4Kハンディカム『FDR-AXP35』で撮ってきた赤ちゃんパンダ『桜浜と桃浜』:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

4Kハンディカム『FDR-AXP35』で撮ってきた赤ちゃんパンダ『桜浜と桃浜』 [┣ ハンディカム & アクションカム]

DSC00001.jpg

週末を利用して和歌山のアドベンチャーワールドへ遊びに行ってきました。

昨年12月2日に生まれた赤ちゃんパンダの桜浜と桃浜に是非、赤ちゃんのうちに会いたくて土曜日の夜に仕事が終わったその足で出発。1泊4日の和歌山旅行でした。旅のレポートを中心に桜浜と桃浜の4K映像をお届けします。

 

DSC00002.jpg

さて、出発を決めたのは1週間前の日曜日でした。パンダの赤ちゃんを見に行きたい! どうやら南紀白浜空港から10分くらいのところに動物園があって、そこで見られるらしい。飛行機を往復で使えば日帰りも可能らしい、という話を聞いていたのですが実際に調べて見ると1泊2日などのコースでも飛行機を使うと一人7万円以上。

大旅行になってしまうじゃないですか。週末にフラッと行ってこられる感じではありません。和歌山旅行に行く、というのではなく私の場合はパンダを見に行くだけですしね。

ということで、困ったときのバス旅行。調べてみたらありました。格安のバス旅が。

DSC00023.jpg

今回は西武バスの「白浜パンダパス」というもので、大宮、池袋、新宿、横浜から出発して、白浜バスセンターというところまでの往復と、アドベンチャーワールドの入園券(4,100円)まで含んで21,500円というものがありました。(出発地、時期により19,500円~25,900円)

DSC00007.jpg

バスは3列シートらしいので、一人掛けのイスに座れるし予約の段階で窓際席の確約ももらえたし、もうこれしかない! ということで予約。別途、民宿も予約をして土曜日の夜出発で、日曜日の夜に1泊、月曜日の夜出発で火曜日の朝に新宿について、そのまま出勤という、1泊4日の旅を組み立ててみました。

深夜バスの旅は、かなり久々ですが、最新の深夜バス旅の様子を含めてレポートします。

 

DSC00003.jpg

まずは土曜日の夜。昼間はソニーショップ"α"体験会「新緑を撮る」を開催していましたが、気を利かせてくださって土曜日は皆さん、早めにお帰りくださいました。おかげさまで準備時間をちょっと取れて早めに新橋を出発。

土曜日の夜に大きな地震があって、JR中央線も止まってしまったんですが、余裕があったおかげでバスの新宿出発の時間、21時10分には間に合いました。

行きは、この西武ライオンズバスで出発です。

DSC00004.jpg

バスは3列シート。毛布が1枚付いています。シートは深くリクライニングするタイプで足かけなども装備しています。土曜日の夜出発ということで人も多くはなく乗車率は2割くらいだったでしょうか。

お店が終わってから速攻で新宿に向かっていて、時間があればどこかで夕飯を食べるはずが、地震のおかげでそういう時間は取れずお弁当を持って乗車したんですが、いけませんでした。

このバスは出発時間が遅いこともあって、中はシーンとしていて寝る気満々の方ばかり。高速バスによってはこういうバスがあるんですよね(ってほとんどの深夜バスはそうなんですが)

横浜に立ち寄ると、そのまますぐに消灯。「携帯電話の使用はお控えください」ではなく「通信機器の使用はお控えください」というアナウンスがあったので、スマートフォンやタブレットの使用も消灯時間以降はできません。

今、この時代はもうVAIOのスタミナテストとかできないですね。

DSC00005.jpg

和歌山につくまで、カーテンが完全に閉じられていて、中は暗闇状態。就寝中はカーテンを閉じておくように言われているので窓の外も見られません。

ま、自分も寝てしまえば良いんですけどね。

21:10 新宿西口出発
22:10 横浜駅東口出発(その後、消灯)
23:24~23:47 足柄SAにてトイレ休憩

DSC00006.jpg

5:27~5:52 和歌山県・紀ノ川SAにてトイレ休憩

ここで売店があったので朝ご飯などを買うことができました。ここからは白浜バスセンターまで、途中の停留所にお客さんを置いていく旅になります。

DSC00008.jpg

7:46 白浜バスセンターへ到着。

名前からしてどんなターミナルなのかと思ったら単なるバス停でした。ただ、市内の巡回バスなどもここから出ているようで、いろいろな時刻表があります。

西武バスのパンダパスには、その市内の循環バスの2日間無料チケットもついているため、これでアドベンチャーワールドまで行けることになっているのですが。。。

DSC00009.jpg

そのバスというのが1時間に1本あるかないか。というレベルのものでした。朝、一番早いバスで8:54になります。(上の表の「101」と書いてあるバスしかアドベンチャーワールドには行きません。)

