NEX-5でオールドレンズ その3 ズミクロン紹介編:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

NEX-5でオールドレンズ その3 ズミクロン紹介編 [┣ デジタル一眼“α”]

leica01.jpg

予定では今日あたりにライカL→ソニーAマウントのマウントアダプターが到着するはずだったんですが、北海道から送られてくるそうで時間がかかってしまっているようです。

気合いを入れて自宅からα550も持ってきていたんですけど、お楽しみは明日です。で、今日は、1954年製のライカレンズ ズミクロン50mm f2をじっくりと紹介しつつ、またまたベテランの方に質問があるもので、そんな話におつきあいください。

 

leica02.jpg

先週末にオークションで手に入れたズミクロンレンズ。昨日も言ったとおり、レンズの良さも知識もなく、単にこのクラシカルなスタイルに惚れて、ソニーのNEX-5で使ってみたい! きっと、装着したらものすごいかっちょいい事になるに違いない! という思いだけで手に入れました。

もちろん、NEX-5で使えないと意味はないのでクラシックカメラをお使いの方に話を聞いて、装着に問題がなさそうなアドバイスだけはいただいていましたが、これが本当に使えるのかどうかは、まだわかりませんし、シャッターを最初に1度切るまではドキドキしつづけそうです。

そのどきどきを助長させるのが、この重量感。

鉄のかたまりのようなずっしり感があり、ちゃんとはかっていませんが、もしかしたらNEX-5本体よりも重量があるのでは?という位の重さでした。

leica03.jpg

マウントはスクリュータイプになっています。これがライカLマウントと呼ばれているモノです。1954年にライカM3というカメラが登場してそこでライカMマウントというものが発表されて、それ以降、カメラのマウントは30度ほど回転させることでロックする機構になっていますが、そうしたロック機構が出る前は、こうしたネジ式のマウントだったんだそうです。

NEX-5に装着するのはライカMマウント→ソニーEマウントの変換アダプター。その前にライカLマウント→ライカMマウントへ変換するアダプターリングを利用する事になります。

マウントの種類、違いがあることだけ理解できれば難しい話ではないみたいですが、これも全く知識がないと、これで本当に大丈夫なの!?という不安だらけになります。

leica04.jpg

ズミクロン50mm f2の前期型は沈胴レンズになっていて、レンズのフロント部側をカチャッと回転させると、真ん中の筒の部分がマウント側に沈んで、こんなに短いレンズになります。

持ち歩く際に出っ張らないようにしているためで、これで撮影はできません。レンズを利用するときはまたのばして使うことになります。

leica05.jpg

そして、ちょっと心配なのがレンズを畳んだときに後ろからレンズ筒が飛び出ること。見ての通り、かなり後ろに飛び出るのがわかるでしょうか?

M型ライカのボディにはめるときは、これが当たらないように計算されているんでしょうけど、NEX-5に装着するのは完全に自己責任です。これでデジタルカメラ側のイメージャーにキズでも入れたら大変なことになってしまいます。

leica06.jpg

ライカM→ソニーAマウントの変換アダプターが1cmくらいの厚さになる計算です。それだけあるのと、イメージャーの周りがこうして盛り上がっているのでセンサーに直接当たることはなさそうですが、ちょっと心配です。

マウントアダプターが来たらすぐに確認をする必要があります。

leica07.jpg

そして、レンズの各部を見ていくんですが、オールドレンズらしいというかこの出っ張りは一体なんでしょう? 写真で見たときから気になっていたんですが、これはロック機構になっていました。

leica08.jpg

フォーカスを無限遠のところでロックさせておくためのピンで、スプリングが仕組まれているようで指で押すとロックが外れる仕組みになっています。

leica09.jpg

これがロックを外した状態。レンズはそれほど伸長するものでもないんですが、事故防止のためのものなんでしょう。見ればだいぶすり減っている様に見えます。

leica10.jpg

距離表記はメートルではなくてフィート。100フィートで33mなので、書いてある数字を1/3にしなくてはいけません。15フィートは5m。5フィートは1.6mです。

真ん中の矢印のところにあるのが距離計。絞りに合わせて被写界深度が変わるので、フォーカスが合って見える範囲をこうして目盛りで記してくれています。最小の数字は3.5フィートになっているので、最短撮影距離は約1mということになります。Rマークは赤外写真を撮るときに使ったものらしく、ちょっと脇にその補正する矢印があるんですが、使い方は私にはわかりません。

