VAIOニューモデル3機種発表『VAIO Z』がモデルチェンジ:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

VAIOニューモデル3機種発表『VAIO Z』がモデルチェンジ [┣ VAIO]

DSC00006.jpg

こんにちは、店員佐藤です。

VAIO(株)より新型モデルの発表がありました。今回ニューモデルとして登場したのは3機種で「VAIO Z」「VAIO S13」「VAIO S15」になります。

どんなところが新しいのか2分でわかるご案内です。

 

DSC00001.jpg

今回のモデルチェンジでラインナップの整理が行われ、いよいよソニー時代のVAIOのラインナップからVAIO(株)のラインナップに切り替わってきた感じ。

高性能フラッグシップシリーズとしてハイエンドモデルを揃えた「Z Line」シリーズと、メインストリームラインとしての「S Line」シリーズになります。

今回発表された「VAIO Z」はZ Lineモデルの機種。2015年モデルの「VAIO Z」のマイナーモデルチェンジとなるのですが大きな変更点があります。クラムシェルモデルが登場しました。

DSC00002.jpg

従来のフリップスタイルモデルに加えて、折りたたみ展開をしない通常のノートPCスタイルのクラムシェルモデルが用意されます。フルHDパネルの用意と4GBメモリーの選択も加えたため、このクラムシェルモデルはなんと通常モデルよりも43,000円も安く購入が可能。

ハイエンドPCのVAIO Zを156,800円で購入することができるようになりました。クラムシェルモデルのVAIO Zの特徴は下記の通り

  • スタミナ最大27時間駆動(従来比+12時間)
  • 軽量1.17kg(-180g)
  • 販売価格156,800円~(-43,000円)

プロセッサーは通常のスリムノートで採用される超低電圧版TDP15Wではなく、TDP28WのパワフルなCPUを採用。第5世代Core iプロセッサーから第6世代のSkyllake世代に進化しています。グラフィック性能も先代のVAIO Zに比較して50%以上アップした、となってます。

高速SSDもさらに世代進化しNVMeに対応したPCIe Gen3. SSDを採用。先代Zに比べてランダムアクセスのパフォーマンスは2倍以上のスコアとなります。

指紋がつきにくいキートップの新塗装はVAIO S11で先に採用されていますが、本来はこのVAIO Zのために開発されたものだったとか。パームリジェクションの質の向上も実現。こちらもVAIO S11で搭載されていますが、手の平には反応せず、指のタッチのみを見分ける技術はVAIO Zにも採用されています。

フリップスタイルモデルの進化もあり、ペン入力時には新たに下敷き機能が搭載され、手の平をおいてもペンでタッチしても反応しないエリアを自分で設定できるようになるので、より紙に近い間隔での操作が可能。Z Canvasに搭載されている「VAIO ショートカットキー」も新たに搭載されます。

DSC00003.jpg

そして、注目のスペシャルアイテムはこちらの「ダブルアルマイト仕様」です。Core i7+16GBメモリーを搭載したときにのみ選択が可能なオプションが用意され、天板のVAIOロゴのダイヤモンドカットをVAIOの勝ち色カラーに加工したモデルが選べます。

ハイエンドモデルの最上位チューンをしたモデルにだけ使われるVAIOロゴです。

DSC00005.jpg

そして、数量限定で用意されるのが「無刻印キーボード」です。キートップにはなんの印字もなく、完全にタッチタイピングをマスターしている人だけが使えるPC。バックライトキーボードも搭載されていますが印字が浮き上がってくるギミックはなく、単にキーの形が綺麗に浮き上がるだけ。

使う人を選ぶスーパーモデルにできます。(私にはとても無理。)

DSC00004.jpg

初回購入特典として、VAIO Zの基板で作ったドッグタグ仕様のアクセサリーチャームがプレゼントされます。このチャームも長野・安曇野にあるVAIO本社内で作られたものになるとのこと。

新型VAIO Zは2月16日からソニーストアにて予約販売を開始します。

DSC00001.jpg
☆ソニーストア ビジネスモバイルマスターピース『VAIO Z』のご案内はこちらから

z_003.jpgパーソナルコンピューターVAIO
(VAIO株式会社製)
VAIO Z
クラムシェルモデル
ストア価格156,800+税~
 メーカー商品情報ページはこちら 
 製品サポートページはこちら
 
