STFレンズ『SAL135F28』の作例紹介:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

STFレンズ『SAL135F28』の作例紹介 [┣ デジタル一眼“α”]

DSC00927.jpg

あと1時間に迫った、ソニースタイルのαレンズ5年ワイド保証キャンペーン。

サイバーショットの場合だと本体価格の6%くらいで3年ワイド、10%ちょっとで5年ワイドになっているので3年ワイドからのアップグレードは製品価格の5%くらいに設定されるんでしょうか? その分が17時までお得になっているんですが、ラスト1時間で、1本、高額レンズの紹介をしてみたいと思います。

STFレンズの「SAL135F28」です。

 

DSC05286.jpg

難しい機構の説明は私もよくわかっていないんですが、STFレンズというのはレンズの端に特殊な加工をしており、ボケの輪郭がでないようにしてあるレンズなんだそうです。前ボケがきれいだと後ろボケがだめ、後ろボケが良いと前ボケがだめとか、レンズによって得意不得意があるんですが、このSTFレンズは前も後ろもボケがきれいに出て、ソニーのαシステムでしか使えない特殊なレンズなんだと、聞いています。

論より証拠でみてみると、上の写真が普通のズームレンズで撮影しているもの確か、SAL18200という高倍率ズームレンズで撮影をしていたと思います。ま、普通に背景がぼけていて、点光源になりかかっているようなものがいくつかみえます。

これをSTFレンズで撮影すると。。。

DSC05288.jpg

違いは一目瞭然です。ボケに輪郭がなく、すべて本当にボヤッとぼけてくれてまるで水彩画みたいな写真になっています。

ものすごい、特徴的なレンズになっていて、このレンズ1本だけで作品集を作ってみたい!と、思えてしまうくらい。よし、これ使いこなすぞ!と、私も決意してから3年経っているんですが、なんせ使うシーンをこのレンズは選ぶんです。

なんせ、フォーカスですがオートが効きません。マニュアルフォーカスになります。

それと135mmという焦点距離ですがAPS-Cでは200mm相当の望遠レンズになってしまいます。マクロレンズみたいな使い方をしたいんですが、ちょっと望遠過ぎるというか、これもα900とかのフルサイズ用に作られているんですよね。レンズ自体もかなり重いんです。

それでもあちこち持ち歩いて、ちょっとずつ作った作例があるので、ごらんください。

_DSC1999.jpg

これはα900が発売になったときに高尾山で撮ってきたコスモスの写真。α900を実際にどこかに持って行って使わせてもらったのはこのときだけなんですが、とにかく使ってみたかったのがこのSTFレンズでした。

α900のでっかいファインダーの中で使うとマニュアルフォーカスでもまったく問題なし。今思い出しましたが、α900、やっぱり欲しいなぁ。

DSC00076.jpg

これはAPS-Cサイズの普通のαを使って撮影した桜の写真。花自体よりも背景に気を遣って構図を決めています。

DSC00565.jpg

手動での絞りで一番絞ったのがこの状態。

DSC00566.jpg

一番開いたのがこの状態。レンズのF値は2.8になっていますが、撮影するときはF4.5~となります。詳しいことがわからないんですが、レンズを特殊加工して周りを暗くしている関係でそういう特殊な表記になるそうです。

DSC01611.jpg

花を撮りに行く!というと、ちょっと重いのですが、このSTFレンズと100mmマクロを持って歩いていました。

STFレンズの最短撮影距離は87cm。それほど近くには寄れないので、フォーカスを最短距離にしておいて、カメラを前後させてフォーカスを合わせていきます。

DSC06156.jpg

ばっちり決まるとこんな自然なボケを出すこともできます。しっかりと目の回りにフォーカスが来ていて、背中や首の毛は癖のないやわらかいボケが出ています。

背景がもうちょっとどうにかなっていれば良い写真なんですけど。。。(>_<)

(↑この写真はダチョウです。ウチの近所にダチョウさんの牧場があるんです。)

DSC06917.jpg

紅葉狩りに持って行ったときの作例。気分は画家です。

DSC07479.jpg

こうしたイルミネーションを撮影するとその特性がわかりやすいですね。点光源の周りに縁ができず、真ん中から徐々に暗くなっている不思議なボケになっています。

こんな特色ある写真が私にも撮れるのがSTFレンズです。ちょっと作例が少ないみたいなので、この機会に、このSTFレンズを買ったつもりで、またいろいろ撮ってみようと思います。

ちなみにウチでは3年前半に購入しているので、昨年秋に3年ワイド保証が切れてしまいました。5年ワイドがその頃にあれば、まだ2年間保証付きのレンズとして使えたのになぁ。

 

ZFT736.jpg
★ソニースタイル STFレンズ「SAL135F28」のご案内はこちらから

ZFT393.jpg
★ソニースタイル 長期保証サービスのご案内はこちらから

※3月31日17時で終了します

 


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 4

メイジ

STFのボケ、さすがですね!いつかは使ってみたいレンズです。
by メイジ (2010-03-31 22:26) 

店員佐藤

♪メイジさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

使うのが難しいのと、持っていくのが重いんですが
撮ってきた写真が一番きれいなのもこのレンズの
特徴です。今年はSTFレンズの作例も増やしたいです。
by 店員佐藤 (2010-04-01 08:35) 

かつぽん

イザ何か撮影しようと出掛ける時は(あまり無いケドw)
35F1.4GとSTFがα900に付いてるときが多いです…
by かつぽん (2010-04-01 16:57) 

店員佐藤

♪かつぽんさん、こんばんわ。
α900にSTFは鬼に金棒状態ですよねぇ。
35mmのGレンズはありませんが、20mm単焦点で
対抗したいと思います。(^_^)v
by 店員佐藤 (2010-04-01 19:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