DSC-RX100M4で撮る富士登山:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

DSC-RX100M4で撮る富士登山 [★店員佐藤の写真日記]

DSC00001.jpg

こんにちは、店員佐藤です。

夏休みをとらせていただいています。初日の日曜日は今年2回目の富士山に。今回は山頂を目指して準備をしてきました。山頂目指して行ってきます。

 

DSC00002.jpg

富士山には4つの登山ルートがあり、一番人気があるのが山梨県側にある「吉田口」からの登山になります。五合目にたくさんのお土産屋さんがある、あの有名な風景は吉田口のもの。

今回は「富士宮口」からの登山にしました。静岡県側からの登山ルートで、このルートが一番五合目の標高が高く、山頂までの距離も一番短いんです。山頂に2回行ったことがあるんですが2回目はこの富士宮口からの登山でした。

富士登山の最初から妻と山頂を目指したかったんですが、今回、ようやく本人がその気になり、一番楽に登れそうなルートで攻めてみよう、ことでこちらのルートを選択。

マイカー規制があるのは一緒で、今回は水ヶ塚公園というところに自家用車で行き、1,000円で駐車。ここから五合目まで往復1,500円のバスに乗って移動します。

DSC00003.jpg

山梨側で前回来たときに富士山の保全協力金を支払っているので、今回は前回のバッジを持って行けば払わなくてもいいかな?と、思っていたら山梨側と静岡側では別の協力金体制になっているようです。

今回もバスの搭乗前に1,000円の協力金をお支払いしてきました。

DSC00004.jpg

協力金を支払うとバッジがもらえるんですが、わーい、これで山梨側と静岡側の2つのバッジが揃いました。

DSC00005.jpg

こちらが富士宮口の五合目です。吉田口と違ってこちらは地味な売店がひとつあるだけです。吉田口が7割で富士宮が2割くらいの登山者数という話を聞いたことがあります。

確かにこちらはガラガラです。

DSC00006.jpg

これは朝の気温ですかね。五合目の気温が14度となっていますが日差しも強く朝の7時時点で20度くらいはあるような。

体を高度に慣らすため、ここで1時間休憩します。

さて、今回はデジタル一眼"α"を置いてきました。今日は買ったばかりのサイバーショット「DSC-RX100M4」だけしかもってきていません。

その代わりにリュックに入っているのがこちら。

DSC00007.jpg

手前のコーンポタージュは五合目売店で買ったものになりますが、それ以外の9本のペットボトルが今回の装備品。8年前になりますが、前回の富士登山の時に飲み干したのが7本のペットボトルだったんですが、今回は6本+妻の3本で合計9本。これで足りない分は山小屋で1本500円で買うことになります。

9本持ってきたので、これで3000円の節約です。登っていくウチにこれがドンドンなくなっていってリュックが軽くなっていくのも嬉しいんです。

DSC00008.jpg

体が順応に必要な1時間を待って、朝8時に五合目を出発。今回は上高地キャンプの時に担当セールス稲永さんに教えてもらったジャンピングフォトで記念写真。

DSC00009.jpg

あちこちでジャンプするんですがリュックを背負ったままだときついなぁ。

6合目までは約20分、富士宮ルートはここからが長くなります。

DSC00011.jpg

新7合目まで60分。ここが一番間が長く、また吉田口と比べて山小屋の数は半分以下。小屋ごとに休憩するのではなく、自分のタイミングで休憩ポイントを作って行きます。

DSC00010.jpg

五合目から見えている、山頂かと思っていた山小屋が7合目。富士宮口は7合目が2カ所あるんです。

DSC00001.jpg

8合目付近にやや岩場風のところがありますが吉田ルートほどではありません。富士宮ルートはほとんどが砂利道で登りやすいのも特長。

DSC00002.jpg

吉田ルートは森を歩き、岩場を歩き、砂利道を歩き、とバリエーションがあるんですが、こちらは登っても登っても同じ景色。

ただ、気がつけば下界の景色が変わっていき、8合目から上はずーっと雲海の上を歩けました。

DSC00003.jpg

カメラを向けると、こんなポーズを取るので、妻も元気。心配していた高山病はこのときまではなさそう。貧血気味なので酸素が薄くなるのを心配していたんですが、私の方がきついくらいでした。

DSC00012.jpg

9合目まで順調~。雲海越えのハイジャンプ!

