3分でわかる2011年VAIO秋モデルの見どころ:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

3分でわかる2011年VAIO秋モデルの見どころ [┣ VAIO]

DSC00001.jpg

以前は最高で4回に分けて発表していたVAIOのニューモデルですが、今回は7シリーズ19機種が一挙に発表&発売になりました。

その秋モデルの概要のすべてとはいきませんが、超速攻で見所ポイントをご案内したいと思います。

 

WS2916.jpg

まずはニューモデルとして登場したのが2機種あります。ホームノートPC最大サイズになる17.3型ディスプレイを搭載のVAIO Eシリーズです。このモデルは店頭販売はされないソニーストアだけの限定モデルとして登場。価格は54,800円~と、かなりの低価格路線になっています。

WS2917.jpg

15.5型Eシリーズ(42,800円~)の1366×768ドットディスプレイでは足りないし、21.5型Jシリーズ(64,800円~)の1920×1080ドットまでは必要がないんだけど。。。という場合にちょうど真ん中にくるようなモデルで17.3型ワイドに1600×900ドットディスプレイを搭載します。

ここ数年の当店店頭でご購入いただくVAIOの傾向を見ていても、こういう大画面で解像度が極端に高くないモデルの需要というのは多くて、私もそうなんですがPC購入層の主力だった方たちが老眼になりつつあるのかな?とか、思うこともあるんですが、それと同時に高齢の方々が今まではPCを使えなかった方が多いのに、今は積極的に使われる方が増えてきているんでしょうね。

Windows 95が登場してからすでに16年経っているし、そうやってちょっとずつ世の中の流れも変わってきている気がします。

★ソニーストア 17.3型VAIO Eシリーズのご案内はこちらから

 

 

WS2919.jpg

こちらもニューモデルで「VAIO SEシリーズ」というニューモデルになります。ディスプレイを15.5型ワイドの大画面にしたモバイルノートです。15.5型でモバイルノートと呼べるのか?というところですが、おそらくスタミナ性能を発揮できるよう細かく電源管理ができるようになっているんでしょう。

本体重量が約2kgとなっているところもポイントで、フルモデルチェンジしてヘキサスタイルになる前の以前のSシリーズが13.3型で約2kg前後の重量があったので、それが15.5型で実現できているというのはモバイルの証。

同じ15.5型モデルのCシリーズが約2.85kgあるので1kg近く軽量化されていることになります。

ディスプレイサイズが15.5型もあるモバイルノートは初めてですが、これによりテンキーも装備されます。テンキー搭載のモバイルノートというのもこのモデルが初めてかもしれません。

普段は自宅でしか使わないんですが、月に一度だけ持ち運ぶ機会がある、たまにPCを持ち運んでそこで作業を長時間行う必要がある、というと、どうしても重量級のホームノートが選べないでいる方もいらしたんですが、これモデルならその穴を埋めてくれそうです。

WS2912.jpg
★ソニーストア 15.5型ワイドVAIO SEシリーズのご案内はこちらから

 

 

WS2921.jpg

VAIO SAシリーズには新色としてソニーストア限定カラーとして「カーボンメッシュブラック」というモデルが登場しました。織り込みカーボンというかクロスしているカーボン模様が楽しめるVAIOがついに登場。ちなみにVAIO SAシリーズ自体がソニーストア・オンラインでしか購入ができない限定モデルなんです。それをソニーストア限定カラーと言って良いのか。。。(^^;) ま、現時点では他に採用しているVAIOがありませんので、VAIO SAシリーズでだけ楽しめるデザインとなります。

実はVAIO Zの底面側のカーボンにこの織り込みカーボンを採用しています。新しく開発した素材だし、まずはVAIO Zの底面側で塗装をしてしまって素材感がわからないところでテスト採用し、それを今度は天面でも使ってみた、という感じなんでしょうか?

