再放送『”α7”無印で撮ってきた鷹取山とアジサイ』:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

再放送『”α7”無印で撮ってきた鷹取山とアジサイ』 [★店員佐藤の写真日記]

DSC00001.jpg

記事の再放送です。

6月30日に行ってきた鷹取山の記事なんですが、完成したあとになぜかblog記事のデータが消失。夜中に書いていたので私の不注意でなにかやってしまったんだと思いますが、さすがに2度同じ事を書く気になれず、たった2時間ほど公開にはなっていたものの、その後、再構築できずなかったことになりそうだったんですが、お客様からRSSリーダーに残っていたテキストデータをいただくことができました。

テキストデータを元に再度、写真データをアップロードして再放送記事を掲載したいと思います。

今さらながらではありますが、昨年秋に発売されたデジタル一眼カメラ”α7”の無印と、キットレンズのSEL2870を持っての写真遠足の記録です。

 

DSC00043.jpg

さて、昨年末に「山あるき12ヶ月」という本を買っています。月別に関東近郊でお勧めの山が紹介されていて、1ヶ月に3つの山を推薦。その3つの山のウチどれか一つに行ってみよう!というのを昨年秋からはじめています。

山あるき12カ月 関東周辺 (大人の遠足BOOK)

山あるき12カ月 関東周辺 (大人の遠足BOOK)

  • 作者: 中田真二
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2011/07/22
  • メディア: 単行本

なんとか毎月行くんだ!と頑張ってみたもののすでに4月はリタイア。6月も梅雨で天気の悪い週末が続いていて、さらにカメラの新製品が集中して出てきたものですからこれは無理だな。。。とか、思っていたんですけど最終日の今日、ぽっかりと予定のない休日で晴れ間も出るとのことで行ってきました。

他の2つの山は今月はちょっと遠いんです。一番近い山だったというのと、あとは絶景が楽しめそうだったので「鷹取山」を選択。

DSC00001.jpg

自宅から電車で約2時間の道のり。横浜までは副都心線から直通で行って、そこからは京急線で神武寺駅を目指します。

京急線はほとんど乗ることがないもので、車内広告から車両からなにもかもが目新しく、すごい旅気分を味わえます。都営浅草線に乗り入れている線もあるみたいで、そうすると新橋にもこれでいけるのか。。。いいなぁ、この沿線に住むのも、なんて思いつつ神武寺駅に到着。

DSC00002.jpg

なんとなく想像はしていたので、お弁当は地元駅のセブンイレブンで調達してきたのですが、それが正解。神武寺駅の前にはコンビニありませんでした。お店らしいお店もなく、クリーニング屋さんと自販機があるくらいです。

あぶない、あぶない。

DSC08993.jpg
α7+SEL2870 F20 1/40秒 焦点距離28mm

地図に従って神武寺までの登山道を目指します。5分ほど線路に沿って歩いて。。。

DSC00003.jpg

特別養護老人ホームの前に登山口があるそうなんですが、あ、これは老人ホームで作った看板やかかしでしょうか。「北の海女」のはちまきをしたあまちゃんがいるところを見ると、頻繁にこれは作り替えられているみたいです。

DSC00004.jpg

ここが登山口。特に看板もなく地味な登山口なんですが、この先の道はしっかりと整備されているのが不思議。

DSC00005.jpg

整備されている理由のひとつがこれで、石切り場の跡となっているので、おそらくこの登山道は以前トロッコの路線だったところなんだと思います。

また石切り場というだけあって、石がふんだんにあるのか、あちこちに立派な石の階段が整備されていて登りやすいのなんのって。

DSC09004.jpg
α7+SEL2870 F4.0 1/60秒 焦点距離28mm -1.0EV

ここも本当は道なんて無かったのに、岩を削り出して道を作っているんでしょう。これは隠れた名所的登山道かも。

DSC09005.jpg
α7+SEL2870 F5.6 1/80秒 焦点距離70mm

ルートはだいぶ短くて2時間20分4.8kmのコースになっています。神武寺というお寺へ立ち寄って、その後、鷹取山山頂へ行き、あとは山を下って住宅街を通り抜けて山の向こうにある追浜駅まで歩くコース。

