銀座ソニービル『47th Sony Aquarium』イベントレポート:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

銀座ソニービル『47th Sony Aquarium』イベントレポート [★ソニー新着情報]

DSC00001.jpg

今日から8月31日まで銀座ソニービルで開催される「47th Sony Aquarium」。今日がオープニングデーなんですが、早速、お邪魔させてもらってきました。

初日から銀座ソニービルショールームはお客さんでいっぱい! 元気をたくさんいただいてきました。

 

DSC00002.jpg

沖縄美ら海水族館の監修のもと銀座ソニービルショールームで開催される「47th Sony Aquarium」。なんと言っても目を引くのはビルの正面に設置された巨大水槽です。数寄屋橋交差点に来た人は皆さん、この水槽に吸い寄せられてしまう感じ。

私も入館前に早速吸い寄せられてしまうんですが、ここでの撮影のコツは水槽サイドにある短辺のところからの撮影です。

DSC00003.jpg

正面から撮影するよりも両脇の水槽の壁が鏡みたいになるため、水槽の中が広く見えます。ワイドに撮るならここ。

ホワイトバランスも電球モードにするなどして色を青くすると水中気分になります。私はオートホワイトバランスのまま設定で青みを+4くらいして撮影しています。日中だと、これくらいがちょうど良い感じ。

DSC00004.jpg

水槽の裏に回ると、銀座の町並みを背景に泳ぐ魚たちが見られます。

いかん、いかん、こんなことしているといつまで経ってもソニービルの中に入れません。すぐに切り上げて館内見学に出発。

DSC00005.jpg

1Fのエントランスには鯨の尾がデデーンと展示中。インパクトありますね。このサイズは。

DSC00006.jpg

今年は、2014年3月5日(サンゴの日)に、新しく国立公園指定を受けた沖縄・慶良間(けらま)諸島をテーマに、美しいサンゴ礁の海に生息する生き物たちの世界を水槽と映像で再現する、というのがテーマだそうです。

砂浜から海に入って、そして海の家に立ち寄る感じでイベントスペースに入っていきます。

DSC00007.jpg

入口すぐのところにツアーデスクがありますが、これは飾りではなく、本当のツアーデスク。1時間に1回くらいの割合で30分の館内ツアーを行っていてお子さんがソニーショールームを楽しめるような企画を用意してくれてます。

大人はツアーに参加しなくても普通に館内を自力で楽しめますので、勝手に楽しんで生きましょう。

DSC00008.jpg

よく見ると館内のクジラの声のサウンドとかにハイレゾ対応スピーカーを何気なく使っていたりします。

DSC00009.jpg

そうそう、慶良間の音を楽しむということで、ハイレゾサウンドで動物の声などを楽しむブースとかがあるんです。

DSC00010.jpg

こちらはケラマナイトツアーとのことで、暗い部屋が用意されています。中に入ると。。。

DSC00011.jpg

高感度デジタル一眼カメラ”α7s”で闇夜に浮かぶ野生動物を撮影しよう、というおもむき。

これだけ凝ったイベントなのに、ちゃんとソニー製品をアピールしているところがまたすごい。

DSC00012.jpg

イベントスペースはこんな感じで回ることができます。何気なく展示されている4Kブラビアに映し出されているケラマ諸島の映像がこれまたどれもすごい綺麗なんです。

タイムラプス撮影で海に沈む夕日とかやられてしまうと、私もこのまま沖縄の海に行きたくなってしまいます。

DSC00013.jpg

そのまま2Fに上がるとデジタル一眼”α”の展示コーナーです。こちらは通常営業に見えますが展示されている作例がすべて沖縄・慶良間諸島のものに差し替えられています。

すごいなぁ。まさに全館挙げて沖縄モードに入っています。

DSC00014.jpg

デジタルイメージングコーナーではアクションカムを濡らすことができる体験コーナーが新たに設置されています。これで沖縄モードというのはちょっと寂しい気がしますがアテンダントさんが、このアクションカムを使って1Fの巨大水槽の映像を撮ってみたい。。。と、なにか企んでいるようでした。

もしかしたら、数日後には展示デモ映像に美ら海×アクションカム映像が増えているかも!?

DSC00015.jpg

さらにその上に上がるとタブレットコーナーです。こちらは沖縄展示はないのですが、ソニーストアで限定販売中の「Xperia Z2 Tablet バスルームセット」が展示されていました。

すごーい! なにがすごいって、今まではソニーストア限定グッズとかだと4Fのソニーストア銀座にしか展示がなかったのに、こういうものが銀座ソニーショールームの区分に展示されているところがすごい。そういえば、サイバーショットコーナーにもレンズスタイルカメラのコラボ三脚が展示されていたしなぁ。

美ら海をきっかけにと言うわけではないでしょうけど、銀座ソニービルショールーム×ソニーストアコラボも一気に進んだ気がします。ソニーファンにはこういう展示が嬉しかったりするんですよね。

DSC00016.jpg

さて、話を戻してせっかくなのでバスルームセットの付属品をチェック。これはシリコンで出来たバスルーム専用スタンド。全部シリコンなので全部フニャフニャします。タブレットが自立するだけの硬さはちゃんとあります。

DSC00017.jpg

ちょっと変わった切り口のデザインになっていたのですが、なるほど、こうして傾けたときにバランスが取れるように、絶妙のデザインがされているんですね。

DSC00018.jpg

こちらも付属のひのきのブロックです。ひのきの香りがぷーんとします。お風呂で使うのがもったいないかも。

DSC00019.jpg

これはバスルームピローです。100円ショップで売っているようなものなのかと思いきや、ちゃんとこうして丸まった形を保持すべく、留め具みたいなのが付いているんですね。なんか工夫が凝らされている感じで好感が持てます。

これらのおまけの他に、ウイルスバスター1年分、Reader Storeの500円分の電子図書券、カラオケアプリの600円分のクーポンコードなど総額4000円分のお得がついてきます。

タブレットを買うなら、是非、このお得なセットをどうぞ!

