『So-net 0 SIM』で使う『VAIO S11』の無料インターネットの話:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

『So-net 0 SIM』で使う『VAIO S11』の無料インターネットの話 [┣ VAIO]

VAIO-S11-06.jpg

年末はVAIO購入のご相談をいただくことが多く、シチュエーション別にモデル選びのお手伝いをさせていただくことがあったのですが、こちらの「VAIO S11」も営業最終日にいろいろお話をしていました。そのときのお話を含めつつ、外出先でインターネットが無料で利用できる「So-net 0 SIM」との組み合わせの利用方法をご案内したいと思います。

 

VAIO-S11-01.jpg

こんにちは、店員佐藤です。

「VAIO S11」は11.6型ワイドディスプレイ(非タッチパネルのみ)を搭載するモバイルノートです。現在のVAIOシリーズではもっとも軽量なボディになっており0.92~0.94kgのモデルとなっています。

いち早くUSB type Cポートを搭載していたりするのですが、SIMスロットを搭載するモデルが選べるのも特徴。ベースモデルに+15,000円でLTE搭載モデルを選ぶことができます。

モバイル通信機能を搭載したVAIOは以前、ソニー製VAIO時代に用意がありましたが、あの頃はデータ通信でもキャリアの契約が必要になるため月額ウン千円の出費が必要になり、なかなか購入をためらうところがありました。

私もそこまで外出先でのモバイル通信をすることが多いわけではないので手を出すことはできず、そのうちにモバイルルーターが普及するようになってきてPCもスマートフォンの通信もモバイルルーター経由で。。という流れになっていきました。

で、この2017年についてはまた事情が変わってきていて、今、SIMフリーモデルのスマートフォンが登場するなど、月額1,000円前後で通信が可能なサービスが増えてきています。そんなにPCでのモバイル通信が多いわけではなく、Wi-Fi環境で通信することがほとんどなんだけど、いざというときにモバイル通信ができるPCがあったらいいなぁ、という方にオススメなサービスがあるんです。しかも月額基本料は0円。

通信しなければまったくお金がかからないモバイル通信サービスがあるんです。それがSo-netの「0 SIM」です。

VAIO-S11-01.jpg
☆「So-net 0 SIM」のご案内はこちらから

初期費用に3,394円がかかるんですが、その後は毎月500MBまでの通信は無料で使えます。オーバーしてしまっても100MBにつき100円かかるだけなのでダメージも非常に小さく、さらに上限金額も1,600円と決まっているので安心。(月間5GBまでの制限があります)

VAIO-S11-02.jpg

使い方のイメージとしては『基本的に使わないんだけど』という方がベスト。またはメールとかホームページを観るくらいで、モバイル通信中に動画を見たりプログラムファイルのダウンロードなどをしなければ、そうそう500MBは行かないと思います。

若干オーバーしてしまっても100円とか200円で済みます。

他に条件としては3ヶ月間通信がないと自動解約になってしまうので3ヶ月に一度、必ずモバイル通信をするように注意するくらいです。

ちなみに月間通信量が400MBを超えると警告のメールが送られてきます。20日過ぎに警告メールがくるくらいなら注意して使えばOKなんですが月初にすぐ警告メールが来るようであれば、月額固定料金の別の通信サービスを使った方がよいかと思います。

データ通信のみの契約で、音声通話の契約がなければ途中解約の違約金なども発生しませんので、ほとんどリスク無しで利用ができます。

VAIO-S11-03.jpg

私がサービスを利用し始めたのは昨年の2月からです。VAIO Phone とVAIO S11で行ったり来たりして使っていますが、今のところ料金が発生したことはありません。

妻はスマートフォンに利用していて若干500MBをオーバーしてしまうことがありますが、それでも月額100円とかで済んでいますので、ほとんど無料でスマートフォンを利用しています。

これを「基本的にWi-Fi環境で使っているんだけどたまにモバイル通信できたらいいな」というVAIO S11で利用するわけです。

VAIO-S11-07.jpg

So-net 0 SIMで申し込むのは「ナノSIM」というサイズになります。VAIO S11で使うならSMSも必要ないでしょうしデータ通信専用で割り切って申し込むことができると思います。

