『Sony Tablet P』開梱&初期設定&ファーストインプレッションレポート:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

『Sony Tablet P』開梱&初期設定&ファーストインプレッションレポート [┣ Xperia & Tablet]

DSC00001.jpg

本日より出荷の始まった3G/WiFiモデルの「Sony Tablet P」が当店にも今日の午前中に到着しました。夕方までかけてじっくりといじくり回しているんですが、その開梱、初期設定、そしてとりあえず使ってみ感想をまとめてお届けします。

リクエストのありました「b-mobile aeon」による3G回線利用にも挑戦です。

 

DSC00002.jpg

「Sony Tablet P」は3G回線の契約が前提になっているため販売しているのはドコモさんだけ。普通の家電店ではIT製品として販売されていません。ドコモさんの回線契約なしで購入しようとするとソニーストアでの購入となります。

私もデータ通信の回線が欲しいことは欲しいんですが、毎月数千円の通信費を支払う勇気がもてず、Wi-Fiで使うか、もしくは現在Xperiaで使っているb-mobile イオン(月額980円使い放題)で通信ができればなぁ。。。というもくろみで購入しています。

ソニーストアで購入することのメリットは他にもあって、無料で3年保証がついてくる、それと有償になりますが3年ワイド保証に入ることができるので、これも大きなメリットになります。

DSC00003.jpg

ただ、ドコモさんで販売されていることもあり、そこに注意をする必要があるむねの説明書も入っていました。ドコモさんに持ち込んで回線契約をした場合も修理の際はソニーストアに相談してください、ということになっています。

ドコモさんの窓口から修理に出してしまうと有償になることがありますよ、とのことです。

いつものことですが、購入明細書がソニーストアの3年保証の証書となりますので、大事にとっておきましょう。

DSC00004.jpg

写真右にあるのがSony Tablet Pのパッケージになりますが、箱はやたらと小さいんです。PSPと比べても0.5周りくらい大きいだけ。

この小さなパッケージで思い切りワクワクしてしまいます。

DSC00005.jpg

蓋を開けると、クイックスタートガイドの下にシルバーボディのSony Tablet Pがいました。長野テックから四谷までようこそ! 先週、ソニーストア銀座さんで開発者トークショーの話を聞いてきたばかりなので、すごくいとおしく感じてしまいます。

DSC00006.jpg

同梱品はこちら。説明書がたっぷりと付いてきている様に見えますが、そうでもありません。クイックスタートガイドなどで、普通についてくる製品の使い方の字引みたいなものはなく、電源を入れてスタートさせるところまでの案内で、あとはAndroid OSをお使いください的になっています。

DSC00007.jpg

付属のACアダプターは5.2Vの2000mAでした。今、手元にありませんがPSPなどのACアダプターとほぼ同じくらいの電流量じゃないでしょうか?

DSC00008.jpg

ジャックはPSPやVGP-BMS77などの充電ジャックと同じサイズになっています。見ればVGP-BMS77のACアダプターが5.2V、2800mA対応になっているので、それを使って充電することにします。

専用のACアダプターを次々に開封して使っていくと、机の周りがACアダプターだらけになってしまうので、共用できそうなときは自己責任で共用してしまいます。充電される側の必要としている容量をACアダプターが下回ってしまうとまずいのですが、ACアダプターの容量が大きいのであればまず問題はありません。(※当店で動作保証をするわけではありませんのでご注意ください。)

DSC00009.jpg

バッテリーはセットされていないので、まずここで自分でバッテリーをはめます。クイックスタートガイドにその説明があるので、それに従います。

小さなボタンを押してカバーを外すんですが、説明書なしでは私も外し方が最初はわかりませんでした。

DSC00010.jpg

バッテリースロットの横にはメモリーカードスロットもあります。microSDカードを使うんですが、最初に付属するのが2GBです。2GBで足りるのかな?ということで、まずはこれで使ってみます。

