レコード vs ハイレゾ vs CD試聴対決:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

レコード vs ハイレゾ vs CD試聴対決 [┣ Walkman & Audio]

DSC00001.jpg

こんにちは、店員佐藤です。

今日は新発売の「PS-HX500」によるレコード試聴会ということで1日レコードを流しまくる一日でした。ご来店いただいた皆様、おつきあいいただきありがとうございました。

 

DSC00005.jpg

まだ、レコードから取り込んでいる曲が少なく、イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」によるハイレゾとCD、そしてレコード録音の聞き比べをしていただくのと、以前、VAIOのSonicStage Mastering Studioで作成した音楽CD音源のDSDファイルと、レコード音源のDSDファイルの聞き比べくらいしかできないんですが、たった、これだけのものでもアナログレコードのすごさがわかってしまうんです。

やや音楽CDよりも遙かに情報量の多いアナログレコードの良さを私も今さらながら味わっています。

昔、レコードからCDに切り替わったときは、まだ、この情報量を鳴らせる再生機器が高くて充分に味わえなかったところが、現在は手軽にハイレゾ対応機器が買えるようになり、この音の違いを簡単に聞き分けることができるようになったんでしょうね。

ご来店いただき試聴いただいたお客様全員からレコードの音質に大絶賛でした。

DSC00003.jpg

当店で用意しているレコードはヤフオクで買いそろえたものです。10枚組で500円とか、そういうのを落札してサザン初期のレコードを集めたんですが、抱き合わせで揃ったアルバムが実はいっぱいあるんです。

杏里のレコードをみて「あ、これ私持ってた!」という方がいらしたり、70年~80年代に青春時代を過ごした方は昔に戻った感覚を味わっていただいています。

DSC00004.jpg

レコードをお持ちのお客様はお越しになりませんでしたが、当店のアルバムライブラリーからリクエストいただき、お好きなレコードをその場で再生、録音するデモを行ってます。

DSC00002.jpg

レコードの扱いをご存じない方もいらっしゃるので、こうした中古レコードの洗浄方法なども店頭で挑戦していただいています。

なんせ、買い方を工夫すればたった1枚50円で揃う高音質音源です。アナログレコードは宝の山ですよ。

DSC00006.jpg

さて、当店で用意しているイーグルスのホテルカリフォルニアで、一部、等間隔でノイズが発生しているのを皆さんお聞きになっていると思います。レコードについている、この小さなキズが原因で、これがプツ。。。プツ。。。という音を出してしまいます。

ソフトウェアでこれは取ることができますよ、という案内をしていましたが、私が利用しているソフトはこれです。

DSC00007.jpg

「Audacity」というソフトウェアで窓の杜にて無料でダウンロード、インストールすることができます。

たくさんの機能がありますが、クラックルノイズを取るだけでしたらこれを使って手動で消せます。

DSC00008.jpg

マウスのスクロールホイール+CTRLボタンで波形の拡大縮小ができます。これで波形を見ながら、ご覧の様にピョコンと飛び出ている部分を探して、これをドラッグしてくくります。

DSC00009.jpg

「エフェクト」>「修復」を使うと、これだけで不自然だった波形から飛び出ている部分が消されて、プツっという音は消せます。

それ以外にも左右の音のバランスが崩れているようであればセンターを直したり、全体に低い音圧になりがちなPS-HX500から取り込んだハイレゾ音源ですが、ボリュームを上げたりしてバランスを取って出力することができます。

192kHz、24ビットのWAVファイルから、サイズの小さなFLACファイルへの変換もできます。これがフリーソフトで利用できるというのはすごい。

DSC00010.jpg

周波数解析という機能もあったので、試してみるとご覧の様な周波数分布になっていました。これを見るとアナログのレコードですがCDを超える24,000Hzくらいまでのデータが記録されていて、しっかりとハイレゾファイルに収録されていることが分かります。

 

ということで、レコードのキズについてはフリーソフトで全部取れますので、気長にこれで頑張って完璧なアナログレコードライブラリーをデジタルで残しましょう!(作業にはかなり時間と根気が必要になります)

あとはレコード独特の無音状態の時に聞こえるボコボコした音を取りたいんですが、それはまた、別のソフトウェアを使って挑戦してみます。成功したらまたレポートします。

来週の4月23日にも、もう一度「PS-HX500」の試聴会をしたいと思います。平日もご案内をしていますので、ハイレゾファンの皆様、是非、体験してみてください。

 

 

PS-HX500.jpgステレオレコードプレーヤー
PS-HX500
ストア価格54,880 +税
  ソニーストア長期保証選択
 ・5年ワイド:6,000円+税
 ・3年ワイド:3,000円+税
 ・5年ベーシック:3,000円+税
 ・3年ベーシック:無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
 製品サポートページはこちら
 
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日:2016年4月16日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 提携カード決済で3%オフ 3年ベーシック無償
テックスタッフ店頭購入特典:
 長期保証半額クーポン 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中

 

☆当店blog 16.4.14「レコードをハイレゾで録音!『PS-HX500』開梱レポート」 
☆当店blog 16.3.30「『PS-HX500』供給不足のお知らせ」 
☆当店blog 16.3.17「ショールーム『PS-HX500』展示レポート」
 
☆当店blog 16.3.16「アナログレコードの再生と、アナログレコードの音をハイレゾで録音できるレコードプレーヤー『PS-HX500』新発売」 

 

468_60.gif
★ソニーストアのご利用はこちらから

 


nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 13

コメント 4

かつお

サザンですね!
うちには「熱い胸さわぎ」から「KAMAKURA」までがアナログ盤で
ありますよ。
これは聞き比べたいですねぇ。
by かつお (2016-04-17 17:05) 

aNNy

私は大絶賛(絶賛も)などしておりませんので、カウントに入っていたら抜いといてくださいね。
アナログレコードが見直されるのは良いのですがw
by aNNy (2016-04-17 18:04) 

店員佐藤

♪かつおさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

状態の良さそうなレコードをお持ちに
なってそうですね。是非、数枚お持ち込みに
なってみてください。

シングルで「ボディスペシャルII」も買ってきました♪
by 店員佐藤 (2016-04-19 11:19) 

店員佐藤

♪aNNyさん、こんにちは。
ご来店ありがとうございました。
aNNyさんはサイバーショットの件でお越しに
なっていたんですよね。

おつきあいいただきありがとうございました。
by 店員佐藤 (2016-04-19 11:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