”α6500”で撮る『TOKYO CITY KEIBA』:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

”α6500”で撮る『TOKYO CITY KEIBA』 [┣ デジタル一眼“α”]

ILCE-6500-01.jpg

デジタル一眼カメラ”α6500”がいよいよ発売になりました。今日は天気も良いし店員よねっちにお店を任せて、午後から”α6500”を持ってでかけてきました。今日の被写体は大井競馬場で開催されているトゥインクルレース「TOKYO CITY KEIBA」へ遊びに行ってきました。

 

ILCE-6500-02.jpg

こんにちは、店員佐藤です。

私はまったく競馬には明るくありません。競馬場に足を運んだのも20年ほど前に行ったのが最後で全然わからないですし、大井競馬場もはじめて行ってきました。

きっかけはソニーフェアのときで、お客様のご入場される前にメーカーの”α”担当の方たちに最近の作例を見せてもらったら、ナイト競馬の写真があって、それがむちゃくちゃ格好良かったんですよ。しかも話を聞くと割と空いているし特に撮影に関して規制がない(フラッシュ撮影が禁止されているくらいです)らしく、挑戦してみたいなー、とは思っていたのですが、昨日調べてみたらちょうど今週、大井競馬場で1週間のナイトレースを開催しているそうで、今日が最終日なんだそうです。

行ってきました。当店から浜松町まで歩いて、モノレールで2駅です。超近いんです。

ILCE-6500-03.jpg

競馬場のルールがまったくわからずに行ったのですが入場できるのは14時45分から。最初のレースは15時25分からで、入場するためには100円の入場券を購入する必要があります。

なんか雰囲気的に競馬新聞とか買わないといけない様な雰囲気ですが競馬新聞って今は一部500円もするんですね。写真を撮りにきただけなので馬券はいいか。。。

ILCE-6500-04.jpg

と、言いつつ、なんとなくやっぱりかけてみたくて1レースだけ馬の名前だけで選んで馬券を買ってきました。100円でかけられます。オッズもなにもわかりませんが、こういう事をしておくと、やっぱりちょっとドキドキ、ワクワクが味わえます。

ILCE-6500-05.jpg

さて、入場してみるのですが、中はすごい立派な建物&人がガラガラ。12月の平日ですから、これで人がぎっしりということはさすがにないですよね。大きなレースの時はそれなりに人がどっさりと入るんでしょうね。

ILCE-6500-06.jpg

でないと、こんな立派な施設。。。相当儲かってるんじゃないですか?って思ってしまいます。w ガラス張りの上の方は指定席なんですかね。スタンドの下の方はとくに規制もなく自由に入って座ることができました。

ILCE-6500-07.jpg

場内をブラブラと見学していると馬場に競走馬が出てきました。

ILCE-6500-08.jpg

顔見せというか、馬を雰囲気に慣らしてあげる時間なんですかね。

ILCE-6500-09.jpg

ウォーミングアップで走っている馬もいますので、ここで流し撮りの練習とかしてみるのですが。。。いや、これは流し撮りをしている場合ではないみたいです。ダートレースになるのですが、この足下で蹴られた砂とか映し止めた方が絶対に迫力が出ます。

今回はシャッタースピードを上げて写し止めまくる作戦にします。

ILCE-6500-10.jpg

第一レーススタート。どこで撮影するのが良いのか、さっぱり検討がつかないので、最初はスタンドの最前列で全体を眺められるところで一脚を使って撮影しています。最終コーナーは300mm相当でこの距離。ふむふむ、あそこは画になりそうです。

人も少ないので柵の最前列で撮影するのもどこでも場所が取れそうです。

DSC00491
”α6500”+SEL70200G F4.0 1/1000秒 ISO800 焦点距離300mm相当

メインスタンドから撮影した今日の1枚目(と、言っても、ここまで全部”α6500”で撮影していますし、連写しているので実際には100枚目くらいですが)がこちら。

レンズはSEL70200GとSAL70400G2の2本を持ってきているのですが、SEL70200Gで充分みたいです。300mm相当あればこれだけ撮れます。というか、最前列に行けばもっと距離が縮まるので200mm相当で撮れれば充分みたいですね。