2月16日9時
受注開始予定

発売日:2016年2月16日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 ソニーカード決済で3%オフ 3年ベーシック無償
 初回購入特典:Z ENGINE 基板アクセサリープレゼント(先着順)
テックスタッフ店頭購入特典:
 吉田カバン製PCケース10%オフクーポンプレゼント(~3/31)
 ワイド保証3,000円オフクーポンプレゼント
(~3/31)
 長期保証半額クーポンプレゼント
 
ブラビアティッシュプレゼント

z_014.jpgパーソナルコンピューターVAIO
(VAIO株式会社製)

VAIO Z
フリップモデル
ストア価格199,800+税~
 メーカー商品情報ページはこちら 
 製品サポートページはこちら
 
2月16日9時
受注開始予定

発売日:2016年2月16日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 ソニーカード決済で3%オフ 3年ベーシック無償
 初回購入特典:Z ENGINE 基板アクセサリープレゼント(先着順)
テックスタッフ店頭購入特典:
 吉田カバン製PCケース10%オフクーポンプレゼント(~3/31)
 ワイド保証3,000円オフクーポンプレゼント
(~3/31)
 長期保証半額クーポンプレゼント
 
ブラビアティッシュプレゼント

☆当店blog 15.3.7「VAIO(株)製『VAIO Z』のソニー製VAIOとの違い」 
☆当店blog 15.2.18「モンスターPC『VAIO Z』開梱&セッティングレポート」 
※当店の展示機の開梱とセッティングの様子です
☆当店blog 15.2.16「VAIO(株)製『VAIO Z』&『VAIO Z Canvas』発表」 

 

 

DSC00009.jpg

メインストリームの「VAIO S13」は2015年モデルの「VAIO Pro 13 mk2」からのマイナーモデルチェンジになります。

  • プロセッサーが第5世代→第6世代Skylakeへ
    CPU性能で約19%、グラフィックで約31%向上(Core i7比較)
  • 第2世代ハイスピードSSDと搭載可能
  • S line共通色シルバーモデルの登場

剛性を上げた信頼性の高いボディ構造はそのまま継承。タッチパッドの2分割クリックボタンもそのまま。S11シリーズで搭載されたUSB type C端子は搭載を見送られていますが、これは企業ニーズが多いこのモデルならではの事情もあり、できる限り外観を変更しないように求めらる事から、今回は搭載を見送っているそうです。

USB type Cの搭載により、従来からあるUSB端子をひとつ減らさないといけない、というのが企業ニーズでは難しいみたいですね。

S line共通色のシルバーカラーはS11のシルバーと同色のモデルを指します。暗いところでやや青みがかった色がでるようにチューニングしたカラーで、これもVAIOの勝ち色カラーをイメージしたモノ。

マイナーチェンジモデルではありますが、VAIOらしく進化をしています。

ソニーストアでは本日より販売を開始し、最短で2月5日のお届け目安となります。

VJS1311.jpgパーソナルコンピューターVAIO
(VAIO株式会社製)
VAIO S13
VJS1311
ストア価格114,800+税~
  ソニーストア長期保証選択
 ・月額ワイド:月額300円+税~
 ・3年ワイド:8,000円+税~
 ・3年ベーシック:無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
 製品サポートページはこちら
 
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日:2016年2月5日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 ソニーカード決済で3%オフ 3年ベーシック無償
テックスタッフ店頭購入特典:
 吉田カバン製PCケース10%オフクーポンプレゼント(~3/31)
 ワイド保証3,000円オフクーポンプレゼント
(~3/31)
 長期保証半額クーポンプレゼント
 
ブラビアティッシュプレゼント

 

 

DSC00010.jpg

「VAIO Fit 15E mk2」からのマイナーモデルチェンジをしたのが「VAIO S15」になります。先代のFit 15E mk2シリーズからの進化は下記のポイントになります。

  • プロセッサーが第4世代→標準電圧版Hプロセッサー第6世代に進化
    Core i5以上でQuad Coreプロセッサー
  • 1TBハイブリッドHDDやSSDの搭載選択が可能に
  • DDR4メモリーを採用
  • 802.11ac対応
  • S line共通色シルバーを選択可能
  • HDMI端子4K出力可能

