【レビュー】サイバーショット『DSC-RX100M5』開梱レポート:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

【レビュー】サイバーショット『DSC-RX100M5』開梱レポート [┣ サイバーショット]

DSC-RX100M501.jpg

10月21日に発売になったサイバーショット「DSC-RX100M5」の店頭展示機が入荷しました。DSC-RX100M4ユーザーとしては、M5は目をつぶってやり過ごしたいモデルなんですが、これは触ったらアウトですね。すごい進化をしていました。

早速、開梱セッティングの様子をお届けします。

 

DSC-RX100M502.jpg

こんにちは、店員佐藤です。

DSC-RX100シリーズもこれで5世代目。先代のRX100M4ではついに4K動画の撮影ができるようになり「カメラを自腹で買ってしまうとそれしか使わなくなるので絶対に新機種は買わない!」という誓いを立てていた私なんですが、つい昨年夏に購入してご機嫌で1年以上使ってきています。

特に不満もなく絶好調で使わせてもらっているDSC-RX100M4だったんですが、後継モデルが登場。しかも像面位相差AFをなんとサイバーショットにも積んできてしまう、唯一の不満を解消してきてしまいました。

ここはまだ1年しか経っていないんだし、なんとかやり過ごしたいんですが。。。仕事です。新型モデルの開梱&セッティングレポートをお届けします。

ちなみに発売日の展示ができなかったのは全て私のせいです。なんとかやり過ごしたくて店頭展示分のオーダーが遅れてしまい、初回出荷分がご存じの通りの大フィーバーで品薄になってしまい、それで今頃の入荷になってしまったというわけです。

同梱品の紹介からしていきます。

DSC-RX100M503.jpg

ハンドストラップも付属しますが、ご覧のようなショルダーストラップ用のアタッチメントも付属するのがRX100シリーズの特徴です。デジタル一眼カメラの様に肩掛けストラップをボディの両サイドに装着することができるんです。

DSC-RX100M504.jpg

バッテリーはNP-BX1を使います。本体に付属するACアダプターをマイクロUSBケーブルと本体を接続して本体内充電するのもRX100シリーズです。

これだと旅行の時とかに充電中にカメラ本体が使えなくなってしまいます。ホテルに着いてすぐにバッテリーを充電したいところですが、それをしてしまうと夕飯の時にカメラを持ち出せなくなる、という目に遭います。

なのでRX100シリーズユーザーさんは別途充電する手段を用意しなくてはいけません。

DSC-RX100M505.jpg

一番のオススメはアクセサリーキットの「ACC-TRBX」です。チャージャーもバッテリーもバラバラで購入するとそれぞれお5,510円するのですが、セットで買うと8,380円。旅行に持って行くなら絶対に予備バッテリーは必要になりますので、これを購入するのが一番のお得。

 

ACC-TRBX.jpg
アクセサリーキット
ACC-TRBX
ストア価格8,380 +税
 メーカー商品情報ページはこちら 
ソニーストアでのお買物はこちらから
発売日:2013年3月8日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 
提携カード決済で3%オフ
テックスタッフ店頭購入特典:
 
10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中

11月30日まででしたらソニーストアでオススメアクセサリーきっととしてアタッチメントグリップやモニター保護シートがセットになったお得なパッケージが用意されています。

DSC-RX100M5.jpg

ソニーストアで購入することの特典のひとつになります。これは是非一緒に買いたいところ。

それともうひとつ、変わったアクセサリーになりますがカーチャージャーきっとというのがあります。

 

DSC00001.jpgカーチャージャーキット
ACC-DCBX
ストア価格8,380+税
 メーカー商品情報ページはこちら 
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日:2016年2月19日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 ソニーカード決済で3%オフ
テックスタッフ店頭購入特典:
 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
 ブラビアティッシュプレゼント
 スプリングフェア店頭購入特典

これはアクションカム用のアクセサリーなんですが、こちらも予備バッテリーのNP-BX1がセットになっています。クルマのシガーライターソケットからUSB電源を取り出すアダプターと、それとNP-BX1用のUSBチャージャーがセットになっています。