DSC00013.jpg

9合五勺です。ここから山頂までは約30分。もう登頂できたも同然です。

DSC00004.jpg

しかし、この30分の間に3回モノ休憩を取ってしまいます。ここまで大きな休憩無しで登ってきていて体力的にきつくなってきているのと、やはり空気が薄いんです。息が切れるのでそのたびに休みながら登っていきます。ゴールの山小屋はもう目の前に見えているんですけどね。

DSC00014.jpg

予定よりちょっと遅く14時10分に山頂に到着。おめでとー。富士山を制覇しました。

本人曰く、思ったよりも楽だったとのこと。私よりも楽に登っているように見えます。

DSC00016.jpg

本当の山頂である剣が峰まで登るつもりだったのですが、登ってしまうと体力消耗と同時に帰路につく時間も遅くなってしまい日没までに降りることができるかどうかわからなくなりそうなので、ここでジャンプ写真を撮って、これで登頂したことにしました。

達成感はあるんですが。。。

DSC00017.jpg

富士山山頂は14時であちこちの小屋、売店が営業を終了します。山頂郵便局から手紙を出すつもりでいたんですが、ギリギリ間に合いませんでした。

山頂で昼食を食べさせてもらうつもりだったんですが、売店の営業も終わってしまっていたため、持ってきた補給食だけを口にして下山します。

DSC00018.jpg

下山は来た道を戻るのではなく、御殿場口という別の登山道を途中まで下り、宝永山を横切って富士の宮口へ戻るルートを選びます。

DSC00019.jpg

降り始めてすぐに日陰に入ってしまいます。気温が下がり始めてきたのでフリースを着て防寒しながら下山。

DSC00020.jpg

富士山の影が雲海に浮き出ています。

富士山ならではの絶景を楽しみながら下山していきます。

DSC00021.jpg

この下山がまた長いこと、長いこと。日没は18時50分くらいなのですが、ギリギリのタイミングなので急いで歩きます。

宝永山を横切るときには他の登山者さんもいなくて、二人きりで見渡す限り二人だけの景色を長時間あじわってきました。

山頂でのジャンプ写真をやりすぎたためか、妻は頭痛がすると言っているし、私も3回ほど脚がツル事態に。

これがマラソンだったら途中リタイアとかもできますが、登山にリタイヤはありませんからね。下山するしかありません。

DSC00022.jpg

ということで19時10分に五合目に戻ってきました。ちゃんとヘッドランプも持ってきているので最後はライトのお世話になりながら歩いて来ました。

DSC00023.jpg

下山のためのバスは22時まであります。19時30分のバスに乗ってきましたが、このバスも席は満席でした。

妻の頭痛もバスに乗る頃には回復。軽い高山病だったようですが、高度を下げるとすぐに治るモノなんですね。

DSC00001.jpg

こちらが今回の登山ルートのデータです。朝の8時に出発して帰ってきたのが19時すぎだったので行動時間は実に11時間。休憩をのぞく移動時間は9時間58分となっているので休憩は全部合わせても1時間10分くらいしか無かった計算になります。

日帰り登山はやっぱりきつい。

標高グラフがしっかりと富士山の形になっているところがなんか嬉しかったりします。

 

DSC00024.jpg

そのまま下山して現地にホテルを取っておいたので、そこに宿泊。

お風呂に入ってご飯を食べて爆睡して、翌朝、ちょっと遅めにチェックアウト。前夜は駐車場は満車だったのに、出かけるときはご覧の通り、ウチのクルマしかありませんでした。

