのバージョンがことなっており、2017モデルでは「時制アクションによる音声番組検索」「ブラウザの音声検索」「タスク切り替え機能」「小画面表示」「チャンネルポン」「設定画面のデザイン刷新」などが行えるようになっています。

DSC00003.jpg

ですが、2016年の4K対応モデルも全てHDR対応になっており、HDR信号による輝度差の大きな映像を楽しむことが出来ます。

「HDR」というのは輝度差を表す新しい規格のことで、たとえば、外で夕日を背にして立っている人を見たときに「夕日がまぶしい」と感じることがあると思いますが、それをテレビでも体感できるといったイメージです。

わずか4年前には65型で75万、55型で50万円していた4Kテレビが半額以下になっており、2016年モデルなら174,880円(税別)で55型の4Kブラビアが購入可能なんです。65型でも30万円を切る価格で購入できます。

大画面の4Kテレビを手軽に購入されるならモデルが販売終了になる前の今がチャンスになっています。

KJ-65X8500D.jpg
地上・BS・110度CS
デジタルハイビジョン液晶テレビ

X8500Dシリーズ
ソニーストア価格:
174,880+税~
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2016年5月21日 メーカー商品情報ページ
延長保証
5年ワイド:31,000円~
3年ワイド:16,000円~
5年ベーシック:無償
60回
分割価格
55型:分割手数料1%+AV10%オフ 月々2,900円
65型:分割手数料1%+AV10%オフ 月々4,900円
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
送料無料
テレビ基本設置サービス 無償
60回分割払手数料1%キャンペーン
【期間限定】5年ベーシック無償化キャンペーン(~7/31)
当店店頭
購入特典
開店3周年記念品プレゼント中
S-Log撮影4K花火映像入りポケットビットプレゼント
USBスタンドアダプタープレゼント
サマーフェア購入特典あります




KJ-49X7000D_room_image_a.jpg


「KJ-49X7000D」はサイズで比較するならおそらく2017年モデルの「X8000Eシリーズ」が比較対象になると思います。

というのも2017年モデルの4Kブラビアは65型・55型がメインになっており、49型は「X8000Eシリーズ」か「X9000Eシリーズ」のどちらかになります。

  49型モデル 43型モデル
2017年モデル X8000E 209,880円 169,880円
2016年モデル X7000D 124,880円
▲85,000円
-

 
「X9000Eシリーズ」だとさらに価格も上がってしまいますが「X8000Eシリーズ」の49型と比較しても価格差は85,000円あります。約40%ダウンで購入できる計算です。

最初に述べたように2017年モデルと比べて4K高画質プロセッサーやAndroid OSのバージョンに違いはありますが、「KJ-49X7000D」を60回の分轄購入した場合、月々2,000で購入出来てしまうんです。

PS4Pro23.jpg

もちろんHDR信号にも対応しています。例えば「PlayStation 4 Pro」は4K HDR出力出来るようになったことで話題になりました。SDRだと従来は輝度差が激しくて白く飛ばして表現するしかなかったシーンですが・・・

PS4Pro24.jpg

HDRだと人間の見た目に近く、これくらいの見え方で表現をしてくれます。猛烈な違いがあります。 こういった機能をすべて引き出すにはやはり4K&HDR対応テレビが必要になってきます。

「PlayStation 4 Pro」を購入して次は4Kテレビを・・・なんて方にもおすすめです。

KJ-49X7000D.jpg
地上・BS・110度CS
デジタルハイビジョン液晶テレビ

KJ-49X7000D
ソニーストア価格:
124,880+税
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2016年10月8日 メーカー商品情報ページ
延長保証 5年ワイド:18,000円
3年ワイド:9,000円
5年ベーシック:無償
60回分割価格 分割手数料1%+AV10%オフ 月々2,000円
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
送料無料
2テレビ基本設置サービス(自宅内) 無料
60回分割払手数料1%キャンペーン
【期間限定】5年ベーシック無償化キャンペーン(~7/31)
当店店頭
購入特典
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
スプリングフェア店頭購入特典
開店3周年記念品プレゼント中
S-Log撮影4K花火映像入りポケットビットプレゼント
USBスタンドアダプタープレゼント

 

☆当店blog 17.5.17「最大14万円お得なBRAVIA 2016年モデルのご案内」
☆当店blog 17.5.11「OLED BRAVIA A1シリーズのショールーム展示レポート」 
☆当店blog 17.5.10「4K UHD Blu-rayソフトで『君の名は。』が発売」 
☆当店blog 17.5.9「Ultra HD ブルーレイプレーヤー『UBP-X800』展示レポート」 
☆当店blog 17.5.8「有機ELパネル搭載『BRAVIA A1』他、2017年モデルがプレスリリース」 

☆当店blog 17.5.8「お買い得なブラビア2016年モデルのご案内」 

☆当店blog 17.5.8「ソニーストア ブラビア購入キャンペーンで今すぐ4Kを観よう!」 
☆当店blog 17.5.8「ソニー初のUltra HD BDプレーヤー『UBP-X800』プレスリリース&予約販売開始」 

 

468_60.gif
★ソニーストアのご利用はこちらから

SonyBankWallet.jpg
☆当店ホームページ『Sony Bank WALLET』のご案内は 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