防水ドックスピーカー『RDP-NWR100』ファーストインプレッション:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

防水ドックスピーカー『RDP-NWR100』ファーストインプレッション [┣ Walkman & Audio]

NWR02.jpg

本日より先行予約販売がスタートしたのはウォークマンSシリーズだけではありません。大注目の防水ドックスピーカー「RDP-NWR100」も予約販売がスタートしています。営業所の担当さんも、当店の担当セールスさんも、そして私もオススメの、このウォークマンドックスピーカーのファーストインプレッションです。

 

NWR01.jpg

先週金曜日にやってきて火曜日には帰っていってしまったんですが「遠慮無く使ってください!」と、言われたので本当に遠慮無く、お風呂の中で使ってきました。(^_^)v

なるほど、これは使ってみて思いますが、音が良い! サイズなりの音がします。。。とは言いません。これはサイズ以上の音がします。

ちょっと使い方からご案内をしていきたいんですが。。。

NWR03.jpg

これは背面です。最初、どこから開けるのか絶対に悩むと思いますが、このふたつの隅を写真の様に押し込むとロックが外れて本体が前後に開きます。

NWR04.jpg

これが開いた状態。パッキンがあるのは実はウォークマンを収納する長方形部分だけで、スピーカー部分などは防水されていないことがわかります。なるほど、スピーカー部分はぬれても良いのか。

NWR05.jpg

そのウォークマンの収納部にウォークマンポート用の接続コード、それと内蔵電池の収納部があります。

NWR13.jpg

電池が無くても使えるんですが、電池があると出力は10倍程度になります。

NWR12.jpg

また電池寿命ですがあくまで目安でアルカリ電池を使って約60時間とのこと。エナジーゴールド電池を使う人が多いでしょうが、ま、これくらいの時間は目安として使えるので、お風呂に入る時間にもよりますが、1日1時間使っても2ヶ月。30分程度だったら4ヶ月くらいは使えてしまう計算。相当な省電力モデルになっていると思います。

NWR06.jpg

ウォークマン収納部のフロントはご覧の通り柔らかいビニール製になっていて、これを通してウォークマンの操作をすることになります。

NWR07.jpg

ご覧の通り、タッチする操作については問題なくできるんですが、先述の通り、ウォークマンX1000の様になぞる操作をするとビニールに負荷がかかるというか伸びてしまう、こすれてしまうため劣化が激しくなります。

タッチ操作だけでウォークマンX1000を使うのであれば利用ができますが、メーカーさんとしては対応機種にできません。素直にA、Sシリーズ、E050シリーズで使うのがオススメ。

それらの対応モデルでもボリューム操作がボディサイドにあって操作ができないのでは?と、思うところですが,ボリューム操作だけはウォークマンではなく、防水スピーカードック「RDP-NWR100」自体の操作をすることになります。

NWR08.jpg

スピーカー部はメッシュになっていて内部に水が進入します。このスピーカーも水に触れることができるように特殊な素材で出来ているみたいです。完全防水型ではないので、水中では使用しないでください、スピーカー部に水が侵入すると音が聞こえにくくなる場合があります。などの注意書きがありました。

そうか、水に濡れるとどうなるんだろう?ということで実験。

NWR09.jpg

スピーカー部だけをこうして水に浸してみて、それで左右の音の違いを聞き比べてみるんですが、なるほど、スピーカーは水に濡れると高域の音が出にくくなるみたいです。完全に乾燥すると元に戻るんですが、スピーカーに水がつくと高域の音は簡単に失われてしまうようです。

やらないでください、ということにはなっていますが、その通りでこれは水中で使うものではありません。防滴仕様ということで使うのが正しい使い方のようです。

NWR10.jpg

電源として単3電池を3本利用する事になります。これにより音声出力を10倍くらいにしてくれるんですが、聞き比べてみると電池無しでも十分なります。音量も10倍は違わなくて半分くらいになる感じ。

