アクションカム『HDR-AS15』の長時間撮影に挑戦:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

アクションカム『HDR-AS15』の長時間撮影に挑戦 [┣ ハンディカム & アクションカム]

DSC00001.jpg

昨日から出荷になっているアクションカム「HDR-AS15」専用アクセサリーのスケルトンフレーム「AKA-SF1」を使って早速、長時間撮影のテストをしてみました。

本番撮影の前にこういうものは徹底してテストをして問題を出さないといけないのと。。。あと、これでどれくらいの長時間が実際に撮影できるものなのかテストです。

 

DSC00002.jpg

さて、今回のテストですが、用意したのは昨日の開梱レポートの時に紹介したものですべてです。アクションカム本体をスケルトンフレーム「AKA-SF1」に装着して、本体下部のフラップを開き、そこにマイクロUSBケーブルを挿します。

そこからケーブルでポータブル電源の「CP-F10LSAVP」に接続。USB接続でカメラ本体に電源供給をするようにして内蔵バッテリー以上のスタミナ撮影を行う、というわけです。

これで普通の三脚を利用しても良いのですが、簡単便利なのでクリップマウント「VCT-CM1」を使って撮影をします。ポータブル電源は適当なファブリックポーチに入れてクリップマウントにひっかけてバッテリーを保持します。

DSC00003.jpg

ベランダの手すりにクリップで挟み付けてこれで撮影するんですが、万一クリップが外れたりしたときにベランダから落下しないよう、安全策でクリップ、カメラ、ポータブル電源をつないで、手すりにひもでくくっておきます。

これで撮影を始めてから思ったんですが、風があるとポータブル電源の袋が揺れて、意味もなくクリップマウントに負荷をかけることがわかりました。昨夜は無風だったからよかったんですが、ポータブル電源はなにかしら別の方法で固定するようにした方がよいですね。

USBケーブルを長くして地面に置いても良いし、近くにテーブルを持ってきてそこに固定しても良いかも。

DSC00004.jpg

撮影テストは昨夜、帰ってからすぐに撮影をはじめています。撮影開始は21時51分でした。

そこから今朝、出勤するギリギリまで撮影をしていて、撮影終了は8時46分です。撮影時間は10時間55分で654分になります。

電源供給しているポータブル電源の「CP-F10LSAVP」ですが、電源ボタンを押すとLEDの点滅でバッテリー残量を表示します。2回点滅したので、これでバッテリーはまだ半分しか使っていないそうです。

もしかしたらものすごいもちかもしれません。画角のチェックをするためにWi-Fi機能をオンにして撮影していてこれです。画角をしっかりと決めてからWi-Fiをオフにして省電力モードで撮影すれば24時間とか連続撮影できてしまうかも。

DSC00005.jpg

なお、撮影はインターバル撮影で10秒に1コマの設定にしています。これで撮影した枚数は3928枚でした。

3928枚の静止画ファイルをつなぎ合わせて動画にする必要があります。私が使っているのはマイクロソフトさんが提供している「Windows Live ムービーメーカー 2011」です。2012年の最新版ではなぜか上手くいかなかったので、それ以来、旧バージョンの2011をダウンロードして使って居ます。

DSC00006.jpg

すべての静止画ファイルを読み込んで、全選択状態にしてから表示時間を「0.03秒」に設定します。これで写真1枚が1フレームになって、30pの動画を作ることができます。

現行モデルでは最強プロセッサーを搭載しているVAIO LシリーズのCore i7-3840QMプロセッサーを搭載したモデルで2分の映像にかかった変換時間が11分17秒です。やっぱり動画の返還にはプロセッサーパワーがかなり必要。

ということで、出力されたタイムラプス動画がこちらです。

2分間で夜の22時から朝の9時くらいまでの撮影になります。1分を過ぎるころまでは夜で、そのあとにふわーっと明るくなります。4時くらいにはもうこんな明るさみたいですね。月が移動していくのと、それとおそらく夜中の1時過ぎくらいになると急に街の動きが止まるところが面白い。

もうちょっと天気が悪くてたくさん雲が出ていると面白い動画になるんですけど、こうやって自分の街の1日を早回しで見られるのって楽しくないですか!?

