『VAIO S15』HDDモデルにSSDを増設してみました:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

『VAIO S15』HDDモデルにSSDを増設してみました [┣ VAIO]

DSC00001.jpg

こんにちは、店員佐藤です。

3月に購入した自宅の「VAIO S15」HDDモデルにSSDを増設しました。購入したモデルがトイストーリー20周年を記念したスペシャルデザインのモデルだったんですが、これがHDDモデルしか用意が無く、なくなくSSDモデルをあきらめていたんですが、どうやらHDDモデルもあとからSSD搭載にできそうなので挑戦。

しかもすごい安いんです。2万円かからないで500GBのSSD増設をできてしまいました。その様子を紹介します。

DSC00001.jpg

標準電圧版プロセッサーを搭載した新型の「VAIO S15」ですが非常に快適に使っています。それまでWindows 7やWindows 8.1から10にアップデートしたVAIO type Fや、VAIO Fit 15Aを使っていたんですが、最初からWindows 10が入っているモデルはすんごく調子が良いですね。

パワーのあるプロセッサーのおかげで当初の目的通り4K動画編集もパワフルにこなしてくれています。

☆当店blog 16.4.26「トイストーリー『VAIO S15』セットアップレポート」 
☆当店blog 16.4.17「『トイ・ストーリーVAIO』開梱レポート」  

デザインもお気に入り。ピクサーアニメの「トイ・ストーリー」は1作目から大ファンで公開時に思わず全部買い集めてしまったほど。バズライトイヤーなどは日本での発売前に海外で発売されていたモノを取り寄せています。(今はもう羽根が壊れちゃいましたが)

Core i7搭載にして16GBメモリーにストレージがハイブリッドHDD 1TBは購入できる最上位スペックになります。せっかくのWindows 10モデルなのにタッチパネルをけちってしまったのがどうかな?と、思っていたんですが仕事でもマウス操作だけでWindows 10を使っているので特に問題なし。

アンチグレア液晶+広視野角液晶も自宅ではとても使いやすいです。強いて言えばディスプレイの解像度がもっと高ければ。。。ではありますが、価格も安く購入できましたしね。

で、問題が起こったのは先週の日曜日でした。

DSC00002.jpg

レッドブルエアレース千葉2016を観戦して帰ってきて、写真データの取り込みをはじめたんですが、この日は5,000枚の写真を撮ってきています。さらに4Kハンディカムの動画や4Kアクションカムもあり、これらをVAIO S15に取り込みながらNHKの放送を見ていたんですけど、取り込み途中に寝落ちしてしまう事態に。。。

まぁ、この日は4時半起きでしたしね。

やはりこうした大量データのコピーとかをしようとするとハイブリッドHDDでは時間がかかります。会社で使っているVAIO ZのSSDのスピードに慣れてしまっていると、やはり我慢がならなくなってきます。

全部HDDモデルだったら気にならないところですが、速いマシンを1台もっているとそうなってきちゃうんですよね。

SSDのドライブも安くなってきています。1TBのものが5万円を切るようになってきているので、どこかでハイブリッドHDDをSSDに換装する日はくるだろうな、と、思っていたんですが、もう、思い立ってしまったので、購入から2ヶ月でストレージ換装に挑戦したくなってしまいました。

DSC00003.jpg

が、ちょっと待てよ。お店の展示モデルのVAIO S15がSSDモデルなんです。

VAIO S15のSSDモデルは128GBのSSDを搭載した上に、さらに1TBのハイブリッドHDDも搭載するデュアルストレージ仕様になっています。これを一度はずしてみて、うちのHDDモデルのVAIO S15に搭載できないか、もしもできるならSSDへの換装ではなくSSDを増設することができます。

DSC00004.jpg

ということで、早速、VAIO S15のSSDモデルを分解してみます。分解方法はのちほど詳しく紹介します。まずは上記がSSDモデルです。

DSC00005.jpg

プロセッサーの隣にある、この長方形のボードがSSDです。M.2 SSDという規格のもので昨年から増えているそうです。それの8cmの長さがあるものが使われています。

