サウンドバー『HT-NT5』アップデートでワイヤレス5.1ch対応に:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

サウンドバー『HT-NT5』アップデートでワイヤレス5.1ch対応に [┣ BRAVIA & Home AV]

DSC00001.jpg

こんにちは、店員佐藤です。

本日13時のアップデートでようやくサウンドバー「HT-NT5」がサラウンド機能を実装しました。別売りのワイヤレススピーカー「SRS-HG1」を2台利用することで、リアルサラウンドが実現します。

早速、実機で試してみました。

 

DSC00002.jpg

サウンドバー「HT-NT5」は5月21日に発売になった最新型のフロントサラウンドシステムです。「サウンドバー」という愛称でソニーさんからシリーズで多数のモデルが発売されていますが、このモデルは大きな機能アップをしており、それが「ワイヤレスサラウンド」機能です。

20160407-5.jpg

ソニーのスマートフォン用アプリ「SongPal link」を使って複数のスピーカーを連携させて使う機能が以前からありましたが、これの機能のひとつとして、フロントサラウンドシステムとワイヤレススピーカーをセットにして、サラウンドシステムにしよう、という仕組みです。

従来も製品としてリアのサラウンドスピーカーをワイヤレスにしているモデルはあるのですが、その場合も音声信号はワイヤレスになるものの、電源はやはり必要になり、リアスピーカーは電源だけワイヤードになる、という仕組みでした。

今回のサウンドバー「HT-NT5」と「SRS-HG1」のシステムでは、電源も完全にワイヤレスで使える、というのが素晴らしい。

電源まで含めて完全ワイヤレスのサラウンドシステムが組めるんです。当店でも2016年モデルのブラビアを設置する際に、今回は「HT-NT5」をセットにすることにしています。

セッティングはブラビアとまとめて行っているため開梱レポートができなかったんですが、そのときに撮影していたアクションカムの映像でちょこっと紹介します。

DSC00003.jpg

これはHT-NT5のパッケージです。なんかテトリスのブロックみたいな形をしていますが、本当にこれでやってきます。長く延びているところにサウンドバーが入っていて、手前の四角い部分にサブウーファーが入っています。

DSC00004.jpg

この手前のものがサブウーファーです。ウーファーには指向性はそれほどないので部屋の空きスペースに置いてしまって大丈夫。うちもオーディオラックの隣のデッドスペースに設置しています。

DSC00006.jpg

HT-NT5はメーカーページで見るとローボードに直置きする形になっていますが、壁掛けも出来る様になっています。なにもアタッチメントを必要とせず、そのまま壁掛けが可能。

DSC00007.jpg

ご覧の様なネジを2本打てば、ここにひっかけるだけです。

DSC00005.jpg

HDMI入力は3端子あるのですが、これ、全部HDCP2.2に対応してます。

昨年モデルの台座型「HT-XT3」を私は昨年の夏に購入しているんですが、このモデルはHDCP2.2に対応しているのは1端子のみ。HDCP2.2というのは著作権保護信号なんですが、4K放送やamazon TVのプレーヤーなどの映像コンテンツを通すのに必要な技術で、これが3端子あるというのも非常に助かります。

今後登場するであろう4K BDや、4K対応のBSチューナーなどを接続しようとしたときに1端子しかHDCP2.2に対応していないと、その入力を使うたびに差し替えなければいけなくなります。うちも4Kチューナーとamazon TVのプレーヤーが共存できなくてすでに困っているところです。

3つの著作権対応入力端子が使えるなら、4K対応になったPS4とか、4K BSチューナーとか、4K BDプレーヤーなどの増設が可能。密かに、これもすごい魅力です。

DSC00008.jpg

サウンドバーを起動すると、サウンドバーのホーム画面も表示出来ます。まるでAVアンプみたいに自分のメニューを持っているんです。

実は有線LAN端子も装備しているので、それをホームネットワークに接続し、そしてそのホームネットワークにnasneがあれば、nasneにある写真やハイレゾ音楽データにアクスして再生することが可能。

DSC00009.jpg

nasneに入れてあるハイレゾファイルをサウンドバーからアクセスして再生することが出来てしまうんです。スマートフォンとかタブレットとかの操作が苦手で。。。という方も、Android OSをスキップして、サウンドバーのハイレゾ機能を利用することが可能。

さらに、そうしたハイレゾ音源を鳴らしたときの音もかなりメリハリがあって、しっかりとハイレゾを感じさせてくれる音質になってます。サブウーファーがあるのでやや低域が強すぎる感もあるのですが、そういう場合はサブウーファーの出力だけちょっと絞ってあげるとよいかと思います。

サブウーファーのボリュームは全12段になっているのですが、当店では7~8くらいに設定して使っています。

 

DSC00010.jpg

で、そこにハイレゾ対応の世界最小ポータブルスピーカー「SRS-HG1」を2台用意します。

「HT-NT5」が79,880円で「SRS-HG1」が1台で27,380円するので全部合わせると134,640円もするという、冷静になってみると割と高いんじゃないか!?という考えもありますが、あくまで「SRS-HG1」はサラウンドスピーカーだけではないですからね。

ハイレゾ対応の世界最小のポータブルスピーカーで、バッテリーも内蔵していて12時間のバッテリー駆動が可能なんです。普段はアウトドアやプライベートルームで楽しんでいるポータブルスピーカーを、映画や音楽コンテンツをリビングで楽しむときだけ、持ち寄って、完全ワイヤレス駆動でサラウンドを楽しめる、というものなんです。

やってみましょう。

DSC00011.jpg
☆ソニーサポート「ワイヤレスポータブルスピーカー「h.ear go (SRS-HG1)」 本体ソフトウェアアップデートのお知らせ」

で、まずはセッティングの前にSRS-HG1本体のソフトウェアアップデートを行います。ここでどうしてもスマートフォン、タブレットが必要になるのですが、SongPalでアクセスして本体のバージョンが2.0になっていればアップデート済みです。

アップデートファイルは6月2日に公開になっています。

DSC00012.jpg
☆ソニーサポート『サウンドバー「HT-NT5」本体ソフトウェアアップデート開始のお知らせ』

そして、本日公開になったのが「HT-NT5」の本体ソフトウェアアップデートです。こちらはHT-NT5がインターネットにつながっていれば自動アップデートされます。

DSC00013.jpg

待ちきれなくて、私は手動でアップデートしてしまうんですが、インストールにはちょっと時間がかかりました。(別の作業をしながらだったので正確な時間はわかりませんが10分程度はかかっていると思います)

DSC00014.jpg

アップデートが終わると、ホーム画面に異変があります。右上にでかでかと「ワイヤレスサラウンド」のボタンがあり、ここからワイヤレスサラウンドの設定項目にすぐに入ることが可能。

このボタンがなかったら設定画面にいって、そこからさらにワイヤレスサラウンドの設定を選んで、ということをしないといけないので2アクションをすっ飛ばしてくれます。

後述しますが、非常に便利です。

DSC00015.jpg

リアスピーカーはどこに置いても良いのですが、基本的にサラウンドはフロントスピーカーよりもリアスピーカーが近い方がよいので、コンパクトなシステムにするならこんな感じの置き方をします。

DSC00016.jpg

これで指示に従ってSRS-HG1を操作してHT-NT5に無線接続をしていきます。

DSC00017.jpg

そんなに難しいことはありません。SRS-HG1の電源を入れて「SET UP」ボタンを押してHT-NT5と通信を順番にさせるだけです。

拍子抜けするくらい簡単につながります。しかもスマートフォン、タブレットは操作する必要がなくHT-NT5だけの操作でサラウンド機能を利用できます。

DSC00022.jpg

で、BDレコーダーに5.1ch音声が楽しめるBDソフトを入れて再生させればすぐにサラウンド音声が楽しめるのですが、ややリアスピーカーの音が弱いかな。

というか、そういえば音量とか距離とかのバランスをなにも取っていないし、そもそもサラウンドモード自体、なにもいじってないですよ。

HT-NT5のリモコンを操作してオプションを開いても、あらら、サラウンドの項目についてはなにも出てこないし、サラウンドフィールドを選ぼうとしてもなにも変更ができません。

これ、どこでサラウンドの調整をするんだろう。

DSC00018.jpg

というところでホーム画面を呼び出して、そこからサラウンド設定に入るわけです。映画や音楽コンテンツの再生を楽しみながら調整をするのではなく、一旦再生を止めてから設定画面に入らないとサラウンドの設定はなにも変えられません。

ちょっとこれは面倒だぞ。。。というところですが、ま、こういうのは一度バランスが決まればそれほど、ちょくちょく変更することもないですしね。

ホーム画面に直接設定画面に飛べるボタンを用意してくれているのは本当に助かりました。

DSC00019.jpg

サラウンドスピーカーの設定画面はこちら。ご存じない方のために説明すると、サラウンドシステムの設定は視聴位置からスピーカーまでの距離を入力し、それと音量レベルを各スピーカーで揃える必要があります。

テストトーンを鳴らすこともできるので、これで音量バランスを自分の耳で調整します。厳密に同レベルにするのではなく、なんとなくで大丈夫。

DSC00020.jpg

参ったのはこのスピーカーの距離入力です。なぜか表記がフィートです。メートル法でないんです。ちなみに1フィートは30.4cmです。1m離れているなら3.5フィートくらいですかね。

※後日のアップデートでフィート表示からメートル表示に変更されました。現在はわかりやすくメートル法で設定ができます。

フロントスピーカーよりも近いところに置くのがコツです。

DSC00021.jpg

そして、こちらは音量レベルです。これもサラウンド感をガッツリ味わいたいならやや大きめにすると良いかも。写真では+4.0dBにしていますが、これはちょっとやり過ぎでした。大きめにしても3.0dBくらいが良いかも。

SRS-HG1のスピーカーの方にもボリュームがついているので、それでレベル調整ができるのかと思ったら、SRS-HG1のボリュームをいじるとシステム全体の音量が変化します。

HT-NT5と連動していて、ちなみにSRS-HG1の電源を切るとサラウンドシステム全体の電源も落ちるというギミックがあります。へー、これは面白いですよ。

DSC00023.jpg

そんなことをしてバランスを取ったHT-NT5+SRS-HG1のサラウンドシステムですが、ふむふむ、これはなかなか。

フロントサラウンドと違ってリアルでリアスピーカーがあると強制的にサラウンド空間を作ってくれて音に包まれた感じを作ってくれます。ストライクゾーンの狭いフロントサラウンドと違って、多少場所を移動しても寝っ転がっても強制的にサラウンドを感じられるのはやはり良いですね。

これ、絶対に自宅にシステムを組もうと思います。昨年購入したHT-XT3がアップデートでワイヤレスサラウンドが利用できるようになったら最高なんですが、それはないだろうしなぁ。。。HT-XT3は実家に持っていって、HT-NT5を買うことになるかなぁ。w

DSC00024.jpg

「HT-NT5」+「SRS-HG1」によるリアルサラウンドシステムは今日から当店店頭で展示開始です。

が、明日からソニーフェア開催のため店舗営業をお休みいたします。来週6月28日火曜日から体験展示を始めます。

お気に入りの5.1chサラウンドのBDソフト、DVDソフトを是非お持ちください。来週、私もスターウォース・フォースの覚醒と、ジュラシックワールドを楽しんでみたいと思います。

 

HT-NT5.jpgホームシアターシステム
HT-NT5
ストア価格79,880 +税
  ソニーストア長期保証選択
 ・5年ワイド:8,000円+税
 ・3年ワイド:4,000円+税
 ・5年ベーシック:4,000円+税
 ・3年ベーシック:無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
 製品サポートページはこちら
 
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日:2016年5月21日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 提携カード決済で3%オフ 3年ベーシック無償
テックスタッフ店頭購入特典:
 長期保証半額クーポン 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
 サマーフェア特典あります

☆当店blog 16.5.26「夏のボーナス、みんなが考えている使い道とは?」 
☆当店blog 16.4.7「ワイヤレスサラウンドや最新の4K/HDRに対応したサウンドバー『HT-NT5』新発売」 

 

SRS-HG1.jpgワイヤレスポータブルスピーカー
SRS-HG1
ストア価格27,380 +税
  ソニーストア長期保証選択
 ・5年ワイド:3,000円+税
 ・3年ワイド:2,000円+税
 ・5年ベーシック:2,000円+税
 ・3年ベーシック:無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
 製品サポートページはこちら
 
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日:2016年4月14日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 提携カード決済で3%オフ 3年ベーシック無償
 本体と同時購入で、 オオアサ電子製オーディオボード「HWB-XH」を1,000円OFF
テックスタッフ店頭購入特典:
 長期保証半額クーポン 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
 サマーフェア特典あります

☆当店blog 16.4.13「世界最小ハイレゾ対応ポータブルスピーカー『h.ear go』発売開梱レポート」 
☆当店blog 16.3.3「ハイレゾ対応『SRS-HG1』ショールーム展示レポート」 
☆当店blog 16.3.1「ハイレゾ対応ワイヤレススピーカー『h.ear go』発売」
 

 

ソニーストア
★ソニーストアのご利用はこちらから

 

宜しければFacebookにいいね!をお願いします。


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 5

コメント 2

けんじ

いつも公式以上に詳しい情報を楽しく読ませて頂いております。

実際にワイヤレスサラウンドスピーカーを試されての設定の仕方などのご紹介が、とても参考になりました。
やはり完全ワイヤレスだと便利ですね。
実際に視聴してみたいですね!

HT-NT5は左右に2つずつツィーターがあり、壁掛け時はジャイロセンサーでフロントツィーターをオフにしてトップツィーターのみで最適化させる、という仕様だったかと思うのですが、実質的に稼働するツィーターが減ることで、据え置き時と壁掛けじで音質に差があるかどうかが気になっています。
by けんじ (2016-06-24 16:59) 

店員佐藤

♪けんじさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

当店では壁掛けも、その前のローボードへの据え置き型でも
お試しいただけるようにしています。自宅からスターウォーズと
ジュラシックワールドのBDを持って行って今週もまた
試してみたいと思います。
by 店員佐藤 (2016-06-27 18:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