4Kアクションカム『FDR-X3000』の画角の話、他:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

4Kアクションカム『FDR-X3000』の画角の話、他 [┣ ハンディカム & アクションカム]

DSC00008.jpg

こんにちは、店員佐藤です。

先週末から出荷が始まった新型の4Kアクションカム「FDR-X3000」のご質問、宿題を多数おあずかりしているので、それを昨日今日で実験してきました。

 

当店のアクションカムの記事はPV数こそあがるものの、オーダーは正直言ってそれほど多くはなかったのですが、今回は別。今までで一番オーダーが盛り上がっているかもしれません。

しかも昨年モデルでも少しパッとしなかった4Kモデルが大ブレイクしています。こんな小さなカメラで4K映像が撮れる!という感動はあったものの手振れがひどくて、4K動画を自由に撮れる感じではなかったものが空間光学手ぶれ補正のおかげでブレイクスルーした感じです。

で、その空間光学手振れ補正の威力ですが発売前日に先代のFDR-X1000Vと撮影比較したところ、従来の電子手振れ補正との比較をなんでしてくれないんですか?という声を複数いただきました。

FDR-X1000Vでは4K撮影をするとワイド画角固定になってしまい手振れ補正機能を使うことができないため、手振れ補正無しとの比較しかできないのですが、従来モデルのHD機種での手振れ補正との比較をご覧になりたいということなんですよね。

DSC00007.jpg

ということで、今日はHDR-AS50の電子手振れ補正モデルと同時撮影をして比較してきました。その様子がこちらです。

こうやって並べてみると手振れ補正の効果はAS50も高く、遜色ないほどの手振れ補正を実現しているのですが。。。そうなんです、X3000の空間光学手ぶれ補正の効果はそれだけではないんですね。

電子手振れ補正の場合はやや画角を狭くしてセンサーの余りの部分を使って手振れ補正をするところ、空間光学手ぶれ補正ではその必要が少ないので画角がもっとワイドにして撮ることができます。

さらに前回の比較でも分かるとおり、魚眼レンズっぽい歪みが少なくなっています。これも映像が見やすくなっているメリットに思えます。

DSC00005.jpg

そんな訳で続いてはFDR-X3000の、それぞれのモードによる画角の違い、歪曲の差などを検証してみます。

店内にミニ三脚を立てて、ここでカメラの設定を変更しながら各シーンを試し撮りしてます。静止画での比較をしていますが、撮影はすべて動画で撮影していて、あとから動画より静止画切り出しをしての比較をしています。

まずは手振れ補正のモードによる画角の違いです。FDR-X3000では手振れ補正オフ、スタンダード、アクティブの3種類があり、手振れ補正アクティブ(ACT)では電子手振れ補正も併用をしているとのこと。

比較撮影したのがこちらです。

DSC00001.jpg

焦点距離にしてほんの1~2mmなんだと思いますが、やや焦点距離が伸びるみたいで、アクティブモードだけ画角が狭くなっています。

でも、その差はわずかなので、これくらいならアクティブモードを使った方が良いかも。

そして、FDR-X3000ではHD画質での録画の際はワイド、ミドル、ナローの3種類の画角が利用できます。その3種類の画角がこちらです。

DSC00002.jpg

焦点距離はカタログに載っている数値ですべて35mm判換算の場合の焦点距離になっています。

レンズの周辺はやはり歪曲が大きいので単純にデジタル一眼"α"との焦点距離の比較とかにはならないと思うのですが、一応、SEL1635Zを用意して、それに近い焦点距離の写真を撮ってみました。それがこちらです。

DSC00004.jpg

焦点距離を合わせて撮っているのですが、ま、こんな感覚になる、ということになります。カメラは"α7II"を使っています。フルサイズの"α7"をお持ちの方でしたらワイドズームレンズ「SEL1635Z」を使っているような感覚。APS-Cの"α6000"シリーズをお使いの方でしたらSEL1018を使っているくらいの感覚というところに焦点距離の数値的にはなります。

それと、気になる魚眼風の写りの改善なんですが、先代のFDR-X1000Vと比較するとこんな感じです。(FDR-X3000は手振れ補正スタンダードで撮っています。)

DSC00003.jpg

歪曲はだいぶ少なくなっていますね。グルグルした感じがなくなり、見え方も普通にハンディカムっぽく見えます。

ということで、今日は通勤時に電車が空いていたので山手線の運転席からの景色を4Kアクションカムで撮ってきました。PlayMemories Homeで編集した動画がこちらです。

今日は編集機能もいろいろ探ってみたのですが、スピードメーターにグラフ表示をするような新しいエフェクトのものがひとつ加わっていました。途切れ途切れに撮影した動画ファイルですが、全区間をつなげての地図表示もできます。

要所、要所で撮影をしておくと、旅の記録がアクションカムで撮れます。自転車だけではなく、電車旅にもこれは良いですね♪

 

DSC00004.jpg

アクションカム
ライブビューリモコンキット

FDR-X3000R
ストア価格64,880 +税
  ソニーストア長期保証選択
 ・5年ワイド:7,000円+税
 ・3年ワイド:4,000円+税
 ・5年ベーシック:4,000円+税
 ・3年ベーシック:無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
 製品サポートページはこちら
 
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日:2016年6月24日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 提携カード決済で3%オフ 3年ベーシック保証無償
 おすすめアクセサリーセット(~8/1)
テックスタッフ店頭購入特典:
 長期保証半額クーポン 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
 サマーフェア店頭購入特典

 

DSC00003.jpg

アクションカム
FDR-X3000
ストア価格49,880 +税
  ソニーストア長期保証選択
 ・5年ワイド:5,000円+税
 ・3年ワイド:3,000円+税
 ・5年ベーシック:3,000円+税
 ・3年ベーシック:無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
 製品サポートページはこちら
 
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日:2016年6月24日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 提携カード決済で3%オフ 3年ベーシック保証無償
 おすすめアクセサリーセット(~8/1)
テックスタッフ店頭購入特典:
 長期保証半額クーポン 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
 サマーフェア店頭購入特典

 

DSC00005.jpg

 
フィンガーグリップ

AKA-FGP1
 
ストア価格2,880 +税
 メーカー商品情報ページはこちら 
 製品サポートページはこちら
 
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日:2016年6月24日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 提携カード決済で3%オフ
テックスタッフ店頭購入特典:
 長期保証半額クーポン 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
 サマーフェア店頭購入特典

 

DSC00006.jpg

 
MCプロテクター
AKA-MCP1
 
ストア価格3,880 +税
 メーカー商品情報ページはこちら 
 製品サポートページはこちら
 
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日:2016年6月24日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 提携カード決済で3%オフ
テックスタッフ店頭購入特典:
 長期保証半額クーポン 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
 サマーフェア店頭購入特典

 

☆当店blog 16.6.28「PlayMemories Home 編集機能大幅パワーアップ!」 
☆当店blog 16.6.26「アクションカム『HDR-AS300』で撮るオートバイ動画」 
☆当店blog 16.6.23「4Kアクションカム『FDR-X3000』開梱レポート」 
☆当店blog 16.6.20「空間光学手ぶれ補正搭載新型アクションカム『FDR-X3000R』『HDR-AS300R』発表」
 
☆当店blog 16.6.20「アクションカム用アクセサリー『レックマウント』の話」 

 

ソニーストア
★ソニーストアのご利用はこちらから

 


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