ちなみに価格がものすごい下がっています。昨日出しておいた価格表が122,800円~となってるのに、新型は104,800円~となっているんです。価格などの詳細についてはまた後ほど、詳しく見てみたいと思います。

WS2913.jpg
★ソニーストア モバイルノートVAIO SAシリーズのご案内はこちらから

 

 

WS2924.jpg

ディスプレイ解像度1600×900ドットのVAIO SAシリーズと、本体デザインが共通で1366×768ドット解像度になるモバイルノートがVAIO SBシリーズです。こちらにも新色が登場しており、レッドモデルがソニーストア限定カラーとして追加になりました。

このモデルもかなりの低価格化になっているようで10時前までは104,800円~だったものが、現在はなんと77,800円~という驚異的な価格になっています。もちろん、これはキャンペーンでベーススペックモデルの価格がさがっていることもあるんですが、キャンペーンを除外して計算しても新型のベースモデル価格って85,800円~になっているんです。

ものすごい値下げが今回は行われているようです。(詳しくは後ほどモデル別のご案内で計算します。)

WS2922.jpg
★ソニーストア モバイルノート「VAIO SBシリーズ」のご案内はこちらから

 

 

WS2925.jpg
★ソニーストア ホームノート「VAIO Cシリーズ(15.5型)」のご案内はこちらから

VAIO Cシリーズにも新色というか新しいデザインモデルが追加されています。クリアカラーの外装を使っていましたが、その内側にデザインを施したようで、エレガントフラワーとモダンジオメトリックというモデルが登場。

それよりもちょっと気になるのが新製品のグラスレス3Dパネルです。

WS2926.jpg

VAIO Cシリーズの15.5型モデルと、VAIO SBシリーズのオプションとして3Dパネルが新製品として発表になっています。

WS2927.jpg

私もまだ実物を見ていないんですがすごいものを用意してくれました。対象モデルは15.5型のVAIO Cシリーズ、15.5型のSEシリーズ、13.3型のSBシリーズになります。(その他のサイズのCシリーズやSAシリーズは対象外になります。また、該当ディスプレイでもBDドライブを搭載していないモデルは対象外になります。)

対応ディスプレイに装着することで、3Dメガネを使わずに裸眼で3Dの立体映像を楽しめるようになるとのこと。

WS2929.jpg

レンチキュラーレンズ方式と言ってかまぼこ状のレンズを並べてこれにより左右の眼に届く映像を分けて表示。これを標準ディスプレイの上に載せることで立体視する仕組み。

VAIO FシリーズやVAIO Lシリーズ、ブラビアではアクティブシャッター搭載の3Dメガネを使って左右の眼でシャッターを操作してタイミングで違う映像を見せていたんですが、この場合はレンズで左右の眼に違う映像を見せることになります。この方法だと横方向の解像度が下がるはずなんですが、それでもかなり手軽に3D映像が楽しめるようになります。

WS2928.jpg

VAIOらしいというか、WEBカメラと顔認識機能を使って目の位置を割り出し、それに合わせて正確な3D映像を楽しめるようにするとのこと。かなり正確なレンチキュラーパネルを作ることができたみたいですね。

再生できる3Dコンテンツは3D対応のブルーレイディスクソフトと、サイバーショット、デジタル一眼“α”の3D写真になるそうです。2D映像の疑似3D表示や3Dハンディカム、ブロギー3Dの映像、またBDレコーダーで録画したサイドバイサイドの3D録画番組の再生も今のところは未サポート。BDドライブ搭載モデルのみの対応となっていますが、今のところは3Dコンテンツ自体が少ないのでBDドライブを搭載していないと見られるものもあまりないのかもしれません。

なお、VAIO SBシリーズ、VAIO CBシリーズの2011年春以降に発売されたモデルでBDドライブを搭載している機種については、3Dパネルの利用ができるんだそうです。3Dパネルには専用ソフトウェアCDが付いてくるそうで、それをインストールしてから3D映像を楽しむことになります。

VAIO SBシリーズ、CBシリーズでBDドライブ搭載にしていた方、ラッキーでしたね♪

DSC00001.jpg
★ソニーストア フィルター、3Dパネルのご案内はこちらから

 

