【ランキング】注目度UP!4/8~4/14までの一週間で人気を集めた記事TOP7:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

【ランキング】注目度UP!4/8~4/14までの一週間で人気を集めた記事TOP7 [☆テックスタッフ店舗情報]

2collage_photocat.jpg

今週はようやく都内で桜が満開になったこともあり、当店では桜撮影に力をいれた1週間となりました。なお『みんなの4K花見大会』の作品はまだまだ募集中です。ぜひご参加下さいませ。

それでは今回も4月8日から4月14日までの1週間、当blogでページビューを集めた記事をランキング形式でTOP 7までご紹介したいと思います。

 

こんにちは、店員よねっちです。

今週注目のニュースといえばPlayStation VRが29日(土)の8時30分より販売再開します。追加販売が行われるたびに大人気となっていますので今回も激戦が予想されますが、ぜひあきらめずにチャレンジしてみて下さいね。

さて、今週も一番人気を集めたのはどの記事なのか?閲覧数の多かったblogエントリーをランキングでTOP 7までご紹介です。

 

 ■第7位 サイバーショット『DSC-RX1RM2』が4万円の値下げ

DSC00002.jpg

第7位はフルサイズセンサー搭載し、RXシリーズ最高峰を誇る『DSC-RX1RM2』のプライスダウンに関する記事がランクインしました。

「DSC-RX1RM2」は40万画素を超えるサイバーショットです。カメラの部品の中でもっとも高額になるのがセンサー部分とのことですがセンサーにはα7R2と同じ35mmフルサイズ裏面照射型の4240万画素CMOSセンサーを採用しています。

ギャップレスオンチップレンズ構造や裏面照射型構造を採用したことにより、常用ISO100-25600(拡張ISO下限ISO50、上限ISO102400)の幅広い感度領域ででの撮影が行えまます。ボディ外観は2012年に発売されたDSC-RX1とほぼ同様でコンパクトサイズ。

「DSC-RX1RM2」がプライスダウンしたのは発売以降今回が初めてで、なんと40,000円もお得になっています。お得になったこの機会にいかがでしょうか。

☆当店blog 17.4.27  「【プライスダウン】サイバーショット『DSC-RX1RM2』が4万円の値下げ」 

RXシリーズ最高峰となる「DSC-RX1RM2」の詳細はこちらの記事にてご覧ください。 

 

 ■第6位 飛行機で試す最強ノイキャンヘッドホン『MDR-1000X』の話

MDR-1000X-01.jpg

第6位は「飛行機で試す最強ノイキャンヘッドホン『MDR-1000X』の話」となりました。

「MDR-1000X」のノイズキャンセリング効果が物凄いというのはいままで当店のblog記事でも何度かご紹介してきましたが、電車でその効果を試したことはあったものの、飛行機で試すことは出来ていませんでした。

しかし、ソニーストア札幌の取材の際、飛行機に乗る機会ができたので、さっそく「MDR-1000X」を機内に持ち込みノイズキャンセリングの効果を試してきました。そのレビューレポートです。

☆当店blog 17.4.6「飛行機で試す最強ノイキャンヘッドホン『MDR-1000X』の話」

「MDR-1000X」には「アンビエントサウンド」という機能がついています。ボイスモードとノーマルモードの二つがあるのですが、これは外部マイクを使ってヘッドホンの外の音をわざと中で鳴らしてくれるというもの。

ボイスモードでは完全なノイズキャンセリング全開モードよりもやや雑音は多めになるものの、ヘッドホンを外して機内アナウンスを聞くよりも、聞き取りやすくなります。「MDR-1000X」の飛行機での体感レポートをぜひご覧ください。 

 

 ■第5位 「α7 II」「α6000」「α5100」も値下げ!

DSC00006.jpg

第5位はデジタル一眼「α7 II」「α6000」「α5100」のプライスダウンに関する記事となりました。

この日は「α7R2」をはじめ、「α7S2」やサイバーショットのフラグシップモデル「DSC-RX1RM2」など多くのカメラがプライスダウンとなりました。その中で「α7 II」「α6000」「α5100」のプライスダウンがより注目を集めたようです。

"α7II"は35mmフルサイズセンサーで5軸光学式手振れ補正を搭載、"α6000"はミラーレス一眼としてリーズナブルな価格設定でこれから一眼レフを始めたい方におすすめ、"α5100"はエントリークラスであるものの、"α7S"以外に唯一ライトトレイルという有料アプリを使うことができる、と特徴も様々。

なかでも"α7II"はこのプライスダウンによってズームレンズキットが25,000円もお得になっています。

☆当店blog 17.4.7「【プライスダウン】「α7 II」「α6000」「α5100」も値下げ!」

この3モデルはそれぞれ「αウェルカムキャンペーン」と「スタートαキャンペーン」の対象モデルとなっており、それぞれさらに5,000円~20,000円のキャッシュバックが受けられます。詳細は記事にてご確認下さい。

 

