銀座ソニービルショールーム『DSC-RX10M3』展示レポート:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

銀座ソニービルショールーム『DSC-RX10M3』展示レポート [┣ サイバーショット]

DSC00001.jpg

こんにちは、店員佐藤です。

本日発表のサイバーショット「DSC-RX10M3」も今日から銀座ソニービルショールームで展示スタートしています。

こちらも早速、触らせていただいてきました。

 

DSC00002.jpg

展示は2.5Fのサイバーショット・ハンディカムフロアです。ここのフロアのアリーナというか一番良い場所にいつも新製品が展示されています。

展示機は1台のみ。F2.8通しの24-200mmレンズ搭載「DSC-RX10M2」もすぐ近くに展示があるので比較するのにちょうど良さそうです。

DSC00003.jpg

展示モデルのワイヤーをちょっとだけ伸ばして、RX10M2とサイズ比較。写真左がRX10M3で写真右がRX10M2です。

重量は300g違うのとレンズ径が一回り大きくなっているのですが、デザインがそっくりなもので、こうして並べて見てみても違いがわかりにくいですね。

よく見ると右肩の上面液晶部分のボタンが増えていたりしてボディは共通ではなく、別物になっていることがわかります。

DSC00004.jpg

サイズ感がわかるようにあえて、RX100M4と並べて見てみます。↑こちらがRX10M2です。

DSC00005.jpg

こちらがRX10M3です。こうして見ると全体が一皮大きくなっている感じがわかるでしょうか?

DSC00006.jpg

メモリースロットに留め具はないのですが、こちらのモデルはまだ最終仕様ではないため、撮影データの持ち帰りはお断りするそうです。展示モデルにメモリーカードが入っていないのでハイフレームレート撮影の試し撮り再生などもできません。

DSC00007.jpg

電源を入れるとにょきっとレンズが伸びます。広角側の24mmでこのサイズ。電源をオフにするとレンズは完全に収納されますが、撮影時に完全収納になることはありません。持ち歩き時には折りたたまれていて撮影時に伸長するというのは、ネイチャー撮影などで機材をコンパクトにして運びたい、という欲求からは非常にありがたい仕様。

DSC00008.jpg

テレ側いっぱいの600mmにするとここまでレンズは伸びます。なるほど、これはすごいサイズ、というか、そうですよね、600mmの超望遠レンズなんですからこれくらいの長さが本来は必要なんです。半分くらいのサイズに小さくして持ち運べると考えると多少ボディが大きくなったくらい。。。

DSC00009.jpg

なお、ズームはデジタル一眼"α"のズームレンズみたいにリングの操作とリニアではありません。電動ズームになっていてズームリングを回しても電動で動作します。

シャッターボタンのところにもズームレバーがあり、動画撮影時のズーム操作などはこれを利用すると安定して撮れそうです。

DSC00010.jpg

さて、作例の持ち帰りができないのでメニューなどの操作画面をチェック。

デジタル一眼カメラの"α6300"では、スポットフォーカスを撮影時に常時動かすことができるようになりました。今や"α"と共通のUIになっているサイバーショットRXシリーズですので、世代的に一番新しい機能としてRX10M3にも搭載されているかな?と、思って試してみましたが、それは搭載されていないようです。

DSC00011.jpg

昨年発売の"α7R2"や"α7S2"で実現したRAW撮影時の非圧縮記録なども項目はなし。あれはやっぱり40万円級モデルだけの特権みたいです。

DSC00012.jpg

この「ズームアシスト範囲」というのははじめてみました。これ、なんの設定をするものなのか分からずに帰ってきたんですが、後で調べてみたところ、ピント拡大をしているときの拡大エリアを表示する部分の範囲表示を変更するものだそうです。

DSC00013.jpg

これも私ははじめて見た機能。ピント拡大の初期倍率でDMFなどピント拡大をするときの設定を変更できるみたいです。ここでは「x1」と「x5.3」が選べる様になっています。

DSC00014.jpg

他にもズームスピードの設定ができたり。。。

DSC00015.jpg

レンズリングの位置の設定や操作方向についてもカスタマイズが可能。

DSC00016.jpg

「リングのズーム機能」というのはRX100シリーズにもあり「ステップ」にすると24mm、35mm、50mm、85mmという一眼カメラでよくありがちな単焦点レンズの焦点距離にすっと動いてくれるモード。スタンダードは無限段でマニュアル風に使えます。

いざ使ってみると24-600mmという25倍ものズーム域があるためスタンダードではかなりかったるい感じになります。ワイドからテレ端までガンガン使う!という方はクイックにすべしです。

DSC00017.jpg

「HFR」はハイフレームレート撮影のこと。昨年夏発売のRX100M4とRX10M2から搭載された新機能ですが、RX10M3にも搭載されています。通常は1秒間に30コマの動画を撮影しますがハイフレームレートでは1秒間に240コマ、480コマ、960コマでの撮影を行います。

