新型スポーツウォークマン『WS620シリーズ』展示実機レポート:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

新型スポーツウォークマン『WS620シリーズ』展示実機レポート [┣ Walkman & Audio]

NW-W620-01.jpg


昨日プレスリリースで発表になった新型のヘッドホン一体型ウォークマン「WS620シリーズ」が今日からソニーショールーム/ソニーストア銀座にて発売前特別先行展示を始めています。


早速、実機の様子を拝見させてもらってきました。


 

NW-W620-02.jpg


こんにちは、店員佐藤です。


先週からほぼ毎日のようにお邪魔させていただいているソニーショールーム/ソニーストア銀座。毎回、笑顔でお迎えくださるスタイリストの皆さんにいろいろな事を教えていただいてきています。今日も展示初日ということでご興味をお持ちのお客様がいらしていて、熱心にご案内をされていたのですが、その話をうかがいつつ、実機を触らせてもらってきましたので、まとめてレポートしたいと思います。


さて、展示されているのは5Fフロアの入口からすぐのコーナー。先週から展示されているExtra Bassシリーズのワイヤレススピーカーと同じテーブルで展示されてます。


NW-W620-03.jpg


モデルは16GB内蔵メモリー、リモコン付属の「NW-WS625」(18,880円)と、リモコン無しで4GBメモリーの「NW-WS623」の2機種のラインナップになります。


写真はリモコン付属の「NW-WS625」です。16GBとか4GBとか、今時のハイレゾ対応ウォークマンと比較すると劇的に容量が小さく見えますが、これで再生するのは主にMP3とかを想定しているんでしょう。見ての通り、再生楽曲をモニターすることなどができないので曲を入れっぱなしでシャッフルとかで再生するだけなので、そんなに大量楽曲を入れることを想定していないと思います。




対応ファイルは、MP3、WMA、FLAC、リニアPCM、AACなどとなっていますがFLACの場合、48kHz、16bitまでの対応となっておりハイレゾ楽曲はそのままでは入れられないことになっています。


リニアPCMで転送してしまうと容量の消費が激しいのですがMP3 128kbpsとかであれば4GBでも相当入りますからね。


NW-W620-04.jpg


で、このウォークマンはスマートフォンとBluetooth通信で接続できてBluetoothヘッドホンとしても使えるところが特長です。


スマートフォンのBluetooth音声機器として認識されてメディア再生の他、通話時のヘッドセットとしても使える様になっています。


NW-W620-07.jpg


スポーツでの使い方というと、今や多くのマラソンランナーさんはスマートフォンを持って走っているはず。マラソン用のトレーニングアプリがあり、スマートフォンのGPS機能と連動して走行距離やペースなどを記録しながら走行することができます。


走行ペースなどのモニターのためにヘッドセットを使うのですが、そのときの音楽再生とトレーニング音声の再生にウォークマン「NW-WS620」を使おう、ということが出来るわけです。


WS620本体にもメモリーがあり、それで再生することもできますが、それは水泳などでスマートフォンを持ち込めないときに使えます。マラソンやジョギングの事を考えると、このスマートフォンと連動できるウォークマンって良いと思います。


NW-W620-06.jpg


ソニーにはスポーツギア「Smart B-Trainer」というトレーニングに特化したウォークマンモデルもあります。そのトレーニングアプリもNW-WS620シリーズで利用が可能。


スマートフォンアプリの「B-Trainer」は「SSE-BTR1」本体がなくても利用できるトレーニングアプリになっていて、心拍トレーニングや、金さん、清水さんのスペシャルトレーニングメニューが使えない意外は、普通にマラソンアプリとして使えます。


GPS記録などはSSE-BTR1ではなくスマートフォン自体のGPSを使って記録することができるので、こういう使い方もあり。


NW-W620-08.jpg


SSE-BTR1本体を使うよりもメリットがあるポイントが二つあり、一つはこの外音取り込み機能です。右耳の本体下側についている、この銀色のつるっとしたボタンですが、これが外音取り込みボタンになっていて、押すたびに外音取り込みをして外の音をイヤホンの中で再生してくれます。


ノイズキャンセリングヘッドホンはこれと逆の事をしていて、反位相の音を再生して外のノイズが小さく聞こえるように補正するのですが、外音取り込み機能では、外の音を聴かせてくれます。


一緒に走るパートナーがいたら、音楽を聴きながら会話を楽しめたりするというわけです。試してみるとショールームの中ででも人の声が聞き取りやすくなったりします。LSDなど会話をしながらゆっくりと長時間走行するトレーニングをするときにはこの機能は必須です。Smart B-TrainerのSSE-BTR1ではこの機能は利用ができません。


 


