銀座ソニービルショールームの改装前レポート:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

銀座ソニービルショールームの改装前レポート [★ソニー新着情報]

DSC00001.jpg

こんにちは、店員佐藤です。

今日も新製品の展示があったので取材をさせていただいてきました。そのついでに改装のため一時的な引っ越しをする「銀座ソニービルショールーム」の様子もレポートしたいと思います。

是非、最後までおつきあいください。

 

DSC00002.jpg

ニュースにもなっているとおり、銀座ソニービルは1966年に建てられ今年で50周年。記念イヤーになにかイベントがないのかな?と、思っていたら、なんとソニービルの建て替えを行うという超ビッグサプライズな発表がありました。

DSC00001.jpg

ソニービルの営業は2017年3月末まで行うのですが、ショールーム機能は今週末の8月28日の日曜日までで一時閉店。9月24日土曜日に徒歩3分のところ、銀座4丁目交差点に開業する「GINZA PLACE」ビルにて開店すると発表されています。

まだ、あと半年はこのソニービルの姿はあるもの、中に入っているショールームは今週末までです。

☆ソニービル公式ホームページ「GINZA SONY PARK PROJECT」

ソニービルの建て替えは2022年に終わって新しいソニービルが誕生する予定。そのときにショールームが戻ってくるとして6年間の長い引っ越しになります。ソニーショップの店員になって18年。その前からたびたび遊びに行っていた身にすると感傷的になってしまうというか、もう、このショールームの姿は見られなくなるのか、という寂しい思いがあるんですが、そういう懐かしい思いになるのは閉店してしばらく経ってからなんですよね。

とりあえず、今日は1Fから8FのOPUSまでグルッと回ってみたいと思います。

DSC00003.jpg

こちらは「ソニースクエア」というソニービルの前庭です。銀座という日本でもっとも地価の高いエリアにこんなスペースを作って。。。というのは建設当初にもあったそうですが、その価値の高い土地をあえてイベントスペースにしていることに意義があるんでしょう。ここでいろいろなプロモーション、イベントを見てきました。

DSC07199.jpg

☆当店blog 09.9.24「ジーンズ空中即売会レポート」 

2009年9月にはジーンズ空中即売会なるものが開催され、ソニービルの広告布を使ったジーンズを販売したことがあります。オーダーがあると屋上から人が降りてきて壁に飾ってあるジーンズをピックアップする、なんていう演出も。

DSC00001.jpg

☆当店blog 14.4.16「銀座にスパイダーマンがやってきた!? 公開記念イベントレポート」 

2014年にはスパイダーマンがやってきて、銀座ソニービルショールームを糸でグルグル巻きにしてしまったこともありました。

DSC00001.jpg

来るたびになにか新しい事が起こる!は、このソニースクエアから始まっていたんですね。

DSC00004.jpg

今週の日曜日までは美ら海水族館の14トン大水槽が展示中。展示は8月28日日曜日の23時までだそうです。ソニービルの開場時間前に来たら、こちらの水槽は白いシャッターで見えなくなっていましたので、おそらく23日の日曜日の23時にシャッターが降りて、それで展示終了になるんでしょうね。

給餌タイムは11時半からと17時半からの1日2回となっています。

DSC00005.jpg

ショールームの開場は朝の11時です。新型カメラの発表などがあり展示初日にはここに列が出来たりしていたのも良い思い出。夏休み期間もツーリストさんたちの観光スポットになっていて海外からのお客様が列を作っています。

DSC00006.jpg

1Fのエントランスホールです。ミニ水槽を観察しながらブロックで遊べるコーナーがあります。

DSC00007.jpg

カウンターでは銀座ソニービルのオリジナルグッズの販売もあり、Tシャツと日本手ぬぐいが販売されています。ここでしか買えない限定グッズ。私も手ぬぐいを買わせてもらいました。

