デジタル一眼カメラ『α cafe 体験会』参加レポート:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

デジタル一眼カメラ『α cafe 体験会』参加レポート [┣ デジタル一眼“α”]

DSC00005.jpg

銀座ソニービルショールーム、ソニーストア大阪、名古屋で開催されている「α無料セミナー」が今年の7月からリニューアル。「α cafe 体験会」として新しいスタイルで体験会イベントを開催しています。

どんな様子なのか、日曜日の体験会イベントに参加して新しい「α cafe 体験会」に参加させていただいてきました。

 

DSC08479.jpg

「αコミュニティ銀座」が銀座ソニービルショールーム4Fに登場したのが2010年の春だったと思います。それまでカウンターがあるだけだったソニースタイル銀座が、ソニーストア銀座に変わって、同時にその半フロア上に開設。

☆当店blog 10.3.13「『ソニーストア銀座』リニューアルレポート」 

サロン風のスペースでリーゼントのお兄さんでおなじみのO講師が、ここでαファンをがっつり育ててらっしゃったんですが、6月に銀座ソニービルショールーム内の改装があり、今までウォークマンなどのオーディオ製品の展示をしていた2Fフロアが大々的にデジタル一眼”α”フロアにモデルチェンジ。

それに合わせたかのように”α”セミナーのホームページも大改装になりました。 

DSC00002.jpg

「α cafe」ブランドを全面に押し出したスタイルになっており、一挙に増えたセミナー内容の絞り込み検索をする機能などを搭載。

無料セミナーなどでも予約制を導入するなどしています。

DSC00003.jpg

8月の体験セミナーの受付が始まったのは先週の水曜日16日だったんですが、すでに8月開催のセミナーのほとんどが満席になっている盛況ぶりとなっています。

さぞかし混んでいるんだろうなぁ、満席だとやっぱり受講はできないんだろうなぁ。という声をお客様から耳にしており、そういえば、銀座ソニービルショールームのセミナー受講も私はしばらくお休みしてしまっていました。

リニューアルして、どんな様子になっているのか日曜日に行ってきました。受けてきたのはこちらのセミナーです。

DSC00001.jpg

冬と夏シーズンになると開催されている「星空を撮る」です。「誰でも撮れる 夏の星景写真」というサブタイトルで、こちらは先着20名様。予約不要で当日時間までに開催場所に行けば受講できるというものです。

先着20名様に入れなかったら行っても無駄なのかなぁ、という不安があるかもしれませんが、実際どんな感じなのか行ってみましょう。

DSC00006.jpg

スタートは17時半からとなっていますが、17時に行くとすでに席は用意されており順に着席して聴講スタートを待ちます。整理券の配布などもしているそうですが、どうやら7月の最初の体験会の時に50人以上集まってしまったとかで、急遽、この様なスタイルにしたんだとか。

DSC00007.jpg

座席が用意されているのは20席分とはなっていますが、人数がオーバーすると若干数の座席は増やすことができて、それでもいっぱいになるとあとは立ち見も可能。

ベルトパーテーションスタンドがあるので、その内側に立っての聴講ができるようになっています。

日曜日のα cafe体験会は前回よりも人数は少ないとは言うものの30人くらいは集まっていて人数は軽くオーバーしています。私もパーティションの内側に入って拝聴させていただきました。

DSC00001.jpg

この日の講師はO講師です。私も銀座ショールームへお邪魔するたびにO講師にお会いするのが楽しみで4Fに足を運んでいたんですが平日はなかなかお忙しい様子。O講師の体験会の参加は1年ぶりくらいになると思うんですが、今回もますます磨きのかかったトークで魅了されてきました。

DSC00008.jpg

どんなお話をしてくれるのかは、行ってのお楽しみです。とてもO講師の話の内容をここで全部再現するのは不可能。

写真技術の話しだけではなく、撮影した星景写真を人に見せるときの説明の仕方などまで勉強させてもらえます。どうやって人に見せたら興味を持って写真を見てくれるのか、そういう技術まで身についてしまう体験会が無料で聞けるんですから嬉しいです。

そうそう、ここで教わるのは天体写真ではなくて「星景写真」です。単に星を綺麗に撮るだけではなく、周りの景色を入れることで星のある風景写真、として楽しみましょう、という提案をしてくれています。

話はすごく実践的でもあって、星の撮影に行くとなって、まず用意しなければいけないのは虫除け、虫刺されの薬類、そして長袖長ズボン。快適な撮影をできるようにしないと写真撮影に集中出来ないですからね。

DSC00009.jpg

そして重要なポイントのところではO講師自らが「ここは撮影してデータを持って帰ってください!」と教えてくれます。

そう、いくつかの作例写真を見せてくれるんですが、その時の撮影データはちゃんと写真の脇に記載されていて、どうやって撮影しているのかがわかるようにしてくれているんです。

私も遠慮無く、たくさんの撮影データをいただいてきてしまいました♪

DSC00010.jpg

無料体験会はそれほど難しいことはしません。ですが普段はオートモードしか使っていない、と言う方にはいきなりマニュアル撮影をすることになるので、ちょっと大変なハードルを越える必要があります。

一度やってみればたいしたことはないんですが、絞りF4.0でシャッタースピードは20秒、ISO感度を400にして。。。なんて言われても、どこをどういじれば!?という事になりますからね。

作例、データ撮影をした後は実践編で、皆さん、お手持ちの”α”を使って実際に撮影データの設定に挑戦。

DSC00011.jpg

操作がわかりにくいところは女性スタッフの方がお手伝いをしてくれます。

経験と勘で撮るのではなく、こういうシーンではこういうデータ設定で撮影をしよう!というところまで持って行ってくれるので、これならあとはシャッターを切るだけという状態です。

