『DSC-RX100M4』展示機ファーストインプレッション:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

『DSC-RX100M4』展示機ファーストインプレッション [┣ サイバーショット]

DSC00001.jpg

先週土曜日から展示がはじまった新型サイバーショット「DSC-RX100M4」の実機レビューレポートです。

土日は人だかりでしたが、平日昼間の暑い時間にお邪魔させてもらってきました。

 

DSC00002.jpg

すっかり夏到来、という感じで猛暑になっている新橋・銀座地区。地球がちょっとだけ傾いていて、太陽にちょっと近くなっただけでこんな暑さになるなんて、自然の力ってすごいですね。

DSC00003.jpg

さて、再びお邪魔してきた銀座ソニービルショールームです。サイバーショットコーナーにできていた人だかりはなくなっていて、今日は数人の方が見学されているくらいでした。

じっくりと実機の様子を見させていただきました。

DSC00004.jpg

改めてファインダーを覗いてみると、なるほどー。だいぶ見え方が違うんですね。手元にあるDSC-HX90Vと比べてみるとファインダー画像のサイズが違うみたいで、1.5倍くらい大きく見えます。

それと235万ドットの高解像度EVFは確かに解像感がグッとあがります。まるで近視の目にメガネをしたみたいな感じではっきりくっきりと見えてきます。画素数が2倍になると見え方はだいぶ変わりますね。

DSC00006.jpg

外観上の違いはレンズ回りのリングがストライプ状のものだったものがメッシュ状になっている点、そして肩にある型番がRX100IVになっているくらいなんですが、4Kの文字も誇らしげ。Exmor RSという銘が入るのもこのモデルが最初になります。 

今日は撮影メインではなく、操作系をいろいろ試させてもらってきています。

DSC00007.jpg

4K動画回りの制約をチェックするのも今日の目的のひとつだったので「XAVC S 4K」モードにしていろいろチェック。

今回のサイバーショット「DSC-RX100M4」では、動画撮影時に静止画撮影ができるようになっていて17Mサイズの写真が同時記録できる、ということになっていましたが、それができるのはあくまでもAVCHDで撮影しているときのみ。4K動画の時には静止画の同時撮影ができない制約などがあります。

DSC00008.jpg

同様に手振れ補正についても制約があったみたいでチェックしてみたところスタンダードは利用ができるんですが、電子式に手振れ補正を補完するアクティブ方式の手振れ補正が使えなくなっていました。

回転軸補正などが使えないのか。。。というところですが、4K動画の基本はカメラを固定しての撮影です。手振れ補正はなかったらなかったでそういう撮り方をすれば良いだけです。手振れ補正が欲しいなら4Kハンディカムです。(割り切り)

DSC00009.jpg

その代わり、全画素超解像ズームやデジタルズームを使っての4K動画撮影は可能です。

4K動画を手振れ補正スタンダードで撮影する場合レンズは25.5~74mmとして利用ができます。全画素超解像ズームで2倍の148mm相当、デジタルズームなら296mm相当の望遠4K撮影まで可能になります。(計算上の35mm判での焦点距離です。実機で計測したわけではないので、もしかしたら若干違いがあるかもしれません。)

画質がどの程度、劣化してしまうのかは製品版を買ってからの検証になってしまうんですが、いざと言うときにこういう画角での4K動画撮影が出来るってすごいなぁ。

DSC00010.jpg

そして、これもサイバーショットでは新機能です。「拡張フレキシブルスポット」AFです。

デジタル一眼"α77 II"に搭載されていたAFエリア機能で、通常のスポットAFの回りも拾ってくれるという機能。

DSC00011.jpg

フレキシブルAFのSサイズとLサイズを一緒に使っている様な感じになり、センターの小さいエリアでAFが取れたらそれで追従するし、それがダメだったら回りのエリアでAFが合わせられるところを探します。

構図をしっかりと決めて撮影するときには普通のフレキシブルスポットよりも良いかも。

DSC00012.jpg

待望のUSB給電機能も確認してきました。(サイバーショットへの搭載は先代のRX100M3でも実現しています)同時に充電をしながらの撮影はできませんが、本体バッテリーを消費せずに撮影ができるこの機能はタイムラプサーには超嬉しい機能です。

20,000mAhのUSBポータブル電源と組み合わせてどれだけ長時間の撮影が出来るモノなのか試してみたいですねー。

DSC00013.jpg

著作権情報の書き込みも実際に試してみました。記録した写真データをPCで開かないと情報確認はできませんが、撮影者と著作権者のふたつのデータ書き込みが可能。

他にも連写撮影時の音が消せるのかを試したり、それとメカシャッターと電子シャッターの切替オートの時の動作もテストしてきました。メカシャッターと電子シャッター切替は「オート」と「メカシャッター」「電子シャッター」の切替となっています。オートモードでは連写モードにするとシャッタースピードに関係なく電子シャッターになるようです。1枚1枚の撮影でもメカシャッターの上限は1/1600秒までで1/2000からは電子シャッターになります。

ブラケット撮影にするとメカシャッターを使う様になるので、写りを重視しての連写の時にはブラケットを使うというのも知っておくと良いかも!?

