PlayStation Moveに挑戦:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

PlayStation Moveに挑戦 [┣ PlayStation]

DSC00001.jpg

今日、ソニーストアさんから届きものがありました。オーダーをした心当たりはなかったんですが、PlayStation Move製品を購入された方に体験ディスクをプレゼント!とのことで、我が家にPlayStation Moveの体験版ディスクが今更ながらやってきました。

そういえば、私も買っていたんです。PlayStation Moveを。このまま放っておくとまたしても日本一遅いレビューレポートになってしまいそうなので、ここで、この体験版ディスクをきっかけにして開封&セッティングしてみましょう。

 

DSC00002.jpg

私が買ったのはこちら。PlayStation Moveのスターターパックと、ソフトウェアで「スポーツチャンピオン」です。

グランツーリスモ5を買ったときにフェイストラッキングに対応しているとのことでPlayStation Moveのカメラだけ欲しかったんですが、それよりはセットで買ってしまった方がお得。ソフトも1本、買っておこう!ということで買っていたんでした。

忘れてはいなかったんですが、あまりにもグランツーリスモ5に簡単にはまってしまって出番がなくなっていたんです。

DSC00008.jpg

最初に今日届いた体験版ディスクを再生させると、PlayStaition Moveのデモムービーを見て、それからセットアップガイドを見ます。なんかややこしそうに思えたんですが、こういうムービーを見ると簡単に見えるから不思議。

では、言われたとおりにセッティングを始めます。

DSC00003.jpg

PlayStation Moveのスターターパックをまずは開封すると。。。

DSC00004.jpg

出てきたのはPlayStation Moveのコントローラーとカメラ、それとソフトウェアと説明書。

DSC00005.jpg

カメラはテレビの上が下に置くとのこと。テレビの下にはサラウンドスピーカーがあるので、我が家では上に装着します。本当はプレイするときに肩の高さにあるとよいらしいので、本格的に遊ぶときは立ってプレイするので、これでちょうど良い高さになりそう。

カメラにダイヤルがついているんですが、赤い方はテレ側、青い方はワイド側になっています。

DSC00006.jpg

PlayStation Moveのコントローラーがこれ。メインで使うのは親指のところにあるムーブボタンと、人差し指にかかるトリガーボタン。

これだけでゲームができるのか?というところですが、いや、これがよくできているんです。

DSC00007.jpg

本体の充電はこうしてUSBケーブルで充電することが可能。専用の充電スタンドも販売されていますが、それほど使うかどうかわからなかったので、まずはこれで使ってみましょう。

DSC00009.jpg

まずは付属の「Best Sketch」を使ってみるんですが。。。これは5分で飽きました。リズムに乗ってお絵かきをしよう、というソフトで今回はおまけでついてきていますが、ちゃんと別売でソフトとして販売されているソフトなんですが、これはちょっと子供向けのソフトウェアなのかなぁ。。。私には向かないみたいです。

でも、これのおかげで大体の動作感がわかりました。テレビに向かってスティックを降るとかって、なんかすごくアバウトな操作に思えたんですが、このPlayStation Moveはそんなことはなくてすごく動きがリニア。

ちょっとした動きも全部拾われる感じで、なるほど、これだったらテレビでやっているみたいに卓球とかできるかも。

DSC00010.jpg

続いて「スポーツチャンピオン」に挑戦してみたんですが、なるほど!これは遊べます。6種類用意されているスポーツを一応全部試してみましたが、一つのぞいては最初からそこそこ遊べるじゃないですか。

ダイエット効果が期待できるほどの激しい動きがあるものは「卓球」くらいしかないんですが、それ以外のゲームは戦略性もあり夢中になって遊べます。フリスビーを使ったディスクゴルフとか、かなり本格的だし、アーチェリーは集中力をそこそこ使います。背中に手を回して矢をつかんで、そのまま的に向けてMoveのスティックを向けると自分で矢を引いている気分になるから不思議。

自分の体を使ったゲームってなかなかおもしろいぞ。

ビーチバレーはややこちらに勝たせてくれるようにお膳立てされている感じがするものの、タイミングを取るのはやや難しくそれはそれで夢中になれるし、卓球とか、手首のひねりで本当に回転がかかるみたいなので、球技に能力を発揮できない人でも楽しめます。

リアルな卓球がグランツーリスモだとしたら、スポーツチャンピオンの卓球はリッジレーサーみたいなもので気持ちにまかせて「フン!」とスティックを振り回せば、なんとかコートの中に球を打ち込んでくれるみたいな。そういう地道な基礎練習なしにいきなり試合に出て爽快感が得られるゲームになっているみたいです。

グラディエーターは私には不向きでまったく勝てず、ま、ひとつくらいそんなゲームがあっても良いか、ということでスルーして、ボッチボールにまたはまります。これは芝生の上でやるカーリングで、球を転がして的からの距離の近いボールを増やす戦略ゲーム。これが一番楽しいかも。

 

どれも一通りやると飽きてしまってそのうち遊ばなくなるような気がするのはわかるんですが、これ、一通り遊び終わったら元は取れた気になれるかも。スターターパックのお絵かきソフトはあまりおすすめしませんが、スポーツチャンピオンはおすすめです。

病み上がりのリハビリには最高のゲームでした。

 

DSC00011.jpg
★ソニーストア PS3本体+Move+スポーツチャンピオンセット「CEJH-10015」のご案内はこちらから

DSC00013.jpg
★ソニーストア Move+スポーツチャンピオンバリューパック「CEJH-15011」のご案内はこちらから

 

 

なお、グランツーリスモ5のモーションアイを使ったフェイストラッキング機能なんですが、どうも全レースで楽しめるものではないようで、アーケードモードの、しかもドリフトモードでプレミアムカーを使った時にしか我が家では動作をしてくれません。なにか設定があるのかもしれませんがGTライフモードなどの普通のレースなどでは利用ができないのでちょっと残念。

ま、もともとドリフトを多用する時に視界を広げるための機能なんでしょうし、利にはかなっているかな。もうちょっとゲームを進めて腕があがってラリードライブが増えてくると機能のありがたさを感じられるようになるのかも。

【追記】

調べてみたらこちらのサイトにこんな記事掲載がありました。

・サポートしているのは基本的にアーケードモードのみ
・プレミアムカーのコックピットビューであること
・タイヤの擦り減り量、燃料の残量計算をしない場合、もしくはその設定(ピット作業無し)であること

コックピットビューで視界を狭くしているときには、この機能、結構有効かもしれません。

 

ZG3073.jpg
★ソニーストア PS3ソフト「グランツーリスモ5【通常版】」のご案内はこちらから

☆当店blog 10.12.1「グランツーリスモ5公認画質設定ガイド」 
☆当店blog 10.11.26「グランツーリスモ5の3D立体視の話」 
☆当店blog 10.11.25「グランツーリスモ5」 
☆当店blog 10.11.15「『WE LOVE CARS. 』ステッカープレゼント」 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