DSC00011.jpg

ACアダプターを挿して充電を始めるんですが。。。これがまたすごい時間がかかります。いろいろセットアップしながらですが、現在記事を書いている時点で5時間ほど充電していて、まだ充電が終わっていません。

初回充電にはたっぷりと時間を用意しましょう。

DSC00012.jpg

で、その充電時間を利用して液晶保護フィルムを貼ってしまいます。

Sony Tablet Pシリーズのこのテカテカの美しいフォルムをそのまま利用したいのは私もヤマヤマなんですが、どうも指の滑りが気になるというか個人的にはキュッ、キュッという感触よりもサラサラした感じの方が好きで、この方が動作も機敏に感じるんです。

WS3837.jpg
★ソニーストア 液晶保護シート「SGPFLS2」のご案内はこちらから

Xperiaもそうですが、タブレットでもアンチグレアタイプの液晶保護シートは私には必須なんです。早速ですが貼ってみましょう。

DSC00013.jpg

2画面構成になっているSony Tablet Pには当然液晶保護シートも2枚入っています。ちゃんと上画面用、下画面用になっています。

DSC00014.jpg

上画面用にはカメラのための穴がついていますので、これで見分けます。

DSC00015.jpg

まずは位置を合わせてみて、角にどれくらいのゆとりを持たせて貼ればよいのか検討をつけるんですが、今回も超ジャストサイズです。ぴったりよりほんの気持ち小さくカットされています。さすが純正品です。あまり同じサイズだと角からはがれやすくなるので、これはベストサイズなんじゃないですかね。

DSC00016.jpg

あたりをつけて上の辺から貼っていき、今回も芸術的にうまく貼ることができました。私も液晶保護シート貼りは得意ではないんですが、ここ何回も連続で高い芸術点をたたき出している気がします。

もう、苦手意識を持たなくても良いかな?

DSC00017.jpg

ということで、ACアダプターでバッテリーを充電しながらなんですが、初回起動をしてみます。

DSC00018.jpg

最初は言語設定から。デフォルトで日本語が選ばれているので助かります。そのまま「次へ」。

DSC00019.jpg

そしてSony Tablet Sのセッティングのときにはなかったこんな項目もありました。モバイルネットワークというのは3G回線のことです。

データ通信回線の設定をするか、それともWi-Fiのみで設定するかを選べます。あとからでも設定は変更できるので、ここではWi-Fiのみにして部屋の中の無線LANの設定をするだけにします。

DSC00020.jpg

そして、ここが一番の難関というか引っかかりやすいところなんですが、日付、時刻設定の画面で時間合わせよりも先にしないといけないことがあります。

タイムゾーンの設定です。

DSC00021.jpg

どうやら今回もイギリスのグリニッジ標準時で設定されているようなので、ここではずーっと下の方にスクロールして日本を探します。先にタイムゾーンを合わせないと時間は大幅にずれますのでご注意を。

ちなみに標準で正しい時間の設定になっていました。タイムゾーンだけ合わせれば正しい時間表示になると思います。

DSC00022.jpg

あとはGoogleアカウントのID、パスワードを入れてしまえば設定終了。Xperiaを買ったときに思いましたが、いきなりスマートフォン、タブレットを手に入れて、Googleアカウントまで使い始めると「初めて」のものがいっぱいになってしまうので、できれば先にGoogleアカウントを作り、Gmail、カレンダーくらいは利用ができるようになっておいた方がよいと思います。

そんなに大変なことではないのでタブレット到着の前日にアカウントを作るのでもよいので、それだけでタブレットのセッティングはかなり楽な作業に変えることができるはずです。

 

ということで、初期設定終了。Sone Tablet Pはこんな画面で動作します。

DSC00023.jpg

これが初期画面。2画面構成になっているSony Tablet Pなんですが、実はOSの方では1024×960ドットディスプレイの1枚の画面として認識していて、これをハードウェア的に上下に分割して1024×480ドットディスプレイが2枚、という風になっているんだとか。