  メカシャッター 電子シャッター
 フラッシュ ○ ○
(1/100秒以下に制限されます)
 シャッター速度 BULB~1/2000秒 30秒~1/32000秒
 シャッター音 メカシャッター音と
 電子シャッター音(消音可)
 電子シャッター音(消音可)
 利用シーン ・1/100秒より速くしてフラッシュ撮影するとき
 ・動きの速い被写体で歪みがきになるとき
 ・高速シャッターで撮影したいとき
 ・連続撮影などで撮影速度をあげたいとき

電子シャッターの場合は長時間ノイズリダクションやバルブ撮影などの利用ができません。また、PlayMemories Camera Appsを利用するときもシャッター設定は解除されることがあるそうです。

電子シャッターでシャッター音を消したときはα7S同様に全くの無音での撮影が可能。「サイレントシャッター」 という設定はありませんが完全な無音状態での撮影ができます。(メカシャッターの時も「プチッ」という小さな音がするだけですが。)

 

ということで、今回の試用の様子を動画で撮ってきました。実機の操作の様子はこちらでチェックしてみてください。

文章にするよりもこうして動画で試してしまった方が早くて。秒16コマの連写速度とかは動画で見ないことには威力がわからないですしね。

DSC00001.jpg

最後に、新発売のソフトキャリングケース「LCS-RXG」の展示もあります。「ソフト」という名前はついているもののケースは固め。カメラに装着したままで使うジャケットケースとは違い、カメラを利用するたびにケースから取り出すスタイルになります。

肩掛け用のストラップも付属していて、これを斜めがけしながら持ち歩き、撮影時にカメラを自由に使えるというのは、この手の小型カメラだと便利な使い方になりそうです。(カメラにネックストラップとかつけると自由度が少なくなりますからね。)

 

発売まであと2週間。待ち遠しいですね! 発売前にこんなに機能面のことについて勉強しているのって初めて。到着したらいきなり使いこなせそうな気がするのは私だけですかね。

 

DSC-RX100M4.jpgデジタルスチルカメラ
DSC-RX100M4
ストア価格119,880+税
 ソニーストア長期保証選択
 ・5年ワイド:12,000円+税
 ・3年ワイド:6,000
円+税
 ・5年ベーシック:6,000円+税
 ・3年ベーシック:無償
 メーカー商品情報ページはこちら 
 作例見本ページはこちら
 
名称未設定-.jpg
発売日:2015年7月31日
ソニーストア購入特典:3年ベーシック無償
テックスタッフ店頭購入特典:
 専用革ケースプレゼント中(無くなり次第終了)
 長期保証半額クーポン 10%オフクーポン(併用不可)プレゼント中
 ミニ・ソニーフェアご成約記念抽選会開催中(~7/31)
 その他サマーフェア特典あり(~7/31)
 当店blog記事:7/7(1.27/3  7/2  7/1  6/26  プレスリリース

★ソニーストア サイバーショット「DSC-RX100M4/RX10M2」コンテンツページはこちらから 

☆当店blog 15.7.11「『DSC-RX10M2/RX100M4』ショールーム展示レポート」 
☆当店blog 15.7.5「SDXCカード スピードクラス3対応『SF-G1UX2』海外リテール品 開梱レポート」 
☆当店blog 15.7.2「4K撮影対応『DSC-RX100M4』の買い方ガイド」 
☆当店blog 15.6.26「サイバーショット『DSC-RX100M4/RX10M2』発表」 

 

DSC00001.jpg
※ 当店店頭からソニーストアへサイバーショット「DSC-RX100M4/RX100M3」をご注文のお客様にはもれなく当店から純正革ケースをプレゼントしています。当店経由でオーダーいただいた方も店頭へお越しの際は一声おかけください。

 

ソニーストア
★ソニーストアのご利用はこちらから

 


nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 7

コメント 3

aNNy

RX100M3からM4への機能アップとHX90Vとの比較がごっちゃになってませんか?
ファインダー倍率はHX90Vが35mm換算で0.50倍、M4が0.59倍なので、そんな差は無いはずですが、感覚的には1.5倍ぐらいに感じるということでしょうか
ファインダー画素数はHX90V比で3.7倍弱 M3比で1.6倍強です
メカシャッタ-上限が1/1600というのはたぶんオート設定の時ですよね?
動画同時の静止画はAVCHDでもRX100M4の場合は60Pと120Pは出来ないはずです
Camera Appsではアプリ側で設定を別に持っていたのでM4でも同様なのでしょう(設定出来る項目は非アプリ時より減ってしまう)
去年のソニーフェアで本体設定を引き継げるように改善してくれと要望してみましたが・・

by aNNy (2015-07-15 20:23) 

aNNy

コメント投稿に失敗しましたとでた為2分割した続き

USB給電はM3でも入/切のメニューはあり、私も使ってます。
機能拡張されたのはRX10無印⇒RX10M2だけです
USB給電はM3の時、「バッテリーを選ぶ」として話題になりました。実験結果をブログに書いてあるので見てください(宣伝)
新モバイルバッテリーも追加して再検証してくださいね。

この機会にPlayMemories MobileのPC版が64bitOSのVAIOでしか使えないという制限をはずしてくれないかなぁ
by aNNy (2015-07-15 20:27) 

店員佐藤

♪aNNyさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

あいにく、このタイミングでDSC-RX100M3が手元になくて
比較をすることができず、DSC-HX90Vを動画撮影用に
持っていっています。ファインダーのサイズはかなり差を
感じたのと、解像度も一目で違う感じです。

RX100M3が帰ってきたらまた比較してみたいというか
その頃にはRX100M4が出荷になっていると思うのですが。(^_-)

USB給電はRX100M3でもできていましたか。
それは気がつきませんでした。

シャッター速度の件は文中にあるようにオートで試しています。
by 店員佐藤 (2015-07-16 00:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