「5-3-1 GINZA TOKYO」という住所がデザインされているのがユニークです。

DSC00008.jpg

エントランスから90cmあがった最初のフロアが「フィーチャードプロダクツ」スペースで、普段は発表されたばかりの新製品を展示しています。今週末は「美らフォトワールド」として、ミニ水槽の魚たちを”α”で撮影したり、水中写真家「鍵井靖章」さんの作品展示を見ることができます。

DSC00009.jpg

ここでもたまたま給餌タイムにあたり、小さな熱帯魚たちがテンションマックスで餌に寄ってきているところを見せてもらいました。7月に始まったイベントで魚たちも学習してきたらしく、スポイトを見るまでもなく青い服の係員さんの姿を見るだけで魚たちがそわそわしてしまうそうです。

DSC00010.jpg

「花びら構造」というフロアを四分割して田の時にし、それぞれを90cmずつ高さを変えることで1Fから8Fまでのフロアをすべてつなげてしまうという画期的な構造になっています。

1Dフロアをひとつあがるとそこは2Aフロア。

DSC00011.jpg

私の一番古い記憶だと、ここは自動車のBMWのショールームだったのを覚えています。現在はデジタル一眼”α”のレンズのハンズオンをするコーナー。新発売のレンズがあると、まずはここに用意があり、それを試すことができます。

DSC00012.jpg

シーズンごとに模様替えをしていたジオラマ。最後は海をテーマにした美ら海風の展示になっています。

DSC00013.jpg

窓越しに銀座数寄屋橋交差点をみることができるので望遠レンズのハンズオンでは一生懸命、交差点の向こうの景色をファインダーで追っていましたね。

DSC00014.jpg

さらにあがったところが2B、2Cフロアです。以前はここがウォークマン・オーディオコーナーだったことがありますが、現在はデジタル一眼カメラの展示コーナーになっています。

DSC00015.jpg

セミナースペースも当初は4Dのツーリストフロアにあったと思うんですが、こちらに引っ越してきて巨大スペースを使ってのセミナー開催をしています。私も、ここで勉強させていただきました。

ここに来ると写真のモチベーションをグッとあげてもらえます。

DSC00016.jpg

花火撮影オススメセットや、銀座ソニービルショールーム特製の撮影ガイドブックなども置いてあるんですね。私も花火大会に撮影しに行きたいんですがほとんどの花火大会が土曜日に開催されていて土曜日に営業をしていると行ける機会がなくて。。。こうなったら花火の撮影会を開催してお客様と一緒に行くしかないかな!

DSC00024.jpg

さらにひとつあがって2Dフロアがサイバーショット、ハンディカム、アクションカムの展示コーナーになります。

DSC00017.jpg 

アクションカムの展示は、全てのアクセサリーが実際に触れるように展示されていて使い勝手を試すのには最高の場所です。

DSC00018.jpg

特に最近購入したロードバイク用のアクセサリーについては私もここで品定めをさせてもらいました。実際の強度とかがどれくらいなのか、装着が自分でできそうなのかを試して安心して購入することができます。

DSC00019.jpg

新発売のモーターバイブレーションアブソーバー「AKA-MVA」も展示されていました。発売日が今日で、ショールームは明後日の日曜日までなのでたった3日しかないのに製品がちゃんと陳列されていました。

最終日まで手を抜かないというか、平常運転なんですね。

☆当店blog 16.6.26「アクションカム『HDR-AS300』で撮るオートバイ映像の話」

今年6月に発売された新型アクションカム「FDR-X3000/HDR-AS300」ですが、プレスリリースの際にバイクへの取り付け位置、特定のエンジン回転数のときに画像に歪みやピントにボケが生じる場合が生じる場合があると案内があり、それを軽減するためのアクセサリーが「AKA-MVA」になります。