(記事を一部訂正させていただきました。)

leica11.jpg

レンズのフロント側には絞りのダイヤルがあります。ここがちょっと問題なんですが、絞りを開放にした状態でマークはF2.8を示しています。

leica12.jpg

これは一番絞った状態なんですが、本来F22あたりを示すはずが、なんでもないところを指しています。そうなんです。この絞りリングなんですが明らかにマーキングがずれてしまっているんです。

レンズの特徴を出すために絞り開放で撮影することが多いと思いますので、それほど気にならないといえば気にならないんですが、できれば直したいところです。

leica13.jpg

絞りリングのところには、こうしてマイナスのネジがあります。180度対角にもう1本ネジがあるんですが、これをゆるめて、絞りのマーキングが合う位置にずらしてよいものなんでしょうか?どうも自信がなくて試せません。

せめて、試し撮りをしてからにしようかと思っています。

leica14.jpg

で、これはいつも使っているαレンズでは考えられないんですけど、絞りリングのところでフロントレンズを回すとレンズを分解することができるんです。

レンズの中って初めてみました。

leica15.jpg

絞りリングを回すと、カリカリカリっと、絞りが開いたり閉じたり。へぇ~。レンズってこうやってできていたのか。絞り羽根の動きを見ていると、なんとなく絞りの仕組みもわかります。

ブロアーで吹いただけで、この絞りの周りのリングがふわっと浮くので、ここはそう滅多に開けてよいところではないみたいです。

すぐに閉めました。

leica16.jpg

レンズフロント部には、レンズの素性を表す情報がすべて書き込まれています。Nr.とあるのがシリアルナンバーです。昨日も伝えましたが、レンズの種類を問わず、ライカでは出荷したレンズ1本1本に通算ナンバーを振っているため、この数字で製造年がわかるそうです。

1124001~1236000が1954年に製作されたレンズのナンバーになります。このレンズ、56年前のレンズになるそうです。私が今使っているαレンズもこんなに長期間使ってもらえるものになるんでしょうか?

leica17.jpg

以上、始めてのオールドレンズ紹介でした。

まだマウントアダプターもなにもないのでレンズを眺めているだけなのがもどかしい。。。早く撮影してみたいですねぇ。おそらく明日にはAマウントのアダプターが届くと思いますので、そうしたらα550やA-Eマウントアダプターを介してのNEXでの撮影などができると思います。 

 

ZFU683.jpg

ところで、ソニースタイルのNEX-5の在庫状況なんですが、またまたすごいことになってしまっているようです。ブラックボディはキットレンズのどれを選んでも納期未定になってしまいました。

シルバーボディはWレンズキットが7月上旬、それ以外は即納状態になっているので、またシルバーボディの方が在庫があるようです。

こうしてオールドレンズ遊びをするのなら、ボディはシルバーの方が雰囲気があるんじゃないですかね?(って、完全に私の好みの問題なんですが。)

ZFU685.jpg

それと、発売以来、ずーっと入荷待ちになっていたフィッシュアイコンバーターが今なら即納状態になっているようです。光学ビューファインダーも明日から出荷になっています。

NEX-5のブラックボディを望まなければ、今だったら普通に近い状態で購入ができますよ!

 

