マクロレンズってどれを買えば良いですか?:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

マクロレンズってどれを買えば良いですか? [┣ デジタル一眼“α”]

DSC03043.jpg

先週金曜日からスタートしたαレンズキャンペーン。おかげさまで大変な盛況ぶりとなっております。人気があるのがカールツァイスの「SAL1680Z」、それとズームレンズの「SAL16105」などで、α55の標準ズームレンズからのステップアップと思われる方々のオーダーが多いようです。

そんな中、α55からαデビューをしているお客様から「マクロレンズを買おうと思うんですけど、どれが良いんですか?」というご質問をいただきました。ソニーαレンズには30mm、50mm、100mmの3本のマクロレンズがあります。どれが良い!というのはなく、それぞれに特長があるαには必要なラインナップになっています。

どんな特長があるものなのか、今日は3本のマクロレンズを使ってどんな写真が撮れるのか、違いがあるのか、店頭で出来る範囲で試してみました。マクロレンズ、小物撮影に興味ある方におつきあいいただければ幸いです。

 

DSC03044.jpg

身の回りにある小物を集めて、これで今日は朝からマクロ撮影練習をしていました。特別な勉強をしているわけでもなく、経験があるわけでもないデジタル一眼初心者の私ですが、思えばマクロレンズについてのセミナーとかは受けたことがありません。

いつもならαセミナーでの話を応用して作例作りとかをするんですが、今回はそれもできません。行き当たりバッテリで、記事を作ってみたいと思います。

 

まずは、マクロレンズとしての接写性能はどれが優れているのか?なんて、疑問に思いませんか? 30mm、50mm、100mmの3本のマクロレンズで、小さなモノをどれが一番大きく映すことができるのか?って。

まずはそれを実験してみたいと思います。

DSC03046.jpg

まずは100mmマクロなんですがピントを最短撮影距離に合わせます。カメラの中にあるCMOSセンサーから被写体までの距離が0.35mというのがこのレンズの最短撮影距離になります。(デジタル一眼の場合、レンズの前面からの距離ではなく、イメージセンサーからの距離で表すのが一般的なルールになっています。)

それで電車のミニカーがあるので、これのヘッドマークを撮影したのがこちら。

DSC00283.jpg

微妙に手ぶれしてしまったんですが、この距離でこのヘッドマークの大きさの写真が撮れました。ヘッドマークは自分でシールを切って貼っているんですが、そのガタガタ具合、さらには糸くずまで映っていますが、そのサイズの小ささに注目。かなり大写しが出来るんです。マクロレンズって。

 

DSC03047.jpg

2回目の撮影は50mmマクロレンズです。100mmマクロの時と比べるとずいぶんカメラが寄ることができました。レンズ面から電車まで5cmもありません。

こんなに寄ったらさぞかし大きくヘッドマークを撮影することができそうですが。。。

DSC00284.jpg

撮ってみるとそんなにサイズが変わりません。というかまったく一緒です。

 

DSC03048.jpg

最後は30mmマクロレンズです。レンズ面がもう被写体にくっついてしまいそう。カメラ本体もこんなに寄ってしまいました。これが一番近いところでフォーカスが合う点で、シャッターを切ると。。。

DSC00286.jpg

うーん、これもヘッドマークのサイズは変わりません。

実はソニーのαマクロレンズはイメージャーに映る像が実際のものの大きさと同じ1:1になるように設計をされているようで、カメラと被写体の距離が違っていても焦点距離が違うだけで撮影出来る倍率は一緒なんです。

 

では、今度は撮影距離を固定してレンズだけ変えた写真を撮ってみます。

DSC00258.jpg
α55+SAL100M28 F11.0 1/50秒 焦点距離100mm

1枚目のこの写真は100mmマクロで水彩クレヨンの写真を撮ってみたところ。ミニ三脚を立ててカメラを半固定させてレンズ交換をしてみます。

100mmマクロでこんなに大きくフレーミングしていたものが50mmマクロに変えると。。。

DSC00260.jpg

こんなに離れてしまうんです。50mmマクロでは。

さらにレンズを30mmマクロに交換してみると。。。

DSC00261.jpg

これが30mmマクロの写真。

これで大体イメージが出来たと思うんですが、30mmマクロは広角レンズ、50mmマクロは標準レンズ、100mmマクロは望遠レンズという様な使い方をするものになります。

100mmマクロと同じ様なフレーミングにするためには、寄ってあげる必要があって、うまく工夫すれば同じ様な写真を撮ることも可能。

DSC00264.jpg
α55+SAL50M28 F11.0 1/60秒 焦点距離50mm

↑これは50mmマクロです。撮影距離を半分くらいにするとこんな写真を撮影することができます。

DSC00268.jpg
α55+SAL100M28 F8.0 1/50秒 焦点距離30mm

↑30mmマクロでも撮影できました。これは相当被写体にカメラを寄せています。極端に寄せるので証明の具合によってはレンズ自体の影が被写体にかかってしまい、撮影ができないことも。。。そういう場合は影の出ないところまで下がって、それで撮影。あとからトリミングすれば良い、という話もあるんですが、出来ればカメラだけで撮影を完了させたいですしねぇ。

撮影距離が短くなると、そうしたレンズの影問題以外にも影響が出る部分があります。それがパースと呼ばれる歪みの件。

またまだ出来る限り大きく写せるところまで寄って、3本のマクロレンズで歪みが出ているのがわかりやすい鉄道模型を撮ってみます。

DSC00274.jpg
α55+SAL30M28 F11.0 1/30秒 焦点距離30mm

これは30mmのマクロレンズです。先頭車両にフォーカスを合わせてフレーミングを斜めにして一番長さが入るように調整しました。

DSC00276.jpg
α55+SAL50M28 F11.0 1/13秒 焦点距離50mm

2枚目は50mmマクロレンズです。気がつきますか? 30mmマクロとはずいぶん印象が違って見えませんか?