文字通り、手取り足取り体験ができます。

最後には天の川の撮影などの話になるのですが、さすがにそれらのスペシャル撮影はここでは時間がなくて説明ができません。パーソナルレッスンなどのメニューが用意されているので、そちらでお申し込みください、として、さらなるステップアップ、目的別撮影方法については有料コースの案内をされていました。

そうそう、独学で勉強するよりもこうして人に教えてもらうとすごく楽なのと、あとは自分で調べていても気がつかない点まで教えてもらえるのが「α cafe 体験会」の良いところです。

星の撮影のセミナーで虫除け、虫刺されの薬の話までアドバイスしてくれる本はあまりないですからね♪

DSC00012.jpg

α cafe 体験会は大幅に時間オーバーをしながらも、最後は質問コーナーで交流を深めて終了しました。

銀座ソニービルショールーム2Fで開催される先着20名様の無料体験会ですが、こんな様子です。多少人数がオーバーしても立ち見でお話は聞けます。

なお、9月受講分のセミナーからはシステムを変更して先着20名様の無料体験会も事前予約制にするそうです。キャンセルされる方もいるでしょうからきっちり20名様で締切にするとも思えないんですが、要チェック。9月の受講分は8月中旬頃の発表になると思うんですけど、セミナーの予定が発表になったら速攻で予約が必要になるかもしれません。

DSC00004.jpg

そして8月は銀座ソニービル全館で「美ら海」イベントが始まることもあり、今回のような大人数での無料体験会は8月30日、31日の開催分しかありません。ですが、この8月30日、31日開催のセミナーは”α”セミナー講師の4番バッターO講師で、今までに無い新作のセミナーになります。

「花を撮るレンズを知る ~去りゆく夏と迎える秋~ 道端編」というタイトルになっています。8月30日(土)と8月31日(日)の17:15~の2回公演です。これがもしかしたら最後の「先着20名様」のセミナーになるかもしれません。

花を撮るセミナーなのでマクロレンズ特集なのかと思うとそうではなく、マクロレンズ以外でも楽しめて、レンズの種類によって変わる花の表現を楽しんでください、という内容。教わった技は、近所の道端ですぐに生かせる技になりそうだし、あと、この時期のセミナーと言うことは、もしかすると秋発売のレンズの話とかも期待できそうだし!?(まだ早いですかね)

私も8月30日(土)の「α cafe 体験会」は参加させていただいてまたまた拝聴させていただく予定でいます。αファンの皆さんも是非、夏の予定のひとつに組み込んでみては! 

 

DSC00004.jpg
☆ソニー「デジタル一眼カメラ α cafe体験会」のご案内はこちらから

☆当店blog 14.7.16「デジタル一眼カメラ『α cafe体験会』8月分受付スタート」 
☆当店blog 14.6.25「αセミナーが新装開店『デジタル一眼カメラα cafe体験会』」 

 

【追記】

DSC00049
α7s+SAL1635Z F2.8 15秒 ISO6400

O講師のセミナーのおかげで私も初の星景写真撮影の挑戦でこんな写真を撮ってくることができました。O講師からうかがった話をそのまま実戦しただけ。ミラクルです!

O講師には一生感謝します。旅の様子は下記の記事ににて。

☆当店blog 14.8.9「”α7s”で撮る『2泊3日 木曽駒ヶ岳の天の川テント泊』」 

 


nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 7

コメント 5

平井

カメラについて質問があります。ソニー製品情報で”ファストハイブリッドAFに対応”と記載されていないレンズ(特にSELP18105G)はファストハイブリッドAFできないのでしょうか?α6000買おうかどうか悩んでいます。
by 平井 (2014-07-22 22:17) 

店員佐藤

♪平井さん、こんにちは。

お問い合わせのファストハイブリッドAF(像面位相差AF)の
件ですが、ソニーのボディレンズ対応表を見るとSELP18105と
α6000でしたらファストハイブリッドAFの利用はできそう
ですよ。
http://www.sony.jp/support/ichigan/accy/list/accy_body_lenz_ilce6000.html

α6000で像面位相差AFが使えないのはSEL16F28だけみたいです。

当店に展示中のα6000にSELP18105を装着して実際に
試してみても像面位相差AFは利用できています。
安心してα6000をお買い求めくださいませ♪

当店店頭では7月末までサマーフェアを開催中です。
たくさんの特典をご用意していますので、当店店頭利用も
是非、ご検討ください。
by 店員佐藤 (2014-07-23 14:25) 

平井

調べていただきありがとうございました。
Blogほぼ毎日楽しく見させていただいています。

買うことは決定しましたが、買うのは8月なのと、当方、生まれも育ちも今現在も岐阜県なので、店頭に伺うのはなかなか難しいです。

買うときはこちらから、あるいはソニーストア名古屋で店舗コード?を伝えて購入しますので、よろしくお願いいたします。
by 平井 (2014-07-24 12:59) 

平井

我慢できず、左上から購入してしまいました。
届くのが非常に楽しみです。この度は丁寧なご回答ありがとうございました。
by 平井 (2014-07-24 23:53) 

店員佐藤

♪平井さん、こんにちは。
α6000のお買い上げありがとうございました。m(_ _)m
すでにお使いになってから1週間ほど経ったころですね。

像面位相差AFを使ったバリバリフォーカスが合っている
様を味わうようでしたらフォーカスモードを「AF-C」に
していただくとわかりやすいと思います。動体撮影の
ときにはこれがすごく役に立つと思います。

いろいろお試しになってみてください。
またご感想などをお聞かせいただけると嬉しいです。
撮影された作品は是非、α cafeで拝見させてください。
by 店員佐藤 (2014-08-02 12:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