なので画面を管理ツールを使ってキャプチャした場合もこうして1枚の画像として取り込むことができるんです。

DSC00024.jpg

こちらが最初に入っているアプリの一覧になります。

ここからミュージックプレーヤーを起動してみると。。。

DSC00025.jpg

ソフトウェア的にはこの様な画面構成で動いていて、真ん中で画面が割れるので。。。

DSC00026.jpg

Sony Tablet Pとしてはこうして見える、というわけです。それほど特殊なハードウェアではないんです。

DSC00027.jpg

ただ、真ん中で分割されてしまうと具合の悪いアプリもあるので、Tablet Pシリーズ専用の機能としてアプリケーションを全画面表示したり、上の画面だけに表示したりすることができるようになっています。

DSC00028.jpg

例えば、これは「いまどこ?鉄道マップ」というアプリなんですが、最初は1画面表示でこのようになります。

ここで全画面表示に切り替えると。。。

DSC00029.jpg

こんな状態で使うことができます。

DSC00030.jpg

Xperiaなどのスマートフォンとタブレットの違いを一番感じるのがこういう地図表示の時だと思うんですが、まさにタブレットと同様の大画面での情報量がスマートフォンサイズで楽しめるようになります。

折りたためるってすごいなぁ。。。

DSC00031.jpg

ちなみにこの威力はブラウザを使ったときも同様。ブラウザは最初から全画面表示になっていて2画面を使ってページを見ることになります。

DSC00032.jpg

表示される情報量はこれだけあります。2年前に流行ったネットブックよりも広いデスクトップスペースが使えます。

ブラウザ表示の場合は1280×720ドットのTablet SよりもTablet Pの方が見やすいかもしれません。

DSC00033.jpg

と、ここで見れば利用可能なアップデートがあります。こういうときは、このお知らせインフォメーションを押してインストールさせます。Media Players、Adobe Flashなどがアップデートされました。

DSC00034.jpg

そして2週間ほど前からサービスの始まった「Video Unlimited」もアイコンをタップするとソフトウェアのインストールができます。

「Video Unlimited」は映画、ドラマなどのビデオ映像の有料配信サイトなんですが、Tabletで動画データを買って、それをTabletでも、PCでも、PSPでも見られるというサイト。

DSC00035.jpg

先日買った「イエスマン」という映画を再度、ダウンロードしてみようとするのですが、どうやらここで試して見ると購入することになってしまうのがわかりました。

なんでもVideo Unlimited で購入した動画データはダウンロードできるのが一度だけなんだそうです。あぶないあぶない。

なので、Tablet Sで購入してPCにコピーしておいた動画ファイルがあるので、それをTablet Pに移すことにしてみます。

DSC00036.jpg

PCとUSBケーブルでつないで。。。

DSC00037.jpg

PC側で「Media Go」を起動して、PCからSony Tablet Pに転送です。

DSC00038.jpg

えーと、ここで問題発生です。ファイル容量が1.87GBもあるため、2GBのmicroSDカードには転送ができませんでした。(^^;) そうか、やっぱり2GBでは圧倒的に容量が足りないんです。

WS3836.jpg
★ソニーストア microSDカードのご案内はこちらから

普段はここでソニーストアさんのSDカードをおすすめするところなんですが16GBで6,480円ってなんかちょっと高くないですか?

SanDisk microSD32GB Class4 SDHC変換アダプター付属 サンディスク バルク品

SanDisk microSD32GB Class4 SDHC変換アダプター付属 サンディスク バルク品

  • 出版社/メーカー: SanDisk
  • メディア: エレクトロニクス

アマゾンさんだと2,940円で32GBのmicroSDカードが買えるそうです。さすがに私も今回はこちらのバルク品を買うことにしました。(^^;)

これが届いてから本格的にセッティングすることにします。

DSC00039.jpg

PlayStation Storeもすでに利用できるようになっています。こちらは3本のタイトルをすでに購入済み。試してみると。。。

DSC00040.jpg

Video Unlimitedとは違い、こちらはそのまま再ダウンロードができました。やった、これでSony tablet Sと、Sony tablet Pとでゲームソフトをもちもちにすることができました。