それほど遠近感がなくなったのでは?

DSC00279.jpg
α55+SAL30M28 F11.0 1/15秒 焦点距離30mm

さらに100mmマクロレンズを使ったときの写真です。ピントを合わせているのはあくまでピンクのヘッドマークになっているんですけど、全体の雰囲気が変わりませんか?

30mmマクロの写真では、おもちゃの電車だということがモロばれしているのに、100mmマクロではスケール感の小ささを感じさせません。小さな被写体をマクロレンズで撮影していることに変わりはないんですが焦点距離を長くすると、実際の望遠レンズと同じ様な働きになるので圧縮効果が出てきます。

模型撮影とかを考えている方はこうした歪みの出ない100mm、50mmマクロの方が良いのかも。

DSC00229.jpg

αセミナーでのプロカメラマンさんのお話では、50mmを買うよりも100mmの方がオススメですよ、なんて話がよく聞かされます。

私の場合、簡単に撮れるのが50mmで、慎重に撮る必要があるのが100mmという紹介の仕方をするのがほとんど。100mmマクロの場合、すぐ目の前を望遠レンズで撮影している感じで手持ちで撮るのが難しいんですよ。100mmマクロでは三脚の利用も考えた方が良いと思います。

予算が少なければ50mmマクロ。予算にゆとりがあるならば、30mmと100mmマクロを買われると良いかも。

 

私の説明もうまくなく、作例も少なくてレンズの特長がわかりにくいかもしれません。当店店頭にはこれら3本のレンズが店頭展示されています。使い勝手がどんなものなのか試してみたい、と言う方にはお部屋の中でですが、試し撮りをしていただくことができます。

お気軽にご来店の上、お試しになってみてください。

 

ZG3020.jpg
★ソニーストア マクロレンズ「SAL100M28」のご注文はこちらから

ZG2961.jpg
☆ソニー製品情報 メーカー作例「レンズ特集」はこちらから

ZG2958.jpg
☆ソニー製品情報 桃井一至が語るαレンズ マクロレンズ編
 

☆当店blog 10.11.19「マクロレンズ『SAL100M28』店員の声」 
☆当店blog 10.7.11「NEX-5と100mmマクロレンズ」
 
☆当店blog 08.6.12「妻とα対決! 春の尾瀬編」 
☆当店blog 07.3.29「マクロレンズとSTFレンズで桜を撮ってきました」 

 

ZG3023.jpg
☆当店blog 10.11.19「マクロレンズ『SAL50M28』店員の声」
 

ZG3024.jpg
☆ソニー商品情報 メーカー作例「αレンズ特集」はこちらから

★ソニーストア マクロレンズ「SAL50M28」のご注文はこちらから
☆当店blog 08.1.20「楽しい小物撮影練習」
 

 

ZG3017.jpg
★ソニーストア マクロレンズ「SAL30M28」のご注文はこちらから

ZG2959.jpgっxc
☆ソニー製品情報 メーカー作例「レンズ特集」はこちらから
 

☆当店blog 10.11.19「マクロレンズ『SAL30M28』店員の声」 
☆当店blog 10.3.15「鎌倉写真遠足」
 
☆当店blog 10.1.10「川崎厄除け大師の旅」 
☆当店blog 09.11.3「スナップマクロ」 
☆当店blog 09.10.22「30mmマクロレンズ『SAL30M28』開梱レポート」 
☆当店blog 09.10.5「30mmマクロレンズ『SAL30M28』プチ店員の声」 

 


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 4

Yoshiyasu

焦点距離が長い方が、手振れにセンシティブですね。
なので、暗い環境や被写体を撮るときには、広角のほうがブレが少なくできます。被写体との距離を長くとりたいとか、パースにこだわりがあるなら100mmがいいのでしょうが、APS-C本体であれば50mmが使いやすいかと思います。
by Yoshiyasu (2010-11-22 18:23) 

店員佐藤

♪Yoshiyasuさん、こんにちは。
おっしゃるとおりです。APS-Cだと50mmなんですが、α700くらいの
重量感があれば100mm手持ちもそれほど大変ではなかったと
記憶しています。パースの差もこうして歴然として出ることが自分でも
わかったんですが100mmで室内撮影をするときは撮影場所も
ちょっと広く取らないといけないですね。

やっぱり私みたいな初心者だと30mm→50mm→100mmと
ステップアップするのがいいですかね。
by 店員佐藤 (2010-11-23 08:31) 

モーリタイザー

距離ではかるのはおもしろいですねー。
100mmのマクロは実際に近づいたら逃げられる動体の撮影のためにつかうと教えてもらったことがあります。室内で静物をとるんだったら30mmが取り回しに便利ですよね。100mmだと三脚たててたら部屋の主が三脚とカメラになってしまいますからw
ポートレートも100mmのマクロをつかうと面白く撮れるんだそうです。モデルさんに30mmのマクロで近づいてとったら、まず嫌われますもんねw 恋人じゃないんだから。
by モーリタイザー (2010-11-24 07:38) 

店員佐藤

♪モーリタイザーさん、こんにちは。
マクロレンズの焦点距離の違いについては、私もセミナーなどで
何度か耳にはしているんですが、実際に自分の手でそれを実感
しないと体で理解ができないみたいです。今回の実験は自分では
かなりためになりました。

動体のマクロ撮影は。。。100mmだとかえって難しそうです。(^_^;)
by 店員佐藤 (2010-11-24 10:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 1

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