DSC00015.jpg
★ソニーストア Xperia Z2 Tablet バスルームセットのお買い上げはこちらから

☆当店blog 14.7.10「Xperia Z2 Tablet バスルームセット発売」 

 

DSC00020.jpg

こちらはハイレゾオーディオコーナー。昨日までは「残響のテロル」推し展示をしていましたが、展示内容が一気に入れ替えられていました。今日からは中森明菜フェアになっています。

DSC00021.jpg

沖縄出身のアーティスト特集とかでも良いような気がするし、イベントのテーマソングがウクレレ奏者ジェイクシマブクロさんのものらしいので、そういうのでも。。。いや、この夏は中森明菜なんだな、きっと。

「残響のテロル」のハイレゾ試聴会は引き続き当店店頭で7月いっぱいは行っています。聞き逃してしまった方は当店店頭までどうぞ。

DSC00022.jpg

6Fまで上がると、以前はMOMAの期間限定ショップになっていたスペースが、沖縄観光展示コーナーになっています。

DSC00023.jpg

沖縄・慶良間の民族・工芸品などの展示がありました。ベンチもあるので疲れたらここでゆっくり休憩できます。

DSC00024.jpg

その上はオープンしたばかりの「Sony Imaging Gallery」があります。オープニング記念の「ソニー ワールドフォトグラフィーアワード 2014年度 受賞作品展」が行われていますが展示内容が入れ替えられていて、展示が第2弾のものに差し替えられています。

今日も18時半よりギャラリートークショーが開催されます。日本ではなく世界を視点にした写真の話が聞けます。写真の初級者の方にも、ある程度写真作品を作り込まれている方にもとてもためになるお話が聞けます。お時間があるようでしたら是非。

☆当店blog 14.7.18「『ソニー ワールドフォトグラフィーアワード』ギャラリートークショーのレポート」 

 

DSC00025.jpg

8Fオーパスも大々的に美ら海モードに変身しました。

DSC00026.jpg

4Kプロジェクターの画面サイズ最大限まで使った超大画面で慶良間諸島の海の様子を見せてくれます。4K映像の楽しみ方のコツは「なるべく画面に寄る」ことです。画面から離れたらハイビジョン映像を見ているのと変わりません。出来るだけ前の席に座るのと、一番前にはビーズクッションがあるので、これに寝っ転がってみるのが一番良いかも。

お子さんのご来場者さんが多いので混んでいるときは大人はやっぱり後ろの席ですけどね。

DSC00027.jpg

以上、すごくおおざっぱですが、銀座ソニービルショールームの今年の美ら海イベントの様子を速報レポートでした。

DSC00028.jpg

館内は原則撮影禁止なんですが、この大水槽に関しては撮影自由です。カメラを持った人が今年もたくさん入らして、撮影しまくっていました。

私も帰りがけにまたまた寄ってシャッター押しまくり。

DSC00029.jpg

今日はα6000を持って行っていたんですが、α6000の全面像面位相差AFを使ったハイブリッドAFの威力はすごいかも。コンティニュアスAFを使って魚を追うと、いとも簡単にフォーカスが合わせられます。

魚の撮影のコツは置きピンにしておいて、やってきた魚をシャッタータイミングで切り取る、というのが基本のはずなんですがα6000だと、そういう今までの定石を無視して、何も考えずに魚を追うことができます。

α6000、すげー!! です。

今年、α6000を購入されている方は是非、この14トン大水槽で試し撮りすべし!です。

コツは。。。

  • コンティニュアスAFを使う
  • ホワイトバランスは電灯モードか、もしくはオートでブルーを足す
  • 撮影場所は水槽の短辺にて

です。α6000のAF性能を試すのが楽しいんですが、きっと”α77 II”とか使うと、もっと追えまくれるんだろうなぁ。。。来週は”α77 II”を持ってきて試してみよっと。

DSC00030.jpg

銀座ソニービルショールームの「47th Sony Aquarium」は8月31日まで行っています。

銀座ソニービルショールームへお越し際は、新橋にある当店ソニーショップ・テックスタッフにもお立ち寄りくださいませ。撮影された沖縄の魚たちの姿を当店の4Kブラビアで見てみましょう!

 

☆銀座ソニービルショールーム「探検!美ら海ワンダーアイランド」

☆銀座ソニービルショールーム「47th Sony Aquarium」ホームページはこちらから

 


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 8

コメント 2

ピンキィモモ

こんにちは。

昨日の「ヒルナンデス」のニュースコーナーで、47th Sony Aquariumが紹介されていました。
いいですねぇ。
行ってみたいです。
by ピンキィモモ (2014-07-26 12:15) 

店員佐藤

♪ピンキィモモさん、こんにちは。
それは見逃してしまいました。

近くには沖縄のアンテナショップもあるそうで
そこで沖縄のお土産を買って旅行気分を満喫
することもできるそうです。
by 店員佐藤 (2014-08-02 12:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