『DSC-RX100M4』で撮る埼玉県立・川の博物館『かわはく』:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

『DSC-RX100M4』で撮る埼玉県立・川の博物館『かわはく』 [★店員佐藤の写真日記]

DSC-RX100M4-06.jpg

かなりマイナーな施設になると思うのですが、今日は埼玉県の寄居町にある県立の川の博物館「かわはく」というところに行ってきました。

よくありがちなんですが、これが結構立派な施設なんですけど、来場者がほとんどいなくて埼玉ドライブ的にはかなり穴場的なスポットみたいなところなので紹介したいと思います。

 

DSC-RX100M4-07.jpg

こんにちは、店員佐藤です。

先日お話ししましたが元旦にクルマを買い換えていて、その納車日が今日だったんです。朝の9時半にお店に来てください、ということだったので19年乗ったRAV4で最後のドライブです。

DSC-RX100M4-08.jpg

乗り換えたのがこちらのワゴンRという軽自動車。空いている駐車場にRAV4を停めたら、たまたま新車と隣り合わせになっていたので記念写真を撮らせてもらってきました。

手続きをして1時間ほどでワゴンRに乗って最初のドライブに行きます。慣らし運転というかこちらがクルマに慣れるつもりで1時間くらいのドライブで行けるところがないかなぁ、と、思い出したのが「かわはく」でした。

以前、テレビ番組の「タモリ倶楽部」で紹介をしていたところで、荒川の大きな模型があるということで行ってみたかったんですが、番組の放送を最後に半年くらいのリニューアル休業に入ると言うことで行けずじまいだったんです。

それから1年ほど経っていますので、いまはもう通常営業に戻っています。高速を使っていってみました。

DSC-RX100M4-09.jpg

「かわはく」は「川」の博物館というよりは埼玉県を横断している「荒川」の博物館というところでした。かなり立派な展示館があり、そこで荒川の歴史や治水の紹介をしています。

園内に「わくわくランド」というウォーターアスレティックエリアがあり、おそらく夏場は「わくわくランド」目当てにファミリーで来るところなんだと思います。冬場は「わくわくランド」はお休みしています。

普通に川の博物館見学というとかなり来場者数は下がるんでしょうね。異常に来場者数が少なさそうなんですが、ここは県立ということもあってやたらと施設が立派でした。

DSC-RX100M4-10.jpg

展示館は3F建てで新しめの展示物がズラッとならびます。こういう博物館展示で昔だとボタンを押すと説明ビデオの再生が始まる、というのが普通でしたが、ここはもうちょっと先に行っていて、人感センサーを使っていて人を感知するとビデオの再生が始まったり、人形が劇を始めたりします。

クオリティもなかなか高いんです。

DSC-RX100M4-11.jpg

こちらは特別展示なのかもしれませんが、荒川の上流部改修から来年は100年になるそうで、荒川の堤防を中心にパネル展示をしているエリアがあります。

以前から荒川サイクリングロードを利用させてもらっていますが、大体のコースが、その堤防の上を走っているので、こうしてパネル展示を見ると、どれも見覚えのある場所ばかり。写真を見るだけで荒川のどこにあるのか見当が大体つきます。

なるほど、荒川に興味がなくても荒川サイクリングロードを走っている人には非常に興味深いモノがあります。

DSC-RX100M4-12.jpg

特にこちら。マラソンの練習に通っている彩湖なんですが、ここも単に人工湖として作っているわけではなく、荒川の増水時には遊水場所として利用する働きがあり、ここでは名称も「荒川第一調節池」と、なっています。

一時、東京オリンピックのボート競技会場として話題になったこともありました。ここでオリンピックをやってくれたら歩いて見に来ることができたのになぁ。

で、ここが調節池として機能したことなんてないと思っていたのですが、実はここが完成した直後に利用されたことがあったそうです。

DSC-RX100M4-13.jpg

平成11年、ということは1999年ですね。うわー、すごい。サイクリングロードが走る堤防を残して、それ以外は全部水没しています。彩湖は跡形もありません。

こんなことがあったとは。

ここ以外のところについても、その場所、その場所のドラマがあって、それが詳しく解説されています。これ、全部、本にして販売してもらいたいくらいです。全部、見覚えのある場所ばかりです。

DSC-RX100M4-14.jpg

こんな大きなアトラクションもあります。「鉄砲堰」というのですが、臨時でダムを造って水を貯めておき、その下に木材を集めたら、堰を一気に切って、その放水の力で下流に木材を一気に流して、そのまま東京湾、江戸に木材を運ぶという秩父地方の伝統なんだそうです。

