STFレンズ『SEL100F28GM』が当日出荷ステータスになりました:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

STFレンズ『SEL100F28GM』が当日出荷ステータスになりました [┣ デジタル一眼“α”]

sonystore-02.jpg

3月24日の発売以来、ながらく入荷次第出荷ステータスが続いていたSTFレンズ「SEL100F28GM」がソニーストアで「当日出荷」ステータスになりました。

今なら即納状態で購入可能です。

 

SEL100F28GM (1).jpg

こんにちは、店員佐藤です。

発売初日の一次出荷分では発売から数日のうちのオーダーされた方のところにしか出荷されず、二次分でも2月中にオーダーされた方までしか発送されていませんでした。当初は「4月発売予定」ということで桜のシーズンに間に合わないかも、という思いでオーダーをされていたので3月24日発売はラッキー!だったのですが、結局出荷されないとなぁ、と残念な気分でお待ちになっていた方も、なんとか本日お届けなら今週末のお花見お出かけに間に合いますね。

hamarikyu.jpg

ちなみに、こちらは今朝の浜離宮恩賜公園の様子です。今朝も出勤前に立ち寄ってきたのですが満開状態です。桜のSTFレンズ撮影、なんとかギリギリ行けますよ♪

 

Rikugien-01.jpg

ちなみに「STFレンズ」の事をご存じない方のために簡単にご案内すると、このレンズは「アポタイゼーション光学エレメンツ」という周辺光量を落とすフィルターを入れておりフォーカスが合っていないところの「ボケ」を柔らかくソフトにしてしまう効果があります。

SAL135F28-20.jpg

AマウントにもSTFレンズがありソニーから「SAL135F28」が発売された当時はソニー"α"にしかないレンズで、このレンズを使いたいがために"α"を買わざるを得ない、という強力なレンズでした。

今は富士フイルムさんにも同様のレンズが発売されています。ただ、その効果はソニー"α"よりも効果は薄いみたいですが、商品ページを読むと、この原理の説明は非常にわかりやすかったりします。

☆富士フィルム サポート情報「アポダイゼーションフィルター(APDフィルター)の原理と効果」

なるほど、球面収差を使ってボケ味をコントロールするわけですが、そのおかげでレンズというのは前ボケと後ろボケのどちらかに味があると、反対側は2線ボケが起こりやすくなるわけですか。

SEL100F28GM-03.jpg

STFレンズでは、それがなくフィルターでぼかすので前後ともに理想的なボケ像が造れる、というわけです。

CPplus-21.jpg

2月に横浜で開催された「CP+2017」ではアポタイゼーション光学エレメントの実物も技術展示として用意されていました。

これが「世界で一番ボケの綺麗なレンズ」と言われる秘密です。

DSC09206
"α7S2"+SEL100F28GM T5.6 1/200 ISO100

実際に使ってみるとその効果は絶大で、前ボケも後ろボケも綺麗に出ます。普通だったら被写体の前になにもおかずにクリアな視界で撮影をするものですが、STFレンズを手にするとなにか手前に「邪魔なモノ」を入れたくなってしまい、花の撮影でも手前にある綺麗な個体ではなく、奥にある個体を探すようになってしまいます。

Sakura-05.jpg

フォーカスがちゃんと来ているところの解像感も高く、使ってみるとむちゃくちゃ楽しいレンズになります。実際に自分の目で見るよりもファインダーを通して見た像の方が綺麗に見えるって考えられますか!?

DSC09319
"α6500"+SEL100F28GM T5.6 1/125 ISO200

フルサイズセンサー搭載の"α7"シリーズで使うのももちろんですが、APS-Cセンサー搭載の"α6000"シリーズでもレンズ側に手振れ補正機構が搭載されているので普通に使えます。APS-Cセンサーだと150mmの望遠マクロ的になりますが、これもむちゃくちゃ使うのが楽しい組み合わせだと思います。

 

今、オーダーすれば今週末には手に入ります。是非、今すぐオーダーしていただきたいところなんですが、その前にソニーストアで購入するならこちらの入会がお勧めです。

anshin-Support-01.jpg

ソニーストアの「αあんしんプログラム」です。こちらは5月31日までは入会金3000円が無料で、年会費6,000円がかかるサービスなのですが、入会特典としてレンズの長期保証3年ワイドが無料で購入できる特典がついてきます。

αあんしんプログラムに加入しなくても3年ワイド保証は利用ができるのですが、その際はレンズ価格の5%が保証料としてかかります。STFレンズ「SEL100F28GM」の場合は9,000円に設定されていますので、STF100F28GMを1本買って3年ワイドに入るよりも、αあんしんプログラムに加入してしまった方がオトクなんです♪

 

3年ワイドに入らなくても3年ベーシックでいいや、という方もいらっしゃるかもしれませんがソニーストアの「3年ワイド」は強力ですよ。通常の延長保証ではメーカー1年保証の準じる保証が3年になるだけですが「ワイド保証」だと、落下、水没などのときにも無料で修理をしてもらえます。しかも回数や上限金額などの設定はなく免責金額も設定されていません。

そもそもレンズが普通に使っていて故障するということは滅多にありませんが、外に持ち歩く「カメラ」のパーツです。落下破損の危険性はいつもついて回ります。

実際にワイド保証を利用することは滅多にありませんが「今回の撮影はちょっと危ないところだから、この大事なレンズを持って行くのはやめておこうかな?」というときに、ワイド保証に入っているから大丈夫!という勇気を持たせてくれるところがソニーストアのワイド保証の良いところなんです。

せっかくソニーストアで購入するんですから、是非、ワイド保証付きで買わないと損です(^^)/

 

当店店頭にも現在、展示レンズがありますので、その効果のほどが気になる方は当店店頭までどうぞ。

購入を迷っている方、早く手に入れて早く使った方がオトクです♪

 

SEL100F28GM.jpg
デジタル一眼カメラα
[Eマウント]用レンズ
SEL100F28GM
ソニーストア価格:
172,500+税
ソニーストアでのお買物はこちらから
anshin-support.jpg
発売日2017年3月24日メーカー商品情報ページこちら
延長保証5年ワイド:18,000円+税
3年ワイド/
5年ベーシック:9,000円+税
3年ベーシック:無償
ソニーストア
購入特典
ソニー提携カード決済で3%オフ
送料無料
24回分割払手数料0%キャンペーン(~5/31)
当店店頭購入特典店頭展示品でご体験いただけます

☆当店blog 17.4.11「"α7S2"とSTFレンズで撮る『満開の東京・桜人気スポット巡り』」 
☆当店blog 17.3.27「『SEL100F28GM』で撮る雨の六義園「しだれ桜」」 
☆当店blog 17.3.24「本日発売 STFレンズ『SEL100F28GM』開梱レポート」 
☆当店blog 17.3.17「『SEL100F28GM』ソニーショールームにて展示開始」 
☆当店blog 17.2.23「STFレンズ初公開『CP+2017』ソニーブースレポート」 
☆当店blog 17.2.13「STFレンズ『SAL135F28』の話」
 
※AマウントのSTFレンズを改めて紹介。STFレンズの仕組みを説明しています。

☆当店blog 17.2.8「新型"α"レンズが日本国内向けにプレスリリース」 
☆当店blog 17.2.8「海外にてSTFレンズ『SEL100F28GM』がリリース」 

 

4K-ohanami.jpg
☆当店blog 17.4.6「『みんなの4K花見大会』作品募集のお知らせ」
 

468_60.gif
★ソニーストアのご利用はこちらから

SonyBankWallet.jpg
☆当店ホームページ『Sony Bank WALLET』のご案内はこちらから

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。