それと、ポータブル電源のおかげで長時間撮影ができるようになり、おかげで早起きしなくても夜明けの撮影ができるようになったというのは超進歩です。

今回は平日ということもあってここまでしかテストができませんでしたが、この週末に24時間撮影にチャレンジしてみたいと思います。

 

ソニーさんのプロモーションではアクションカムでスポーツシーンの撮影を!という感じばかりですが、どうも私はこういうタイムラプス撮影の方が楽しくて。。。

どこか日本の絶景で一度、これを使って定点撮影してみたいなぁ。


 

DSC00001.jpg
★ソニーストア デジタルHDビデオカメラ「HDR-AS15」のご注文はこちらから
※10月19日からソニーポイント5%特典付きになりました!

☆当店blog 13.5.23「HDR-AS15専用スケルトンフレーム『AKA-SF1』開梱レポート」 
☆当店blog 13.5.23「クリップマウント『VCT-CM1』開梱レポート」 
☆当店blog 13.5.18「HDR-AS15で60Pのサイクリング撮影テスト」 
☆当店blog 13.5.10「BS朝日で明日アクションカムの軍艦島が放送」 

☆当店blog 13.5.2「HDR-AS15&ドッグハーネスの動画が到着!」 
☆当店blog 13.4.25「アクションカム『HDR-AS15』ファームウェアアップデート」 
☆当店blog 13.4.22「アクションカム『HDR-AS15』用マウント新製品レポート」 

☆当店blog 13.4.4「軍艦島をアクションカム『HDR-AS15』で空撮」 
☆当店blog 13.3.15「アクションカム『HDR-AS15』のスポーツムービーがたくさん!」 
☆当店blog 12.12.20「アクションカムで初日の出をインターバル撮影してみよう!」
 
☆当店blog 12.10.24「VAIO Duo 11で使うアクションカムとムービーメーカー2011」 
☆当店blog 12.10.22「『HDR-AS15』でサイクリングムービー撮影」 
☆当店blog 12.10.17「アクションカム『HDR-AS15』で銀座-新橋のおでかけ撮影」 
☆当店blog 12.10.14「『HDR-AS15』でベランダのお天気インターバル撮影」 

☆当店blog 12.10.12「『HDR-AS15』開梱レポート」 

☆当店blog 12.10.11「ハンドルバーマウント『VCT-HM1』開梱レポート」 
☆当店blog 12.10.10「『HDR-AS15』の当店オーダーレポート」 
☆当店blog 12.10.10「アクションカム『HDR-AS15』先行予約販売開始!」 
☆当店blog 12.10.9「アクションカム『HDR-AS15』の購入前 店員レポート」 

 

DSC00001.jpg
★ソニーストア USB出力機能付きポータブル電源「CP-F10LSAVP」のご案内はこちらから

☆当店blog 13.5.15「10000mAhの『CP-F10LSAVP』スタミナテスト」 
☆当店blog 13.4.17「サイクルエナジー史上最強ポータブル電源『CP-F10LSAVP』店員レビュー」
 

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 2

Noir

佐藤さん

いいアイデアがあります☆
今年の夏は富士山の頂上で日の出をラプスしましょ\(^o^)/
by Noir (2013-05-24 20:54) 

店員佐藤

♪Noirさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

それは楽しそう♪ お鉢巡りをしている間、どこかで
定点撮影ができる場所があれば、それだけでも
相当な時間、撮れそう。

そこまで行くならアクションカムではなく、より
高画質なNEX-5Rを使いたいんですが、防水性能も
気になるし、やっぱりアクションカムですかね。
by 店員佐藤 (2013-05-26 22:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