ここではそれを見物できるように2トンの水を堰で止めておき、一気に流す、という事をしてくれます。定時で行うイベントを見学させてもらいました。

DSC-RX100M4-15.jpg

わくわくランドというウォーターアスレティックエリアは冬場はお休みしているのですが、アトラクション機能だけお休みしていて、この期間は無料で入れるとのこと。見学させてもらうと、一部のアトラクションは遊べるようになっていました。(水に入らないで済むモノだけ使える感じ)

なるほど、ここは子供たちにはたまらない遊技物だらけですね。

DSC-RX100M4-16.jpg

子供のためのアトラクションなので普段は大人が遊ぶことはできないんでしょうけど、今日は子供さんも少ないしガラガラです。ちょっとだけ楽しませてもらってきました。

DSC-RX100M4-17.jpg

その他、巨大な水車があったり、施設は来場者数に比べると、ウソだろ!?というくらい立派なものばかり。ちょっと様子を見るだけのつもりだったんですが大の大人が3時間もかけて見学をしてしまいました。

DSC-RX100M4-18.jpg

そんなわけで、どこかへ移動して寄居グルメを楽しもうと思っていたんですが、ここで昼食をいただくことにします。

で、中にあるレストランがまたすごい安い。メインのオススメメニューは「かわはくうどん」なんでしょうけど激安の350円です。駅の立ちそば屋さんでももっとすると思うんですが、超低価格です。

DSC-RX100M4-19.jpg

こちらは唐揚げ定食のミニうどんつきという豪華メニューで、これが500円です。しかもお箸のサイズからわかると思うんですが、ご飯もかなりの大盛りです。ミニうどんもミニと呼べるギリギリのサイズ。

いやぁ、ここはいいなぁ。

DSC-RX100M4-20.jpg

園内にはロウバイも咲いていました。そうそう、秩父の宝登山まではここから1時間もかかりません。

DSC-RX100M4-21.jpg

展望台もあります。そこから園内を見下ろすと、そうでした。今回のメインの目的だった荒川の大模型を見に行かなくてはいけません。

DSC-RX100M4-22.jpg

この「荒川大模型173」は荒川の源流から東京湾までの173kmの道のりを1/1000スケールで再現した超大型ジオラマです。

173kmの1/1000というと173mあります。173mのジオラマって相当なものですよ。

DSC-RX100M4-23.jpg

まずは源流がはじまる三宝山からスタート。等高線の1段は10mだそうです。かなり険しい山の中から荒川はスタートします。

ここから山を相当下って行かないと平地が見えません。いつか荒川の源流まで旅してみたい、とか思っていましたが、この模型をみてあきらめました。こんな山の中まで私の技術と体力ではいけません。

DSC-RX100M4-24.jpg 

全長の1/4ほど進むとやっと秩父市です。ここまで来るのでもずいぶんの距離があります。

DSC-RX100M4-25.jpg

秩父公園橋はアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」でおなじみの吊り橋です。ちゃんと形が似ているところが憎い。

DSC-RX100M4-26.jpg

現在地の「かわはく」も見つかりました。建物の形と、この大模型自体の形もわかるように作られています。

そういえばかわはくの前の河川敷にはキャンピングカーもたくさん停まっていました。夏場は、ここは一大キャンプ場になっているのかな?

DSC-RX100M4-27.jpg

さぁ、ここから見てもまだ東京湾ははるか彼方です。熊谷から続きを行ってみましょう。

と、その前に一部だけ川幅がやたら膨らんでいるところがあります。ここはもしかして。。。

DSC-RX100M4-28.jpg

そうでした。ここが川幅日本一の場所になります。サイクリングロードで走っていても全然実感がわかないんですが、なるほど、これは太さがかなりあります。

ここだけやたらと広くなっていて「川幅日本一」にしたいがために堤防の距離を広げたような。。。そんなことはなくて、きっと必要な堤防なんですよね。

名前が「荒川」というくらいで、江戸時代から氾濫をよくする川として有名だったんですもんね。

DSC-RX100M4-29.jpg

この白いのはホンダエアポートです。軽飛行機の空港でスカイダイビングも良くやっています。ここの対岸に子ブタのいる榎本牧場があります。

なるほど、いつも、こういうコースをサイクリングしてたんですね。割と回り道をさせられているんだなぁ。

DSC-RX100M4-30.jpg

「背割堤」というのが見つかりました。ここは埼玉県の2大河川と言える、荒川と入間川の合流地点です。

サイクリングしていると長ーい中州を走るところがあるのですが、そこが背割堤というところで、荒川の増水時に入間川にその流れが逆流しないよう、スムーズに水が流れるようにされているそうです。