ZFU176.jpg
★ソニースタイル デジタル一眼「NEX-5」のご案内はこちらから

ZFU177.jpg
★ ソニースタイル デジタル一眼「NEX-3」のご案内はこちらから

ZFU222.jpg
☆当店ホームページ デジタル一眼カメラ「NEX-5/NEX-3」店員の声
 
 
☆当店blog 10.6.22「NEX-5でオールドレンズ その2 図鑑購入編」 
☆当店blog 10.6.21「NEX-5でオールドレンズ その1 新企画発表」 
☆当店blog 10.6.19「6月24日発売のαアクセサリーが受注開始」 
☆当店blog 10.6.14「マウントアダプターの初使い」 
☆当店blog 10.6.11「男子旅 in 上高地 with NEX-5」 
☆当店blog 10.6.10「レンズジャケット『LCS- EML1A』開梱レポート」 
☆当店blog 10.6.10「ボディケース『LCS- EMB1A』開梱レポート」 
☆当店blog 10.6.10「ショルダーストラップ『STP-XH1』開梱レポート」
☆当店blog 10.6.9「デジタル一眼『NEX-5』AVCHD動画撮影レビュー」 
☆当店blog 10.6.7「デジタル一眼『NEX-5』パノラマ撮影レビュー」 
☆当店blog 10.6.4「続・デジタル一眼『NEX-5』アクセサリー開梱レポート」 
☆当店blog 10.6.3「デジタル一眼『NEX-5』の大開梱レポート」 
 
☆当店blog 10.6.1「デジタル一眼『NEX-5/NEX-3』のカタログ到着」 
☆当店blog 10.6.1「ジャーナルスタンダード ウエストバッグが到着」 
☆当店blog 10.5.30「αスタイルブック NEX-5/NEX-3」 
☆当店blog 10.5.30「NEX-5の撮影動画が『α CLOCK』に登場」 
☆当店blog 10.5.28「αマグカップのプレゼントスタート!」 
☆当店blog 10.5.28「大変!Eマウントの18-200が予約受付開始です!」 
☆当店blog 10.5.28「デジタル一眼『NEX-5/NEX-3』がいよいよ一般受注へ」 
☆当店blog 10.5.28「液晶保護カバーが受注開始になりました」 
☆当店blog 10.5.27「デジタル一眼『NEX-5/NEX-3』オーダー速報第二弾」 
☆当店blog 10.5.27「ジャーナルスタンダードが打ち止め。。。」 
☆当店blog 10.5.26「デジタル一眼『NEX-5/NEX-3』オーダー速報第一弾」 
☆当店blog 10.5.26「『NEX-5/NEX-3』エントリー先行予約販売スタート」 
☆当店blog 10.5.26「α専用の吉田カバン2WAY バッグの紹介」 

☆当店blog 10.5.26「新型デジタル一眼『NEX』受注開始2時間前」 
☆当店blog 10.5.25「スクープ!?高倍率ズームレンズの発売日が判明?」 
☆当店blog 10.5.25「デジタル一眼『NEX-5/NEX-3』オーダー開始直前情報」 
☆当店blog 10.5.24「新型αエントリー先行予約販売日時決定」 
 
☆当店blog 10.5.24「デジタル一眼『NEX-5/NEX-3』発売前最後のレポート」 
☆当店blog 10.5.22「はとバスツアーに行ってきました(16mm写真撮影)」 
☆当店blog 10.5.21「デジカメ雑誌のNEX特集 Part2」 
☆当店blog 10.5.21「デジカメ雑誌のNEX特集」 
☆当店blog 10.5.15「ソニーα『NEX-5/NEX-3』特別体験会レポート」 
☆当店blog 10.5.13「デジタル一眼『NEX-5』の実写レポート『オートHDR編』」 
☆当店blog 10.5.11「デジタル一眼『NEX-5/NEX-3』の写真レポート」 
☆当店blog 10.5.11「ミラーレスα『NEX-5』『NEX-3』発表!」 
☆当店blog 10.3.14「『CP+』レポート ミラーレスα 詳細編」 

 


nice!(0)  コメント(12)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 12

あるが

100フィートは30.48m・・・じゃないですか?
オールドレンズの話題、ひたすら指を咥えて眺める
毎日です。羨ましい限りです (^_^)
by あるが (2010-06-23 19:48) 

アカキイ

はじめまして。自分もNEX5を購入したので興味深く今回のマウントアダプターの件、拝見させてもらってます。早速ですがレンズのでっぱりはピント合わせの取っ掛かりでありますね。またその部分がロックするのはこのレンズがねじ込むことでボディーに装着できるマウント(いわゆるスクリューマウント)ですのでレンズ交換時に不容易に回転しないためのロックですね。沈胴式レンズですがあまり沈胴させたくない時のテクニックなどもあります。
いろいろ面白い世界ですよ。
by アカキイ (2010-06-23 21:33) 