ゆっくり休憩ができたんですが、その足で富士急ハイランドへ。

DSC00025.jpg

再び、富士山をバッグにジャンピングショット。

DSC00026.jpg

2013年7月からここに出来たというリサとガスパールタウンへ行ってきました。

DSC00027.jpg

富士急ハイランドの入場門までの道のりに出来ているタウンで、皆さん、素通りしていってしまっていますが、脇道に入るとこんなモニュメントがあちこちにあるんです。

期待以上の出来に満足。

DSC00028.jpg

このまま帰っても良かったんですが、なんと、このリサとガスパールタウンで2000円以上の買い物をすると富士急ハイランドの入園券が3名様まで無料になるとのこと。

富士急ハイランドの入場料は大人一人1,500円なので二人以上いたら、リサとガスパールタウンで買い物をした方が楽になるという事になります。リサとガスパールのタオルを4枚買って富士急ハイランドにタダで入れてもらってきました。

DSC00029.jpg

この日は月曜日なのに相当な混み具合になっているとのことで「高飛車」が2時間50分待ち、富士飛行社で2時間待ち、などとなっていました。

DSC00030.jpg

そうか、せっかく近くに宿があったのでもう少し早く入場すれば、アトラクション、一つくらい乗れたかもなぁ。

しかし、ここはすごいですね。遊園地というと普通はメインのアトラクションが一つあって、あとは小さいモノがいくつか、という感じなのに、ここはメインのアトラクションが4つも5つもある感じ。

場内のどこにいても絶叫が聞けるという、今までに無いタイプのテーマパークを観てきました。

DSC00031.jpg

以上、富士登山の旅でした。

下山したときは「もう富士山はいいや」と、言っていた妻ですが、帰り道では「次は吉田口から登ってみたい」という話をしていました。そうそう、富士山ってそういう感じなんですよね。

 

今週は店員佐藤が夏休みのため、店員ヨネちゃんの記事が続くと思います。おつきあいのほど、是非、よろしくお願いします。

 

DSC-RX100M4.jpgデジタルスチルカメラ
DSC-RX100M4
ストア価格:119,880円+税
 ソニーストア長期保証選択
 ・5年ワイド:12,000円+税
 ・3年ワイド:6,000円+税
 ・5年ベーシック:6,000円+税
 ・3年ベーシック:無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
 作例見本ページはこちら
発売日:2015年7月31日
ソニーストア購入特典:3年ベーシック無償
テックスタッフ店頭購入特典:
 専用革ケースプレゼント中(無くなり次第終了)
 長期保証半額クーポン AV商品10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
 開店1周年記念トートバッグ プレゼント(
無くなり次第終了)

★ソニーストア サイバーショット「DSC-RX100M4/RX10M2」コンテンツページはこちらから 

☆当店blog 15.8.4「ENGAGEMENT製オリジナルカメラケース 開梱レポート」 
☆当店blog 15.8.3「HFRで撮る『暑中お見舞い申し上げます』」 
☆当店blog 15.8.1「『DSC-RX100M4』開梱&セッティングレポート」 
☆当店blog 15.7.14「『DSC-RX100M4』展示機ファーストインプレッション」 
☆当店blog 15.7.11「『DSC-RX10M2/RX100M4』ショールーム展示レポート」
 
☆当店blog 15.7.5「SDXCカード スピードクラス3海外リテール品 開梱レポート」 
☆当店blog 15.7.2「4K撮影対応『DSC-RX100M4』の買い方ガイド」 
☆当店blog 15.6.26「サイバーショット『DSC-RX100M4/RX10M2』発表」 

 

ソニーストア
★ソニーストアのご利用はこちらから

 


nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 17

コメント 2

モリチャン

お疲れさまでした。
きれいな景色と楽しそうな様子がよくわかります。
懐かしのCAPを見つけました!
by モリチャン (2015-08-11 07:56) 

店員佐藤

♪モリチャンさん、こんにちは。
コメントありがとうございます・

ジャンプしすぎでした。でも、こういう写真
撮るとテンションあがるんですよ。
キャップはメッシュのものがこれくらいしかなくて。(^^)
by 店員佐藤 (2015-08-19 07:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