一時間も、この何もないところで時間をつぶすのはもったいないので、歩こうかな。地図で見るとそんなに離れたところではないみたいだし、ということでGoogleマップで道案内を試すと徒歩90分とか出ました。

全然近くありません。

DSC00010.jpg

というところで、ふとふり返ればそこにはタクシー乗り場がありました。白浜バスターミナルは白浜海岸と温泉地の中央にあるような場所なので、ここにいろいろな交通機関が集中しているんです。

タクシーでアドベンチャーワールドへ行きます。

DSC00011.jpg

時間にして10分で到着。料金は1850円となかなかの距離でした。9時半開園のところを8時7分に到着したんですが、もうすでに入園列が出来ているみたいです。

DSC00004.jpg

まずは慌てずコインロッカーを探して、そこにお泊まり用の荷物などを預けてしまいます。登山リュックに荷物を入れてきているのですが、300円のロッカー(お金が返ってこないタイプ)に入りました。

DSC00016.jpg

これでだいぶ身軽になって動けます。

DSC00012.jpg

そして、ここで大問題。入園のためには直接入れる入園チケットが必要なんですが、直接は入れるのはここで買ったチケットとコンビニのチケットだけ。

旅行会社の引換券や、西武のパンダパスチケットはチケット窓口で一度引き替えをしなければいけないんだそうです。

せっかく朝の8時にきているのに9時まではこちらのチケット引換所に並ばないと行けないんですって。なんか、損した気分~。

DSC00013.jpg

と、思っていたら9時前に窓口が開いてくれて、すぐにチケットを交換してくれました。そのまま入園列に並べます。

DSC00014.jpg

私は一番左列の4番目に並んでいます。で、この列はなんの狙いで並んでいるのかと言えば。。。

DSC00015.jpg

予約ツアーのアトラクションがあり、これに申し込みをするために並んでいるんです。

パンダのバックヤードに行ける「パンダ ラブ ツアー」という見るからに人が殺到しそうなイベントがあって、これが1日限定15名様。申し込みに一人5,000円かかるそうですが、これは参加してみたい!

よし、これに参加するぞ!と、心に誓って左列に並んだわけです。

で、その結果がこちら。

いやぁ、惜しかった! あともう2組だったんですが、残念ながら申し込みはできず、そのまま赤ちゃんパンダがいるというパンダブリーティングセンターへ向かいます。

これが功を奏した結果になるんですが、良い場所を抑えられたんです。

DSC00017.jpg

こちらが赤ちゃんパンダが9時45分に登場する屋外運動場です。狭いスペースに人だかり。特に三脚が禁止されているとかいうのはないようで、ミニ三脚を使っている方がいますが、最前列の方は全員体を小さくしてしゃがんで見るのがマナー。

私も事前に、雰囲気的に三脚が使えるところではない、と聞いていたので三脚は持ってきていませんが、一脚だけ持ちこんでいます。使えなかったら仕方がないのですが、今回は動画メインなので脚はどうしても欲しかったんです。

持っていって正解だったかな。小さく折って使わせてもらいました。

DSC00018.jpg

よくわからないまでも、なんとなくベストポジションをゲット。

実は赤ちゃんパンダ達は気温の高さに弱くて、朝一番のこの時間にしか屋外運動場には出てこないんだそうです。たった30分だけの屋外でのお披露目なので、パンダ ラブ ツアーとかに申し込んでいる場合ではなかったわけです。

1日にたった30分だけの機会ですからね。

DSC00001.jpg

ということで、9時45分に桜浜と桃浜が登場。一目散に逃げているように見えますが、今はブランコの上の高台がお気に入りらしくて、そっちに登りにいくみたいです。

連れ戻されては何度も木登りに挑戦していました。

後ろ姿もカワイー!

DSC00002.jpg

今回は動画メインなので写真点数はほんのわずか。赤ちゃんパンダの様子はblogエントリー最後にある動画でお楽しみください。

DSC00003.jpg

30分の屋外運動場のお披露目が終わると屋内運動場に移って16時半まで展示があります。

DSC00005.jpg

屋内運動場に移ってからも午前中は人、人、人。歩きながらの観覧になってしまうので写真だったらまだ良いんですが動画は難しいので、この時間はあきらめます。

DSC00006.jpg

そのすきに「ウォーキングサファリ」などに行くのがオススメ。

DSC00007.jpg

アドベンチャーワールドの一番奥にはミニサファリパークみたいなものがあって、ここの草食動物ゾーンは歩いたり、自転車だったり、カートで回ることができます。

歩きでも一周50分ほどとなっているので、歩いて来ました。

DSC00008.jpg

コース始まってすぐのところの絶景がこちら。なにこれ!? もしかしてものすごい大きな規模なの!?

