BDレコーダー『BDZ-AT700』で3D番組を見るぞ!:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

BDレコーダー『BDZ-AT700』で3D番組を見るぞ! [┣ BRAVIA & Home AV]

DSC00001.jpg

先週開梱したBDレコーダー「BDZ-AT700」のお話の続きです。今日はブルーレイ3DソフトやPS3の立体ゲームが終わったあとの話。3D番組の録画再生の紹介です。

3D番組って放送してるの?ってところですが、スカパーだと3Dチャンネルがすでに始まっていてスカパーHDを録画出来る人だとそっちで楽しむことができます。スカパーとか入ってないとダメなのかというと、それがそうでもなくて、BS放送が受信できればそれで実は3D番組の録画再生ができてしまうんです。

それを今日は試してみましょう。

 

DSC00002.jpg

さて、先日の開梱レポートでもチラッと説明していましたが、実は昨年あたりから3Dの実験的な放送が始まっていて、それを私の自宅の3D非対応のBDレコーダーで録画記録しています。

その番組をBD-Rに書き出してもってきたのがこれ。前回はこれをそのまま再生しているんですが、ちゃんと立体映像にはなりませんでした。結果から言うと、色々試してみた結果、立体映像で再生はできたんですが、ちょっとややこしい話になります。

再生できない、というものではありませんが、おそらく、これは後日、必ずメーカーさんで何らかの手が打たれるモノと、思うんですが。。。なんにせよ、現時点での再生方法を説明してみたいと思います。

DSC00003.jpg

設置したBDZ-AT700でもすでに3D番組を録画していますので、今回はこれを例に取って試してみます。

録画した番組は。。。

DSC00004.jpg

「BS11(ビーエスイレブン)」という局の番組です。これはビックカメラさんが運営するBS放送局で、ここの放送で毎日5分枠なんですが3D映像の番組を放送しているんです。

DSC00005.jpg

先週まではこんな番組を放送していました。3D紀行というばんぐみで江ノ電の映像です。この番組は別に3D対応のBDレコーダーでなくても録画できますし、3D対応ではないテレビで見ることもできます。もちろんその場合は3D映像にはならなくて2D映像のままになります。

DSC00006.jpg

番組は5分のものなので、実際に前後のTVCMとかをのぞくと正味3分くらい。番組が始まる前にはこんな案内が出ます。他の番組では「寝不足の方」も2D映像でご覧ください、と表示されていました。

DSC00007.jpg

案内が終わって、さぁ、ここから3D映像に切り替わります。どんな風になるかというと。。。

DSC00008.jpg

こんな風になります。「サイド・バイ・サイド」方式と言って、3Dの左右の映像を1枚の映像に横方向を圧縮。これを3Dテレビ側で横方向に伸張して普通の16:9映像にして交互に左右の目に映像を届けることで立体視できるようにする、というものになります。

映像自体は普通の2D映像として放送されているので、録画するのも再生するのも普通の3D非対応BDレコーダーでOK。最後にテレビが3D変換をすればよい、という非常にシンプルな方式になっています。

DSC00009.jpg

ただ、横方向1920ドットの映像を半分半分にして使うため、3D映像としてみると解像度が半分に落ちます。縦方向の走査線は1080本ありますので、ハイビジョンの解像感はそのままなんですが、横方向が半分の解像度になると、なんていうかちょっとピントの甘い映像になっている様な感覚。

それでも3D素材が今のところ、ほとんど世に出回っていないので、こんな映像でも貴重な3D映像なんです。立体視できたときはとても嬉しかったんですが。。。これが、普通に使うと立体映像にならないんです。

いくらやっても、この左右分割映像のまま。

DSC00010.jpg

実際の放送中だとなんの問題もなく立体視できるんですが「BDレコーダー」に録画して、そこから再生したり、BD-Rから再生すると、3Dブラビアでは立体視ができないんです。

リモコンの3Dボタンをおしてもシミュレーテッド3Dと言って、映像に奥行きがでるだけで本来の3Dにはなりません。その場合はテレビリモコンの「オプション」ボタンを押して3Dメニューをいじって「左右分割方式」に切り換えるんですが、それができないんです。

BDレコーダーの映像を再生しているときは、どうやらテレビのリモコンもBDレコーダーモードになってしまうみたいで、BDレコーダーのオプション画面が表示されてしまい、テレビのオプション表示ができなくなってしまう仕様なんです。

うわぁ、たった、3Dメニューのモードを切り換えるだけの話なのにそれができないとは。

DSC00011.jpg

で、結果から言うとこれ以外に今のところサイド・バイ・サイド方式の3D映像を見る方法はありません。その方法とはHDMIコントロールを切ってしまう方法です。

BDレコーダー側で「HDMI機器制御設定」というものがあります。

DSC00012.jpg

これでHDMI機器制御を「切」にします。

DSC00013.jpg

せっかくHDMI1.4対応機器同士でテレビ側からBDレコーダーのコントロールをすべて出来るのにもったいない(>_<)。ですが、こうしないと見られないんですよ。立体映像が。