このUSBチャージャーが逸品で、非常に小さなバッテリーケースとして持ち歩けて、いざとなったらポータブル電源からの充電もできるというものになります。隠れた知る人ぞ知るアクセサリーです。私もこのUSBチャージャーを持ち歩いて、これで充電をしてます。

本体の紹介の前にアクセサリーの話ばかりになってしまうんですが、DSC-RX100M4を1年使ってきて思うところがいろいろあって、そういう話がつい出てきて脱線してしまうんですがお許しください。m(_ _)m

DSC-RX100M506.jpg

メモリーカードの話もちょっとしておきたいのですが、DSC-RX100M4購入時に気合いが入ってしまい、128GBのUHS-I スピードクラス3のSDカードを奮発してしまいました。

結果、こんな大容量メモリーは必要ありませんでした。

4K動画が撮影できるので、これでスナップ4Kを撮りまくるぞ!と、思っていたのですがサイバーショットRX100M4、RX100M5で撮影できる4K動画は最長5分までなんです。128GBあると100Mbpsの高画質モードでXAVC S 4Kを撮っても2時間以上の記録が可能。60Mbpsにすると4時間以上記録ができるんですが、5分までのスナップ4K動画でそんなに録画しません。

64GBのカードがあれば充分です。

これがハンディカムだとそうした連続撮影時間の制限がありませんし、撮影目的も運動会や発表会、演奏会などの長時間撮影になるので録画予定時間分のメモリー容量が必要になるんですが、RX100だとそんなに容量は必要ないんですね。

ちょっと考えればわかる話ではあるんですが。。。ま、この128GBのメモリーカードは"α7R2"での撮影や、"α7S2"での4K動画撮影の時の予備のメモリーカードとして役に立っています。(^_^;)

DSC-RX100M507.jpg

さて、自腹購入したRX100M4を含め、これで当店ではRX100M3~RX100M5までの3モデルが店頭でご覧いただけるようになりました。

価格差も小さいですし、もうRX100M4のオーダーはほとんどなくなるでしょうね。差額が小さいので動画を考えたりAFを重視する方は「RX100M5」にされるでしょうし、写真主体で考えられる方でしたらレンズは3モデルとも一緒ですので「RX100M3」で検討されるでしょうし。

DSC-RX100M508.jpg

で、こうして3代並べて見ると特に外観に違いはないのですが。。。それなりの経年劣化というか、それぞれ使用感が出てきています。

RX100シリーズで一番ダメージが出やすいところはボディのショルダー部分です。RX100M4も大事に扱ってきたつもりなんですが、ショルダー部分をみると塗装がはげてシルバーカラーが見えてきてしまっています。

これ、実は落としたり雑にあつかって塗装が剥げたわけではありません。原因はこれです。

DSC-RX100M509.jpg

以前、記事にしたことがありますがケースなんです。

ソニーストアでは限定販売のオリジナルケースとして現在もENGAGEMENT製のケースと吉田カバンケースの2種類を販売しています。最初に使っていたENGAGEMENT製で私はやってしまいました。

DSC-RX100M510.jpg

ジッパーの裏にはカメラに直接当たらないように裏側にノリしろがあるのですが、ファスナーの部分がボディに当たるんです。

気をつけてファスナーを外側に引っ張りながら角を回してあげれば当たらないんですが気を許すとファスナーの裏側がカメラボディにあたります。これで簡単に塗装が剥げてしまいました。

DSC-RX100M511.jpg

対して吉田カバンの方はフリップ方式になっているため、角が削れることはありません。価格が倍くらいしますが、どうせ購入するなら吉田カバンの方を強くオススメします。

 

 

Gallery_PorterCase_2.jpg吉田カバン製PORTER
オリジナルカメラケース

CC-PORTER-RX
ストア価格10,000+税
対応カメラ本体
 ・DSC-RX100シリーズ
 ・DSC-HX90V
 ・DSC-WX500
 メーカー商品情報ページはこちら
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日:2015年10月28日