DSC00041.jpg

なんか見かけがニンテンドーDSみたいになっていますが、これで90年代のゲームソフトが遊べるのはちょっと嬉しいかも。Android アプリと違ってミニゲームではなくストーリー性のある作り込んだソフトが楽しめますからね。これからPlayStation Storeにソフトウェアが増えてくることに期待しています。

できれば、アクション系ではなくシミュレーションゲームなどを是非。

DSC00042.jpg

そして、ソニーがおすすめする「Select App」もチェック。今日からここに待望の「PetaMapガイド&ナビ」が登場すると勝手に期待をしていたんですが、今日のところはまだ掲載がないようです。

その代わりに「ビデオチャット for Sony Tablet P」というオリジナルアプリが登場。

DSC00043.jpg

skypeからライセンスをもらってソニーが独自で開発したアプリなんだそうです。Sony Tablet P専用のアプリで、画面2分割を前提にしたビデオチャットソフトになっています。ビデオチャットは滅多にしないからなぁ。。。と、思っていたんですが普通にチャットソフトとして使うのもありですね。

ここまでできると、旅行先にPCを持って行かなくて済むかも。

 

DSC00044.jpg

そして、一通り試用ができたので、最後に今日のメインイベントです。b-mobile SIMが使えるかどうかをテストします。

SIMスロットはバッテリー側ではなく、上面側のカバーをはずしたところにあります。

DSC00045.jpg

まぁ、難しいコトもなく、APNをb-mobile イオンの説明書通りに入れると、それだけで使えるようになりました。

DSC00046.jpg

b-mobile イオンは上限100kbpsで月額980円使い放題、という激安回線です。通信速度はそれなりなんですが、テキストベースの通信であれば全然問題ないですし、地図表示などもXperiaでちょっと気長に待てば使えます。

☆当店blog 11.7.21「月額980円『b-mobile AEON』の通信速度比較」 
☆当店blog 11.7.19「月額980円の通信カードをVAIOで使ってみよう!」 
☆当店blog 11.7.17「月額980円の通信カード『b-mobile イオン』」
 

それと比べるとSony Tablet Pの方がやや表示が遅く感じられるんですが、あれでしょうね。画面の面積が大幅に違うから遅く感じるだけなんだと思います。

DSC00047.jpg

さっきも言ったとおり、地図表示をしたときが一番スマートフォンとタブレットで差がでると思います。同じ大きさで地図を表示してもこれだけの表示エリアの差があるんです。大きな地図を小さく折りたたんで使っている感覚のXperiaと比べると、地図帳を広げている感覚になります。

うわ、これはすごい。

二つに折りたためばスマートフォンサイズ。広げればタブレット。しかも今まで電話としてではなく、完全にスマートフォン機能しか使っていないXperiaと比べてしまうと、もう考える余地無く、Sony Tabletを使った方が私は幸せになれそうです。(^_^)v

b-mobile SIMも使えちゃったし、これで今日からXperiaを使うのやめてTablet Pに移行です。

 

DSC00048.jpg

さて、そのTablet Pですが開梱のついでにやっておきたいのが製品登録です。My Sony Clubから登録製品の追加を行います。

DSC00049.jpg

製品パッケージに入っている製品登録のための番号を入力。

DSC00050.jpg

登録が完了すると、そのページに予備バッテリープレゼントキャンペーンのお知らせがありました。そのままキャンペーン登録です。

DSC00051.jpg

3月31日までの期間限定キャンペーンになっているんですがSony Tablet Pを購入して製品登録をして、さらにキャンペーン応募をした方全員にもれなくSony Tablet Pのバッテリー(6,980円)がプレゼントされます。