センサーの読み出しをそれだけ超高速に行うためセンサーを読み出す範囲を制限します。240コマ撮影時のワイド端が上記の画角になります。

DSC00018.jpg

960fpsに設定するとやや画角が狭まります。これはこういうものなんです。

DSC00019.jpg

こちらは25倍ズーム600mm相当にしたときの240fpsの画角です。

DSC00020.jpg

960fpsではさらに画角が狭まりこれくらいのサイズになります。

しかし600mmの超望遠でハイフレームレートが使えるのはすごいなぁ。野鳥撮影の超強力な武器になりそうです。

DSC00021.jpg

超スローモーションでの撮影になるため多少手振れしていても、その動き自体が超ゆっくりになるため全然、手振れは気にならなくなります。なので600mmの超望遠で動画撮影なんてできるの!?という心配はまったく必要なし。

ちなみに手振れ補正もこのカメラはかなり強力に使えます。

600mmの超望遠に加えて、ハイフレームレート撮影、4K動画撮影ができるカメラが166,880円ってすごい安く感じます。

これがあればレンズを買い足す必要もないし、屋外でレンズ交換をする必要もないし、単体でこれ1台あればなんでも撮れるんです。うーん、いいなぁ、これ。

DSC00022.jpg

ジャケットケース「LCJ-RXJ」も一緒に展示されています。こうしてケースを外から見るとかなりでかいカメラって思えますが、"α"をケースに入れてもこれくらいのサイズにはなりますからね。

DSC00023.jpg

使い方としてはこうして背中側を開いて、そこに頭からカメラを入れて、マグネット付きのフラップで閉じる、ということをします。

メーカー純正の専用ケースだけにピッタリ収まるし、他にこれに合いそうなサイズのケースを見つけるのも難しそうだし、これは一緒に購入しておいた方が良いんでしょうね。

DSC00024.jpg

以上「DSC-RX10M3」の展示モデルのレポートでした。撮影データの持ち帰りはできませんが、これだけレンズ操作についての新機能が搭載されています。

発売日までは展示されている場所が銀座ソニービルショールームとソニーストア直営店のみとなります。銀座までお越しいただいて試す価値ありですよ。

 

DSC-RX10M3.jpgデジタルスチルカメラ
DSC-RX10M3
ストア価格166,880 +税
 ソニーストア長期保証選択
 ・5年ワイド:17,000円+税
 ・3年ワイド:
9,000円+税
 ・5年ベーシック:9,000円+税
 ・3年ベーシック:無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
 
製品サポートページはこちら 
ソニーストアでのお買物はこちらから
発売日:2016年5月20日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 提携決済で3%オフ 3年ベーシック無償
テックスタッフ店頭購入特典:
 長期保証半額クーポン 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中

☆当店blog 16.4.8「24-600mmズーム搭載サイバーショット『DSC-RX10M3』登場」 

DSC00001.jpg 
☆ソニープレスリリース『新開発24-600mm高倍率ズームレンズ搭載で、広角から超望遠まで高画質な撮影を実現するRXシリーズ『RX10 Ⅲ』発売』

 

DSC00001.jpg
☆ドコモ『毎週おトクなd曜日 土曜日はdポイント5倍キャンペーン』のご案内はこちらから

 

DSC00017.jpg

 
ソニーストアお買い物券
(500円分)

COUPON-500
 
ストア価格500
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日:2016年2月15日

☆当店blog 16.2.15「ソニーストア『お買い物券』販売開始のご案内」 

 


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 6

コメント 4

aNNy

「ズームアシスト範囲」はピント拡大をしているときの拡大エリアの範囲調整では無く、ズームアシストを使ったときのズームアウトの範囲を設定するものだと思います。600mmで狙っていてズームアシストを使ったら24mmまでズームアウトしたらやりすぎですよね。

テレマクロとマニュアルの扱いやすさを重視している私はM2からの買い替えはほぼ決定です。ただ重さがちょっと気になるので銀座までまた遊びに行こうかなと思ってます。
by aNNy (2016-04-08 22:02) 

店員佐藤

♪aNNyさん、こんにちは。
コメントとご検討ありがとうございます。

その場でズームアシストの機能を試してこなかったので
私も具体的なイメージが分からずにいます。
また、実機を触らせてもらう機会を作って
機能紹介をできるようにします。

光学25倍にもなると、こうしたズーム機能の調整項目は
細かく用意されているんですね。
by 店員佐藤 (2016-04-10 20:36) 

aNNy

ズームアシストは例えば600mmで被写体を追っていた時に見失ったとします。600mmのまま探すのは大変ですが、あらかじめ設定しておいたカスタムボタンを押している間ズームアウトします(例えば150mmとか)その状態で被写体を見つけ、フレーミングしてボタンを離すと600mmにズームインします。
電動ズームであることを利用した機能と言えますね
「ズームアシスト範囲」はその辺の調整用だと思います
by aNNy (2016-04-11 00:51) 

店員佐藤

♪aNNyさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

なるほどなるほど、高倍率ズーム機で
電動ズームならではの機能なんですね。
勉強になりました。
by 店員佐藤 (2016-04-14 10:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