DSC00012.jpg

普通に歩くと山頂まで90分だそうです。のんびり歩いていきます。

DSC09006.jpg
α7+SEL2870 F4.5 1/60秒 焦点距離28mm -1.3EV

一部、川と道路が並行している部分があるんですが、ここも道は石で出来ているのでぐちゃぐちゃになっていなくて、それなりに滑りやすいんですが、快適、快適。

DSC00007.jpg

休み休み、”α7”で写真を撮りながら歩きます。

”α7R”も半年使ってきていますが、ここ最近は”α77 II”とか”α6000”の動体高速連写とか、”α7s”の高感度撮影など特殊なことばかりしていたので、こうしてスナップ写真を気ままに撮りながら歩くのって、なんか久しぶりです。

被写体探しが楽しい山歩きです。

DSC00008.jpg

このコースは石で出来た階段なども特徴ですがトイレの整備もしっかりされているところがさすが。

平日でまったく人通りがないので、休日にどれくらい賑わっているのかわかりませんが、地元の方、いいなぁ、こんなコースがあって。

DSC09014.jpg
α7+SEL2870 F9.0 1/250秒 焦点距離70mm 

神武寺に到着です。普通に歩くと駅から50分ほどだそうです。

DSC09020.jpg
α7+SEL2870 F4.0 1/60秒 焦点距離28mm -0.7EV

ここも岩の中にあるお寺さんみたいな感じで、石がふんだんに使われているというよりは、石を切り出して道を作っているみたいなところ。

石のテーマパークみたいな山です。

DSC09023.jpg
α7+SEL2870 F5.6 1/80秒 焦点距離70mm -0.3EV

神武寺でご挨拶をしたらそのまま登山道に戻ります。

DSC00009.jpg

次は鷹取山の山頂を目指します。ここから歩いて40分。

DSC00010.jpg

やたらと送電線を目にするんですが、その謎は後ほど判明します。

DSC00011.jpg

山頂が近づくにつれてますます岩が増えてきます。

DSC09036.jpg
α7+SEL2870 F4.0 1/60秒 焦点距離28mm -0.7EV

鎖場も2カ所ほどあって、上りはクサリを使わなくてもなんとかなりますが下りの時はクサリに捕まらないと怖くて降りられないかも。

で、この先に登山道がどれだかわからなくなるところがあって、ま、山頂が近いから高い方へ、高い方へと向かって行けば問題ないかと思いきや。。。

DSC00013.jpg

ほとんどロッククライミングみたいな道にでてしまい、道具がないと、これは登れないぞ、どうすると、まきまくったらなんとか素手で登り切ることに成功。

滑ったら死ぬな、というところで高所恐怖症の人には無理な山なのかと思いきや、私が単に道を間違えただけみたいでした。

あとで下りの時に正規の道を発見しましたが、なんてことのない普通の道も用意されています。

で、私が登ったところと言うのはここでした。

DSC09044.jpg
α7+SEL2870 F9.0 1/160秒 焦点距離28mm -0.3EV

登ったところに立ち入り禁止と書かれても。。。

どうやらここはロッククライミングの練習を出来る場所らしくて、届けを出している人はここを登ることができるそうです。ここから展望台まで行きたいんですが、柵があって安全地帯に入れません。仕方なく柵を乗り越えましたが、いやぁ、すごいところでした。