まるで一人ブラタモリ状態。タモリさんがサイクリングをされたら、こういうところに一緒に食いついてくれるはず。

DSC-RX100M4-31.jpg

秋が瀬公園にあるサクラソウの自生地もわざわざ記されていました。荒川全体から見ても、あのサクラソウ自生地は有名なところなんですね。いつか、ここでもソニーショップとしての撮影会をしてみたいです。ピクニックがてら。

DSC-RX100M4-32.jpg

そして、その下流にあるのが彩湖。さきほどの第一調節池です。増水していっぱいになっていた写真とほぼ同じ角度から撮ってみました。

増水時にはここの茶色と黄緑色が全部水没したわけです。

DSC-RX100M4-33.jpg

下流に下って岩淵水門です。デジタル一眼"α7"シリーズが発売になったときにナショジオのカメラマンさんが日本で撮影をしていましたが、ここでロケをしていました。

ここから隅田川と分岐します。

DSC-RX100M4-34.jpg

分岐した隅田川を下流から見たところ。写真の右手部分白いところにあるのが東京スカイツリーのはず。どうせだったら、ここにスカイツリーの模型を立ててもらいたいところですが予算的に難しいですかね。

DSC-RX100M4-35.jpg

そのまま隅田川は東京湾に流れて、あ、この左手前の緑色のところは浜離宮庭園です。新橋まで来てしまいました。

DSC-RX100M4-36.jpg

東京湾をグルッと回って、ここが荒川の河口です。サイクリングロードの終点になるところです。

いやぁ、これは面白い。東武ワールドスクエアクラスです。ここのジオラマの中に入って歩いてみたいところですが、それは禁止事項。中に入ることはできません。なのでこれを空撮風に撮るんだったら、長い竿みたいなものを持ってきて吊るしかないですかね。

大満足のジオラマ見学になりました。

 

DSC-RX100M4-37.jpg

以上、かわはくドライブでした。

まだ慣らし運転でアクセルも踏み込んでいないし、省エネ走行をしているというのはあるんですが、今時のクルマの燃費はすごいことになっているんですね。

RAV4なんて平均でリッター7kmくらいで高速を使っても10kmギリギリくらいだったんですが、ワゴンRの今日の燃費はこれです。

DSC-RX100M4-38.jpg

リッター27.1kmってすごいですね。RAV4の実に4倍くらい走ります。うちのワゴンRはハイブリッド機構とか、アイドリングストップなどもついていないベーシックモデルです。カタログ数値でリッター26kmとありましたが、それ以上の燃費で走ってくれるとは驚きました。

これだったら今までよりも遠くまで行けるようになるかも!? これからのクルマロケの相棒になります。これからもおつきあいのほど、よろしくお願いします。

 

RX100M4-review.jpg
☆当店blog「サイバーショット『DSC-RX100M4/M3』店員レビュー」

 

DSC-RX100M3.jpgデジタルスチルカメラ
DSC-RX100M3
ストア価格88,000 +税
 ソニーストア長期保証選択
 ・5年ワイド:9,000円+税
 ・3年ワイド:5,000円+税
 ・5年ベーシック:5,000円+税
 ・3年ベーシック:無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
 
製品サポートページはこちら 
ソニーストアでのお買物はこちらから
発売日:2014年5月30日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 提携決済で3%オフ 3年ベーシック無償
 RX100シリーズ同時購入キャンペーン 一緒に買うとおすすめアクセサリーがお得!(~1/31)
テックスタッフ店頭購入特典:
 開店3周年記念品プレゼント
 

☆当店blog 17.1.20「サイバーショット『DSC-RX100M3』がお得になりました」 
☆当店blog 14.9.1「『DSC-RX100M3』と行く西穂高~上高地の旅」 
☆当店blog 14.6.2「DSC-RX100M3で撮る『世界遺産・富岡製糸場』」 
☆当店blog 14.5.31「DSC-RX100M3で撮る『BAR Left Bank』」 
☆当店blog 14.5.29「『DSC-RX100M3』製品版開梱レポート」 
☆当店blog 14.5.25「『DSC-RX100M3』イベント展示レポート」 
☆当店blog 14.5.19「史上最強『DSC-RX100M3』ショールーム展示レポート」 
☆当店blog 14.5.16「レンズ性能一新!『DSC-RX100M3』発表」 

