キットレンズの次の1本!『SEL85F18』展示レポート:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

キットレンズの次の1本!『SEL85F18』展示レポート [┣ デジタル一眼“α”]

SEL85F18-04.jpg

2月23日からソニーショールーム/ソニーストア銀座で展示されている、新発売の85mm単焦点レンズ「SEL85F18」を触らせてもらってきました。

 

SEL85F18-07.jpg

こんにちは、店員佐藤です。

「CP+2017」でSTFレンズ「SEL100F28GM」が5本展示されている横に2本展示されていたのが「SEL85F18」です。STFレンズは長蛇の列で触る方がいらっしゃいましたが、85mm単焦点は割と楽に、それほど並ばずに触れたのではないでしょうか?

STFレンズはソニー"α"として10年ぶりに発売されるレンズですし、G Masterブランドだしで、話題騒然だったのですが、こちらの85mm単焦点はキットレンズ(本体に付属のズームレンズ)の次に使っていただきたい2本目のレンズ、というスタンスです。

ウォークマンでいうところのSシリーズモデルみたいな感じになります。それでもフルサイズEマウント対応レンズです。

"α7"や"α7 II"のボディを購入されたばかりの方にオススメのレンズになります。

SEL85F18-18.jpg

銀座での展示は今のところ1本だけ。ショーケースに入った状態になっていますが、アテンダントの方にお願いするとケースから出して、自分の"α"に装着したりボディもお借りしての試し撮りが可能。

撮影データの持ち帰りもできるので、自分のSDカードを持っていくことをオススメします。

SEL85F18-03.jpg

キットレンズの「SEL2870」よりもやや太めのレンズになりますが371gとそれほど重いレンズではありません。ちなみにキットレンズの「SEL2870」が295gで、同じ85mm単焦点の「SEL85F14GM」は820gになります。

SEL85F18-06.jpg

絞り羽根は点光源のボケなどで形が出てしまうところですが、キットレンズ「SEL2870」が7枚なのに対して9枚と、より円形に近い形ができるようになっています。

SEL85F18-08.jpg

キットレンズの「SEL2870」との一番の大きな違いは、絞りがF1.8と大きく開くため、被写界深度の浅い、いわゆる一眼カメラらしい写真が撮れるようになること。

絞りと被写界深度の関係は、ちょっとググってみるとおわかりいただけると思いますが、絞りの数値に連動してピントが合う奥行きの範囲が少なくなっていきます。絞り値が大きくなるとフォーカスが合っている部分が増えていき、その方が写真写りがよくなるように思えますが、そうすると写真表現独特の奥行き感が出なくなります。

3次元の世界のものを2次元で表現するときに、こうして絞りをいじって前後をわざとぼかして立体感を表現するのは写真ならではの技です。

ここでは「SEL85F18」の絞りをいじって、その効果を試してみます。

SEL85F18-09.jpg

これは絞り値「F1.4」ということで一番絞りを開いた状態。一番被写界深度という、フォーカスが合っているように見える範囲が狭くなっている状態です。

手前の枝にフォーカスを合わせているのですが、その奥にある枝が一番ぼけてみえて、さらに天井のLED照明も大きな丸ボケになっています。

ラグビーボールの様な形になっているのは口径食と言って、大口径レンズでよく見られる現象。これは絞り数値を大きくしていくことで円形になっていきます。

SEL85F18-09.jpg

絞り値を「F2.8」に変更しました。

このあと、ドンドン、写り方が変わっていきます。

SEL85F18-10.jpg

絞り値を「F4.0」にしました。だいぶ天井のLEDのボケが円に近くなってきています。

SEL85F18-11.jpg

絞り値「F7.1」です。画面左隅のLEDだけ、まだ口径食が残っています。背景になっている奥の枝は形までわかるようになってきました。

SEL85F18-12.jpg

絞り値「F8.0」です。これで口径食が端までなくなったようです。右手奥の枝も最初はぼけていましたが、はっきりと写るようになりました。

これがF値の変化による写りの違いです。

キットレンズの「SEL2870」はF値が3.5~5.6となっています。広角側ではF3.5から使えるのですが望遠側ではF5.6からのスタートになります。

絞り値「F1.8」や「F2.8」の大きく背景をぼかした写真は「SEL85F18」でないと撮れないことになります。

 