DSC00014.jpg

ブラビアとBDレコーダーのHDMI機器制御を切っても別に映像が見られなくなるとかいうことはありません。コントロール機能を切っただけなので、映像も音声もそのまま見ることはできます。ただ、テレビの電源を切ったらBDレコーダーも自動で切れるとか、BDレコーダーの電源を入れるだけでテレビの電源が入って映像入力がBDレコーダーに切り替わるとかの便利機能は全部死ぬだけ。

これのおかげで再生中にテレビのリモコンでオプションを呼び出すとテレビのオプション画面が表示されるようになりました。ここに「3Dメニュー」もあります。3Dフォーマットを変更してみましょう。

DSC00015.jpg

テレビ側に左右分割方式と認識するなにかの信号とかは用意されていないみたいで、こうした3Dフォーマットの変更はユーザーがすることになっているみたいです。デフォルトではシミュレーテッド3Dという疑似3Dモードになるみたいで、左右分割方式は自分で設定をしなくてはだめと。

DSC00016.jpg

はい、でました! PCディスプレイではブレブレの映像に見えるんですが、これを3Dメガネでみるとなかなかの立体感。

楽しそうな仕事ですねぇ。これの撮影。

DSC00017.jpg

なお、他にBDレコーダー側で3D関連の設定ができるのはこれくらい。BD-ROMの3D出力なんですが、これは「自動」と「切」しかないので、自動にせざるを得ません。

よって、他に3D出力の設定自体がないので、もう閉口するしかないんです。

DSC00018.jpg

ブラビア側にはソニールームリンクの機能もあります。こちらはサーバーの映像をLAN経由でもってきてテレビで再生するという機能。そうか、これでBDレコーダーに録画された3D映像を再生すれば、テレビのコントロール下にあるので3Dメニューが使えそうです。

DSC00019.jpg

ソニールームリンク経由でBDレコーダーの中をのぞいて。。。ありました。3D紀行が!

これを再生してみると。。。

DSC00020.jpg

はい、普通にハイビジョン映像で3D紀行の再生が始まりましたよ。今週は沖縄の3D映像だそうです。

DSC00021.jpg

で、オプションを呼び出してみると、ちゃんと3Dメニューもあります。よしよし。あと一歩。

DSC00022.jpg

で、3Dフォーマットにアクセスしようとしたら、あらら。。。この写真でわかるでしょうか? 3Dフォーマットのところがグレーカラーになっていて設定をいじれないようにしているんです。

よって、他にBDレコーダーの再生方法はないので、結論としてHDMIコントロールを切るしか、サイド・バイ・サイドの映像を見ることができないってことになりました。

 

【追記】

DSC07603.jpg

自己レスですが、エントリーを書き上げたあとに、すぐに操作方法が判明しました。ちょっとややこしくなりますが、テレビ側のリモコンから「リンクメニュー」を呼び出して、これで操作を「テレビの操作」に切り換えます。(なにもしていないとビデオの操作になっています。)

DSC07604.jpg

すると、もうその画面の中にテレビのオプションが登場。

DSC07605.jpg

ここから3Dメニューが呼び出せます。なんだ、私がリンクメニューを使いこなせなかっただけの話でした。m(_ _)m これで操作すると3Dメニューから左右分割方式の項目が選べました。操作がやや奥の方にあることにかわりはありませんが、これだったらHDMIリンクをいちいち外さなくてもすみます。

と、いうことで新しい結論ですが、サイド・バイ・サイド方式の映像をみるときはテレビのリモコンから「リンクメニューを呼び出して、それでテレビ操作で3Dメニューをいじる」ということになります。

いやぁ、これはわかりにくかった。(^_^;) 私の説明で理解が出来なかった方はこちらにソニーさんのQ&Aがありますので、こちらでご確認ください。

 

DSC00026.jpg

話は変わって、こちらはニュースサイトからの記事。パナソニックさんの提供で11月1日からBS朝日で3Dの音楽番組が始まるんだそうです。1回の放送は10分と短いんですが日替わりで1日2曲、1週間で10曲のライブラリーになるそうです。

DSC00027.jpg

11月1日というと来週の月曜日です。そう、すでにBDレコーダーから予約ができます。

ということで早速、録画予約です。月~金の繰り返し録画にしましたので、これで来週から3D番組がまたライブラリーとして貯まっていきます。

 

今のところ当店のオーダー状況を見ていると3D対応のブラビアHX800を3Dメガネ無しで購入されている方がほとんどなんですが(^_^;)こうして、3D番組も徐々に増えていきます。早いうちに3D番組を観られるようにした方が楽しくないですか?