 

☆当店blog 15.10.28「吉田カバン オリジナルカメラケース 開梱レポート」 
☆当店blog 15.10.6「ストア限定 吉田カバン オリジナルカメラケース展示レポート」

 

 

CC-ENGAGE-RX.jpgENGAGEMENT製
オリジナルカメラケース

CC-ENGAGE-RX
ストア価格5,500+税
対応カメラ本体
 ・
DSC-RX100シリーズ
 ・DSC-HX90V
 ・DSC-WX500
 メーカー商品情報ページはこちら
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日:2015年7月24日

 

☆当店blog 15.8.4「ENGAGEMENT製オリジナルカメラケース 開梱レポート」

DSC00001.jpg
☆ソニーストア「オリジナルカメラケース ラインナップ」はこちらから

 

すみません。また脱線してアクセサリーの話になってしまいました。

脱線ついでにもうひとつ。これは当店からのお知らせです。

DSC-RX100M512.jpg

写真は手前からRX100M3、RX100M4、RX100M5です。背面の液晶には画面保護のためそれぞれ保護シートを貼っているのですが、RX100M3には純正のPCK-LM15を貼っています。

液晶保護フィルムはその柔らかさから、使っているうちにキズがついていってしまうので、これは交換品と割り切って半年くらい使ったら張り直す、という使い方をするのですが、真ん中のRX100M4にはGRAMAS製の液晶保護ガラスを貼っています。

これはガラス製で簡単にはキズが入りません。

DSC00007.jpg

RX100シリーズ用の液晶保護ガラスは発売されていないのですが"α7 II"用、もしくは"α7R2"用のものがそのまま使えます。

当店店頭でRX100M5をお買い上げの方にはもれなく、こちらの液晶保護ガラスをプレゼントしています。RX100M4にも1年間貼って使っていますが、全く視認性が落ちていません。オススメ製品です。

DSC-RX100M513.jpg

ということで、アクセサリーの紹介ばかりになってしまいましたが、おさらいでDSC-RX100M4とRX100M5の違いをまとめたモノがこちら。

 


RX100M5RX100M4
発売日2016.10.212015.7.31
ソニーストア
価格
119,880円(税抜)107,880円(税抜)
センサー1.0型
積層型CMOS
約2010万画素
1.0型
積層型CMOS
約2010万画素
焦点距離24mm-70mm24mm-70mm
フォーカスエリア
(ワイド)
315点(位相差)
25点(コントラスト)
25点(コントラスト)
連写
(最大画素数時)
24コマ/秒16コマ/秒
シャッター
スピード
1/32000(電子)1/32000(電子)
AF-Cモードでの瞳AF対応×
動画撮影時の
AF駆動速度・感度設定
×
4K動画からの
静止画切り出し機能
×
ハイフレームレート撮影時間
(240fps・画質優先モード)
【1824×1026ドット】
4.5sec2.0sec
ハイフレームレート撮影時間
(960fps・画質優先モード)
【1136×384ドット】
3.9sec2.1sec
バッテリー使用時間
(液晶モニタ・静止画撮影時)
約220枚約280枚
バッテリー使用時間
(液晶モニタ・動画連続撮影時)
約60分約80分
本体質量
(バッテリー込み)
約299g約298g

 

ザッとみたところで、これだけの違いがあります。

やはり一番気になるのは像面位相差AF315点というところ。"α6000"が初めて登場したときの画面をビロビロと細かい点が動いて、どこでAFを合わせているのか視覚的にわかるあのインターフェースがRX100に搭載されたんです。

DSC-RX100M517.jpg

その違いをとりあえず店内で試したいので、ミニプラレールを組み立ててテストしてみました。その結果がこちらです。

BIONZ Xの更新はなかったものの、新開発で"α99 II"に搭載されたフロントエンドLSIがRX100M5にも搭載されていたんですね。連写速度秒24コマというのは今回のテストで実際に試してみましたが、本当に1秒間に24コマ撮っていました。さらに撮影枚数も150枚途切れなく撮影できます。6.25秒の連写ができました。

