折りたたみ式Bluetoothキーボード『TK-FBP017BK』開梱レポート:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

折りたたみ式Bluetoothキーボード『TK-FBP017BK』開梱レポート [┣ VAIO]

DSC00001.jpg

今日は珍しく、ソニー製品以外の製品の開梱レポートです。XperiaでBluetoothキーボードでエレコムさんの「TK-FBP017BK」の紹介です。

今回はXperiaユーザー向けのお話になります。Xperiaをまだお使いになっていない方にはちょっと話が難しいかもしれません。

 

DSC00002.jpg

エレコムさんと直接の取引がないので流通状況がどうなっていたのかわからないんですが、ニュース記事などを探してみると8月に発売になって、ソニーストアでも販売をしたんですがわずか1日で入荷未定になってしまい販売が再開したのが今週月曜日になってから、というかなり品薄状態になっている製品の様です。

画面タップで文字入力をするスマートフォン「Xperia X10」で、外付けのキーボードを使うというのはなかなか良いアイデアです。

ZG2573.jpg

だいぶ前の話になりますが、2004年頃のソニースタイルさんの打ち合わせで当時のソニースタイル・プレジデント佐藤一雅氏が、CLIEをこういう折りたたみキーボード「PEGA-KB100」に載せて使っているのをみて、すごいカッチョイイー!とか思っていたんですが、時を経て、それがついにXperiaで私もできることになりました。

ちなみにXperiaはBluetoothを内蔵しているし、その辺にあるBluetoothキーボードでも使えるんじゃないの?と、思えるかもしれませんが、それができないんです。ドライバーや外付けキーボードを使うためのプログラムが用意されていないモノで、今まで、Xperiaで外付けキーボードを使おうとしても対応していなかったんです。

DSC00003.jpg

今回のエレコムさんの「TK-FBP017BK」では、そのプログラムまで用意をしていて、Xperia。。。というかアンドロイド搭載スマートフォンでキーボード使用を可能にしてくれています。

VAIOブランドでもBluetoothキーボードはありますが、それでは使えないんです。

そういうわけでのエレコムさんのBluetoothキーボード「TK-FBP017BK」購入です。

DSC00004.jpg

パッケージを開くと、動作用の単4電池も同梱されていました。パッケージがやけに大きかったんですがそれは専用キャリングケースをこうして別に同梱しているからでした。

DSC00005.jpg

パッケージの同梱品は以上のものだけ。本体とキャリングケース、取扱説明書です。

DSC00006.jpg

早速キーボード本体を開いてサイズをみてみましょう。二つ折りになっているキーボードを開いてみると。。。

DSC00007.jpg

おお、こんな感じですぐにキーボードが展開できました。左側奥にはスマートフォン用の折りたたみスタンドも内蔵されていて、引き出すとこんな形でスタンドも展開します。

DSC00008.jpg

スマートフォン「Xperia X10」を載せてみたところがこちら。昔見た、CLIEの専用キーボードみたいです。かっちょいいー。

DSC00009.jpg

これはスタンド部分の拡大ですが、これがまたよくできているんです。全部一方向に折れるようになっているので、この台座のままでキーボードに押し込めば上手いこと収納ができて、引き出せば自動でスタンドが形作られるようになっています。

角度は3段階で切り換えられるんですが、それほど大きくは角度は変わりません。

DSC00010.jpg

また、ロックを外せばこうしてスタンド部分を切り離すことが可能。実際に使ってみると。。。キー入力をしながらも変換候補の漢字を選ぶためにしょっちゅう画面をタップすることになります。

なので、私は、このスタンドはキーボードに装着したままの状態で使う方が便利に思えます。タップするたびにドンドン位置が離れていってしまうよりは、固定されている方が使いやすいですよ。

DSC00011.jpg

また背面カバーをXperiaに装着している方も多いと思いますが、こういうハードシェルジャケットであればスタンドにそのまま載ります。安定性も変わりません。

DSC00012.jpg

これはすでに販売が終わってしまったソニーストア銀座限定の吉田カバンケース装着状態ですが、これでもスタンドに載せる事は可能。

ただ、タップがしにくくなるので、使い勝手を考えると、この場合は一度ケースから出して本体だけをスタンドに載せるようにした方が良さそうです。

DSC00013.jpg

キーボードのサイズはご覧の通りです。Xperia+キーボードの最大のライバル?はVAIO Pシリーズになると思いますが、机の上での専有面積はほぼ同じくらいになるイメージです。

ディスプレイサイズについては、さすがにVAIO Pの1600×768ドットには情報量がかないませんが、キーボードについてはなかなかライバル的なサイズになっていますよね。

DSC00014.jpg

キーピッチは若干ですが、エレコム「TK-FBP017BK」の方が有利みたいでわずかにキーボードサイズもVAIO Pより大きくなっています。

DSC00015.jpg

蛇足ながらこちらはVAIO Xシリーズとのサイズ比較です。「TK-FBP017BK」はPCと接続する通常のBluetooth機能も搭載しているんですが、これだけサイズがほぼ一緒だと、モバイルノートの変わりのキーボードとかには使う気になりません。