人越しに撮るとか、場所取りが大変とかもなく、これは絶好のフォトジェニックです。撮れた写真を見て確信しました。

ILCE-6500-11.jpg

ここはゴール地点。第1レースを見ていたら、ここに数人のカメラマンが入って撮影していたので警備員さんに聞いてみたところ、一般の方はここには入れないとのこと。おそらく新聞社とかのマスコミの方だけが入れるエリアということになっているみたいです。

ILCE-6500-12.jpg

そのゴール地点のすぐ下流のところのスペースがやや高くなっていて、ここにアマチュアカメラマンさんらしき人達が何人かいます。

ふむふむ、ここがゴール前の撮りどころですね。第2レースではここで撮影に挑戦してみましょう。

ILCE-6500-13.jpg

レースは30分ごとに行われます。割と時間にゆとりがあるので場内をブラブラと見学。子供の頃に父親に連れていってもらった競馬場はもっと古びたイメージがあったんですが、今時の飲食店がしっかりと入っていて、これはグルメも楽しめそう。

ILCE-6500-14.jpg

陽も傾いてきました。今が1年で一番夕暮れが早く訪れる時期。第2レースと第3レースがトワイライトレースで第4レースからはナイトレースになっていく感じです。

ILCE-6500-15.jpg

第2レースは正面のストレート部分にスタートゲートが移動しています。スタートシーンが見られました。目の前を2回通ってくれるのでフォトグラファー的にはなんかお得なレースです。

DSC00613
”α6500”+SEL70200G F4.0 1/1250秒 ISO2500 焦点距離300mm相当

1周目の最後列の馬です。前の方は綺麗な空気の中を走れますが、やはり後ろの方は悲惨なことになっているんですね。この砂吹雪というか泥だらけの中をこうして走ることになるわけです。

これでは馬もやる気が出ないだろうなぁ。(^_-)

DSC00638
”α6500”+SEL70200G F4.0 1/1250秒 ISO2000 焦点距離300mm相当

2周目のゴールシーンです。後ろから追い上げてきた馬は泥だらけ。この砂煙と言い、ダートレースの迫力はやはり高速シャッターで写し止めないと!

しかし、競走馬ってすごいですね。こんな力のある画が簡単に撮れてしまいます。 

ILCE-6500-16.jpg

ダイヤモンドターンと呼ばれる最終コーナーのところまで移動してきました。なるほど、こんなところにカメラマン専用エリアみたいなところがあって、やや地面が高くなっています。

ここも自由に入って良さそうなのでコーナーに一番近い、このエリアで第3レースを撮ってみます。

ILCE-6500-20.jpg

ここも「SEL70200G」で狙います。「SAL70400G2」も持ってきてはいて、せっかく5軸手ぶれ補正が効くんだから使いたいのですが300mm相当で撮れれば充分なので、あえて重たいレンズにしなくても良い様な。

ILCE-6500-18.jpg

ここのカメラマンエリアのとなりには公園風にベンチが並んでいるエリアがあるんですが、そこにネコが2匹いて、それがしょっちゅう馬場に出て行くんです。

レース中に出て行ったら大変なことになりそうですが、そういう事はないのかな?

DSC00769
”α6500”+SEL70200G F4.0 1/1000秒 ISO160 焦点距離105mm相当

日も沈んでいよいよナイトレースになってきました。照明に明かりが灯ります。 

ILCE-6500-19.jpg

ジョッキーさんも間近で見られますが、よく見ると若い騎手ばかり。イケメンさん揃いで、そういえば若い女性の観客もチラホラいますが、そういう目的もあるのかな?

DSC00741
”α6500”+SEL70200G F4.0 1/60秒 ISO320 焦点距離300mm相当

こうしたウォーミングアップシーンだけ流し撮りを楽しんで、いざレースが始まったら高速シャッターに切り替えます。

コーナーの撮影ですがどんな感じになるかというと。。。

DSC00780
”α6500”+SEL70200G F4.0 1/1000秒 ISO8000 焦点距離300mm相当

うーん、まだコーナーの頂点までは距離があるみたいで300mm相当では全然寄り切れませんでした。しかし、この迫力はすごい!!