申し込むと1週間ほどですぐに使えるSIMカードが送られてきます。VAIO S11のヒンジ部分にSIMカードスロットがあるので、そこにカードを入れたらWindowsの設定からSIMカードを使える様にセッティングします。

VAIO-S11-09.jpg

設定画面から「ネットワークとインターネット」を開きます。

VAIO-S11-10.jpg

「ネットワークの状態」は通常Wi-Fiでつながっていると思いますが、ここではWi-Fiをオフにしてセッティング中。左のメニューから「携帯電話」を選択します。

VAIO-S11-11.jpg

携帯電話の項目が出てきたら一度「JP DOCOMO(LTE)」をクリックして「詳細オプション」を表示させ、これをクリック。

VAIO-S11-12.jpg

JP DOCOMOの詳細が表示されたら「インターネット APNの追加」をクリックします。

VAIO-S11-13.jpg

ここにAPNの情報を入力します。最初の「プロファイル名」は自由になにを入れても良いのですが、自分であとからわかるように「So-net 0 SIM」とかにしておくと良いと思います。

それ以外は上記の通りに入力します。

VAIO-S11-14.jpg

これだけで設定完了。So-net 0 SIMが適用済みになっていれば、これでモバイル通信ができます。

VAIO-S11-15.jpg

Wi-Fiオフのままで通信テストしてホームページの表示などができれば問題なしです。

VAIO-S11-16.jpg

なお、Wi-Fiとモバイル通信の切替ですが、Windows 10の場合はタスクバーの電波マークのクリックで切り替えできます。携帯ネットワークに色がついていればモバイル通信が機能していることになります。

通常はWi-Fiと携帯ネットワークの両方をオンにしておいても大丈夫です。つながるようであえればWi-Fiを優先して使う様になっています。メールによる警告などがきていたら携帯ネットワークをオフにしておく、とかいう使い方ですかね。

VAIO-S11-04.jpg

なお、0 SIMカードのデータ利用料はSo-netのユーザーページで確認することができます。SIMカードの電話番号とパスワードでログインできます。

VAIO-S11-05.jpg

こうして簡単にではありますが今月のデータ使用量のモニターはできます。警告メールと合わせて使えば、データ使用料は管理できるし、必要があれば通信せざるをえないわけですが、それでもどれくらいオーバーしたのかもチェックできます。

基本的にはモバイル通信はしないんだけど、たまにモバイル通信の必要がある。スマートフォンのテザリング機能を使っても良いけど、つながるまで時間がかかるし手間だしなぁ、という方は「So-net 0 SIM」を利用するためにLTE機能搭載モデルで購入してみていはいかがでしょう?

VAIO-S11-17.jpg

なお、ソニー時代と違ってプレインストールソフトウェアがほとんどなくなったVAIO(株)製モデルですがハードウェアに絡む「VAIOの設定」についてはしっかりと残っていて「いたわり充電」機能などは今でも利用ができます。

「いたわり充電」というのはACアダプターに接続した状態のままで使うことが多い人にお勧めの機能。ACアダプターを常時接続していてバッテリーは全く利用をしていないのに、いざ使おうと思ったらバッテリーが全然機能しなかった、という話を昔はよく聞きました。これはバッテリーを消費していない様に見えて実は常時、限界ギリギリの状態で使っているのと同じ状態なんです。

「いたわり充電」機能をオンにすると充電容量を80%もしくは50%にセーブしてバッテリーを傷めない状態で使い続けることができます。ソニー時代は「いたわり充電(80%)」と「超いたわり充電(50%)」という2種類のモードがありましたが、それも健在です。

VAIO-S11-08.jpg

それと、タッチパッドが嫌い、という方もいらっしゃって、キー入力をしているとカーソルが勝手にどこかに飛んでいってしまうことがある、タッチパッドをオフにすることはできないんですか? というお声もありました。

これも今のVAIO S11は解決していて、タッチパッドに手の平など面積の広い部分が当たっても反応しないように作られています。タッチパッドが反応するのは指先などの部分だけ。