今、VAIO type Uみたいなモデルがあると「TK-FBP017BK」は引っ張りだこかもしれません。

DSC00016.jpg

これがXperia本体と、キーボード本体を折りたたんで並べてみたところ。キーボード「TK-FBP017BK」はサイズ感的にはカーナビのナブユーのキャリングポーチくらいのサイズ感、と言えばわかる人にはわかるでしょうか? ポケットサイズではありませんが、ポケット2個サイズってイメージです。

DSC00017.jpg

では、早速、今度は使ってみましょう。まずは単4電池2本をセットします。

ZG2574.jpg
★ソニーストア 充電式ニッケル水素電池「NH-AAA2BKB」のご案内はこちらから

どの電池でどれくらいとかいうスタミナ性能が掲載されていないんですが、説明書によると電池2本で約3ヶ月動作するそうです。

DSC00018.jpg

電源スイッチはキーボードの右上にあります。真ん中がオフで左がXperiaで使うSPPモード。右が通常のBluetoothキーボードとしてPCなどで使うHIDモードになります。

まずはXperiaで使いたいのでSPPモードにします。

DSC00019.jpg

ここからはXperia側の設定をすることになります。まずはエレコムさんのサイトにアクセスしてソフトウェアをダウンロードしてくださいとのこと。

QRコードも印字されているんですが、あいにくXperiaって純正ソフトだけではQRコードが読み込めないんです。なのでここで「QRコードスキャナー」というアプリを用意してそれで読み込みます。

DSC00020.jpg

よし、読めた。これでブラウザ起動です。

DSC00021.jpg

開いたページは別にXperia専用になっているわけではなく、普通のPC向けのホームページでした。読めばそのサイトから二つのソフトウェアをダウンロードして、Xperiaにインストールするように指示があります。

リンクをタップしてみると。。。

DSC00022.jpg

なんだ、アンドロイドマーケットに登録されている公式アプリじゃないですか。ということは、検索窓で「ELECOM」とか入力したら出てくるんじゃないですか?

DSC00023.jpg

はい、出てきました。インストールするのはアンドロイド1.6用のドライバアプリと、Bluetoothキーボード用の日本語入力アプリです。

DSC00024.jpg

おまけで、エレコムさんが窓ふきゲームなんてアプリも用意してくれているみたいなので、ついでにインストールしてみました。あとで遊んでみます。

DSC00025.jpg

そして、設定項目はまだあります、というかここからが本番。まずは文字入力設定を呼び出して「EleWnn」という、新しい文字入力セットを使える様にします。ここはEleWnnのチェックボックスにチェックを入れるだけ。

DSC00026.jpg

続いてはBluetoothのペアリングが必要になるので、Bluetooth機器の登録をしていきます。PIN入力を求められるんですが、特に説明書にはなにも書かれていませんでした。私の場合はここで「0000」を入力したら先に進めました。

DSC00027.jpg

これでBluetoothの登録もOKです。エレコムキーボードがペア設定できています。これで設定準備はOKです。

DSC00028.jpg

早速、文字入力をしてみましょう。アプリに「Elecom BT Assistant」というものが新たに追加されているので、まずはこれを使ってみましょう、となっているのでこれをタップ。

すると単なるテキストボックスが表示され、なるほどここでメモを書いたり、キーボードの文字入力のテストをできるんですね。

そのテキストボックスを長押しすると入力方法の変更をすることができます。

DSC00029.jpg

いつも使っているのはXperiaに搭載されている「POBox touch」です。予測変換でキー入力の途中で漢字候補がドンドンでてくるので、最小限の文字入力で済むため重宝しているんですが、それをやめてEleWnnに切り換えます。

DSC00030.jpg

さらにテキストボックス上のスキャンデバイスボタンを使って外付けキーボードを呼び出して(この時、キーボード側のBluetoothボタンも押します。)。。。

DSC00031.jpg

Connectedが表示されたらこれでキーボードの入力が可能になります。

DSC00032.jpg

わーい、なんか面白いぞ! と、ダダダダッの文字入力をしてみます。なるほど、これはキーボードの問題ではなくXperiaの処理能力の問題だと思うんですが、PCで使っているみたいにサクサク文字が出てくるイメージではなく、やや遅れ気味で文字が表示されていきます。

文字落ちとかはなく、入力した文字については遅延しながらも必ず表示されるみたいなので、マイペースでだーっと文字入力をしても大丈夫。一時のVista登場時のブラウザでの文字入力みたいに文字入力が不規則に落ちてしまうようなことはありません。

これならOK。

Enterキーとか細長スタイルになっているので、これって英字配列キーボードなのかなぁ。@マークとかってPの隣ではなく2のShiftのところにあるのかなぁ、慣れていないと使いにくいんだよなぁ。。。とか、思っていたんですが記号配列などは日本語キーボードと一緒です。かな入力こそできないものの、VAIOで言うところのかな無し日本語キーボードチックでなかなかいいぞ。

