ソニーUSAにて広角の"α"レンズが2本プレスリリース:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

ソニーUSAにて広角の"α"レンズが2本プレスリリース [┣ デジタル一眼“α”]

SEL1635GM-10.jpg


海外にてソニー"α"レンズの新製品が発表になりました。G Masterレンズの16-35mm F2.8と、Gレンズの12-24mm F4が現地時間の5月17日付けで発表になっています。


 

SEL1635GM-01.jpg


こんにちは、店員佐藤です。


F2.8通しで使える広角ズームレンズがついに登場。これでいわゆる「大三元」がフルサイズEマウントレンズでも揃うことになります。「G Master」ブランドレンズはこれで6本目になります。


12-24mmはF4.0通しで使える超広角ズームレンズです。APS-C用の「SEL1018」というレンズがあるのですが、これをフルサイズでクロップせずにセッティングし、デジタルズームで12~13mm相当にして使う、という技がありましたが、それをしなくても安心して使える12mmの超広角撮影ができるようになります。


これまでの1年でソニーからは約10本のレンズが発売になっているんですが、まだまだすごい勢いでレンズが発売になります。


 


SEL1635GM-02.jpg


「SEL1635GM」は5枚の非球面レンズを使い、そのうちの2枚が高精度なXAレンズを使用しているとのこと。解像度を最大化しながらEDガラスの2枚が色収差を最小限に抑え、ナノARコーティングが画像のコントラストを高め透明度を確保するための内部反射を抑制します。


SEL1635GM-03.jpg


USAにはすでに製品情報ページも用意されていて、作例なども掲載されています。


SEL1635GM-04.jpg


ギャラリーに掲載されている写真の全てでは無いのですが、一度開いて写真の下に「100%」というリンクがあるものは6000×4000ドットサイズで観ることが可能。


SEL1635GM-05.jpg


このボブスレーの写真ですが、すごいですね。2400万画素なのでオリジナルサイズのままだったとしたら"α9"とかで撮られているのかな? 画像ファイル名を見ると推測ができて、この写真はα9で撮影されているようです。


SEL1635GM-11.jpg


絞り開放のF2.8で撮られていて100%の写真が観られるのはこちらのカットのみ。ちょっと極端な条件の写真になりますが足首のところの体毛までしっかり見えているところはすごい。こちらもα9での撮影の様子。


☆作例直リンク「ボブスレー」
☆作例直リンク「クライマー」


さて「16-35mm F2.8」というとAマウントレンズに「SAL1635Z」があります。


DSC00049
α7s+SAL1635Z F2.8 15秒 ISO6400


★当店blog 14.8.9「”α7s”で撮る『2泊3日 木曽駒ヶ岳の天の川テント泊』」 


それを持って木曽駒ヶ岳に行って撮ってきたのがこちらの写真です。絞り開放F2.8を使うシーンってこういう天の川の撮影シーンなんかでも良いんですよね。


今度はこれがフルサイズEマウントで使えるとなると、またまた今までにないシーンが撮れそうです。


 


「SEL1635GM」はUSAにて8月出荷を予定していて2200米ドルでの発売になるそうです。1ドル111円換算で日本円が244,420円になります。日本国内向けの情報は今のところまだありません。


 


SEL1635GM-06.jpg


Gレンズブランドの12-24mm F4 超広角ズームレンズ「SEL1224G」はコンパクト軽量設計で優れた画質品質を実現するレンズです。「約20オンス」という表現がありますがグラム換算すると566gになります。


4つの非球面レンズとEDガラス3枚、スーパーEDガラスを1枚使った革新的な光学設計を備えているとのこと。


SEL1635GM-07.jpg


高速で静かな高精度AFパフォーマンスはダイレクトドライブSSMによるもの。


SEL1635GM-08.jpg


作例もいくつか掲載があるのですが、こちらは有楽町フォーラムですね。ここで絞りF8の12mmワイド端の写真が100%表示で観られます。こちらも解像度は2400万画素になっています。ファイル名から推測すると"α7R2"で撮られているので、それを2400万画素相当にリサイズして掲載していると思われます。


SEL1635GM-09.jpg


一番左上隅をチェックしてこの解像度です。すごい! 一番隅っこでこれだけの解像度があり、収差も抑えられているとは。


超ワイド12mmの世界は、今まであまり観ることのない新しい風景を見せてくれます。ただ、使いどころも限られるので、大きなレンズだと持ち歩くこと自体が大変になるんですが、軽量コンパクトなこのレンズだったら旅行にも気軽に持ち出せそうです。


☆作例直リンク「味の素スタジアム」 
☆作例直リンク「国際フォーラム」 
☆作例直リンク「白糸の滝」 


 


ソニーUSAによると「SEL1224G」は7月の出荷開始を予定しており約1700米ドルでの販売となるそうです。日本円では188,870円になります。


日本国内向けのプレスリリースをお待ち下さい。前回の"α9"の時は翌日には日本向けのプレスリリースがあったので明日辺り、要チェックです♪


 


☆ソニーUSA オフィシャルニュース「Sony Introduces Two New Wide-Angle Full-Frame E-Mount Lenses」 


☆ソニーUSA「SEL1635GM」製品情報ページはこちらから 
☆ソニーグローバル Photo Gallery「SEL1635GM」作例はこちらから 


☆ソニーUSA「SEL1224G」製品情報ページはこちらから 
☆ソニーグローバル Photo Gallery「SEL1224G」作例はこちらから


 


mainvisual.jpg
★ソニー「αプレミアムキャンペーン」のご案内はこちらから


ソニーストア
★ソニーストアのご利用はこちらから


 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。