店員佐藤

♪あるがさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

ほんとですね。Xperiaで換算したらその通りでした。
フィートとかインチとか、普段の生活でまったく出てこない
単位なんですが、ま、この距離目盛りを見る事ってあまり
ないので、どっちでも大丈夫ですかね(^_^)v
by 店員佐藤 (2010-06-24 10:15) 

店員佐藤

♪アカキイさん、おはようございます。

なるほど!そうでした。このスクリューマウントではレンズ本体を
回転させてねじ込む必要があるので、そういうとっかかりが必要に
なりますね。

沈胴させないテクニック!? すごく興味あるんですけど
こういうレンズの仕組みを解説してくれている本とかないですかね?
手に持ってみて、初めてわかりましたが、いかにも分解できそうな
作りになっていて、一度、仕掛けを知るために全部バラしてみたい
気がしまくっているんですが。。。(^_^;)

ひとつひとつの仕掛けが良くできていて、ホント、感心させられます。
by 店員佐藤 (2010-06-24 10:20) 

PONZU

デジカメWatchでライカMレンズを付けている記事がありますね
先を越されちゃいましたねw
by PONZU (2010-06-24 14:05) 

店員佐藤

♪PONZUさん、こんにちは。
先方はプロのメディアさんです。タイミングも腕もかないませんって。
by 店員佐藤 (2010-06-24 14:15) 

アカキイ

j自分もデジカメWatch見ました。マウントアダプターつけた姿とてもいいですね。買います。
さて昔のレンズは分解はたやすいのですが、その後精度を出すのは大変なことですのでオーバーホールの形で専門の業者さんに看せたほうがよいかとは思います。とはいえ。昔のレンズになりますからすべての事柄がそのレンズの味であり人柄だとおもって付き合うのもありかと。
by アカキイ (2010-06-24 19:49) 

店員佐藤

♪アカキイさん、こんばんは。
アドバイスありがとうございます。

今日、Aマウント用のアダプターがきて、α700を使った
試し撮りがやっとできました。絞りのあたりがずれているのは
どうやら故障で修理が必要になるようですが、おっしゃるとおり
そのまま昔のレンズとして使おうと思います。

撮影には支障がなさそうなのと、それよりも絞るとファインダーが
真っ暗になってしまってピントを合わせられるとかいうレベル
ではなくなることを発見。たぶん、絞り開放でないと撮影が
できそうもありません。(^_^;)

今までのαレンズでは得られない、たくさんの経験ができて
本当に勉強になっています。

またお気づきの点がありましたら、是非、助言をお願い
いたします。
by 店員佐藤 (2010-06-24 22:32) 

ねこっち

アカキイさんのおっしゃるとおり&佐藤さんの考えた通り、素人が無理に直すより、そのまま使えるようなら使った方がよろしいかと思います(ちゃんと修理するとOH込みで3万ぐらいはかかるかと)。

マウントアダプタでオールドレンズ使うと実絞りになるのが痛いですね。しかし、佐藤さんの場合お店の中での実験でしょうから、光量のある屋外なら違った結果が出るかもしれませんね。

マウントアダプタでオールドレンズを最新カメラで使うのは奥が思いっきり深いので楽しみですね~。
by ねこっち (2010-06-25 04:34) 

店員佐藤

♪ねこっちさん、おはようございます。
オーバーホールの目安がさっぱりわからなかったんですが
やっぱり、それくらいはしますよね。2万円ちょっとで買って
いるのでそれよりも高くなってしまうのではちょっと。(^_^;)

α700で使うとファインダー像は真っ暗だったんですが
NEX-5ではかなりISO感度が上がってモニターの像は
明るくなっていました。おっしゃるとおり、屋外で今日は
使ってみます。

今回は予算5万円で遊んでいますので、これであと
もう1本レンズを買ったら、とりあえずそこまでの予定です。
土日に、撮影ができるのが楽しみです。
by 店員佐藤 (2010-06-25 06:04) 

s.ossy

距離表示のRは赤外指標ですね。矢印より少し右にある2の黒丸を指してます。
赤外写真を撮るときの補正用に使います。
by s.ossy (2010-08-21 14:53) 

店員佐藤

♪s.ossyさん、こんばんわ。
なるほど、昔はモノクロ写真を撮るときに赤外線を
使ったものがあったんですね。勉強になりました。
by 店員佐藤 (2010-08-21 22:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