 

WS2930.jpg

その他、ソフトウェア面ではサポートソフト「VAIO Care」が大きくデザイン変更されたようです。

「VAIO Care」はソニーのパソコンVAIOに標準搭載されているソフトウェアで、Windowsが起動しているときはWindows PCの健康診断をしたりサポート情報を提供してくれるソフト。なにかしら不具合がありWindows OSが起動しなくなったらリカバリーソフトを起動してくれる機能になっています。

Windows 7登場時に搭載がはじまったソフトウェアで、VAIOを長年お使いの方もあまり機能をご存じない場合があると思うんですが、PCの動作が重くなったときに、ディスクデフラグと同じようにレジストリーのデフラグ、不要ファイル削除をしてくれます。たまに利用してあげたり、動作が重く感じられるようになったらVAIO Careの「ワンクリックケア」機能を使うことで改善することもあり、個人的にはかなり頼りにしているソフトウェアです。

WS2931.jpg

ソフトウェア紹介のホームページを見るとご覧の様にウインドウデザインがだいぶ変わっています。 今までは普通にウインドウが開いていましたが、デスクトップにバー状態で登場し検索窓、システムケア(旧ワンクリックケア)、VAIOの最新情報、VAIO Update、ツール類がすべて表示されるそうです。

WS2932.jpg

今までもこういう管理ツール類はWindowsに搭載されていたと思うですが、それらをこうしてまとめたランチャーソフトにすることで、私のようなPCに詳しくない人間でも探すところをまとめてくれて管理ソフトを見つけやすくしてくれているのかもしれません。

この新しいVAIO Careは2011年秋モデル(Eシリーズ、Yシリーズをのぞく)に搭載され、残念ながら従来モデルのアップデート提供などの予定はないようです。新しいVAIOを購入された方だけのお楽しみになるようです。

 

WS2915.jpg

以上、駆け足でポイントだけご案内しました。これから実機を拝見させてもらってきてから、レポートをしていきたいと思います。

ソニーストアでは今日からキャンペーンがスタート。10月14日までの期間限定でVIAO本体お買い上げでソニーポイント2000円分をプレゼントするそうです。

価格はまだざっとしか見ていないんですが、VAIO SAシリーズ、VAIO SBシリーズがなにかの間違いじゃないか?と思えるほどのお買い得モデルになっています。これはちょっと注目です。

DSC00001.jpg
★ソニーストア VAIOオーナーメードモデルのご案内はこちらから

 


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 4

ピンキィモモ

こんにちは。
個人的には、SBシリーズのレッド(限定ツートンカラー)が気になります。
高級感が漂っていますね。
by ピンキィモモ (2011-09-27 11:55) 

店員佐藤

♪ピンキィモモさん、こんにちは。
早速、銀座ソニービルショールームまで実物を見に
行ってきたんですが、残念ながらSBシリーズのレッドは
まだ展示がされていませんでした。WEBサイトを見ると
深紅という感じで高級感もあるし大人っぽいカラーになって
いましたね。
by 店員佐藤 (2011-09-27 17:14) 

しのぴん

今回出たSEシリーズ、軽量ながら15.5型画面に魅力を感じます。
なにせ今使っているZ13はフルHDの13.1型なので文字が小さくて(^_^;)。かなり軽量なのは気に入ってるのですが、持ち運ぶ機会があまり多くないので、多少重くても画面が大きい方がいいのかなぁなんて思ってしまいました。
by しのぴん (2011-09-27 21:36) 

店員佐藤

♪しのぴんさん、こんにちは。
どうやら今年の売れ筋はハイレゾではなくてローレゾディスプレイ
みたいです。重量が気にならないようでしたらCシリーズの15.5型で
3Dパネルを利用できるようにしてみる、なんていうのも良いかも
しれませんよ。

是非ご検討ください♪
by 店員佐藤 (2011-09-28 00:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