DSC00020.jpg

作りは簡単で底面に三脚ねじ穴があり、天面に三脚ネジがついているだけのもの。

DSC00021.jpg

これをハンドルマウントとアクションカムの間に入れることで特定周波数の揺れを低減するということをします。

DSC00022.jpg

触ってみると上下方向にだけプニプニと動くようになっていて左右上下には動かない仕組みになっています。なるほど、これで揺れているときも画角は変えずに上下の動きだけでエンジンの周波数の揺れを抑えるわけですね。

DSC00001.jpg

 
モーターバイブレーション
アブソーバー
AKA-MVA
 
ストア価格1,380 +税
 メーカー商品情報ページはこちら 
 製品サポートページはこちら
 
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日:2016年8月26日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 提携カード決済で3%オフ
テックスタッフ店頭購入特典:
 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中

オートバイには私は乗らないので試すことができませんが、ライダーさんは是非、試して見てください。

DSC00025.jpg

3Aフロアにあがってきました。こちらはタブレット、スマートフォン、パーソナルコンピューターの展示になっています。ソニーVAIOの時は4Cのソニーストア銀座の直下のフロアになっていたのですが、VAIO(株)製になってからはXperiaの展示コーナーと一緒になりました。

モデル数も当初は少なかったのですがVAIO C15の様なカラーバリエーションモデルが登場してきてだいぶ賑わってきました。

DSC00026.jpg

スマートフォンXperiaの展示も常に最新モデルがあります。ソニーストアで販売していたXperia J1 Compactを大事に使わせてもらっているんですが、ここで最新機種を触ると。。。いやぁ、買い換えたくなりますね。

DSC00027.jpg

3Bフロアです。こちらはPlayStationの展示コーナーになっていますが、壁の向こうはパーソナルコンシェルジュルームという、豪華なAV機器セットがあるイベントスペースみたいなところになっています。

PlayStationの展示は今は10月発売の「PlayStation VR」の体験スペースに全て使われています。予約の方しか体験ができなくて今日も満席状態。すごいムーブメントですね。

DSC00028.jpg

3Cフロアはブラビア&ブルーレイの展示スペースです。BDレコーダーのウリがタブレットやスマートフォンとの連携だったので、ここで私もよく試させてもらっていました。

DSC00029.jpg

奥のところにカウンターがありますが、確か、ここがソニースタイル銀座発祥の地だったんじゃなかったでしたっけ? あまり広くないスペースに囲まれたところで4人のスタッフさんから始まったと思います。

DSC00030.jpg

こちらがPlayStationフロアの裏にあったコンシェルジュルームです。サイバーショットRX100などのプロカメラマンセミナーもここであったし、ミニイベントの開催場所になってました。

普段はAV機器がズラッと並んだリビング風の展示になっているのですが、現在は「Music Kids Book 美ら海スペシャル体験会」を開催しています。

DSC00031.jpg

自分で塗った絵が飛び出したり音が出たりする新しいタイプのお絵かき本「Music Kids Book」。注目のイラストレーター「長場 雄」さんの完全書き下ろしのイラストを使用。

DSC00032.jpg

お絵かきして、スマホやタブレットでAR体験して遊べます。イラストが可愛いと見慣れたAR技術も新鮮に見えます。

DSC00033.jpg

3Dは4Kテレビと4K超短焦点プロジェクターという大画面スクリーンというくくりでの展示になっています。

DSC00034.jpg

こちらが超短焦点プロジェクターの展示スペースで、Life Space UX製品も一緒に展示されていて、ここだけ特別な空間になっている感じです。

DSC00001.jpg

☆当店blog 14.3.12「4K超短焦点プロジェクターを3月19日から日本初公開」  
☆当店blog 14.3.21「銀座ソニービルOPUS『Life Space UX Exhibition』イベントレポート」 

2年前に8FのOPUSで開催された「Life Space UX Exhibition」の雰囲気をそのままショールームに再現している感じ。未来の住宅がここで体験できます。