DSC00009.jpg

そう、ここは景色が良いんです。アフリカっぽい木などもあり、撮影スポットに良いかも。望遠レンズ一本で歩いても相当楽しめると思います。

私はパンダが気になってしまい、すたすたと歩いてきてしまったんですが、それで30分ほど。写真とか撮らずに歩き通せば20分くらいで一周できてしまうのかも。

DSC00010.jpg

さて、帰ってくるとパンダの屋内運動場はガラガラになっていました。パンダ達がどうやらお昼寝してしまっているようです。

まるで毒を盛られたように倒れています。

DSC00011.jpg

これは妹の桃浜ちゃんかな? 登っている最中に寝てしまったんでしょうか?

寝ているパンダ達も可愛いんですが、では、そのすきにお昼ご飯。

DSC00014.jpg

動物園らしい楽しいメニューがいくつもあります。双子パンダ御膳はまさに、桜浜と桃浜のための限定メニューですね。

大きな器なんですが、これはお子様に大人気で量が。。。

DSC00015.jpg

1日目のお昼にいただいたのがこちらのサファリうどんです。うどんとサファリの他では考えられない様な組み合わせ。日本でも作っているのはここだけなのでは?

DSC00016.jpg

2日目のお昼にいただいたのがこちらのツインパンダカレーです。こちらはカップルに人気のメニューで要は2人前ということになっています。2ドリンクで1,300円。お腹いっぱいにするならこれしかありません。

DSC00020.jpg

午後はこんな感じ。午前中までの人混みがウソみたいに少なくなっているので、ここでいっぱい撮らせてもらいました。

DSC00012.jpg

なかなか桜浜と桃浜がこちらを向いてツーショットになることがなくて、それを狙っていると時間を経つのも忘れてしまいます。

しかし、よく飽きずに2頭で遊んでいるなぁ。

DSC00013.jpg

16時半になると2頭とも屋内運動場から退出されます。バイバイ、また明日~。

 

DSC00017.jpg

さて、これでアドベンチャーワールドを後にする前にサポートセンターへ立ち寄って、チケットをアップグレードします。

1日券で入場していますが、これをアップグレードして2日券にしてもらうことができて、アップグレードは差額の+3,100円で済みます。わーい、カードが桜浜と桃浜の柄になりました。自分のお土産にしよっと。

西武バスのパンダパスで入場して明日もパンダを見に来たい!という人はこの手でお得に、しかも引き替えなしで即入場ができます。

 

DSC00021.jpg

日曜日は16時20分発のバスで白浜バスセンターに戻り、白良湯公衆浴場でひとっ風呂浴びてきます。

毎年6月1日は無料開放の日なんだそうですが、たまたまそれに当たってしまい、お風呂をただでごちそうになってしまいました。温泉の神様に感謝。

DSC00022.jpg

そのまま、表の和歌山ラーメンのお店で夕食を済ませて、砂浜で綺麗な夕焼けをみて時間をつぶしてから深夜バスで帰路につきます。

DSC00024.jpg

帰りはパンダ号で帰ってきました。5列目左側だったので、パンダの顔の上のあたりの席に私は座っています。記念写真を撮ってもらいたいくらいでした。

DSC00025.jpg

あと、バスの道中でいろいろ電力調整をしていたんですが(ポータブル電源とかいろいろ持ち込んでいます)、なんと、席にコンセントがあることを初めて発見!

なんだ、バスの中で充電出来るんじゃないですか。今度は利用しよっと。

DSC00018.jpg

さて、今回は"α7S"+SHOGUNでの4K動画撮影がメインでした。それと抑えで空間光学手ぶれ補正搭載の4Kハンディカム「FDR-AXP35」も使ってきたんですが、いやーこれはすごい。三脚いらずで4K撮影が普通にできますね。

なんの準備も無しにすぐに撮れるので重宝しました。

DSC00001.jpg

撮ってきた動画も今日はPlayMemories Homeについている機能だけで編集しています。最初にビデオの切り出しで良いシーンだけを選出。

DSC00002.jpg

ここぞという可愛いところだけを選んで切り出していきます。

DSC00003.jpg

切り出しが終わったら、それらのビデオを結合します。ここで順番の入れ替えなどもできます。結合後の最終的な完成ビデオの再生時間もわかります。

DSC00004.jpg

ビットレートの変換などはおこなわないので結合作業はあっという間。VegasProみたいにレンダリングに何時間とかはかかりません。ファイルコピーみたいにすぐに終わります。

テロップも音楽も入れられませんが、速攻で4Kビデオの編集をするならこれしかありません。超簡単に仕上げができました。

できあがったファイルをUSBメモリーに移して(15分で5.9GB)、これを4Kメディアプレーヤー「FMP-X7」につないで再生します。接続しているHDDにコピーすればいつでも4Kパンダがみられます。

DSC00019.jpg

blogの最後に15分の映像を用意しているんですが、せっかくなので、こちらの桜浜と桃浜の見分け方を覚えてからご覧になってみてはいかがでしょう?