SEL85F18-13.jpg

こちらは2月に開催された「CP+2017」で展示されていたレンズでの試し撮りのものです。背景をぼかして人物を撮る「ポートレート写真」でSEL85F18を使うとこうした立体感のある写真が撮れます。

SEL85F18-14.jpg

人物にはしっかりとフォーカスが合っていますが、背景は大きくぼけているので浮き上がって見えてきます。

SEL85F18-15.jpg

自分で写真に撮りたかったのは「これです!」という主張をすることができます。

キットレンズを買ってそれだけで使っていると「なんかでっかいサイバーショットを買っただけみたい」と、思えてしまうかもしれませんが、そういうときに、こうした大口径の単焦点レンズを使ってみると、きっと想像していた「フルサイズデジタル一眼カメラ」の写りが楽しめると思います。

 

SEL85F18-16.jpg

ちなみに、こちらは昨日のソニーショールーム/ソニーストア銀座の桜の様子です。先週お邪魔したときはもっと咲いていて、先週末には一度開花してしまっていたらしいのですが、あくまでも3月10日に開花するようにしたいらしく、桜の木を入れ替えたんだそうです。

昨日の状態でまだひとつも咲いていない状態に逆戻りしていました。今週末はチラホラ咲いているくらいに逆戻りしているかも。

SEL85F18-17.jpg

日産ショールームの方にある吉野桜も数輪咲いていたモノが今はまたつぼみだけに戻っています。

来週末あたりに来ると華やかになってそうです。

ソニービルの「It's a Sony 展 -Part.2-」も、そうですが、こうして来るたびに姿が変わっているのって行くのが楽しみになります。うちのお店でもこんなイベントができたらいいなぁ。

 

SEL85F18-05.jpg

以上「SEL85F18」の展示レポートでした。

 

main_visual.jpg
★ソニーストア「dケータイ払い+で10%ポイントバック」のご案内はこちらから 
☆当店blog 17.2.8「ソニーストアで『dケータイ払いプラス 10倍』ポイントバック発表」 

3月末まではドコモさんのキャンペーンで「10%ポイントバック」を行ってます。これを利用すると「SEL85F18」をかなりオトクに購入できます

税込み64,400円のレンズですが、"α"フォトライフサポート+AV商品10%オフと、ドコモの10%ポイントバックをあわせれば55,062円の決済で5,506円分のdポイントバックが受けられます。今なら25%オフ!感覚で買えます。

ストアメンバーさんでしたら3年ワイド保証無料クーポンもお持ちのはず。これを使うと5%お得な気分で購入できます。

このチャンスにステップアップをしてみましょう! 

 

☆ソニーストア デジタル一眼カメラ"α"用レンズ 発売前先行展示について

 

SEL85F18.jpg

デジタル一眼カメラα
[Eマウント]用レンズ

SEL85F18
ストア価格59,630 +税
 ソニーストア長期保証選択
 ・5年ワイド:6,000円+税
 ・3年ワイド:
3,000円+税
 ・5年ベーシック:3,000円+税
 ・3年
ベーシック無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
 作例見本ページはこちら
αフォトライフサポートはこちらから
ソニーストアでのお買物はこちらから
発売日:2017年4月発売予定
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 提携カード決済で3%オフ 3年ベーシック無償
 24回分割払手数料0%キャンペーン(~5/31)
テックスタッフ店頭購入特典:
 長期保証半額クーポン 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
APS_252_65-240.jpg

※αフォトライフサポートは2月20日10時を持って新規入会を終えています。会員専用ページは3月31日10時を持って閉鎖される予定です。

☆当店blog 17.2.14「ソニー新型レンズ『SEL100F28GM』『SEL85F18』『HVL-F45RM』受注開始!」 
☆当店blog 17.2.8「非球面レンズ未使用の85mm単焦点レンズ『SEL85F18』が海外発表」 

 

468_60.gif
★ソニーストアのご利用はこちらから

SonyBankWallet.jpg
☆当店ホームページ『Sony Bank WALLET』のご案内はこちらから

 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。