超短焦点4Kプロジェクターが安くなったら買えるかな~、とか思っていましたが、今のところまだプライスダウンの話はでてきていなくて500万円のままですね。(^_-)

DSC00035.jpg

4A、ハイレゾオーディオとシアタールームの展示コーナーになっています。ハイレゾオーディオ製品のPHA-2やMDR-Z7、XBA-Z5の試聴をガッツリとされている方たちがいっぱいだったのもつい最近の話。

アーティストイベントがあると展示されているモデルの壁紙や楽曲が入れ替えられていて、ここで一番そういうイベントカラーを味わっていたかも。

DSC00036.jpg

ここも奥には別室があり本格的なシアタールームがあります。月に一度のハイレゾ試聴会に参加させていただいたことがありますが、毎回、どんな曲を選曲して聴かせてくれるのか、高級レストランでのコース料理を楽しんでいるみたいでワクワクさせてもらいました。

自分の知らないなにかをいつも提供してくれる場所なんですよね。ソニービルショールームは。

DSC00037.jpg

4Bフロアです。ここは以前はソニーVAIOが展示されていた場所。ここのフロアいっぱいにVAIOが展示されていたって今思えばすごいラインナップだったんですね。

DSC00038.jpg

こちらはハイレゾモデルだけではなくほぼ全てのヘッドホンを試すことができます。ここのフロアに限らず、アテンダントさんがいろいろ声をかけてくださって、たまにプレスリリースにはない話とかも教えてくださいます。

毎回、いつも助けていただいて感謝です。

DSC00039.jpg

4Cフロアがソニーストア銀座になっています。以前は製品購入時にはここへ来て手続きをすることになっていましたが、現在は各フロアで決済ができる端末があります。

アーティストコラボモデルのウォークマンでファンの方たちがぎっしりとイベントスペースにお越しになっていたときに、そのウォークマンを購入する列でここが一杯になっていたこともありました。

DSC00040.jpg

今もウォークマンやPlayStation製品などの持ち帰りができるように在庫を用意しています。

ssg01.jpg

☆当店blog 10.7.2「ソニーストア銀座 1周年記念セール」 

ちなみにこちらはソニースタイル銀座でオープンして、その1年後の様子。たった1年の間にスペースをグッと広げて、さらにソニースタイルからソニーストアへ名称変更をしていたんですね。Xperia X10が発売された直後で1周年記念デザインのスマートフォンケースの販売をしていたのですが、そのケースと同じデザインで店内装飾をするなど、憎い演出をしてくれていました。

こういうワクワクする演出、またやってほしー!

DSC00041.jpg

そして4Dがソニーストア銀座のツーリストフロアになります。海外向け製品を旅行者向けに案内していますが、平日は確かに外国からの旅行者さんだらけですからね。

DSC00042.jpg

5Fはソニー・イノベーション・ラウンジで、First FlightとLife Space UXの展示をしています。こちらは8月29日以降も一時閉店はせず来年3月まで展示があります。

こちらで聞いた話だと8月29日以降、ショールームスペースの展示を片付けたあとも空いたスペースは利用するそうで、なんの展示をするのかはわからないのですが、半年間なにもない空間があるわけではなさそうです。

1Fから4Fがこれからどんな利用のされ方をするでしょうね。

DSC00043.jpg

6Fはソニー・イメージング・ギャラリーですが、こちらも引っ越しをします。銀座ソニービル内での営業は9月8日まで。9月24日よりショールームと同じ「GINZA PLACE」へ移転します。

DSC00044.jpg

現在は鷹野晃氏の 作品展「東京定点写真 ~夕暮れと100年散歩~」を開催中。鷹野氏のお名前をどこかで聞いた覚えがあったんですが、そうでした、この方の書籍を読んだことがあります。

TOKYO36景を撮り歩く! プロ流カメラ術

TOKYO36景を撮り歩く! プロ流カメラ術

  • 作者: 鷹野 晃
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/10/08
  • メディア: 単行本