DSC00014.jpg

柵を乗り越えて展望台に向かう途中です。どこで道を誤ったのかなあ。

DSC09048.jpg
α7+SEL2870 F7.1 1/125秒 焦点距離70mm +0.3EV

展望台の上が山頂、ということみたいです。標高139mって、今まで登った山の中で一番低い標高かも。

ただ、海が近いので海抜139mと見ると結構な高さがあります。

DSC00018.jpg
α7+SEL2870 F8.0 1/125秒 焦点距離28mm +0.3EV

展望台からの景色がこちらです。ね、ちょっとした絶景じゃないですか? まるで遺跡があるみたいになっています。

DSC09058.jpg
α7+SEL2870 F6.3 1/100秒 焦点距離70mm

これは石切り場で、切り出した岩の残りがそのまま残っているというだけのものの様ですが、見ようによってはマチュピチュみたいな感じに見えなくもないかと。。。

竹田城は大賑わいみたいですが、ここは空いてますよ。

DSC09053.jpg
α7+SEL2870 F8.0 1/160秒 焦点距離70mm 超解像ズーム+デジタルズーム4倍

遠く見ると横須賀港なのかな? 潜水艦が見えます。レンズはSEL2870の1本しか持ってきていないもので、望遠レンズはないんですが、これは超解像ズームとデジタルズームを使って4倍にして撮影しているところです。280mm相当で撮影ができました。

普段、デジタルズームなんて使いませんが、こういう緊急時には利用ができるものですね。

DSC00016.jpg

こちらは山頂から見た送電線。やたらと送電線が多いんですが、ここは火力発電所があるそうで、そのための送電線の様です。

DSC00015.jpg

そういう景色を眺めつつ、誰も展望台にやってこないので、ここでお昼にさせていただきました。

普段は山頂とか人が多いし、場所をずらして人気の無いところで休憩をするんですが、今日だけは特等席です。おにぎりと唐揚げとウインナーと卵焼き。出来ればこれにたくあんを2枚つけて欲しいんですが、そういうお弁当って今はないんですよね。

DSC00017.jpg

お昼休憩をのんびりしつつ、風を受けながら景色を楽しみます。これは東京方面なんですが、遠くに横浜のランドマークタワーが見えるだけでスカイツリーや新宿の高層ビル群までは今日は見えませんでした。

次に来るときは望遠レンズも持ってこなくては。

休憩が終わったら、山の反対側に下山します。

DSC09064.jpg
α7+SEL2870 F7.1 1/100秒 焦点距離28mm +0.7EV

こんな撮り方をするとますます遺跡風になります。自主制作の映画とか、ビデオ撮影のPVとかに使えないですかね?

DSC00019.jpg

振り返ると、あのてっぺんが先ほどまでいた展望台です。この岩の向こう面を私はなにも知らずに登ってしまったみたいです。怖い、怖い。

DSC00020.jpg

これはさっきまで見下ろしていた遺跡風の切り出し岩。

DSC09074.jpg
α7+SEL2870 F7.1 1/100秒 焦点距離28mm

無数の穴があいているんですが、これはなんのために開けられた穴なんでしょうね。もしかして、昔の人がロッククライミングをしたときの練習の名残で、それが風化して穴が大きくなっちゃったとかなんですかね?

DSC00021.jpg

これらの遺跡群の塊の下には公園が整備されていて、公園の一部みたいな位置づけだったみたいです。

DSC00022.jpg

さっきまでの冒険気分は下山から10分も立たないうちに吹っ飛びます。ここには公園管理の設備もあるし綺麗なトイレもあるし、自販機もあるし。

DSC00023.jpg

あとは追浜駅まで普通の道を下っていくのですが、途中にアジサイがたくさん植えられていました。

DSC09087.jpg
α7+SEL2870 F6.3 1/100秒 焦点距離70mm +0.7EV

満開のアジサイを撮影する機会がなかったんですが、ここで満喫です。

DSC09091.jpg
α7+SEL2870 F8.0 1/60秒 焦点距離70mm +1.7EV

ちょうど逆光っぽいポジションなので、SEL2870を使った点光源のボケも試せます。フルサイズのズームレンズということで口径食も出やすいんですがF8くらいまで絞るとそういうのは無くなるかな。

好条件で、いろいろ試してきました。

DSC09093.jpg
α7+SEL2870 F5.6 1/80秒 焦点距離70mm +2.0EV

まぁ、今時のソニーレンズに変な写りのものがあるわけもなく、その写りはやはりフルサイズセンサーのものになります。ボケ味がAPS-Cと比較すると1.5倍くらいは出やすい感じ。

