配線スッキリ!『ワイヤレスサラウンド』システムをオトクに購入する方法:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

配線スッキリ!『ワイヤレスサラウンド』システムをオトクに購入する方法 [┣ BRAVIA & Home AV]

20170221-1.jpg

たとえばテレビで映画やBlu-rayを見るとき、映画館のような臨場感のあるサウンドで楽しみたいと思いませんか? ただ、ホームシアターシステムを組むと配線が煩わしいし、リビングがごちゃごちゃしたものになってしまって。。。というときに便利なのがソニーの「ワイヤレスサラウンド」システムです。

ウォークマン向けのポータブルスピーカーをリアスピーカーとして完全ワイヤレスで利用するシステムが組めるようになりました。

自宅にサラウンドシステムを構築するなら今がチャンス! 「dケータイ払いプラス」のキャンペーンを利用すればだれでも40%オフに近いお得度で購入することが出来ます

 

DSC00004.jpg

こんにちは、店員よねっちです。 

テレビの音声をパワーアップするソニーのサウンドバーシリーズ。多数の機種が発売されていますが、そのウチの2機種「HT-MT500」や「HT-NT5」は「ワイヤレスサラウンド」機能を搭載しています。

DSC00005.jpg 

「ワイヤレスサラウンド」機能はSRS-HG1のようなポータブルタイプのワイヤレススピーカーを2台、無線接続することで5.1chサラウンドのリアスピーカーにすることが出来るというもの。

普段は個人個人の部屋でパーソナルに楽しんでいるワイヤレススピーカーを、映画や音楽ソフトを見ると気だけリビングに持ってきて、それをホームシアターシステムと連動させることで即席のワイヤレス5.1chシステムにして使います。

DSC00015.jpg

このシステムの凄いところは、リアスピーカーが完全ワイヤレスになるところ。一度、自宅でサラウンドシステムを組んだ事がある方は覚えがあると思うのですがリアスピーカーの配線は煩わしくて邪魔になるんですよね。

音声コードをワイヤレスにしたものは製品としてありますが、その場合も電源コードは別途必要になり、あまりワイヤレスではない感じになります。

ところが、ポータブルスピーカー「SRS-HG1」を使った場合、電源もバッテリー駆動出来るので5時間程度なら完全ワイヤレスでサラウンドを楽しむことが出来るんです。 

  HT-MT500 HT-NT5
 価格
 69,880 円+税 79,880 円+税
 発売日 2017.3.11 2016.5.21
 大きさ
(幅×高さ×奥行きmm)
バースピーカー 約500 × 64 × 110
 約1,080 × 135 × 80
サブウーファー 約95 × 383 × 380 約190 × 382 × 386
 質量(kg) バースピーカー:約2.0
 サブウーファー:約6.6
 バースピーカー:約3.2
 サブウーファー:約8.1
  実用最大出力 合計値 145W 400W
フロント 30W+30W 75W(×2)
 +35W(×2)+25W(×2)
サブウーファー 85W 85W
 HDMI入力/出力 -/1 3/1
 HDCP2.2 ×  ○
 デジタル音声入力/出力 光1/- 光1/-
 アナログ音声入力/出力 1(ステレオミニ)/- 1(ステレオミニ)/-
 USB ○ ○
 Bluetooth ○(受信および送信) ○(受信および送信)
 Bluetooth送コーデック LDAC/SBC/AAC LDAC/SBC/AAC
 LAN端子/無線LAN内蔵 ○/○ ○/○
 ハイレゾ ○ ○

対応機種は2モデルあります。

サウンドバー「HT-MT500」と「HT-NT5」の仕様を簡単に比較すると上記の通りとなります。大きな違いは搭載している入力端子で「HT-NT5」はHDMI入力が3端子あり、全部HDCP2.2に対応しています。

