VAIO Lシリーズでオリンピック放送を録画するぞ!:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

VAIO Lシリーズでオリンピック放送を録画するぞ! [┣ VAIO]

DSC00001.jpgz

今日からロンドンオリンピックが開幕。開会式に先立って行われたサッカーの男子五輪代表、なでしこ共に好発進で期待が高まってきてしまいましたね。

というところで、今回はVAIO Lシリーズに搭載の「Giga Pocket Digital」についての使い勝手のレポートです。

 

DSC00002.jpg

恥ずかしい話なんですが、現在のGiga Pocket Digitalが登場したのはWindows Vista時代で、当時は丸いおひつの形をしたVAIO TP1というモデルでレビューをしたっきりでした。

先日、お電話でVAIO Lについての相談をいただいたんですが「実際に録画した番組をディスクに書き出すのにどれくらい時間がかかりますか?」というご質問に私は返答をすることができませんでした。

機能面はわかっているし説明もできるんですが、そういえば、VAIOで実際に録画した番組をディスクに焼いたりってしていないんです。ここ最近。お客様いわく、メーカーさんに電話で相談しても実際に使っている人が窓口にいるわけではないからわからないと言われてしまったそうです。

そうでした、当店はそういうところのご案内をすべく、こうしてVAIOを展示して1日中遊んで良い環境に私は置いてもらっているんです。ということで、最新モデルのSVL2411モデルで早速テストです。

DSC00003.jpg

VAIOに搭載されているテレビ録画のソフトは現在「Giga Pocket Digital Ver.4.1」というものが搭載されています。機能面では先代のVer.3.0からほぼまったく変わっていないし、インターフェイス(外観デザイン)も文字サイズなどが読みやすく大きめの文字になっているくらいで、ほぼ共通。

それなのにバージョンナンバーが大きくひとつ上がっているので、なにか大きく違っているはずなんですが、それは「安定性」なんだそうです。

先代のVer.3.0になってからも安定性はかなり上がっていて、たとえば、以前のGiga Pocket Digitalでは、常にPCをスタンバイ状態にしておかないとタイマー録画ができなかったものを、Ver.3.0ではPCの電源が落ちてていても、チューナーボードのタイマーが動いて勝手にOSを起動させて、それで予約録画を実行したり、かなり本家BDレコーダーに近い動きをしてくれるようになっているんです。

もう、それだけで手放しで喜んでいたんですが、その録画実行中にWindows Updateが始まってしまい、シャットダウンに失敗して再起動できず予約録画に失敗したり、することがあることが判明。ケースとしては少なくても、それでもBDレコーダーではそういう失敗のケースはほとんどないことから、今度はそういうところが目立ってしまったそうです。

そこで、それらの原因をひとつひとつ解決して、とにかく安定性を高めたというのが、この夏に登場したVAIO Lシリーズに搭載された「Giga Picket Digital Ver.4.1」ということになるそうです。

 

「Giga Picket Digital Ver.4.1」のソフトウェアとしての進化はそういう安定性に置かれていて、使い勝手、画面構成や以前のままになっています。「Giga Picket Digital」というソフトウェア名称一つでまとめられていますが、実際に使ってみると「テレビを見る」「ビデオを見る」「番組表で予約する」という3つの機能でそれぞれのウインドウが開きます。

この3つのソフトウェアをまとめて「Giga Picket Digital」という名前で呼んでいるイメージ。

DSC00004.jpg

この画面は「ビデオを見る」のウインドウにあたるんですが、カタログビューと言って、番組の内容を分析して中身を表示しているところです。

ソニーのBDレコーダーと同様に録画した番組データは解析されていて本編とCMの間にはチャプターが打たれているので、これを利用するとCMスキップも楽にできます。

さらに編集モードもついていて。。。

DSC00005.jpg

こちらがその編集モード。ソニーのBDレコーダーで言うところの「チャプター編集」に相当する機能になるんですけど、見ての通り、超わかりやすいんです。フィルムロールがあって、これで残すシーンと削除したいシーンで色を変えて表示していくので、間違いが起こりにくく操作もマウスでできるのでやりやすいんです。

こういうところはさすがWindows PCというか、本家BDレコーダーよりも使いやすい点になっていると思います。

DSC00006.jpg

チャプターが打たれているポイントもかなり正確。今回はテストとして日本テレビさんの金曜ロードショーで放送していた「千と千尋の神隠し」を録画しているんですが、本編とTVCMの境はほぼ正確にチャプターを打ってくれています。ほぼ完璧。