対してRX100M4は秒16コマで50枚。3.1秒の連写持続時間で、その差は歴然です。

AFポイントの様子もおわかりいただけると思いますが、しっかりとどこでフォーカスを合わせているのか見た目にチェックできるので安心して撮影できます。

これは強力です。

DSC-RX100M514.jpg

その他、細かいところですがS-Log2撮影時のガンマ表示アシスト機能も搭載されています。

DSC-RX100M515.jpg

ピクチャープロファイルでPP7を選択し、S-Log2で撮影するとどうしてもモニターはしらっちゃけた映像でしかモニターができなかったんですが、DSC-RX100M5ではそれを補正してLUTを当てた状態で見せてくれます。

S-Log野郎にこれはガツンときます。すごい欲しい。

DSC-RX100M516.jpg

4K動画から静止画をあとから作成する機能も搭載されています。

連写機能の向上と、動画切り出し機能があると、もうこれはアレをやるしかないですよね。「伊豆のお飛び子」のジャンプ写真。(^^)/

DSC-RX100M501.jpg
☆「#伊豆のお飛び子 フォトコンテスト 第2弾」のお知らせはこちらから

今年の春に伊豆急さんが開催していたフォトコンテストの第2弾がこの秋~冬に開催されているんです。前回は"α6300"を持っていってきたんですが、これだけの連写機能を持っているなら今度はRX100M5を持って試してきたいなぁ。

 

という、わけで今回はアクセサリーの紹介をしつつの開梱レポートでした。次回は伊豆から試用レポートをお届けしたいと思います!? 

 

☆DSC-RX100M5と一緒に買うとアクセサリーセットがおお得な本体同時購入キャンペーンはこちらから

 

DSC-RX100M4.jpgデジタルスチルカメラ
DSC-RX100M5
ストア価格119,880円+税
ソニーストア長期保証選択
・5年ワイド:12,000円+税
・3年ワイド:6,000円+税
・5年ベーシック:6,000円+税
・3年ベーシック:無償
メーカー商品情報ページはこちら 
作例見本ページはこちら 
名称未設定-.jpg
発売日:2016年10月21日
ソニーストア購入特典:
 送料無料
 提携カード決済で3%オフ 3年ベーシック無償
  24回分割払手数料0%キャンペーン(~1/16)
  本体と
アクセサリーセット同時購入で1,380円お得!(~11/30)
テックスタッフ店頭購入特典:
 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
 
液晶保護ガラスプレゼント!(無くなり次第終了となります)
 オータムフェア購入特典プレゼント
 開店3周年記念品プレゼント

MPK-URX100A.jpg

アンダーウォーターハウジング
MPK-URX100A
ストア価格29,260 +税
メーカー商品情報ページはこちら 
製品サポートページはこちら 
ソニーストアでのお買物はこちらから
発売日:2016年10月21日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料
 提携決済で3%オフ
テックスタッフ店頭購入特典:
 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
 オータムフェア購入特典プレゼント
 開店3周年記念品プレゼント

 

☆当店blog 16.11.1「『RX100M5』同時購入アクセサリーセットキャンペーンが期間延長!」 
☆当店blog 16.10.18「『DSC-RX100M5』ショールーム展示レポート」 
☆当店blog 16.10.14「3分でわかる『DSC-RX100M5』プレスリリース」 
☆当店blog 16.10.7「『DSC-RX100M5』がソニーヨーロッパで発表に」 

 

【ソニー 秋のカメラキャッシュバックキャンペーンのご案内はこちらから】 

DSC-RX100M501.jpg
★ソニーストア 「秋のカメラキャッシュバックキャンペーン」のご案内はこちらから

RX100M4-review.jpg

 