HDCP2.2というのは4K映像のための著作権保護信号で、スカパー!4Kの他、Firefox TVや、今後登場する4K Ultra HD BDプレーヤーなどの入力にも必要な規格。現行の2016年モデルのブラビアでは入力端子が複数ありますが、2015年モデルまでのブラビアではHDCP 2.2対応の端子が1端子しかなく複数の4Kプレーヤー、セットボックスが接続できない状況になります。そんなところに「HT-NT5」を接続するとセレクターとしての利用も出来る様になり、そういう面でも便利。

「HT-MT500」はテレビと接続するだけになるのでセレクター機能がなく、テレビの拡張スピーカーという使い方になるところが最大の違いです。

DSC00005.jpg

今後登場するであろう4K BDレコーダーや、4K対応のBSチューナーなどを接続しようとしたときに1端子しかHDCP2.2に対応していないと、その入力を使うたびに差し替えなければいけなくなります。

「HT-NT5」はそういうときにかなりのアドバンテージがあると思います。 

 

20170125-10.jpg

「HT-MT500」はHDMI端子が1端子のみの搭載でテレビと接続することになります。テレビ側に複数のHCPC2.2対応端子があれば、これで特に問題なし。スリムなホームシアターセットになります。

バースピーカーとサブウーファー本体を従来機に比べて大幅に小型化しておりサブウーファーは縦横どちらでも置き方を選べソファの下にも置きやすい薄型サイズになっています。

サブウーファーがソファの下に設置された場合を想定し新たにソファモードも搭載。ソファモードではソファのクッション部分の影響で変化する帯域やバースピーカーとの音のずれを補正し、最適なサウンドを楽しむことが出来ます。

 

ワイヤレスサラウンドを楽しむには上記の「ワイヤレスサラウンド」を搭載したサウンドバーとポータブルスピーカー「SRS-HG1」が2台必要になるのですが、この「SRS-HG1」が意外と高いんです。

1本で27,380円(税別)もするので総計で124,640円~134,640円(税別)もかかってしまいます。

うわー、割と値段が高いんだねー、というところですが、今ならドコモさんのキャンペーンのおかげでかなりお得に購入することが出来ます。

d-keitai-01.jpg
☆ドコモ公式「dケータイ払いプラス 新生活サンサンキャンペーン」はこちらから
 

☆当店blog 17.2.16「dケータイ払いプラス『最大30%ポイントバック』キャンペーン発表」 

※dケータイ払いプラス『最大30%ポイントバック』キャンペーンは終了しました

main_visual.jpg
★ソニーストア「dケータイ払い+で10%ポイントバック」のご案内はこちらから 

☆当店blog 17.2.8「ソニーストアで『dケータイ払いプラス 10倍』ポイントバック発表」 
 

いまドコモさんでは過去最大のポイントバックキャンペーンを行っています。おそらくですが、別々の部署でキャンペーンを立ち上げていて、ソニーストアの利用率を上げたいのと、年度末までにdアカウントの契約数を一気に増やそうというキャンペーンが重なって行われてしまっているんでしょうね。

この2つのキャンペーンをあわせて利用すると「ソニーストアAV商品10%割引」+「ソニーストア dケータイ払いプラス 10%ポイントバック」+「ドコモ dケータイ払いプラス 30%」で購入ができます。

「dケータイ払い」といわれるとドコモユーザーだけしか利用できないのかな、と思ってしまうところですが、そんなことはなく、誰でも利用できるキャンペーンです。

dケータイ払いプラス『最大30%ポイントバック』キャンペーンの方はキャンペーンのエントリー登録と、ソニーストアを含む5サイトでの買い物が必要なのに加え、ポイントバックの上限は30,000ポイントまでなど、やや複雑な面もありますが、これを利用しない手はないです。
※dケータイ払いプラス『最大30%ポイントバック』キャンペーンは終了しました

 

