ウォークマン『NW-ZX1』ショールーム展示レポート:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

ウォークマン『NW-ZX1』ショールーム展示レポート [┣ Walkman & Audio]

DSC00001.jpg

今週は店舗の改装工事をしているため、記事作成ができずにいたんですが、改装中にちょっとだけお店を抜けて、銀座ソニービルショールームさんへお邪魔してきました。

目的はもちろんこちら。ハイレゾ対応の究極ウォークマン「NW-ZX1」の展示状況の見学です。人気があって列を作っていたため5分程度しか触ることはできませんでしたが、その展示の様子をレポートしたいと思います。

 

DSC00005.jpg

私が行ってきたのは平日の金曜日だったんですがそれでも数人の列ができていました。展示が始まってから初めての週末を迎える今日あたりはすごいことになっているんでしょうね。こんな列を整理するためのガイドもできていたので、今日あたりはここに長い列ができているんだと思います。

DSC00006.jpg 

混雑時は5分程度の体験でお願いします、というのがあるので、私もこの時は意識して3分以内には体験を終わらせるようにしました。時間をはかってはいないんですが、こういうのって自分で考える以上に早く時間が経ってしまうんですよね。

ちなみに展示されているZX1は1台のみ。F880シリーズは多数展示されているのでハイレゾの音をいろいろなヘッドホンで試したい、ということであればF880で体験するようにして、ここではZX1本体の質感、操作感などを確認されるのが良いと思います。

DSC00002.jpg

こちらがZX1本体。

商品写真を見ての通りのイメージですが、スマートフォンを見慣れた目にはややボディは小さく感じられて、そしてボディの厚みがかなりある、という印象になるはず。

DSC00003.jpg

こちらがひっくり返してみたところ。このふくらみのところがアンプ回路が詰まっているところ。

こういうカードタイプのものはすべてフルフラットになっているのに、このふくらみはすごい特徴的です。存在感、すごいです。

DSC00004.jpg

あとは外観ですごく目立つのがこちらのイヤホン端子。これもただものではありません。ボディ外装までこうしてふくらみを持たせてしまうほど太い径のジャックをおごっています。

 

DSC00007.jpg

持った感じですが、妙に軽い感じがするわけでも、ずっしりくる感じもなく、私にはイメージ通りという感じでした。試聴用のヘッドホンはMDR-1Rが用意されていますが、自分で持ち込んだヘッドホンでも自由に聴くことができます。

DSC00008.jpg

写真はウォークマンF880ですが、ハイレゾ対応ウォークマンには銀座ソニービルショールームさんの方でちゃんと音源を用意してくれています。ウォークマンアプリを開いたらプレイリストに入り、そこにこうしてハイレゾ比較試聴用のファイルが入っているわけです。

私が試してきたのは2番目にある「★192 vs 44_1」というプレイリストです。ここに192kHz 24bitの楽曲と音楽CDの44.1kHzの同じ曲が用意されています。

DSC00009.jpg

楽曲はノラ・ジョーンズの「Don't Know Why」です。ノラ・ジョーンズって誰?という方、映画「TED」に出てきたあのライブをしていたショートカットの女性です。あの人、劇中の適当なシンガーではなく、本当に有名なアーティストなんです。

ノラ・ジョーンズ

ノラ・ジョーンズ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルミュージック
  • 発売日: 2003/11/27
  • メディア: CD

私もこのアルバムはよく聴きます。おなじみの楽曲が聞けるので助かりました。

DSC00010.jpg

一緒に用意されているMDR-1Rで試聴してきましたが、なるほど、これはすごい。

今までもSACDの体験会などでハイレゾ楽曲の試聴をする機会はたくさんありましたが、それって全部ホームオーディオというかスピーカーシステムで聴くものばかりです。

ヘッドホンでそんなにハイレゾの威力って感じられるものなのかなぁ、と、普通に疑問に思っていたんですが一発でした。

ハイレゾ音源、ウォークマンでも、ヘッドホンでも全然違いがわかります。先に192kHz、24bitのFLAC音源を聞きましたが、CDフォーマットの曲と聞き比べをするまでもなく、今まで聞いたCDの音との違いが丸出しです。

私のボキャブラリーが少なくて申し訳ないんですが、音の艶というか滑らかさが全然違います。今までに聞いたことがないノラ・ジョーンズを楽しめました。

DSC00011.jpg

その後、これはウォークマンのアンプのせいによるものなのか?ということで44.1kHzの楽曲も聞き比べるんですが、うん、こっちはやっぱり今まで聞きなれたCDの音。フォーマットの違いだけでこの差があるのか。。。すごいですね。

192kHz 24bitの音は44.1kHz 16bitの音に比べて情報量は6倍程度とのことですが、まさに音のハイビジョンですね。

DSC00012.jpg

この音を楽しむのには楽曲をダウンロード購入する必要があり、10月17日より始まるmoraでのハイレゾ配信に頼るしかないんですが、スタート当初は約600曲程度。確定している配信楽曲の発表はありませんが70~80年代くらいのアルバムを中心に配信されるとのことです。

ある程度、配信楽曲で決定しているものがないのかアテンダントの方にうかがってはみたんですが、やはりまだ正式な情報はないみたいです。

ウォークマンZX1の発売がある12月の前にF880の発売があるし、その前にmoraの配信もスタートするので、それを見てからZX1のオーダーを検討する、というのも良いのですが。。。昨日まではまだ発売日お届け目安の表示になっていたんですが、今日確認したところ「入荷次第出荷」に切り替わってしまっていました。

実は当店の新型ウォークマンのオーダー数を見ても実に7割以上(販売開始直後は約9割)がZX1のオーダーに集中しているんです。

7万5千円もするウォークマンなんて高すぎて買えない!という方がいる一方で、スマートフォンって割引がなければ本体価格って7~8万するわけです。モバイル通信を必要とせずに音に特化したAndroid端末が欲しい、としたら内蔵メモリー128GBで74,800円はそう高いものでもないんですよね。

そういう冷静な計算をされる方が速攻でオーダーされていて、まさかの初回出荷分完売状態になっているようです。

12月発売だから、まだ検討して。。。なんてモデルではないのかも!? フルサイズサイバーショットDSC-RX1の大ヒットに続く、ソニーの看板モデルになるかもしれないZX1です。

今のうちに、早めにオーダーしておいた方が良いかもしれませんよ♪ 

 

DSC00013.jpg
★ソニーストア ウォークマン「NW-ZX1」のご案内はこちらから

DSC00011.jpg
★ソニーストア ウォークマンZXシリーズ スペシャルコンテンツページはこちらから

 

☆ソニープレスリリース「ウォークマン史上初 CDの音質を超えるハイレゾリューション・オーディオ音源に対応した『NW-ZX1』、『NW-F880シリーズ』を発売」

☆ソニー商品情報サイト ウォークマンZXシリーズ商品ページはこちらから

☆スペシャルコンテンツ「WALKMAN FIRST GUIDE」はこちらから

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

okaimonoken_1000.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから

 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