DSC00052.jpg

こちらもそのまま登録。応募完了から10日ほどで届くそうなので、11/8頃に到着するかな? 登録番号を見ると私はまだ28人目だったみたいです。

Xperiaの代わりに使うようであれば予備バッテリーは常に持っておきたいのでとても助かります。

DSC00053.jpg

ということで、32GBのmicroSDカードが来てから本格セットアップをしますが、この土日で他にもいろいろ、機能を試してみようと思います。

持ち出せるタブレット、これは予想以上に使い勝手が良いかもしれません。こうして実際に実機をセットアップしてみると、Xperiaよりも動作が全然速いし、画面サイズもタブレット並みの大型サイズ。スマートフォンの「もうちょい」なところが全部アップグレードされている気がします。

そうか、Tablet Pはタブレットよりもスマートフォンがライバルなのかもなぁ。。。

 

DSC00001.jpg
★ソニーストア「Sony Tablet Pシリーズ」のご案内はこちらから

DSC00027.jpg
★ソニーストア「Sony Tablet Sシリーズ」のご案内はこちらから

WW000260.jpg
☆Sony Tablet Pシリーズ 予備バッテリープレゼントキャンペーンのご案内はこちらから

 

☆当店blog 11.10.22「Tablet Pシリーズ企画・開発者トークショーに行ってきました」 
☆当店blog 11.10.20「Sony Tablet Pがソニーストアで受注開始になりました」
 

☆当店blog 11.10.20「Sony Tabletで遊ぶ『PlayStation Store』」 
☆当店blog 11.10.20「Sony Tablet Pのキラーソフト『PetaMapガイドブック』」 
☆当店blog 11.10.20「Sony Tablet Pがソニーストアで受注開始になりました」 
☆当店blog 11.10.19「Sony Tabletに『PlayStation Store』がきたー!」 
☆当店blog 11.10.17「正式オープンした『Video Unlimited』を使ってみました」 
☆当店blog 11.10.13「3G搭載のSony Talbet発売日が決定」 
 

☆当店blog 11.10.5「ワイヤレススピーカーシステム『RDP-NWV25B』開梱レポート」 
☆当店blog 11.10.3「Bluetoothキーボード『SGPWKB1』開梱レポート」 
☆当店blog 11.10.3「Sony Tablet Pがドコモさんカタログに登場」 
☆当店blog 11.9.26「Sony Tablet で使うメモリーカードの話」 
☆当店blog 11.9.21「Sony Tablet にキーボードをつなげてみました」 
☆当店blog 11.9.21「『Video Unlimited』がサービスイン!」 
☆当店blog 11.9.20「アスキー『Sony Tablet S 完全活用術』」 
☆当店blog 11.9.19「INDY JAPAN THE FINAL by Sony Tablet S」 
☆当店blog 11.9.17「VAIOもSony Tabletのためにアップデート!」 
☆当店blog 11.9.16「Sony Tablet SがAndroid OS 3.2へアップデート」 
☆当店blog 11.9.16「『ネットフォトフレーム by Life-X』も準備完了!」 
☆当店blog 11.9.16「USBアダプターケーブル『SGPUC1』開梱レポート」 
☆当店blog 11.9.15「きたぜ!『Reader for Tablet』」
☆当店blog 11.9.15「タブレットはこうやって使おう!『Select App』」 
☆当店blog 11.9.14「キャリングカバー『SGPCV1』開梱レポート」 

☆当店blog 11.9.13「Sony Tablet Sシリーズの店頭ご成約記念品のお知らせ」 
☆当店blog 11.9.12「液晶保護シート『SGPFLS1』開梱レポート」 
☆当店blog 11.9.8「Sony Tablet Sシリーズとクレードルで4つのキャンペーン」 
☆当店blog 11.9.8「Tabletをウォークマンにしてみました」
☆当店blog 11.9.6「Tabletをフォトビューアーにしてみました」 
☆当店blog 11.9.5「Sony Tabletの『アプリ』を紹介」 
☆当店blog 11.9.1「ソニータブレットSのオーダーレポート」 
☆当店blog 11.9.1「Sony Tablet 店員の声」

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