あとはSSE-BTR1はBluetooth機能を切ってGPSをスタミナセッティングにしても最長5時間半しかバッテリーがもたないのですが、NW-WS620シリーズはMP3再生、外音取り込み機能オフで最長12時間のスタミナ性能を発揮するそうです。


東京マラソンの制限時間は7時間、千葉アクアラインマラソンで6時間なんですが、制限時間全てを使って完走する場合でも最後まで使えます。なお、Bluetooth再生時は最長4時間とのことなので、スマートフォンのマラソンアプリを使ってしまうとSSE-BTR1と一緒になってしまいます。


NW-W620-05.jpg


それと上位機種の「NW-WS625」にはフィンガーリモコンが付属します。見ての通りですが、指先で音量や再生停止、曲送り、ボリューム調整などが可能。


ヘッドホン本体にもこれらのボタンはついているのですが、見えないところの操作なので、ボタンの配列を覚えるまでちょっと時間がかかるんです。こうしたリモコンなら直感的に操作ができるので良いかも。


スマートフォンとbluetooth接続を行い、スマホ側のマラソンアプリの音楽再生停止なども、このリモコンから行うことができました。電池寿命は約18ヶ月もつそうです。


 


NW-W620-09.jpg


さて、こちらは5,000円安い4GBメモリーモデルの「NW-WS623」と接続したところ。フィンガーリモコンが付属しないだけで、それ以外の機能面ではWS625と差はありません。


マラソンアプリですが、私のスマートフォンに入っている「Nike+ run Club」「Rantastic PRO」で動作していました。Smart B-Trainerを使う前は私もこうしたマラソンアプリを使って練習していました。これらのアプリも走行時間や距離のアナウンスをしてくれます。


NW-W620-10.jpg


さらに、こちらはamazon musicの再生をしているところです。ウォークマン、スマートフォンに楽曲を入れず、ストリーミングでインターネットラジオの再生をすることもできます。


なお、Bluetooth通信はSBCとAACのみとなっています。高音質転送はできないのですが、スポーツ時にそれほど音質にこだわることもないかな。


とはいえ、ヘッドホンそのものの音質は良い感じです。高域から低域までちゃんと再生をしてくれます。


NW-W620-11.jpg


これから運動のしやすいシーズンを迎えます。トレーニングのお供にヘッドホン一体型ウォークマン「WS620シリーズ」はいかがでしょうか。


Smart B-Trainerを個人的にはオススメするのですが、水泳にも使いたい、というとこっちのモデルになってしまうんですよね。外音取り込み機能も注目です。一緒にトレーニングしてくれるパートナーがいる方、スマートフォンにamazonミュージックなどの聴き放題サービスを入れて利用している方にはこちらのモデルをオススメします。


 


NW-WS623.jpg
ウォークマン
WS620シリーズ
ソニーストア価格:
13,880+税~
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日 2017年6月10日 メーカー商品情報ページこちら
延長保証 5年ワイド:2,000円+税
3年ワイド/5年ベーシック:1,000円+税
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
3年ベーシック無償
送料無料
当店店頭入特典 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中

  
☆ソニー プレスリリース「Bluetooth 接続でスマートフォンのコンテンツも楽しめる 外音取り込み可能なスポーツ仕様のヘッドホン一体型ウォークマン WS620シリーズ発売」 


☆当店blog 17.4.25「ヘッドホン一体型ウォークマン『WS620シリーズ』発売」 


 


468_60.gif
★ソニーストアのご利用はこちらから


SonyBankWallet.jpg
☆当店ホームページ『Sony Bank WALLET』のご案内は


 


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 4

かつ

WS610シリーズと比較して、スマホでの楽曲選択機能(songpal(現music center))が削られていることを書いていないのは悪質ですね。

店員佐藤さんの記事は誠実さのかけらもない、よいしょ記事です。

生きていて恥ずかしくないのですか?
by かつ (2017-07-09 09:06) 

店員佐藤

かつさん、こんにちは。
ご指摘ありがとうございました。

ドロップしている機能については気がつきませんでした。
今後もお気づきの点がございましたらお知らせいただけると
助かります。

なお、このモデルについては個人的に購入しているので
ちょっと使い込んでからまた紹介をしたいと思います。

今後もよろしくお願いします。
by 店員佐藤 (2017-07-11 16:53) 

マサル

リモコン付きは16GB、無しは4GB。
どちらも魅力的ですね~
悩むところです^^

これからも新製品のレビューよろしくお願いしますね。
by マサル (2017-09-10 16:15) 

店員佐藤

♪マサルさん、こんにちは。
こちらの製品、実際に4GBモデルの方を
自腹購入しました。
http://tecstaff.blog.so-net.ne.jp/2017-07-17_NW-WS623_review

この外音取り込み機能が思ったよりも良いです♪
by 店員佐藤 (2017-09-12 20:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