”α700”を使って東京の景色を撮り歩かれていて、当時、真似をして同じ場所に写真遠足に行ったりしていました。

展示されている作品で定点撮影をされていたのですが、タイムラプス撮影とはまた違う手法を使った写真動画の展示をされていて、すごい刺激を受けてきました。これはタイムラプス撮影の素材から作り直すこともできるし、また真似をしてみたいと思います。

鷹野晃氏の作品展は9月8日まで展示されています。

DSC00045.jpg

7Fはイタリアンレストランの「サバティーニ・ディ・フィレンツェ」さんです。高そうで入ったことがないのですが、せめてランチだけでも。。。

DSC00046.jpg

このお向かいに普段は閉ざされた打ち合わせスペースがあります。デジタル一眼カメラ”α”のイベントなどのときに貸し切りで利用させてもらったことがありましたね。

DSC00047.jpg

8FはイベントスペースOPUSです。4Kとハイレゾで贈るショートムービー「泣きべそジンと勇気の海」を毎時0分、20分、40分に上映してます。非常に短い物語ですがちょっと泣けます。

上映されているとき以外は壁面に「銀座ソニーパークプロジェクト」を紹介する映像や写真の展示があり、銀座ソニービルショールームの成り立ちなどを知ることができます。花びら構造が画期的なものだったということや、また、当時からイチ電機メーカーが日本で一番高い土地にショールームを作ることの覚悟が読み取れます。

50年経って、またここから作り直していくんですね。

DSC00048.jpg

ということで、サクッと回ってきてしまいましたが、ご覧の通りで「さよなら銀座ソニービルショールーム」的なイベントは特に用意されていなくて、あくまでも通常営業。

スタッフの方たちも1ヶ月間のお休みがあるのかと思いきや、休業中も普通に出勤して新しいショールームの開場準備をされるそうです。大人になってからのお休み1ヶ月は普通ないですから夢の様な時間が。。。と、思ったらそういうことはないそうです。

DSC00049.jpg

地下にはPLAZAさんがあり、そこから階段で上ってくると楽しい音がします。

DSC00050.jpg

ソニースクエア横のショーウインドウは「サーフェス」と呼ばれており、そのときどきでイベント展示などを行ってます。

ここで一番印象に残っているのはVAIO red editonのときの装飾。

DSC00002.jpg

☆当店blog 13.6.10「銀座ソニービルショールームの『VAIO | red edition』イベントレポート」 

開場前には一面のバラだったのですが、その後、バラを抜いて通りがかりの方たちにプレゼント。すると中からVAIOが出てくるという演出でした。

DSC00009.jpg

4Fのソニーストア銀座まで赤いカーペットが敷かれていて、これをたどっていくとVAIO red editionが展示されているというビル全体を使った仕掛けとかやっていたんです。

一時休業して再開するGINZA PLACEでの新しい展示演出がまた楽しみですね。

 

DSC00051.jpg

特に最後のさよならイベント的なものはないのですが、一応、買い物も少額ですがさせてもらってきました。アクションカムのハンドルバーマウントです。WEBで購入すると5,000円以下の商品は送料がかかりますがソニービルショールームで在庫のあるものを購入すれば送料はかからずにすぐに手に入ります。

DSC00052.jpg

ということで、一時休業前、最後の週末を迎えた銀座ソニービルショールームでした。ショールームのスタッフの方とはまた9月になったら会えるし大きな改装をするだけですよ、というスタンスですが、個人的な想い出作りに是非、今週末は銀座ソニービルショールームへどうぞ。

 

☆銀座ソニービル ショールーム 公式ホームページはこちらから 
☆銀座ソニービル イベント「Sony Aquarium」のご案内はこちらから 

☆ソニーストア・直営店をご利用のお客様へ当店からのお願い  

 

468_60.gif
★ソニーストアのご利用はこちらから

 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