それでも気になる場合は。。。

VAIO-S11-18.jpg

VAIOの設定からタッチパッドをオフにすることができます。キーボードの「Fn」キーと「F1」キーで切り替えることも可能。

普段はマウスを使っているからタッチパッドは必要ないです、ということでしたらこれでオフにしておいて、マウスを忘れてしまったときは「Fn」+「F1」キーでタッチパッド使用に切り替える、ということが可能。

快適に「VAIO S11」をお使いいただくための2つのコツでした。

VAIO-S11-02.jpg

ソニーストアではディズニーデザインのVAIO S11を選ぶこともできます。PCを開いたときにちょうど反対からみるとミッキーとミニーがこちらをのぞいているようなデザインになっています。

ちょっとしたおしゃれに良いかも。

VAIO-S11-01.jpg

今年はVAIO 20周年を迎えるアニバーサリーイヤーです。ソニーVAIOからの20周年になるのでVAIO(株)ではアニバーサリーモデルなどは作らないかもしれませんが、このVAIO S11は、大ヒットした505ノートの流れを汲むモデルです。

VAIO 20周年記念にモバイルノートをひとつ買ってみるか!という方は、1月15日までの「年末年始キャッシュバックキャンペーン」のうちにオーダーをどうぞ。

VAIO-01.jpg
☆VAIO 年末年始キャッシュバックキャンペーンのご案内はこちらから

DSC00001.jpg

当店店頭でVAIOをご購入していただいた方には、ワイヤレスマウスとVAIOのロゴが入ったクリーニングクロスをプレゼントしています。(なくなり次第終了)

DSC00003.jpg

マウスは2ボタン+スクロールホイールモデルです。 ワイヤレスアダプターが付属するのでレシーバーをVAIOのUSB端子に挿すだけで無線設定などはなにも必要なく、ワイヤードマウスの様に、ただつなぐだけでマウスが使えます。

ぜひ当店でのご購入もご検討下さい。  

 

VJS1111.jpg パーソナルコンピューターVAIO
(VAIO株式会社製)
VAIO S11 VJS1111
LTE搭載モデル
ストア価格124,800+税~
 ソニーストア長期保証選択
 ・3年ワイド:7,000円+税
 ・3年ベーシック:無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
 製品サポートページはこちら
 
ソニーストアでのお買物はこちらから
発売日:2015年12月9日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 提携カード決済で3%オフ 3年ベーシック無償
 「第二世代ハイスピードSSD 512 GB」が通常より【20,000円】お得(~1/16)
 年末年始 選べる キャッシュバックキャンペーン(~1/16)
 ウイルスバスター 3年版が「3か月延長 + 1,000円 OFF」(~1/16)
 筆ぐるめ 24 同時購入キャンペーン(~1/16)
テックスタッフ店頭購入特典:
 VAIOロゴ入りクリーニングクロスプレゼント
 ワイヤレスマウスプレゼント(なくなり次第終了)
 3年ワイド保証3,000円オフクーポンプレゼント

☆当店blog 15.12.17「So-net PLAY SIMで使う『VAIO S11』開梱&セッティングレポート」 
☆当店blog 15.12.9「『VAIO S11』登場 ショールーム展示レポート」  
☆当店blog 15.12.9「925gのモバイルPC『VAIO S11』発表」 

 

ソニーストア
★ソニーストアのご利用はこちらから 

 

 

DSC00004.jpg
☆当店店舗のご案内はこちらから
 

☆ソニーストア・直営店をご利用のお客様へのお願い 
☆αレンズ体験レンタルサービスのご案内はこちらから

 

 当店店舗「ソニーショップ テックスタッフ」の住所はこちら
 東京都港区新橋5-12-6 ヴェルディ新橋1F
 電話番号:03-6809-1868

 営業時間:11~20時
 定休日:毎週日・月曜および祝祭日

 


☆Google Mapでの表示はこちらから

宜しければFacebookにいいね!をお願いします。

 

468_60.gif
★ソニーストア・オンラインのご利用はこちらから

SonyBankWallet.jpg
☆当店ホームページ『Sony Bank WALLET』のご案内はこちらから

 


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。