どっちが桜浜でどっちが桃浜なのか、耳の大きさを比較すればすぐに見分けることができるはずです。4Kで見るとさらにはっきりわかるかもしれません。

 

YouTubeにあげているのは15分の映像ですが、撮ってきた映像をつなげれば優に1時間を超える赤ちゃんパンダ4K映像があります。YouTubeをPCの画面で見てもあまり感動はないかもしれませんが、これ、65型の4Kブラビアでみるとここまで見えるのか!という体験ができると思います。

もうちょっと長い動画を編集して店頭でご覧いただけるようにします。4Kブラビアと4Kハンディカムをセットで購入したいんだけど、どういう編集方法があるの?と言う方は是非、店頭までご相談にお越しください。

 

日帰りだったら2万円ちょっとで見に行ける、アドベンチャーワールドの赤ちゃんパンダの紹介でした。桜浜も桃浜も毎日、すくすくと成長しています。夏休みを待たずに可愛い姿を早く観に行かれることをオススメします♪

 

☆アドベンチャーワールドの公式ホームページはこちらから

☆西武バス公式ホームページ「白浜パンンダパス」のご案内はこちらから

 

 

WS000448.jpg

★ソニーストア 4KハンディカムFDR-AXP35のご案内はこちらから
※プロジェクター&空間光学手ぶれ補正搭載モデル 134,880円→124,880


WS000449.jpg
★ソニーストア 4KハンディカムFDR-AX30のご案内はこちらから

※空間光学手ぶれ補正搭載モデル 119,880円→109,880 

☆当店blog 15.2.19「『FDR-AXP35』ファーストインプレッション」
☆当店blog 15.2.2「4Kハンディカムで撮る『岩殿山登山&やきとりチャーハン』」 
☆当店blog 15.1.30「ジャーナルスタンダードのオリジナルバッグ特典」 
☆当店blog 15.1.15「『FDR-AXP35』ショールーム展示レポート」 
☆当店blog 15.1.14「新型4Kハンディカム『FDR-AXP35/AX30』プレスリリースまとめ」 
☆当店blog 14.10.17「4Kハンディカムで撮るクラシックコンサート『秋の夜に ~愁いと情熱~』」 
☆当店blog 14.7.16「4Kハンディカムの最近の再生環境の話」 
☆当店blog 14.5.1「『Movie Studio 13 Platinum』日本語版リリース」 
☆当店blog 14.4.3「旅する 4Kハンディカム TOKYO桜」 
☆当店blog 14.3.14「4Kハンディカム『FDR-AX100』開梱レポート」 
☆当店blog 14.3.13「『旅する、4Kハンディカム 鎌倉』」 
☆当店blog 14.1.15「4Kハンディカム『FDR-AX100』発表&予約販売開始!」

 

468_60.gif
★ソニーストアのご利用はこちらから


nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 13

コメント 4

Noir

すばらしい!
そして、めちゃめちゃカワイイ!!

これは写真もイイですが、ムービーの力ですね~♪
by Noir (2015-06-03 00:01) 

たぁ

弾丸ツアーですね。お疲れ様です。
赤ちゃんパンダもじきに大きくなって係員さんも抱っこできないくらいになっちゃうんでしょうね(^ ^;
赤ちゃんパンダのうちにしか見れない貴重なレポート、こちらも楽しめました♪
by たぁ (2015-06-03 00:54) 

店員佐藤

♪Noirさん、こんにちは。
早速、店頭まで4Kパンダ体験をしにきて
くださって、ありがとうございます。

写真の一瞬も想像力をかき立てられますが
動画は強制的にイメージを全部作ってくれる
ところが魅力。4Kで撮れてよかったです。

いろいろなサポート、ありがとうございました。
by 店員佐藤 (2015-06-03 18:05) 

店員佐藤

♪たぁさん、こんにちは。
おかげさまでα7S+SHOGUNで撮った唯一の
4Kパンダになったかもしれません。

是非、今度機会があったらお子さん連れて
パンダ鑑賞にお越しください。たっぷりと
赤ちゃんパンダをご覧いただけるように
準備します♪
by 店員佐藤 (2015-06-03 18:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