α77にUHS-I対応SDHCカードを使ってみよう!『SF-UX』店員の声 続編:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

α77にUHS-I対応SDHCカードを使ってみよう!『SF-UX』店員の声 続編 [┣ デジタル一眼“α”]

DSC01490.jpg

先日のUHS-I対応SDカード「SF-UX」レビューの続編です。

先日はUSB3.0のUHS-I対応メモリーカードリーダーを使ったテストをしましたが、その際に、なんとソニー製のメモリーカードリーダー「MRW-F3」もUHS-I対応ですよ、というご指摘をいただきました。

今回はこのソニー製のカードリーダーでのテストと共に。。。灯台もと暗しというか、どんでん返しな事が起こりましたので、そのレポートです。VAIO Zユーザーさん、是非おつきあいください。

 

DSC00004.jpg

さて、前回はSDカードの新規格であるUHS-Iという最高読み出しスピード94MB/sというスゴイカードがソニーから発売になり、その効果を唯一UHS-I対応になっているデジタル一眼カメラ“α77”による連写撮影で書き込みのテストをし、対応するUSB3.0のカードリーダーを使って実際の最高読み出し速度のテストをしました。

結果、“α77”の方はJPEGでは大きな効果がでないもののRAWモードでの撮影については効果があり、それまでの最高スピードカードだったメモリースティックHXBを上回る性能を発揮。

専用カードリーダーを使った場合はメモリースティックHXBを大きく上回る性能を示してくれていました。これはすごいぞ! という結論で終わっていたと思うのですが。。。

☆当店blog 12.2.24「α77にUHS-I対応SDHCカードを使ってみよう!『SF-UX』店員の声」

USB2.0端子になるもののソニーの「MRW-F3」もUHS-I対応とのこと。

DSC00002.jpg

調べてみたら確かに高速SDバスインターフェースのUHS-Iに対応をしていました。それと同時に大容量データの転送にお勧めで高速30MB/sの読み出しを実現とあります。

そうか、この「MRW-F3」が発売になった時にはまだメモリースティックHXの最速モデルHXBがまだ発売になっていなかったんでしょうね。それがあれば最高速度は50MB/sにしているはずです。

なので、この30MB/sが最高速度になってしまうのか、もしくはUSB2.0の規格で最高速度になる480Mbps(60MB/s)で引っかかるのかが気になるところ。

DSC00003.jpg

そんなわけで今回は4枚のカードを用意してVAIO最速SSD搭載のVAIO SAシリーズを使って転送速度を行います。VAIO SAのUSB2.0端子にMRW-F3を挿して、UHS-I対応SDカード、Class 10 SDカード、メモリースティックHXB、メモリースティックHXAを挿して、先日と同じ転送データ(1GB、251枚の写真)を使って、転送速度をストップウォッチで計測してみました。

その結果がこちらです。 

  読み出し 書き出し
 UHS-I対応 SDカード 34.5秒
 (29.0MB/s)
 61.5秒
 (16.2MB/s)
 Class 10 SDカード 63.7秒
 (15.7MB/s)
 116.0秒
 (8.6MB/s)
 メモリースティックHXB 35.4秒
 (28.2MB/s)
 64.3秒
 (15.6MB/s)
 メモリースティックHXA 35.8秒
 (28.0MB/s)
 66.6秒
 (15.0MB/s)

この手のモノって最高速はなかなかでないモノなんですが、こうやって見てみると多少の誤差はあるものの、どうやら上限のスピードがあって、ほぼそれにあたってしまっているみたいです。

そうなんです。高速読み出し30MB/sというのは本当にそうで、それ以上のスピードは出ないんですよ。ただ、Class 10のSDカードよりは倍近いスピードになっているので、このメモリーカードリーダーがUHS-I規格に対応していることは間違いありません。

DSC00004.jpg

ちなみにMRW-F3のカバーを外してみると、こんな風にICチップが使われていて、ここで信号を制御していることがわかります。黒いプラスチックに覆われているのでよくわからないと思うんですが、単にメモリースティックやSDカードの端子をそのままUSBの端子につなげるアダプターになっているだけではなく、ここで電子制御をして信号を読み出しているわけです。

なので「MRW-F3」を使ったUHS-I対応カードの転送ですが、Class 10よりも高速に読み出しができる。しかし、内蔵されているチップの転送速度上限が30MB/sになっていて、メモリースティックHXA、HXBと比べても変わらない、ということになります。

ソニー製、メモリーカードリーダー「MRW-F3」の転送速度実験は以上の結果になっています。

DSC00005.jpg

蛇足ながらこのMRW-F3はメモリーカードの挿し方にコツがいります。メモリースティックの場合はこうして向かって左側にカードを寄せて差し込む必要があり、奥まで挿すことができます。

DSC00006.jpg

SDカードの場合はスロット全面を使って挿すんですが、カードが入るのはここまで、カードの半分弱くらいしか挿すことができないんです。これをメモリースティックの時の様に無理に奥まで挿すとカードリーダーとSDメモリーカードの両方を壊してしまいます。

注意してお使いください。(経験者談)

DSC00007.jpg
★ソニーストア メモリーカードリーダー「MRW-F3」のご案内はこちらから

☆当店blog 10.11.16「新型メモリーカードリーダー『MRW-F3』開梱レポート」 

 

 