 ■第4位 『DSC-RX100』シリーズで撮る 満開の浜離宮の桜

DSC00015

第4位はカメラをデジタル一眼"α"からサイバーショットに持ち替えて桜撮影に臨んだ「『DSC-RX100』シリーズで撮る 満開の浜離宮の桜」がランクインしました。

サイバーショットはレンズの交換こそできないものの、メニュー画面や設定項目はデジタル一眼”α”と共通になっているので、絞り開放で撮影すればしっかりと被写界深度の浅い、デジタル一眼カメラさながらの奥行き感のある写真を撮ることが出来ます。ポケットに入るほどのコンパクトサイズとは思えないほど。

今回使用した「DSC-RX100M4」はレンズが24-70mm相当なので、広い景色のところだと超ワイドレンズに交換ができず、やや物足りなく感じるかもしれませんが、実はミニワイド写真のように撮影できる裏技があります。

また女性には嬉しい「美肌効果」機能も搭載。記事では「美肌効果」を強にして撮影した写真も掲載しています。これは効果抜群です!

☆当店blog 17.4.12「『DSC-RX100』シリーズで撮る 満開の浜離宮の桜」  

 

 ■第3位 "α7S2"とSTFレンズで撮る『満開の東京・桜人気スポット巡り

DSC09192

第3位は「"α7S2"とSTFレンズで撮る『満開の東京・桜人気スポット巡り』」となっています。

記事では先日3万円の値下げになったばかりの"α7S2"をもって都内の桜人気スポットをハシゴしています。今年は突然寒くなる日もあったせいか4月の始まり頃は桜がなかなか満開になっていなかったのですが、この日はタイミングもばっちりで満開に咲き誇る桜を撮影することが出来ました。

日本&東京の人気桜スポット第1位といわれる「目黒川」をはじめ、「六本木ヒルズ 毛利庭園」「六本木・さくら坂」「芝公園」「新宿御苑」「千鳥ヶ淵」など絶景ポイントを探しつつ散策しています。

☆当店blog 17.4.11「"α7S2"とSTFレンズで撮る『満開の東京・桜人気スポット巡り』」  

訪れたスポットでは写真だけでなく「S-Log」を用いた動画撮影もしてきています。カラーグレーディングはまだ手探りでやっているところなのでホワイトバランスが思い通りにならない所もありますが、このスポット巡りで撮影してきた成果を4K S-Log動画でお楽しみください。

 

 ■第2位 『Sony Square Shibuya Project』正式オープンレポート

SonySquareShibuyaPJ-02.jpg

第2位は「『Sony Square Shibuya Project』正式オープンレポート」がランクインです。

「Sony Square Shibuya Project」というのはソニーグループの製品、テクノロジー、コンテンツを渋谷のカルチャーと掛け合わせることで、ユニークで新しいソニーの魅力を伝えることをめざして開設される新たな情報発信拠点になります。

当店では正式オープンに先駆け、プレオープンの際もお邪魔させていただいています。その時はビデオの前で自分のTシャツのボーダーラインを遠ざけたり近づけたりしてベートーヴェンの第9を演奏するなど面白いパフォーマンスをされていました。 

新規オープンとなった「Sony Square Shibuya Project」は最初、今月31日で閉鎖した銀座ソニービルの代わりの施設で、閉鎖されたOpusなどの代わりとなるスペースなのかと思いましたが、実はニューヨークに「Sony Square NewYork」という場所があるらしく、そこのコンセプトを日本に持ち込んできたスペースなんだそう。

テーマを中心にソニーグループ全体の展示が行われるとのことなので、これから大注目のスペースになりそうです。

☆当店blog 17.4.8  「『Sony Square Shibuya Project』正式オープンレポート」

 

 ■第1位 ソニーヨーロッパにて有機ELテレビ『BRAVIA A1』発表

BRAVIA-A1-02.jpg

今週の第1位はソニーヨーロッパの「BRAVIA A1」シリーズがプレスリリースとなりました。

「BRAVIA A1」は今年1月にラスベガスで開催されたInternational CESにて発表があったモデルです。特徴としては有機ELパネルを搭載しているのと、画面の背面に「Acoustic Surface サウンド システム」と呼ばれる画面から直接音が聞こえてくるシステムを採用していることが挙げられます。

画像をみるとスタンド部分もユニークな作りになっています。音がスピーカーのある底面や側面から聞こえてくる従来のテレビとは異なり、画面から直接聞こえてくるという事なのですが、これは早く体験してみたい技術ですね。

☆当店blog 17.4.11「ソニーヨーロッパにて有機ELテレビ『BRAVIA A1』発表

日本での発売に関してはまだ何の情報も掲載されていませんが、ヨーロッパでの発表があったので、近いうちに日本向けのリリースもあるかもしれません。発表が楽しみです。

 

以上今週一週間の注目記事ランキングでした。気になる記事は是非チェックしてみてくださいね。

 

468_60.gif
★ソニーストアのご利用はこちらから

SonyBankWallet.jpg
☆当店ホームページ『Sony Bank WALLET』のご案内は

 


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