ほぼ、って言わないといけないのは1フレームだけずれてしまうことがたまにあるからで、それでも、そのフレームがずれる方向は本編に食い込まないようにしてくれているので、これ、そのままTVCMをカットしていればCMの残像が1コマだけ見えてしまう、とかいうことはない感じになるはず。

なるほど正確にできてますね。

DSC00007.jpg

で、今回はそういうディスクに焼くまでのシミュレーションをするわけではなく、実際に書き込むところまでテストします。用意しているのは一番安い4倍速のBD-Rです。VAIO Lシリーズに搭載されているドライブは6倍速モデルなので、6倍速対応BD-Rを使えば、もっと高速に書き出せるはずなんですが、今回は手元にあったのが4倍速しかなかったので、これで許してください。

DSC00008.jpg

そして、こちらが書き出し画面です。画面の詳細設定に注目なんですが「ビデオをすべて書き出す」というのと「お気に入り区間のみ書き出す」というのと2種類あります。

これも確かVer.3.0からの追加機能だったと思うんですが、昔のVAIOは編集機能がついていなくて、あったとしても「お気に入り区間」というのを作って、要は再生手順を書き込んだプレイリストみたいなものを作ってそれを元に再生することでTVCMをジャンプする再生ができますよ、というものでした。

現在もやり方は変わっていなくて、先ほどの編集と言っていたものの「お気に入り区間」の選定をしていただけなんですが、それでも新たに「お気に入り区間のみ書き出す」という機能が加わっています。

これは本家BDレコーダーと同じでTVCMのシーンを自分でカットして、その部分はディスクに焼かない=ディスク容量を最大限活用するという、ごく当たり前の書き出し方法になります。昔のVAIOはこれができなかったんですが、今はできるんです。

日本テレビさんの金曜ロードショー「千と千尋の神隠し」は2時間34分8秒の放送で、容量は17.8GB。CMカットをせずにこのまま焼くこともできますが、CM部分を書き込まないようにしてディスクにするとお気に入り再生時間「2時間4分35秒」で容量は14.6GBまでダイエットできます。

VAIOでも今はカット編集ができるんです!

ということで、このカット編集で書き出しを行います。

DSC00009.jpg

書き出しには約44分かかるそうです。

この書き出し中はVAIOが何にも使えないというわけではなく、別の番組を見たりテレビをみたり、WEBブラウズしたりすることも可能。

とはいえ、44分ってずいぶんかかりますね。実際はどうなのか時間を計ってみましょう。

DSC00010.jpg

はかってみたら25分52秒で書き出しを完了しました。

なんで、こんなに時間の誤差があるのかは謎のままなんですが、まぁ、こういうものみたいです。

記録したのは2時間4分35秒の番組データで、それをDRモードで約4倍速でBD-Rに書き出せたことになります。

VAIOでの録画番組のBD-R書き出しにかかる時間なんですが、DRモードであればこういうイメージです。

 

実際に書き出したBD-Rを、別のBDレコーダーに入れて再生しましたが画質も特に問題なし。互換性も問題なし。。。なんですが。。。ひとつだけ問題をみつけちゃいました。

お好み再生で編集したCMカットのチャプターなんですが、ほぼ完璧に本編とCMをフレーム単位で切ってくれていたんですけど、実際に書き出したBD-Rを再生するとTVCMがほんのわずかにフレーム単位で残ってしまっているみたいで、ゴミが見えちゃうんです。(>_<)

これは本家BDレコーダーでは起こりません。どうにかできないですかね。

DSC00011.jpg

先ほどのお好み再生プレイリストを再度見ても問題はないみたい。さらにいうとダイジェスト再生という自動でTVCMをスキップしてくれるモードもあるんですが、これもVAIOで再生している分には問題は起こりません。

ということは、私も詳しいことはわかりませんが、プレイリストで作られているチャプターはやはり完璧なんですが、MPEG2独特の問題というか、動画の圧縮方式に起因するんですが、複数のコマをまとめてパッキングして、それで圧縮をかけているため編集点がそういうフレーム単位で指定できなくて、秒毎になってしまうとかそういうことのようなんです。

DSC00012.jpg

ということならば「お気に入り区間」だけで書き出しをするのではなくて、ビデオをすべて書き出して「お気に入り区間を書き出す」にして、プレイリストも記録しておき、それで再生するという昔のGiga Pocket Digitalの方法でディスクに焼いた方が良いのかも。

