大井競馬『トゥインクルレース』撮影会レポート:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

大井競馬『トゥインクルレース』撮影会レポート [☆テックスタッフ店舗情報]

ooikeiba-01.jpg


昨夜は当店の”α”撮影イベントということで、大井競馬場へ行きナイト競馬の撮影会を開始しました。


簡単にイベントのレポートをお届けします。


 

ooikeiba-02.jpg


こんにちは、店員佐藤です。


昨夜はご参加いただいた皆様、ありがとうございました。昨年末に何度かナイト競馬の撮影に挑戦し、競馬に詳しいお客様にレクチャーしてもらったところ、競走馬撮影のポイントをいくつか教わりました。それを今回は私がご参加の皆様にお伝えする形での撮影会でした。


ちなみに今回ご参加の方々ですが全員、競馬は初体験というか競馬場へ行ったこと自体がないという方ばかりでした。(2回目のご参加という方もいらっしゃいましたが。)


入場料100円で入れるんですが、たった100円で入れるにしては施設がすごい広くて立派で、というのには皆さん感動されています。そうそう、私もそうでしたが、さらにここは平日の夜のレースであれば空いているし、まさに隠れた写真遊びスポットだと思います。


ooikeiba-03.jpg


さて、参加された皆様はみなさん、お仕事帰りということで17時半に私たちが到着したところから、徐々にメンバーさんが集まってこられます。レース距離によって撮影場所が変わるので時間を区切って30分ごとに集合場所が変更になる旨を案内させていただいていたのですが、なんとか無事、全員合流することができました。


ちなみに通常の撮影ポジションはここ。ゴールをやや過ぎたポジションで、ここからゴールポストを過ぎるところを狙います。


ooikeiba-04.jpg
α6500+SEL70300G F5.0 1/250 ISO1000 焦点距離143mm


こちらは店員よねっちが撮ってきた初めての競馬フォト。”α6500”にSEL70300Gを装着していますが、ふむふむ、最初から上手いこと撮りますね。


どうやら競馬のカレンダーとかをみるとこうして競走馬が足を畳んで飛んでいるところがベストショットになるみたいで、これは連写撮影で狙っていきます。


ooikeiba-05.jpg


第8レースは距離1600mになります。スタート地点がメインストレートに位置するためスタートの瞬間を目の前で見ることができます。


1600m、1700mのレースではこうしてスタート地点に移動してスタートシーンを撮影します。


ooikeiba-06.jpg
α6500+SEL70300G F5.0 1/200 ISO8000 焦点距離130mm


スタート地点の写真は難しいんですよね。私もそうでした。どんなシーンになるのか一度みておかないとわからないんです。すごい近いところをあっという間に駆け抜けます。11レースでもう一度1600mのレースがあるので、そのときが本番ですよ。


ooikeiba-22.jpg

 

そしてスタートシーンを撮影したらすぐにコーナー出口へ移動します。お馬さんが1周してくれる前にコーナー出口に陣取って、内側のコーナーを抜けてくるところを狙います。

 

ooikeiba-07.jpg
α6500+SEL70300G F5.6 1/250 ISO12800 焦点距離157mm

 

間に合いました。

 

ふむふむ、よねっちやるね。

 

ooikeiba-08.jpg
α6500+SEL70300G F5.6 1/250 ISO12800 焦点距離157mm

 

ここか連写で撮影します。先頭の馬を追いかけてしまうところなんですが、それを我慢して後ろの馬を撮るとダートレースならではの土煙でかすむド迫力フォトが撮れるんですよ。これもたくさん撮って自分で良いシーンを探す練習です。

 

ooikeiba-09.jpg

 

レースは30分ごとに行われるので、ここでは次のレースまでの間に競馬場見学へ出発です。大井競馬場の場内はすごく綺麗に整備されていてイルミネーションなども凝ったモノがあります。こちらは桜のイルミネーションなんですが、LED電球のひとつひとつが桜の形になっている凝りよう。

 

ooikeiba-10.jpg

 

パドックへ行って次のレースに参加するお馬さんの調子を見ます。レースに勝てそうな落ち着いた馬を探したりするものなのかもしれませんが、よねっちはこうして興奮している馬を探してアクロバットシーンのチャンスを探していたみたいです。やるねー。

 

こうした撮影会をすると参加者さん毎に違った目線で被写体を探されるので私も勉強になります。

 

ooikeiba-11.jpg

 

19時を過ぎるとすっかり陽も落ちてナイトレースになります。照明はしっかりと用意されているので、それなりの明るさはあるのですが、日中の明かりとは違います。暗いシーンでのスポーツ撮影になるのでISO感度を上げて、シャッタースピードをやや遅めにして撮影していきます。

 

ooikeiba-12.jpg

 

ゴール地点で狙ったり。。。

 

ooikeiba-13.jpg

 

スタンドの上段へ移動して、遠いところから流し撮りで競走馬を撮影したり、レース毎にシチュエーションをちょっとずつ変えて撮影。

 

ooikeiba-14.jpg

 

流し撮りですが、馬は上下動があるので車や飛行機みたいには流し撮りが決まりません。数多く打って上下動が少ないシーンをあとからピックアップする、という方法で撮影します。この日は店員よねっちで1000枚程度、多い方だと3000枚のシャッターを切られていました。

 

ooikeiba-15.jpg

 

そしてメインの11レースです。1600mのレース距離なので2度目のスタート地点撮影に挑みます。それぞれ一度目の撮影のときのことを踏まえて、思い思いの場所に散って撮影します。

 

ooikeiba-16.jpg
α6500+SEL70300G F5.6 1/100 ISO2500 焦点距離190mm

 

こちらは店員よねっちフォトです。なるほど、この塊感はスタート地点だけですよね。やりますね。躍動感のある写真になっています。

 

ooikeiba-17.jpg

 

11レースの表彰式を観て、あとは最終12レースだけなんですが、ここの間が割と時間が空いています。おそらく11レースが終わって帰ってしまうお客様もいらっしゃるし、混雑緩和のために時間をおいているのかも?

 

ooikeiba-18.jpg

 

ということで、あまりにも空き時間が多いので皆さん、最終12レースだけ馬券を買ってみることに。それぞれ100円ずつですが、人生初の馬券購入です。

 

競馬新聞を見てたくさん印がついている馬をチョイスしたり、名前だけで選んだり。オッズが高いものを選んで買ったら飲みに行こう!的な買い方をされる方も。ビギナーズラックってありますからね。

  

ooikeiba-19.jpg

 

で、12レースが終わってみると、お二方、あててしまいました。すごい、みんな1点買いなのに、それで当ててしまうって! ビギナーズラックって本当にあるから恐ろしいですね。w

 

ooikeiba-20.jpg


人生初の馬券購入の後に人生初の勝ち馬馬券の換金です。おめでとうございます。ちなみに私は7レースから全部かっているのですが「篠沢教授に1000点」的な買い方をしていたもので、全敗でした。次からは「はらたいらに1000点」作戦で行きます。

 

ooikeiba-21.jpg


金曜日の夜に21時まで遊んで、そのまま解散してきました。12月に来たときはかなり寒かったんですが、もうそれもないので、かなり楽に撮影が楽しめます。

 

ご参加の皆さんに楽しんでいただけたようですので、次回は5月12日(金)に開催したいと思います。ご都合のつく方は是非、ご参加ください。





※撮影会開催に伴い、5月12日(金)は当店店舗は17時までの営業となります。ご了承ください。 


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。