来週はとりあえずスピードが見られるそうです。楽しみ、楽しみ。

 

ZG2536.jpg
★ソニーストア 3D対応ブラビア「KDL-46HX800」のご案内はこちらから

ZG2466.jpg
★ソニーストア 3D対応ブラビア「KDL-40HX800」のご案内はこちらから

 

ZG2467.jpg
★ソニーストア 3Dメガネ「TDG-BR100」のご案内はこちらから

ZG2468.jpg
★ソニーストア 小型サイズ3Dメガネ「TDG-BR50」のご案内はこちらから

ZG2469.jpg
★ソニーストア 3Dシンクロトランスミッター「TMR-BR100」のご案内はこちらから 

※ブラビアHX800には3Dメガネ、トランスミッターが付属しません。3D映像をご覧になるためにはこれらのアクセサリーが必要になります。 

 

ZG2258.jpg
★ソニーストア「地デジにチェンジ」キャンペーンのご案内はこちらから

ZG2167.jpg
☆ソニー商品情報ページ「ブルーレイ3Dソフトと3D立体視ゲームがもれなく無料でもらえる!」キャンペーンのご案内はこちらから
 

☆当店blog 10.10.13「3Dブラビアキャンペーンの非売品3Dソフト4本の紹介」
☆当店blog 10.10.9「非売品のブルーレイ3Dソフトがキター!」
 
☆当店blog 10.10.8「3Dブラビアの3D立体視ゲーム無料ダウンロードのレポート」 
☆当店blog 10.10.1「非売品の3Dソフトがゲットできる怒濤のキャンペーン発表!」 

 

ZG1384.jpg
★ソニースタイル 大型テレビ設置サービスのご案内はこちらから
 

☆当店blog 10.10.12「テレビの納期が激変中」 
☆当店blog 10.10.8「家電エコポイントが12月から半減!」 
☆当店blog 10.10.7「家電エコポイント申請の話 その2」 
☆当店blog 10.8.19「家電エコポイント申請の話」 
☆当店blog 10.8.16「実家のブラビアEX300の話」 
☆当店blog 10.7.18「ブラビアを2台買ってきました」 
☆当店blog 10.7.13「32型ブラビアが5万円で買えます」 

 

ZG2411.jpg
★ソニーストア ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-AX1000」のご案内はこちらから
 
※ディスク容量は1TBで199,800円。AT900と比較するとHDMI端子が2つになっていたりホームシアターユースでの利用を前提にしたモデル。とはいえ、メモリーカードスロットを装備するなどリビングで使うのにも魅力な点が。。。

ZG2413.jpg
★ソニーストア ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-AT900」のご案内はこちらから
 
※ディスク容量は1TBで149,800円。500GBモデルのAT700の2倍はしないものの+4万円の設定は微妙。家族で使うならAT900、プライベートならAT700というところでしょうか?

ZG2414.jpg
★ソニーストア ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-AT700」のご案内はこちらから
 
※ディスク容量は500GBでAT900の半分なものの価格が109,800円と激安なのが魅力。WでAVC録画ができるのですべて圧縮して録画するのであれば500GBで十分という考え方もできます。

ZG2415.jpg
★ソニーストア ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-AT500」のご案内はこちらから
 
※ディスク容量は320GBでここに+15,000円でディスク容量が1.5倍になると思うと、ここはAT700の方がオトクに思えます。それほど多くの録画を考えていない方向け。

ZG1788.jpg
★ソニーストア BDレコーダーデビューキャンペーンのご案内はこちらから

☆当店blog 10.10.22「BDレコーダー『BDZ-AT700』開梱レポート」 
☆当店blog 10.9.10「ブルーレイディスクレコーダー デビューキャンペーン」
 
☆当店blog 10.9.2「全モデルブルーレイ3D対応の新型BDレコーダー発表」 

 


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 4

sakusan

やっぱ、3Dなんですね。
年末商戦は加熱しそう。
by sakusan (2010-10-26 21:23) 

店員佐藤

♪sakusanさん、こんばんは。
すでに加熱しちゃっていて、11月中旬頃までには
燃え尽きてしまうのではないかと。。。

ポイント半減の威力はでかいですねぇ。
おそらく当店でも月間のテレビオーダー台数が
歴代新記録になると思います。エコポイントが終わったら
もう誰もテレビを買わなくなりそうです。(^_-)
by 店員佐藤 (2010-10-26 23:41) 

toshiyam

HX800のリモコンの「3D」ボタンの隣の「リンク」ボタンで制御する機器を選択できますよ。
by toshiyam (2010-10-27 13:25) 

店員佐藤

♪toshiyamさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

苦労の末、たどりつきました。やってみればたいした事のない
操作で。。。(^_^;) はまるときってこんな感じなんだよなぁ、と
チカラが抜けています。

来週になるとパナソニックさんの音楽番組の3D放送がありますので
そこでまた楽しませていただきます。SPEDDの3D映像が楽しみです。
by 店員佐藤 (2010-10-27 15:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