で、ここで話は終わらなくて、その後、もしかして。。。と、いうことでVAIOのメモリースロットでUHS-Iに対応しているモデルがまさかないだろうな、ということでVAIOのスペック表を1シリーズずつ調べてみました。

最後に調べた1台にまさかとはおもったんですがUHS-I対応のSDスロットを装備しているモデルがありました。

そのモデルとは。。。

VAIO Zでした。

DSC00755.jpg

仕様の「カードスロット」のところに対応SDメモリーカードとして「UHS(SDR50)対応」と書かれていました。SDR50って何だ?と、ググってみると、どうやら先ほどのメモリーカードリーダー「MRW-F3」の様にデータ転送チップの転送速度を示している様で、SDR50だと最高50MB/sでのデータ転送ができるスロットということになるそうです。

VAIO SAはほぼすべての機能を止めて、転送テストをするのに最適化しているんですが、VAIO Zは様々なソフトウェアが走っており、負荷をゼロにしてテストすることができませんでした。なるべく動作しているソフトウェアを止めて、負荷を軽くした状態で計測はしているんですが、その結果。。。読み出しで37MB/s、書き出しで25MB/sを達成。

UHS-I対応のメモリーカードリーダー「MRF-W3」よりも高速な読み出しができました。

なるほど、単純にUHS-I規格SDカード対応スロットと言っても受け口のほうでのデータ転送チップに読み出し速度は左右されるようです。そんなわけで、2回に渡ってテストしてきたUHS-I規格SDカードの読み出し速度グランプリなんですが、どうやって読み出し、書き出しをするのが早かったのか一覧で並べてみると。。。

 1GBデータ転送時間 読み出し時間
 (速度)
 書き込み時間
 (速度)
 PLANEX USB3.0対応メモリーカード
 リーダー/ライターPL-CR55S3U3-B
 15.7秒
 (63.8MB/s)
 36.8秒
 (27.1MB)
 VAIO Z 本体スロット
 (UHS-I対応)
 27.0秒
 (37.0MB/s)
 39.3秒
 (25.0MB/s)
 USB 2.0メモリーカードリーダー
 「MRF-W3」
 34.5秒
 (29.0MB/s)
 61.5秒
 (16.2MB)
 VAIO SA 本体スロット
 (UHS-I非対応)
 53.3秒
 (18.8MB/s)
 68.3秒
 (14.6MB)
 “α77”メモリースロット
 (USB 2.0接続)
 80.5秒
 (12.4MB/s)
 260.2秒
 (3.8MB/s)

こんな結果になりました。

灯台もと暗しというか、なんの苦労もなくVAIO Zならメモリーカードリーダーライターとか用意をする必要もなく、そのまんま使えた、という話でした。無駄に時間をかけてしまいましたが、これでSDカードのUHS-I規格については実際の転送速度もわかりました。

“α77”にAVCHDの動画を32GB撮った時、“α77”にUSBケーブルを接続してデータ転送をすると約43分かかってしまうところが、VAIO Z(VPCZ21)のメモリースロットを使えば14分で転送が終わります。USB3.0規格のフルスピードのリーダーを使えば8分ちょっと。

 

撮影時の性能で差が出るのは“α77”のRAW撮影のときだけですが、大量データのPCへの取り込みを行う頻度でいけば、ハンディカムユーザーさんの方が恩恵を受ける機会は多いかもしれません。

動画データの転送に時間がかかるのが困っている方は是非、ご検討になってみてください。

 

DSC00001.jpg
★ソニーストア DSHC UHS-Iメモリーカード「SF-UX」のご案内はこちらから
 
※8GBモデルは書き込み速度が最高22MB/sに制限されるのでご注意ください。

DSC00002.jpg
★ソニーストア DSHC UHS-Iメモリーカード「SF-U4」のご案内はこちらから

☆当店blog 12.2.24「α77にUHS-I対応SDHCカードを使ってみよう!『SF-UX』店員の声 撮影編」 

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 2

とんすけ

お忙しい中での実験、お疲れさまでした。
そして、ありがとうございます。

USB2.0でも、UHS-1のカードだとクラス10よりも
倍近い数値が出てるんですね。
普段はクラス6や10あたりを何気なく使っていましたが、
早いカードを使ってやればMRW-F3が
こんなにありがたみがあるものに変わるとは思ってもませんでした。
カメラも対応してるし、リーダーもあるんだし、
真剣に購入を考えてみたいと思います!

どうもありがとうございましたー(._.)


にしても、クラス4なのにUHS-1ってなんか不思議か感じが…。
書きは遅いけど、読みは早いって感覚でいいもんなんですかね?(^-^;)

 
by とんすけ (2012-02-29 17:02) 

店員佐藤

♪とんすけさん、こんにちは。
すごくアナログな実験でしたが、これで様子がおわかりに
なりましたでしょうか?

高速転送のためならSDカードよりメモリースティックの方が
良いですよ、ということで案内をしていましたがUHS-Iの
登場により、それも覆ってしまったようです。

Class 4のUHS-Iによる読み取り30MB/sですがそれでも
これでやっとメモリースティックHXA並の速度になります。
UHS-Iスロットが普及するとメリットはあるかもしれません。
(今は、これよりもメモリースティックを使われた方が
 良い様な気がしますが。)
by 店員佐藤 (2012-02-29 19:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

okaimonoken_1000.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから

 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