ズームレンズでもこんなに背景をぼかすことができます。

アジサイ撮影をしばらく楽しませてもらってきました。良い時期に来れました。

DSC00024.jpg

あとは住宅街を抜けて、商店街を抜けて京急線の追浜駅へ到着。無事に帰ってきました。

 

撮影した写真は当店店頭にて4Kブラビアでご覧いただけるようにします。

この夏は、”α77 II”とか”α6000”、”α7s”の撮影レポートなどをしていますが、その後、写真データをご覧になりたいということで店頭へお見えになるお客様がいらっしゃるんです。喜んで、blogに掲載していない写真を含めて全部ご覧いただきつつ、私の「言い訳」付きで解説をしています。

今回の”α7”+SEL2870の写真も、店頭でご案内します。”α7R”の時もさんざん撮っているんですが、こうした山頂からの風景写真とか、フルサイズセンサーで撮って4Kで観るのって快感なんですよねぇ。

 

DSC00011.jpg
★ソニーストア デジタル一眼“α7”ズームレンズキットのご案内はこちらから

☆当店blog 13.10.26「小澤忠恭氏の“α7”トークショーがYoutubeで公開」 
☆当店blog 13.10.23「フルサイズミラーレス“α7”シリーズの最新オーダーレポート」 
☆当店blog 13.10.22「Camera Appsに新アプリ『多重露光』と、α7が登場!」 
☆当店blog 13.10.20「映像作家・貫井氏が登壇 特別体験会2日目レポート」 
☆当店blog 13.10.20「“α7”ボディが『入荷次第出荷』ステータス」 
☆当店blog 13.10.19「New α 始動 特別体験会 イベントレポート」 

☆当店blog 13.10.18「新型“α7”シリーズ 商品コンセプトの話」 
※たまたま銀座ソニービルショールームで商品担当の方からお話を聞いたインタビューレポートです。必見です!

☆当店blog 13.10.17「α7R、α7 銀座ソニービルショールーム展示レポート」 
☆当店blog 13.10.16「α7R、α7の本日のオーダーレポート」 
☆当店blog 13.10.16「誰も作らなかったカメラ、フルサイズミラーレス『α7』シリーズ発表&発売」 

 

当店blogエントリーを見てkozyさんがα7Rで鷹取山を切り取ってこられました。合わせてkozyさんのblogエントリーもどうぞ!

☆kozyさんblog 143.8.2「α7Rで行く鷹取山」 

 


nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 13

コメント 4

とりす

何かの巣穴かな?と思いましたが、ハーケンの跡らしいですね
ほんとかな?

自分のblogでもrssリーダーに登録しておいた方がいいですね
参考になりました
by とりす (2014-07-11 10:11) 

店員佐藤

♪とりすさん、こんにちは。
ハーケンの跡が風化してこんな形になってしまった
ですね。昔からみんなここでクライミングの練習を
していたと。

ちょっと不思議な風景の面白い山でした。
by 店員佐藤 (2014-07-12 13:03) 

デュオたろう

登山記事本当に好きです!
夏山を目指して減量してきましたが、
やっとまともな体に戻すことが出来ましたので
自分も今年は登山に行こうと思ってます。

毎回本当に山に行きたくなるいい記事ばかりです
今後も期待してます!
by デュオたろう (2014-07-13 11:47) 

店員佐藤

♪デュオたろうさん、こんにちは。
長文エントリーにおつきあいいただき
ありがとうございます。

低山ハイキングばかりですみません。
本当はもうちょっとメジャーな山に
行きたいんですが、体力も根性も勇気も
経験もないもので、なかなか。

でも、夏は時間が取りやすいので高い山に
私も挑戦してきます。

減量調整がうまく行かれたのがうらやましいです。
私は今年の夏も失敗しました。(^^)
by 店員佐藤 (2014-07-14 03:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