「HT-NT5(79,880円)」と「SRS-HG1(27,380円)」2本を購入するときの価格でシミュレーションしてみたいと思います。

ソニーストアでの総額は145,411円(税込)になります。ストアメンバーさんがお持ちのAV商品10%オフクーポンを使うと支払総額は130,870円。これをソニーストアで「dケータイ払い+」で購入します。

すると10%ポイントバックで即時13,087ポイントバック。そして30%ポイントバックで30,000ポイント(ポイントバック上限が30,000ポイントに設定されています)が4月にもらえるので、これらを計算すると87,783円相当で購入できる計算になります。

約4割引で購入できた計算になってしまいます。今時のソニー製品でここまでの値引率があることはほとんどありません。

ソニーストアでのdケータイ払い+の利用は10万円までという条件があるのですがサウンドバーとポータブルスピーカーを別々に「dケータイ払いプラス」で購入すれば大丈夫えす。

2月28日までの短期間限定キャンペーンです。配線スッキリのリアルサラウンドシステムを最大限オトクに購入できるチャンスです。

是非、この機会にドコモキャンペーンを利用してお得にお買い求めください。

HT-MT500.jpgサウンドバー
HT-MT500
ストア価格69,880 +税
  ソニーストア長期保証選択
 ・5年ワイド:7,000円+税
 ・3年ワイド:4,000円+税
 ・5年ベーシック:4,000円+税
 ・3年ベーシック:無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
 製品サポートページはこちら
 
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日:2017年3月11日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 提携カード決済で3%オフ 3年ベーシック無償
テックスタッフ店頭購入特典:
 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
 スプリングフェア特典あります
 開店3周年記念品プレゼント

☆当店blog 17.1.26「【レビュー】新型サウンドバー『HT-MT500』ショールーム展示レポート」
☆当店blog 17.1.25「スリム&コンパクトなハイレゾ対応サウンドバー『HT-MT500』先行予約販売開始」
 

HT-NT5.jpgホームシアターシステム
HT-NT5
ストア価格79,880 +税
  ソニーストア長期保証選択
 ・5年ワイド:8,000円+税
 ・3年ワイド:4,000円+税
 ・5年ベーシック:4,000円+税
 ・3年ベーシック:無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
 製品サポートページはこちら
 
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日:2016年5月21日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 提携カード決済で3%オフ 3年ベーシック無償
テックスタッフ店頭購入特典:
 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
 スプリングフェア特典あります
 開店3周年記念品プレゼント

☆当店blog 16.6.23「サウンドバー『HT-NT5』アップデートでワイヤレス5.1ch対応に」 
☆当店blog 16.3.3「ハイレゾ対応『SRS-HG1』ショールーム展示レポート」 
☆当店blog 16.4.7「ワイヤレスサラウンドや最新の4K/HDRに対応したサウンドバー『HT-NT5』新発売」 

 

SRS-HG1.jpgワイヤレスポータブルスピーカー
SRS-HG1
ストア価格27,380 +税
  ソニーストア長期保証選択
 ・5年ワイド:3,000円+税
 ・3年ワイド:2,000円+税
 ・5年ベーシック:2,000円+税
 ・3年ベーシック:無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
 製品サポートページはこちら
 
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日:2016年4月14日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 提携カード決済で3%オフ 3年ベーシック無償
 本体と同時購入で、 オオアサ電子製オーディオボード「HWB-XH」を1,000円OFF
テックスタッフ店頭購入特典:
 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
 スプリングフェア特典あります
 開店3周年記念品プレゼント

☆当店blog 16.4.13「世界最小ハイレゾ対応ポータブルスピーカー『h.ear go』発売開梱レポート」 
☆当店blog 16.3.1「ハイレゾ対応ワイヤレススピーカー『h.ear go』発売」
  

 

468_60.gif
★ソニーストア・オンラインのご利用はこちらから

SonyBankWallet.jpg
☆当店ホームページ『Sony Bank WALLET』のご案内はこちらから

 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。