NWR11.jpg

そして、このスピーカーの音量ですが、お風呂で果たして本当に満足する音量でなるものなのか、それを実際に試したかったんです。なにもしないでただお風呂につかっているだけのときって静かだし、それほど大音量は必要ないわけですが、シャワーを流したりするとこれは結構な音がしているはずで、それでスピーカーの音が聞こえなくなったら、意味がないですからね。

ということでシャワーを流したり、体を洗ったりしながら実験したんですが。。。全然問題なし。

全開の1/3くらいの音量でも十分聞こえます。シャワーをしながらでも。

 

というかですね。それ以前に、このスピーカーなんですが、妙に音質が良いんです。重低音がなるとかサラウンド感があるとか、そういう豪華仕様ではありませんが、安っぽい響き方をしないしクセが無くてモニターライクな音がする感じ。

こうしてお風呂の様に反響のあるところではウォークマンのサラウンド効果「スタジオ」みたいな聞こえ方がするんですが、それでもバランスは良い感じ。第一、こんなサイズのスピーカーなのに音量を上げても音が割れたりしないのも不思議。

これだったらお風呂だけで使うのではなく、普段部屋で使うのにもOKなレベルでは!?

と、使ってみての感想を担当者の方にお話ししたところ、このお風呂スピーカーですが無駄に思えるんですがデジタルアンプを搭載していいるんだとか。なるほど、それのせいでこんな素直な音がなるんですかね!?

機能が良いとか、デザインが良いとか言う前に、これ音のバランスが良いので買った人は絶対に満足すると思います。

NWR14.jpg

そんなわけでお風呂に使うだけではなく、単3電池駆動をすることもできるしアウトドアに持って行くと良いかも。周りにたくさんいるところだと迷惑ですが、人気のないところで川遊びとかするときにはこんなので音を鳴らして置けば良いBGMマシンとして使えます。万一の雨の時もあとから片付けることができるし。

DSC03958.jpg

ちなみにボディカラーはブルーとピンクの2色展開になっています。ウォークマン本体のカラーに合わせる事もできるんですが。。。これ、もうちょっとナチュラルなカラーの展開も欲しかったですかね!?(^_^;) 

とりあえず、価格も非常にお手頃ですし、ウォークマンと一緒に是非お使いになってみてください。お届け目安は10月7日頃となっています。

 

ZG1973.jpg
★ソニースタイル 防水ドックスピーカー「RDP-NWR100」のご案内はこちらから

 

【追記】

ZG1974.jpg

なお、ウォークマンS750シリーズと一緒に購入するとソニーポイントを10%分プレゼントしてくれるキャンペーンをソニースタイルで行っています。ウォークマンSシリーズをご購入の方は注目です!

ZG1825.jpg
ソニースタイル ウォークマンS750シリーズ オリジナルモデルのご案内はこちらから

ZG1819.jpg
★ソニースタイル ウォークマンS750シリーズ Disneyハートコレクションのご案内

☆当店blog 10.9.22「新型ウォークマン『NW-S754K』ファーストインプレッション」

 


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 4

bigfoot

この性能でXシリーズにフィットするデザインのを出してくれたら、即ポチッなんですけどね・・・
by bigfoot (2010-09-24 22:06) 

かつぽん

なるほど・・・

シャッフルで鳴らしッ放しでOKなら
WalkmanXでもOKかもね♪ってことでしたよね?
買ってみようッかなぁ・・・
by かつぽん (2010-09-27 17:36) 

店員佐藤

♪bigfootさん、こんにちは。
Xシリーズで使える様にするためには
上面をタッチできるような特殊な形状のものを
作らないといけないのかも。さすがに販売終了している
モデルのために新アクセサリーの開発は難しいでしょうし
サードパーティ製でどこかが作ってくれれば。。。

音は期待以上のものがあると思います。
是非、Eシリーズあたりをこれ専用に用意してみるとか♪
by 店員佐藤 (2010-09-27 20:06) 

店員佐藤

♪かつぽんさん、こんにちは。
これ、きっとかつぽんさんも音を気に入ってくれると思います。
スタミナ性能を考えると新型のS750シリーズあたりを入れて
おくというのも良いかも。
by 店員佐藤 (2010-09-27 20:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