非常に変更点の大きいのがVAIO S15シリーズになります。なんと、プロセッサーに標準電圧版のHプロセッサーを搭載。現在、標準電圧版のプロセッサーを搭載しているノートPCってVAIO Z Canvasくらいじゃないでしょうか? すごいパワフルなオールインワンノートに生まれ変わりました。

従来モデルではオールインワンのベーシックモデルという印象が強かったのですが、SSDやハイブリッドHDDを搭載可能にするなど、搭載ストレージもハイエンドPCに振ったモデルとなっています。(従来はHDDのみ)

私が自宅で使っているPCはソニー製VAIOのラストモデルだった「VAIO Fit 15A」のオーバーフルHDモデルなんですが、だんだん距離が縮まってきているような。ソニー時代のFit 15Eが進化してFit 15Aシリーズになってきたようです。光学ドライブを内蔵しているのも便利なんですよね。(音楽CDのリッピングにしか使わないんですが)

もっとも安価なCeleronプロセッサー搭載モデルはVAIO S15にはなく、従来のVAIO Fit 15Eシリーズとして継続販売されます。高性能オールインワンPCとしてお求めいただけます。

ソニーストアでは本日より販売開始で2月5日より出荷が始まります。

VJS1511.jpgパーソナルコンピューターVAIO
(VAIO株式会社製)
VAIO S15
VJS1511
ストア価格89,800+税~
  ソニーストア長期保証選択
 ・月額ワイド:月額300円+税~
 ・3年ワイド:6,000円+税~
 ・3年ベーシック:無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
 製品サポートページはこちら
 
ソニーストアのご利用はこちらから
発売日:2016年2月5日
ソニーストア購入特典: 
 送料無料 ソニーカード決済で3%オフ 3年ベーシック無償
 同時購入でキーボードウエア「CC-JNKBV17」が1,000円お得
 
時購入でPCアクセサリーが500円お得
テックスタッフ店頭購入特典:
 吉田カバン製PCケース10%オフクーポンプレゼント(~3/31)
 ワイド保証3,000円オフクーポンプレゼント
(~3/31)
 長期保証半額クーポンプレゼント
 
ブラビアティッシュプレゼント


 

DSC00002.jpg

それと、ソニーストアでのVAIOのサポート体制が今日から変更になります。従来は「ホームネットワークアシストプラン」というソニーがネットワーク全体をサポートするメニューを用意していましたが、こちらが今日からサービス変更をします。

従来、VAIOには3ヶ月の体験版が無料で付属してソニーのサポート窓口が3ヶ月間サポートしていましたが、新型モデルからは通常のメーカーサポートをVAIO(株)が行うことになります。

DSC00001.jpg

それにあわせて、修理時の代替モデル提供などのサービスが細かくサービスとして設定されます。購入時にサポート項目を自分で選んで申し込みをすることになります。3年ワイド無料クーポンの適用は、これらのサポート項目まではカバーをしませんのでご注意ください。

★ソニーストア ホームネットワークアシストプランのご案内はこちらから

 

DSC00005.jpg

なお、新橋に店舗がある当店店頭でも今日からVAIOのオーダーを受け付けています。当店の店頭からオーダーいただくとVAIO本体の同時購入時に吉田カバンケースを10%割引にすることができるクーポンをプレゼント。また3年ワイド保証を半額にし、さらに3,000円お値引きするクーポンも提供させていただいています。
※吉田カバン10%オフクーポンとワイド保証3000円引きクーポンのプレゼントは3月31までの期間限定特典となります。

VAIOのご注文も是非、当店店頭をご利用ください。

 

☆当店店舗のご案内はこちらから 
☆ソニーストア・直営店をご利用のお客様へのお願い 

☆αレンズ体験レンタルサービスのご案内はこちらから New

 当店店舗「ソニーショップ テックスタッフ」の住所はこちら
 東京都港区新橋5-12-6 ヴェルディ新橋1F
 電話番号:03-6809-1868

 営業時間:11~20時
 定休日:毎週日・月曜および祝祭日

 

駅.jpg

 

ソニーストア
★ソニーストアのご利用はこちらから

 


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。