 

DSC-RX100M4.jpgデジタルスチルカメラ
DSC-RX100M4
ストア価格107,880+税
 ソニーストア長期保証選択
 ・5年ワイド:12,000円+税
 ・3年ワイド:6,000
円+税
 ・5年ベーシック:6,000円+税
 ・3年ベーシック:無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
 作例見本ページはこちら
 
ソニーストアでのご購入はこちらから
発売日:2015年7月31日
ソニーストア購入特典:
 3年ワイド無償 送料無料 提携カード決済で3%オフ
 RX100シリーズ同時購入キャンペーン 一緒に買うとおすすめアクセサリーがお得!(~1/31)
残価設定クレジット 分割払手数料0%キャンペーン(~5/31)
 テックスタッフ店頭購入特典:
 開店3周年記念品プレゼント

☆当店blog 16.3.26「DSC-RX100M4で撮る『北海道新幹線』」 
☆当店blog 16.3.25「DSC-RX100M4で撮る『浜離宮の桜』」 

☆当店blog 15.11.8「4Kタイムラプス作品を作る『羽田空港』」 
☆当店blog 15.11.4「DSC-RX100M4で撮る『おうし座流星群』タイムラプス」 
☆当店blog 15.11.3「Camera Apps『スマートリモコン』アップデートでバルブ撮影・連続撮影対応」 
☆当店blog 15.10.29「『DSC-RX100M4』『DSC-RX10M2』本体ソフトウェアアップデート」 
☆当店blog 15.9.21「フィルターアダプター『VFA-49R1』でRX100をレンズ交換カメラ風に」
☆当店blog 15.9.9「電車でハイフレームレート撮影」 
☆当店blog 15.9.8「サイバーショット『DSC-RX100M4』で撮る『雨』」 
☆当店blog 15.9.6「RX100M4のスローモーション撮影でフォームチェック」 
☆当店blog 15.8.21「POCKET三脚 マンフロット『MP1』開梱レポート」 
☆当店blog 15.8.10「DSC-RX100M4で撮る富士登山」 
☆当店blog 15.8.4「ENGAGEMENT製カメラケース開梱レポート」 
☆当店blog 15.8.3「DSC-RX100M4で撮る『暑中お見舞い申し上げます』」 
☆当店blog 15.8.1「サイバーショット『DSC-RX100M4』開梱&セッティングレポート」 
☆当店blog 15.7.14「『DSC-RX100M4』展示機ファーストインプレッション」 
☆当店blog 15.7.11「『DSC-RX10M2/RX100M4』ショールーム展示レポート」
 
☆当店blog 15.7.5「SDXCカード スピードクラス3対応『SF-G1UX2』海外リテール品 開梱レポート」 
☆当店blog 15.6.26「サイバーショット『DSC-RX100M4/RX10M2』発表」 

 

DSC-RX100M4.jpgデジタルスチルカメラ
DSC-RX100M5
ストア価格119,880円+税
ソニーストア長期保証選択
・5年ワイド:12,000円+税
・3年ワイド:6,000円+税
・5年ベーシック:6,000円+税
・3年ベーシック:無償
メーカー商品情報ページはこちら 
作例見本ページはこちら 
名称未設定-.jpg
発売日:2016年10月21日
ソニーストア購入特典:
 送料無料
 提携カード決済で3%オフ 3年ベーシック無償
  残価設定クレジット 分割払手数料0%キャンペーン(~5/31)
  RX100シリーズ同時購入キャンペーン 一緒に買うとおすすめアクセサリーがお得!
(~1/31)
テックスタッフ店頭購入特典:
 
液晶保護ガラスプレゼント!(無くなり次第終了となります)
 開店3周年記念品プレゼント

☆当店blog 16.11.17「DSC-RX100M5で撮る『伊豆のお飛び子』フォトコンテスト」 
☆当店blog 16.11.11「サイバーショット『DSC-RX100M5』開梱レポート」 
☆当店blog 16.11.1「『RX100M5』同時購入アクセサリーセットキャンペーンが期間延長!」
 
☆当店blog 16.10.18「『DSC-RX100M5』ショールーム展示レポート」 
☆当店blog 16.10.14「3分でわかる『DSC-RX100M5』プレスリリース」 
☆当店blog 16.10.7「『DSC-RX100M5』がソニーヨーロッパで発表に」 

 

468_60.gif
★ソニーストアのご利用はこちらから

 


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