世界初裏面照射CMOS搭載1.0型センサー『DSC-RX100M2』発表:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

世界初裏面照射CMOS搭載1.0型センサー『DSC-RX100M2』発表 [┣ サイバーショット]

DSC00001.jpg

世界初の1.0型の裏面照射CMOSセンサーを搭載し、さらにサイバーショットシリーズでは初めてNFC機能も搭載した「DSC-RX100M2」が発表になりました。

DSC00001.jpg

昨年の大ヒットモデル「DSC-RX100」がモデルチェンジをして新型モデルになりました。「DSC-RX100M2」です。

ソニー製品でマーク2という名前で製品が登場するのってちょっと珍しくないですか? シリーズで本体デザインがほとんどそのままでも型番を101とか110にして発売するんですが、それほど内容に違いがないんでしょうか? というところですが、内容はだいぶ進化している模様。

DSC00002.jpg

まずは、一番の大きな進化はセンサーの変更です。1.0型の大型センサーを裏面照射CMOSにしてきました。

レンズは28mm~100mmということで、昨年モデルと同じ構成でセンサーの画素数も一緒なんですが裏面照射CMOSセンサーの搭載は影響大ですね。

裏面照射CMOSというのは従来と受光部の階層をひっくり返して光を受け止める量を大きく増やしたセンサーです。サイバーショットの1/2.3型センサーに採用され感度が大幅にアップ。暗所でもノイズの少ない映像が撮影できるようになっています。

当時からデジタル一眼“α”のAPS-Cセンサーなどへの搭載はないのか興味のあるところだったんですが、センサーサイズが10倍ほど大きな“α”のセンサーでは裏面照射にする必要はないとの話を聞いたことがあります。

DSC00003.jpg

その中間くらいのサイズにある1.0型センサーの場合の効果はどうなのかなぁ、というのはとても興味のあるところ。1.0型の大型センサーのおかげでレンズのボケの演出もしやすく、また暗所でもノイズの少ない映像がそのままでも撮れていましたが、それが裏面照射CMOSにすることで感度が1段分以上上がるとのこと。

DSC00012.jpg
DSC-RX100 F4.9 1/40秒 ISO3200 プログラムオート 焦点距離:100mm(35mm換算)

もしや、これは史上最強の暗所に強いコンパクトカメラになるのでは!? うわー、実機が来たらすぐに夜の東京スカイツリーに持って行って違いを確かめなくては!!

DSC00004.jpg

操作面ではステップズームという新機能が搭載されたそうです。従来は1.2倍とか1.7倍とかの倍率表示に加えて、焦点距離の表示もリングコントロールをズームに割り当てると表示されるようになっていたんですが、固定でステップしてズームができるとのこと。

DSC00001.jpg

なるほど、デジタル一眼カメラのサブカメラとして使われる方も多いでしょうし、デジタル一眼カメラαへのステップアップに利用をされる方もいらっしゃると思います。何ミリ相当のレンズ、ズーム倍率で撮影しているのか知りたい気持ちはわかります。

DSC-RX100でもオートモードにするとコントロールリングがズームリングになるので、これで回して焦点距離を探ったりするのは私もしたことがあります。なんかデジタル一眼カメラに慣れていると中途半端な焦点距離にしないでピタッとした焦点距離にしたくなったりするんですよね。

DSC00005.jpg

背面にある液晶モニターもチルトするそうです。αほど自由度は高くなく、上方向で84度、下方向は45度とのことですが、これでも十分。

ローポジションもハイポジションもDSC-RX100の時はどうにもならなかったので、広角に頼って大体でアングルを決めていたんですけど、これだったら正確にアングルを決められそう。

RX100は非常にキレのよい映像が撮れるので、使い方のコツとしては面倒くさがらずにスポットAFを使って正確にピントを合わせるのがコツ、だと思っています。これも大きな変更点で、より楽しく写真を撮るために利用ができそうです。

DSC00006.jpg

そして、これも大きな進化。昨年秋からハンディカム、サイバーショット、“α”で共用が始まったマルチインターフェースシューをDSC-RX100M2も採用しました。

これにより、あれが使えるようになります。

DSC00007.jpg

ちょっとスタイルが悪い?かもしれませんがDSC-RX1やDSC-HX50Vで使える電子ビューファインダー「FDA-EV1MK」が利用できます。有機ELを使ったコントラストの高いEVFです。

恥ずかしながら私もこの1~2年でちょっとずつ老眼が進んできていて、電子ビューファインダーがあるととても助かります。もともと近視なので普通にPCも使えるし背面モニターも使えるんですが、目に力を入れてぐっと見るときは目が疲れてしまって。。。NEX-5RでもEVFを常用しているんですが、RX1でこれが使えなかったのが、唯一残念だったんです。

私の場合、これだけでRX100からRX100M2に乗り換える理由になってしまいます。

DSC00011.jpg

ダメ押しがこちら。RX100M2にはWi-Fi機能が搭載されるのと、タッチで転送ができるNFC機能がつきました。もう、これはXperia AX、Xperia Z、Xperia Aをお持ちの方は狙い撃ちです。

面倒なWi-Fi接続をせずに、タッチだけで接続ができちゃうんですって。

ある意味サイバーショットとXperiaなどのスマートフォンってそれほど大きな写りの違いってないというか、スマートフォンの方がかなり画質が進化してしまっているのでメリットを感じられる人って少なかったかもしれませんが、RX100M2と比較するとその違いは歴然。

レンズ&センサーサイズの差はもうどうにもならず、スマートフォンには完全に追いつけないレベルだと思います。スマートフォンでは撮影できない高画質映像を簡単にスマートフォンに転送できるというのは破壊力あります。