DSC-RX100M3.jpgデジタルスチルカメラ
DSC-RX100M3
ストア価格88,000 +税
ソニーストア長期保証選択
・5年ワイド:9,000円+税
・3年ワイド:5,000円+税
・5年ベーシック:5,000円+税
・3年ベーシック:無償
メーカー商品情報ページはこちら 
製品サポートページはこちら 
ソニーストアでのお買物はこちらから
発売日:2014年5月30日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 提携決済で3%オフ 3年ベーシック無償
 秋のカメラキャッシュバックキャンペーンで8,000円キャッシュバック!(~11/6)
テックスタッフ店頭購入特典:
 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
 先着で専用ケースプレゼント!(無くなり次第終了となります)
 オータムフェア購入特典プレゼント
 開店3周年記念品プレゼント

☆当店blog 14.9.1「『DSC-RX100M3』と行く西穂高~上高地の旅」 
☆当店blog 14.6.2「DSC-RX100M3で撮る『世界遺産・富岡製糸場』」 
☆当店blog 14.5.31「DSC-RX100M3で撮る『BAR Left Bank』」 
☆当店blog 14.5.29「『DSC-RX100M3』製品版開梱レポート」 
☆当店blog 14.5.25「『DSC-RX100M3』イベント展示レポート」 
☆当店blog 14.5.19「史上最強『DSC-RX100M3』ショールーム展示レポート」 
☆当店blog 14.5.16「レンズ性能一新!『DSC-RX100M3』発表」 

 

DSC-RX100M4.jpgデジタルスチルカメラ
DSC-RX100M4
ストア価格107,880円+税
ソニーストア長期保証選択
・5年ワイド:12,000円+税
・3年ワイド:6,000円+税
・5年ベーシック:6,000円+税
・3年ベーシック:無償
メーカー商品情報ページはこちら 
作例見本ページはこちら 
名称未設定-.jpg
発売日:2015年7月31日
ソニーストア購入特典:
 送料無料 提携カード決済で3%オフ 3年ベーシック無償
 秋のカメラキャッシュバックキャンペーンで8,000円キャッシュバック!(~11/6)
テックスタッフ店頭購入特典:
 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
 
先着で専用ケースプレゼント!(無くなり次第終了となります)
 オータムフェア購入特典プレゼント
 開店3周年記念品プレゼント

☆当店blog 16.3.26「DSC-RX100M4で撮る『北海道新幹線』」 
☆当店blog 16.3.25「DSC-RX100M4で撮る『浜離宮の桜』」 
☆当店blog 15.11.8「4Kタイムラプス作品を作る『羽田空港』」 
☆当店blog 15.11.4「DSC-RX100M4で撮る『おうし座流星群』タイムラプス」 
☆当店blog 15.11.3「Camera Apps『スマートリモコン』アップデートでバルブ撮影・連続撮影対応」 
☆当店blog 15.9.21「フィルターアダプター『VFA-49R1』でRX100をレンズ交換カメラ風に」
☆当店blog 15.9.9「電車でハイフレームレート撮影」 
☆当店blog 15.9.8「サイバーショット『DSC-RX100M4』で撮る『雨』」 
☆当店blog 15.9.6「RX100M4のスローモーション撮影でフォームチェック」 
☆当店blog 15.8.21「POCKET三脚 マンフロット『MP1』開梱レポート」 
☆当店blog 15.8.10「DSC-RX100M4で撮る富士登山」 
☆当店blog 15.8.4「ENGAGEMENT製カメラケース開梱レポート」 
☆当店blog 15.8.3「DSC-RX100M4で撮る『暑中お見舞い申し上げます』」 

☆当店blog 15.8.1「サイバーショット『DSC-RX100M4』開梱&セッティングレポート」 
☆当店blog 15.7.14「『DSC-RX100M4』展示機ファーストインプレッション」 
☆当店blog 15.7.11「『DSC-RX10M2/RX100M4』ショールーム展示レポート」
 
☆当店blog 15.7.5「SDXCカード スピードクラス3対応『SF-G1UX2』海外リテール品 開梱レポート」 
☆当店blog 15.7.2「4K撮影対応『DSC-RX100M4』の買い方ガイド」 
☆当店blog 15.6.26「サイバーショット『DSC-RX100M4/RX10M2』発表」 

 

ソニーストア
★ソニーストアのご利用はこちらから

 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。