ファンクションキーが省略されている5段キーボードなんですがファンクションも押せないわけではなくて「Fn」キーと同時押しすることで利用が可能。日本語入力時にF6、F7、F8、F9を多用する人にはちょっときついかもしれませんが、ま、これは慣れです。

DSC00033.jpg

変換方式だけなんとか元のPOBoxにならないかと、キーボードを認識している状態でPOBoxに戻してみるんですが。。。

DSC00034.jpg

こうなるとキーボードは使えなくなります。なるほど、ここだけはちょっと残念。

ただ、入力方法はテキストボックスで長押しするだけですぐにメニューを呼び出せます。こういうBluetoothキーボードを使う時は腰を落ち着けてどっかりと文字入力するぞ!というときだけでしょうから、その都度、入力方法を切り換えるのはそれほどの手間ではないと思います。

DSC00035.jpg

さて、ここまでで、設定は終わり。まだ専用テキストボックスでしか文字入力をしていませんが、これでもうXperiaにエレコムキーボードのアプリが常駐しているんです。

タスクを呼び出してみると。。。

DSC00036.jpg

キーボードの接続はこのアプリからいつでも行えるとのこと。要は、先ほどのメモ帳入力画面がありましたがあれが裏で動作していれば、他のテキストボックスでもBluetoothキーボードが使える、というちょっと特殊な動作の仕方をするみたいです。

なぜ、そうなっているのかは私もよくわからないんですが、ま、そういう使い方をするぞ、と。

DSC00037.jpg

では、一番やってみたかった、Twitterでのキーボード利用。まずはそれに挑戦。

DSC00038.jpg

なるほど、Bluetoothキーボードがつながったままの状態であれば、簡単に文字入力にそのままキーボードが使えます。

記号を選べばちゃんと顔文字も選べるし、これは極楽。全角文字入力で数字を入れて、あとから変換時に半角にする、という方法がないのがちょっと困った点(F8変換ができない)なんですが、それ以外は良い調子。

まるでPCでツイートしているみたいで、ジャンジャンつぶやけるなぁ。

DSC00039.jpg

このFnキーの使い方さえ慣れてしまえば(私は5分くらいで慣れました)、なるほど、これは文字入力がすごくしやすくなります。いいぞ、これ。

DSC00040.jpg

ひとたび、やり方がわかればどこででもキーボードを使った文字入力は可能。検索ボックスで使うこともできるし、なるほど、ややこしく思えていたんですが、切り換え方法を一度覚えてしまえば操作しなければならない項目が少ないので、これはラクです。

DSC00041.jpg

続いてはPCとのBluetooth接続にも挑戦。こちらは特に解説の必要もなく、普通にBluetooth接続をするだけです。途中でキー入力を求められるんですが、それはPCの画面上に出た数字を、Bluettohキーボードで打つだけ。

迷わずに設定ができると思います。

DSC00042.jpg

ただ、キーボードはVAIO Pシリーズ並のものになるので、それ以外のPCの外付けキーボードとして使おうとしてもかえって使いにくいモノになります。

以前、ラインナップされていた極端に小さなキーボードを内蔵したVAIO type Uとかでしたら、使う価値があると思うですが、PC用に利用することはあまりないかなぁ。。

DSC00043.jpg

それよりは今のところ、唯一使えるXperia用のキーボードとして使うのが○。

4月に買って以来、Xperiaはどうしてもビューワーになってしまっていて、情報発信をしていくツールにはやっぱりなり得ないのかな? 旅行に行くときはやっぱりVAIO Pシリーズとか持ち歩かないといけないかな?と、いうところだったんですが、テキストベースのものだけであれば、これでXperiaだけでの情報発信ツールというのもありかと。

予想以上の使い心地の良さに満足でした。

 

満足といえば、この商品は社外製品であるにも関わらず、ソニーストアではAV商品割引率クーポンが利用可能になっています。

エレコムさんの定価では20,790円に設定されているのにクーポンフル活用をするとそこから半額くらいの価格で買うことができます(しかも送料無料)。ソニーストアでの購入金額にも満足です♪

 

ZG2528.jpg
★ソニーストア エレコム製折りたたみ式Bluetoothキーボード「TK-FBP017BK」のご案内はこちらから

 


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

バンカー

PS3でも使えるかテストしていただけますか?
by バンカー (2010-10-27 16:28) 

店員佐藤

♪バンカーさん、こんにちは。
PS3も問題なく接続できました。
PCと一緒でコード入力がありますが
ちゃんと案内は出ます。ご安心ください。
by 店員佐藤 (2010-10-27 18:55) 

バンカー

早速のテストありがとうございます。
XperiaとPS3の両方に使えるメリットは大きいので早速購入させていただきます。
by バンカー (2010-10-27 20:42) 

店員佐藤

♪バンカーさん、こんにちは。
こちらこそありがとうございます。
グランツーリスモ5をプレイするときにこれなら気軽に
チャットができそうです。Xperia以外にも使い道を
見つけられて助かりました。
by 店員佐藤 (2010-10-28 12:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