撮影モードでタッチするとリモート画面に。再生画面でタッチすると写真データの自動転送になる、というのもわかりやすすぎです。

はい、これで買い替え決定です。

DSC00010.jpg

そして、アクセサリー類も新製品が登場。フィット感を高めるためのアタッチメントグリップが登場しました。両面テープで固定するそうなので、必要に合わせて付けはずしするタイプのものではないのですが、こういうものが必要な声が多かったんでしょうね。

開発者さんのお話ではこのモデルは小型化することを優先して開発した、とのことでいろいろなものをサイズの制約によりあきらめているみたいなんですが、これもそのあきらめたものの一つだったのかもしれませんね。

RX100のヒットのおかげで登場したアクセサリーなのかも。

DSC00008.jpg

そして、こちらもちょっと変わったアクセサリーになります。49mm径のフィルターを装着するためのアダプターで、こちらもテープなどでカメラ本体に固定させるものの様子。

DSC00009.jpg

これでMCプロテクターやNDフィルター、円偏光フィルターを利用できるようにするそうです。写真でみると、デザインがちょっとあれなんですが(^^;)円偏光フィルターを利用できるようになるのはでかいです。

偏光フィルターを使うと写真の色がガラッと変わりますからね。ソニーストア価格で2,880円なので悩むまでもないですね。試してみなくちゃ。

ということで、マーク2ということでそれほど変わっていないと、言いつつ、かなりの変更点だらけです。逆に同じものを使っているのってどこかというとボディとレンズくらい?

これは別の型番をちゃんとつけてもらっても良かったんじゃないかという進化をしています。

DSC00002.jpg

さて、ソニーストアではすでに販売が始まっています。久々にソニーストア限定のカメラケースが登場しました。今回はストア限定販売で「キャメル」カラーのケースがあります。セミハードシートとのセットで9,461円とのこと。

数量限定とはなっていませんが、これはポイント高いかも。キャメルカラーのケースは私も使いたくて、RX100の時は社外製品を買ってみたりしていましたが、安心の純正品をこれで使えます。

ソニーストアでは発売記念キャンペーンということで数々のアクセサリー特典を用意していますので、それらと一緒に是非、まとめて購入を!

ちなみに個人的におすすめなのはこちら。

DSC00014.jpg

DSC-RX100M2も本体内充電をすることになっているのですが、こうしたバッテリーチャージャーがあると旅行の時に充電しながら撮影もできるのでかなり便利だと思います。

また、バッテリーについても大容量のXバッテリーを使っているんですが、それでもRX100ではややスタミナ不足。特にRX100M2ではWi-Fi機能を搭載しており、私の経験上Wi-Fi機能を使うとさらにバッテリー消費が激しくなる傾向にあるので、予備バッテリーも必須かと。

ぜひ、ストアメンバーさんはクーポンフル活用でお買い求めください。VAIOの時のように1ページ目、2ページ目のカートに入れるタイミングで割引クーポンの%が変わってしまう様なことはありません。キャンペーンでソニーポイントがついてくるものだけ注意してオーダーをどうぞ♪ 

DSC00001.jpg
★ソニーストア サイバーショット「DSC-RX100M2」のご注文はこちらから

☆ソニープレスリリース「世界初1.0型裏面照射型CMOSイメージセンサー搭載で暗所での画質が向上『RX100 II』」 

【昨年モデルのDSC-RX100の当店記事エントリーはこちら】

DSC00009.jpg
★ソニーストア サイバーショット「DSC-RX100」のご購入はこちらから

☆当店blog 12.9.24「『DSC-RX100』で撮る家族旅行【那須編】」

☆当店blog 12.8.21「『DSC-RX100』でボケのある写真を楽しみたい!」
☆当店blog 12.8.17「DSC-RX100ユーザーさん注目の『Sony Raw Driver』」
☆当店blog 12.8.10「谷川岳登山記録を『DSC-RX100』で撮ってきました」 

☆当店blog 12.6.27「NEX-7を超えた!?『DSC-RX100』店員レビューレポート」 
※RX100使いこなしのためのちょっとしたコツはこちらでご案内しています♪

☆当店blog 12.6.22「手持ち夜景モードで露出を変える方法」 
☆当店blog 12.6.21「DSC-RX100のRAW現像に挑戦」 

☆当店blog 12.6.18「DSC-RX100の試し撮り(汐留編)」 
☆当店blog 12.6.16「DSC-RX100の試し撮り(東京ソラマチ編)」 
☆当店blog 12.6.16「DSC-RX100の試し撮り(東京スカイツリー編)」 
☆当店blog 12.6.15「サイバーショット『DSC-RX100』開梱&セッティングレポート」

☆当店blog 12.6.9「『DSC-RX100』特別体験会レポート」 
☆当店blog 12.6.8「『DSC-RX100』の当店経由オーダーレポート!」 

☆当店blog 12.6.7「『DSC-RX100』ショールーム特別先行展示レポート」 
☆当店blog 12.6.7「新型サイバーショット『DSC-RX100』のカタログ到着」 
☆当店blog 12.6.6「大型センサー搭載の新型サイバーショット『DSC-RX100』発表!


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 2

かっきい

さっきソニービルに行ったらもうすぐ出ますよ的なことを言われてましたね。
赤のVAIOがキレイでした。
それではこれから鳥取に帰ります( ´ ▽ ` )ノ
by かっきい (2013-06-27 14:54) 

店員佐藤

♪かっきいさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

わわ、近所までお越しになっていたんですね。
もう鳥取にお帰りですか。なんか切ないです。
by 店員佐藤 (2013-06-30 00:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