今度は容量は18GB必要なそうで、焼くのにかかる時間は53分だそうです。

DSC00013.jpg

実際に焼いてみると今度は38分です。2時間34分のビデオを約4倍速で書き出した事になります。

DSC00014.jpg

これを、ソニーのBDレコーダーに入れるとディスクの中はこんな感じで見られます。リストの上にあるものがTVCMをスキップするプレイリストで、下が全編を記録したオリジナルの動画になります。

再生してみると。。。うーん、お気に入り再生で自動でTVCMをスキップするんですが、これにもちょっと微妙にCMがフレーム単位で見えてしまいます。ほんのちょっとなので気にならない人は気にならないのかもしれませんが、コレクション用に完璧な編集を期待している人にはちょっと残念かも。

ちなみに全編再生させて、CMになったらチャプターを送る、という操作をすると完璧に次のCM明けのコマから再生をしてくれます。この場合は前のTVCMの余計なコマとかは全く見えません。

なので、いろいろ面倒なことをしてみましたが、なにも考えずにCM込みでそのままディスクに焼いてしまう、というのがVAIOで録画したテレビ番組のディスク作成には向いている方法になると思います。

 

DSC00015.jpg

さて、ここからはまた別の話です。VAIOのGiga Pocket Digital Ver.4.1の安定性を調査すべく、今夜から開幕するロンドンオリンピックなんですが、可能な限りの地上デジタル録画に挑戦してみたいと思います。

番組表を見てみるとオリンピック放送はさすがに今回もすごいですね。夕方17時頃から始まり朝方まで各競技の中継が放送されています。BSデジタルはうちの会社のビルに入らないので地デジしか見られないんですが、それでも多いときで3番組が重なっていることがあります。

VAIOのGiga Pocket Digitalは2チューナーにはなっているもののトリプルまでは対応できません。なので、そういう時は可能な限り録画。あとで録画中継があるなら、生放送の中継録画はあきらめて再放送のないものを優先して録画。

DSC00016.jpg

これで1週間先までの予約をしてみたところ、予約は47件までできました。これでオリンピックはもうばっちりです!

カタログビューができるので、これで日本人選手の活躍するシーンだけサクサク探して、あとで見てみるのと。。。この47番組のうち、どれくらい録画ができるでしょうね!? これから1週間、なるべく手をつけずに、VAIO Lシリーズをほったらかして、録画成功率を検証してみようと思います。

現時点ではWindows Updateも全部してあるし、VAIO Updateもチェックをして万全の体制にしてあります。

今日は帰りにWindowsをシャットダウンして帰りますが、そこから復活して録画をしてくれるかな?

 

DSC00002.jpg

なお、そのVAIO Lシリーズの夏モデルなんですが、そろそろ夏休み前のお届けでのオーダーがギリギリになっています。今日の時点で納期は8月7日になっています。

以前と違ってソニーストアでは夏休みお休みについて案内をしなくなりましたが、それでも発送はお盆時期に数日止まると思います。今週末が夏休み前お届けの最後のチャンスになると思います。

 

それにしてもVAIO Lシリーズ、お買い得ですよ。今シーズン登場したばかりのモデルですが今月15,000円のベースモデル価格の値下げがありました。プロセッサーをクアッドコアの最上級のものにして、メモリーを8GB、HDDは最大容量の3TBにして、TVチューナー搭載、BDドライブ内蔵のほぼフルスイング状態にしても139,800円です。

ハイエンドボードPCのテレパソ仕様フルスイングがこんな値段で買えるとは。。。ブラビアとBDレコーダーと、PCを別々に買うよりもこの方が省スペースにもなります! オリンピック録画テストの結果を待てない方は今すぐ!

 

DSC00002.jpg
★ソニーストア 24型ボードPC「VAIO Lシリーズ」のご案内はこちらから

☆当店blog 12.7.6「ついに裸眼3Dを実現!『VAIO Lシリーズ』開梱&試用レポート」 
☆当店blog 12.7.4「新型VAIO Lシリーズが値下げに! 84,800円~!」 
☆当店blog 12.6.9「2012年夏モデル『VAIO Lシリーズ』企画・開発者トークショー」
 
☆当店blog 12.6.4「Powered by BRAVIA『VAIO Lシリーズ』発表」 

☆当店blog 12.7.10「キーボードウェア・サマーコレクションが到着」 

☆当店blog 12.7.10「VAIOのリカバリーメディアにポケットビット」  

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