固定はネジ1本ですので、これを外せばメモリーよりも簡単に外せます。

DSC00006.jpg

続いてHDDモデルのVAIO S15も開腹します。

DSC00007.jpg

当然、SSDは搭載されていませんが、スロットはそのままあります。固定するネジがないのですが、これは別途調達すればなんとかなりそう。

DSC00008.jpg

とりあえずは店頭展示機に入っているSSDをHDDモデルに移して、これで元に戻して起動してみます。

SSDとHDDの両方が起動できる状態で搭載されているとどうなるのか実験。これでSSDから起動してくれたら、もうあとはM.2 SSDを買って装着するだけです。

DSC00009.jpg

起動させてみるとCドライブになっているのは元々ついていたハイブリッドHDDの方でした。後から挿したSSDはDドライブになっています。それでもドライブとしては認識しているので、HDDモデルでもソケットは生きていた、ということになります。

DSC00010.jpg

では、BIOSを起動してストレージの読み込み順の設定を変更すればいいのかな?ということでBIOSを呼び出します。

BIOSの呼び出しはVAIO(株)製VAIOの場合はF3、もしくはF4キーを押しながら電源キーを入れます。

こちらで見るとストレージデバイスの1番が1000GBで2番が128GBという表示。

DSC00011.jpg

で、探してみるのですがこのストレージの順番を指定するオプションが見つかりません。内蔵ストレージとUSBデバイス、光学ドライブなどの起動順を指定するところはみつかるのですが、内蔵ストレージの中で順番を決めるオプションが見つかりませんでした。

と、いうことは、ストレージをフォーマットして最初にインストールしたドライブを最初に読み込む仕様にしていそうです。

ドライブを認識することはできたので、あとはなんとかなりそうです。ということで、ここでM.2 SSDをオーダーしました。

私が購入したのはこちら

私の購入時で価格は18,777円です。512GBのSSDでこの値段!? 256GBだと11,592円です。M.2 SSDってこんなに安いのか。

Transcend SSD M.2 2280 1TB SATA III 6Gb/s TS1TMTS800

Transcend SSD M.2 2280 1TB SATA III 6Gb/s TS1TMTS800

  • 出版社/メーカー: トランセンド・ジャパン
  • メディア: Personal Computers

1TBのM.2 SSDもあり、こちらは45,980円となっています。ちょっと悩んだんですが、システムディスクにそんなに膨大な容量はいらないかな。。。

Cドライブに素材を全て置いて4K動画の編集をして、完成品をDドライブにドンドン置いていく、という使い方をするなら、次にしたいのはハイブリッドHDDを2TBのSSDなどに換装する方が良さそう。

アイネックス 薄型光学ドライブ固定用ミリネジ PB-043

アイネックス 薄型光学ドライブ固定用ミリネジ PB-043

  • 出版社/メーカー: AINEX
  • メディア: Personal Computers

結果的に必要はなかったんですが、M.2 SSDを留めておくネジも買っておきました。こちらはあわせ買い対象商品で158円でした。

DSC00012.jpg

SSDのオーダーをしたらすぐに回復ドライブの作成をします。USB 2.0規格の8GB以上のUSBが必要になるのですが、マイクロUSB端子を搭載するポケットビットSAシリーズが実はUSB 2.0規格なんです。

持ち歩いているデータを一度待避して、これを回復ドライブにします。

DSC00006.jpg

回復ドライブの作成はコントロールパネルから「システムとセキュリティ」>「ファイル履歴」に進み、左枠の「回復」から行います。

DSC00007.jpg

回復ドライブの作成にはやや時間がかかります。作成した回復ドライブはPCのトラブルの時に利用ができますので、そのまま取っておくのが良いと思います。

DSC00013.jpg

翌日、M.2 SSDの500GBモデルが到着しました。さぁ、再びトイストーリーVAIOの開腹です。

DSC00014.jpg

VAIO S15を直前にシャットダウンする際ですが、Windows 10では普通にシャットダウンをしても本当にリセットがかかるわけではないそうです。ハードウェアに変更を加えるなどの際はShiftキーを押しながらシャットダウンする必要があるそうです。