次の第4レースではいよいよ「SAL70400G2」の登場です。

DSC00827
”α6500”+SEL70200G F4.0 1/1000秒 ISO6400 焦点距離300mm相当

日も暮れてしまったのでシャッター速度1/1000秒とかにするとISO感度は6400以上が必要になります。高速シャッターは夜は厳しいか。”α7S2”とか必要そうです。 

ILCE-6500-21.jpg

日が暮れました。ナイトレースの始まり第4レースです。ウォーミングアップシーンを撮るとISO12800でも足りません。なのでシャッタースピードは1/320秒程度まで落として撮ります。

ちなみにフラッシュは使ってはいけないと、あちこちに注意書きがありますのでご注意を。仮に使えたとしてもこの距離では役に立ちそうもないですね。

ということで、30分後に第4レースが始まってやってくるのですが、痛恨のミス。

DSC00927
”α6500”+SAL70400G2 F5.6 1/320秒 ISO6400 焦点距離600mm相当

連写モードにしていなくて1枚1枚しかシャッターが切れませんでした。(>_<) あーん、やってしまいました。時間的に、この第4レースが私の最後のレースだったんです。 

ILCE-6500-22.jpg

ま、今度、また来て挑戦してみます。そのときには夜の予定を入れないようにしてレースを最後まで楽しむぞ。ちなみに最後のレースは8時半くらいだそうです。そんな極端に遅い時間ではありません。

ILCE-6500-23.jpg

金曜日の夜ですし、クラス上のレースはこれから始まります。おそらく、これから人が増えてくるんでしょうけど、カメラマンエリアの様子はこれくらいです。

これ、絶対に楽しめますよ。”α6500”もそうですが、”α99 II”とか持ってきて連写性能、AF追従とか試すなら最高のシチュエーションですね。

ILCE-6500-24.jpg

場内は全てがこうしてライトアップされていて、しかも人も少ないのでデートスポットとしてもすごく良いかも。やや、動物園のニオイはするのですが風向きが良ければ、そういうのもかおってこないかも。

ILCE-6500-25.jpg

トゥインクル30thってなっていますが、こうしたナイト競馬を始めてから30年も経つんでしょうか? 昔、バブル自体にトゥインクルレースのTVCMをよく見た記憶がありますが、ようやくやってこられました。

ILCE-6500-26.jpg

こんなイルミネーションもあります。

いやぁ、ここは良いところだなぁ。

ILCE-6500-27.jpg

最後にパドックです。出走前の馬の様子をみるエリアです。馬券を買って、写真を撮ってだとちょっと忙しそう。

ILCE-6500-28.jpg

入るときは正面ゲートから入場したのですが、帰りはモノレールに近い北口ゲートを通りました。北口ゲートもこんなイルミネーションが続いています。

横浜のズーラシア動物園に行ったときも感動しましたが、ここもすごいな。

ILCE-6500-29.jpg

以上、”α6500”で撮る「TOKYO CITY KEIBA」レポートでした。

本当はタッチフォーカスとかいろいろ使いたかったんですが、こうしたスポーツ撮影ではタッチパネルを使わないですね。ワイドエリアのままで「AF-C」にしておけば”α”が勝手に被写体を見つけてフォーカスを合わせ続けてくれます。

JEPG+RAWで撮ってきましたが、秒8コマ設定で90枚の連写ができるのでバッファを撮りきってしまうことは一度もありません。

連写速度を最高速の「Hi+(秒11コマ)」にせずに「Hi(秒8コマ)」にするとEVFの表示遅延もなく被写体を追うのもとても楽になります。歩留まりがかなりあがるので写真選びでバランスの良いスタイルのものを選びやすくなる反面、ヒット率が高いので写真選びをするための枚数は必然的に増えてしまうのが欠点かも!?

”α6500”でTOKYO CITY KEIBAデビューができて良かったです。

ILCE-6500-01.jpg

スマートフォンと連携して使うGPS機能も万全ではなく8割くらいの写真にしか位置情報がつかなかったんですが、ま、それもスマートフォンの設定をどうにかしたら完全にできそう。

ちなみに撮ってきた写真をPlayMemories Homeに取り込んで、マップビューで見ると、こうして地図上に撮影したポイントを表示して、そこから写真を探すことなどができます。建物の中まで場所を追ってくれるのはさすがスマートフォンの位置情報です。

ILCE-6500-30.jpg

※大井競馬場は12月26~28日がナイター開催で12月29~31日は重賞レースで昼間の開催になり混み合うそうです。ナイター開催、次の予定はまだ出ていないのですが例年ですと4月頃からの開催になるそうです。

”α6500”や”α99 II”など、連写が得意なモデルがこの秋はソニーから発売になっています。望遠レンズを持って是非、大井競馬場まで足を運んでみてください。

 

DSC00001.jpg

デジタル一眼カメラ
α6500 ボディのみ

ILCE-6500
ストア価格149,880円+税
 ソニーストア長期保証選択
 ・5年ワイド:15,000円+税
 ・3年ワイド:
無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
ソニーストアでのお買物はこちらから
発売日:2016年12月2日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 提携カード決済で3%オフ
 
3年ワイド無償
テックスタッフ店頭購入特典:
 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
 カメラざぶとんプレゼント
 オータムフェア購入特典プレゼント
 開店3周年記念品プレゼント

 

☆当店blog 16.12.1「タッチパネル&パッド解説 "α6500"開梱レポート」 
☆当店blog 16.11.22「デジタル一眼"α6500"ショールーム展示レポート」 
☆当店blog 16.11.2「ソニーストア新サービス『αフォトライフサポートプレミアム』を発表」 
☆当店blog 16.11.2「ソニーストアにて"α6500"先行予約販売開始」 
☆当店blog 16.11.1「デジタル一眼カメラ"α6500"で使いたい3本の"α"レンズ」
 
☆当店blog 16.10.28「3分でわかる5軸手振れ補正"α6500"プレスリリース」 
☆当店blog 16.10.7「”α6500”がソニーヨーロッパにてプレスリリース」 

 

468_60.gif
★ソニーストア・オンラインのご利用はこちらから

 


nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 4

てつじん

ナイター競馬は一番カメラで難しいシチュエーションです。
黒い馬が高速で走るものをフラッシュ無しで撮影するので。

大井競馬場でしたら、是非ゴール過ぎのスタンドの前の内馬場への
階段の前で撮影してみてください。そこが一般の方が一番前に
いける位置になります。

ちなみに次の大井開催は26日からです。29日は
地方競馬で日本最大の大一番の東京大賞典G1ですので
大混雑ですからまともに撮影できませんし、お昼の開催です。
26-28日がナイター競馬ですので。ナイターならそちらで。

あと、レースの馬を撮影する際は、一番足が縮こまって全てが
空中に浮いている瞬間か、両足が最大に伸びきった瞬間を
押さえるのが競馬のレースの写真の基本です。

ご参考まで~

by てつじん (2016-12-02 22:49) 

K

おじゃまします
私も船橋に撮りに行こうか検討していたので、参考になりました^^(サスガに中山は人出も多そうで撮るのがシンドそう^^;)

今度大井の撮影スポットについて詳しく教えてください^^♪。

by K (2016-12-03 11:30) 

店員佐藤

♪てつじんさん、こんにちは。
アドバイスありがとうございます。

2レース目はおっしゃるとおりの場所で撮影をしていました。
オーロラビジョンが背景になってしまうのですが、完全な
夜になるとどういう状況になるのか、また試しにいって
みます。

レース写真の基本のお話ですがもらってきたレースガイドを
見ると、確かにそういうシーンばかりですね。そういう
ベストポーズを自分の目でもすぐに見つけられるように
なりたいです。

29日の大賞典はともかく、その前の1レース目から
やはり混むんですかね? 26日は当店のお休みなので
最初から最後まで再度撮影しに行ってみようと思います。
by 店員佐藤 (2016-12-05 00:38) 

店員佐藤

♪Kさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

クルマとか飛行機とかと一緒で競走馬も
画になるんですよね。大井競馬場は当店から
徒歩12分の浜松町駅からモノレールで2駅です。
平日にお休みが取れるようでしたら、一緒に
行ってみたいですね♪
by 店員佐藤 (2016-12-05 00:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