直前の操作でこれを行います。

DSC00015.jpg

完全シャットダウンをしたらバッテリーを外して本体を裏返しにします。

DSC00016.jpg

ストレージやメモリーのフラップを外したら本体中央部にあるネジを外します。これ1本で光学ドライブが固定されていて、ネジを抜くと光学ドライブがそのまま横からすっぽり抜くことができます。

こんな簡単にBDドライブってついているんですね。

DSC00017.jpg

そして、その後は見えているネジを全部外します。HDDストレージも外す必要があり、その下に1本頭がやたら薄いネジがあるので注意。

DSC00020.jpg

メモリー自体は外す必要がないのですが、その下にあるソケットを2本はずします。これはスピーカー出力のようです。

DSC00018.jpg

あとは光学ドライブの側から、ちょっとずつボディをはがしていきます。小さなツメで固定されているのでピキピキと少しずつ慎重にはずします。

ヒンジの部分などは結構硬いのですが、見えているネジが全部外れていれば、ちょっとずつ外していけます。

DSC00019.jpg

こちらが完全に外せたところです。特に難しい作業はないのですが、やたらとネジが多いので、それだけ注意です。

DSC00021.jpg

M.2 SSDをパッケージから出してみたら、あら、固定ネジが入っていました。なんだ、わざわざ別途購入する必要はなかったですね。

DSC00022.jpg

ちなみにネジの様子はこちら。写真左が別途購入したM2×3mmのネジで、写真右が付属のネジです。

ネジの頭の厚みがだいぶ違います。

DSC00023.jpg

こちらは付属のネジをつけてみたところ。別にどこにも干渉するところはないので、これで問題はなさそう。

DSC00024.jpg

ま、でもせっかく買ってしまったので、別売りのネジでつけておこうかな。

DSC00025.jpg

SSDを装着したら元に戻していきます。ボトムを装着するときはファンの排熱側から装着していきます。これらの端子類がしっかりと顔を出すようにスライドさせながらはめていきます。ここはちょっとコツがいるところです。

DSC00026.jpg

最後にハイブリッドHDDを装着する手前で作業は終了。ハイブリッドHDDを装着しない状態でリカバリーします。

DSC00027.jpg

まだ、なにも入っていないSSDで起動しようとすると、ご覧のメッセージが表示されます。ここで「VAIOレスキューモード」を選択します。

DSC00028.jpg

VAIOレスキューモードに入ったら「トラブルシューティング(リカバリー)を開始」を選択します。

DSC00029.jpg

先ほど作成した「回復ドライブ」を挿した上で作業を進めていきます。あとは普通にWindows 10のリカバリー作業をはじめます。

DSC00030.jpg

ドライブから回復の際には、何も入っていないSSDですから「ドライブを完全にクリーンアップする」を選択してすすめて大丈夫。

DSC00031.jpg

リカバリー作業は約1時間ほどかかります。ちょうど1時間経ったところでこんなメッセージが表示されました。

DSC00001.jpg

TPMの初期化をする旨のメッセージなんですが、利用をしていなければ問題なし。下にある「Excute」を選んで次に進みます。

DSC00002.jpg

これでSSDでWindows 10を起動することができました。やはりSSDだとWindowsの再起動も爆速になります。Windows 10でちゃんとしたセットアップをする前に、WindowsをShift+シャットダウンをしてHDDストレージを装着します。

DSC00003.jpg

外しておいたハイブリッドHDDをストレージスロットに装着します。うまく行けば、これでしばらくここのフラップを開けることもなくなります。

さぁ、うまくSSDから起動しますように。。。

DSC00004.jpg

ということで、今度はCドライブが500GBで、Dドライブが1TBになっています。うまくSSDから起動することができるようになりました。

ということで、コツはハイブリッドHDDを装着せずにSSDだけでリカバリーをかけることでした。BIOSに設定項目がなかったときはどうしようかと思ったんですが、今はこういう使い方をするんですね。

DSC00019.jpg

ここまで記事を書いておいて、こういうことを言うのもアレなんですが、VAIO S15のSSD増設、換装は当店、及びメーカーで推奨するものではありません。トラブルの際には当店もメーカーも責任を負えませんので自己責任にて行うことになります。当店でも動作を保証するものではありませんのでご注意ください。

3年ワイド保証付きで購入されている方がほとんどだと思いますので保証が切れた3年後にパワーアップを試してみる、というのであれば良いかもしれません。

特に、トイストーリー20周年記念モデルということで、仕方なくHDD選択でVAIO S15を購入されている方には、こうして後からSSDモデル、しかも容量が128GBよりも大きいストレージを追加できるのは大きなメリットです。

ちなみに今月は私は誕生月で、ロースターか天体望遠鏡を買ってもらうつもりでいたんですが、それがSSDになってしまったというところです。

これを自宅に持ち帰ってすぐにセットアップして、レッドブルエアレースの4K動画の編集を早速、はじめたいと思います。月曜日に完成できるかなぁ。

【追記】

無事にレッドブルエアレースの4K動画編集は完成しました。SSDで作業をするとやはり何をやっても速い!です。

Gallery_disney-s15_s001.jpgパーソナルコンピューターVAIO
(VAIO株式会社製)
VAIO S15
トイストーリーモデル

VJS1511
ストア価格104,800 +税~
  ソニーストア長期保証選択
 ・月額ワイド:月額300円+税~
 ・3年ワイド:6,000円+税~
 ・3年ベーシック:無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
 製品サポートページはこちら
 
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日:2016年4月7日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 ソニーカード決済で3%オフ 3年ベーシック無償
 【期間限定】ソニーストアで1年版/3年版を、それぞれ1ヶ月/3カ月特別延長
テックスタッフ店頭購入特典:
 吉田カバン製PCケース10%オフクーポンプレゼント(~3/31)
 ワイド保証3,000円オフクーポンプレゼント
(~3/31)
 長期保証半額クーポンプレゼント
 
ブラビアティッシュプレゼント
 スプリングフェア店頭購入特典

Disney_mouse_0322.jpgDisneyデザインマウス
CC-MM/W
CC-AL/P
CC-TS/S
ストア価格4,500+税
 メーカー商品情報ページはこちら 
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日:2016年3月29日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 ソニーカード決済で3%オフ
 VAIO S11Disneyキャラクターデザインモデルと同時購入で、3,500円+税

☆当店blog 16.4.17「『トイ・ストーリーVAIO』開梱レポート」 
☆当店blog 16.4.27「トイストーリー『VAIO S15』セットアップレポート」 
☆当店blog 16.3.22「VAIO S15/S11 Disneyデザインモデル天板レポート」 
☆当店blog 16.3.22「VAIO S15/S11 Disneyキャラクターデザインモデル受注開始!」 

☆当店blog 16.2.5「4K動画編集で試す『VAIO S15』開梱レポート」
☆当店blog 16.1.27「新型『VAIO S15』銀座ショールーム展示レポート」 
☆当店blog 16.1.27「VAIOニューモデル3機種発表『VAIO Z』がモデルチェンジ」 

☆当店blog 15.10.31「Windows 10にアップグレードしたVAIOのシステムイメージ作成の話」 
☆当店blog 15.3.7「VAIO(株)製『VAIO Z』のソニー製VAIOとの違い」 

ソニーストア
★ソニーストアのご利用はこちらから


nice!(8)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 8

コメント 12

take hayashi

大変参考になりました。
一つお尋ねしたいのですが、私もS15を使っているのですけれども、ワイド保証の期間内でメモリーの増設をした場合は保証は継続するのでしょうか?
by take hayashi (2017-08-25 11:24) 

店員佐藤

♪take hayashiさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

ソニー時代からそうですが、メモリー増設などをした場合は
増設したメモリーなどは当然保証の対象外になります。
不具合があるときは増設したメモリーを外して修理依頼すれば
保証されます。メモリー増設した時点で保証が効かなくなる
ということはないようです。
by 店員佐藤 (2017-08-25 15:53) 

トト

今年の1月にVAIO S15 SSD128GB搭載モデルにHDD500GBを付けて購入しました。 写真や動画の保存先は2Tの外付けハードディスクを使用してますが、cドライブ(SSD)の空き容量が550MBになってiTunesのバックアップが出来ませんし、Play Memories Homeのアップデートも容量不足により出来ませんでした。
Eドライブ(HDD)の空き容量は450GBあります。 

「VAIO SSD 容量不足」で検索したらここのサイトに導かれました。

ゴミ箱は空だし、cドライブのクリーンアップを行っても全然空き容量は増えません。 何か対処方法はあるのでしょうか?
by トト (2017-08-25 23:45) 

店員佐藤

♪トトさん、こんにちは。
VAIO S15の純正モデルでのSSD 128GBはかなり
容量的に不足します。基本的にはプログラムの
インストールをSSDにしてデータはすべて500GBある
Dドライブにして運用するのが良いと思います。

すでにSSDの容量をいっぱい使ってしまっていると
いうことはデータもCドライブに記録してしまって
いるんだと思います。マイドキュメントなどのデータを
Dドライブに移してはいかがでしょうか?

「設定」>「システム」>「ストレージ」>
「新しいコンテンツの保存先を変更する」の項目に
音楽データ、動画データ、写真データなどの保存ドライブを
指定する項目があるので、これらをDドライブに指定する
というのもおすすめです。
by 店員佐藤 (2017-08-27 16:28) 

トト

「VAIO SSD 容量不足」の続きですみません。

「設定」>「システム」>「ストレージ」>
「新しいコンテンツの保存先を変更する」の項目は全てEドライブに変更済みでした。

Cドライブにあるファイル 
perflogs        0バイト
program file     2.63GB
program file(x86) 5.33GB
Windows       16.9GB
ユーザー        89.6GB  

です。
こう見るとWindowsとユーザーというファイルが容量を占領してます。
これをEドライブにするにはどうしたらいいのでしょうか?
by トト (2017-08-31 22:41) 

店員佐藤

♪トトさん、こんにちは。
ユーザーフォルダにずいぶんデータがたくさん
ありますね。ユーザーフォルダの中をのぞいて
なんのデータが多いのか割り出して、それで
データを整理されるとよいと思います。

OneDriveに大量のデータを置いている場合は
それが圧迫している原因かもしれませんね。
by 店員佐藤 (2017-09-02 14:26) 

ぴーしゃん

とても参考になるレポート拝見しました。

M2 SSDは3.7Vのタイプと最近のは5Vのタイプがありますが、S15は3.7Vのタイプを購入されたのですか?



by ぴーしゃん (2017-09-13 22:27) 

店員佐藤

♪ぴーしゃんさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

私が購入したM.2 SSDは3.3Vのものです。

現在は後継のMX300というものが登場していて
3.5万円ほどで1TBのものが買えるようです。
http://amzn.to/2wegGwH

512GBからアップグレードしようかと思案中です♪
by 店員佐藤 (2017-09-15 12:45) 

ぴーしゃん

返信ありがとうございます。
すみません、3.3Vと5Vでした。
実は後継のMX300を購入しようとしていましたが、275GBは5Vでしたのでやめました。

少し古いタイプですが、起動用に純正の2倍程度の
Samsung SSD 250GB 850 EVO M.2ベーシックキット Type2280
を今週末に入れてみようと思います。









by ぴーしゃん (2017-09-16 04:58) 

店員佐藤

♪ぴーしゃんさん、こんにちは。
今週には新型のVAIO S15の出荷が始まります。
こちらはメンテナンスフラップもつきましたので
M.2 SSDの交換も手軽になっています。

こちらでは第3世代ハイスピードプロSSDとのスピード比較を
してみます。
by 店員佐藤 (2017-09-26 16:33) 

ぴーしゃん

こんにちは。
とてもお世話になりました。

起動ドライブにSSD 250GB入れて、起動も終了も10秒以下で快適なVAIO君になりました。
Dドライブはハイブリット1TBですが、認識してくれたのでそのままフォーマットせずにデータ保存用で使ってます。

*新型VAIOの第3世代ハイスピードプロSSD
 とても気になりますね。
 









by ぴーしゃん (2017-10-17 19:36) 

店員佐藤

♪ぴーしゃんさん、こんにちは。
新型VAIO S15に当店店頭モデルも
入れ替わりました。第3世代ハイスピードプロSSDですが
ベンチマークをかけると本当に5倍くらいのスコアを
出します。

実際の再起動のスピードなどはそれほど変わらないのですが
動画編集などの際には差が出そうです。
by 店員佐藤 (2017-10-17 20:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