新ソニーカードのお得なコースを選ぼう!:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

新ソニーカードのお得なコースを選ぼう! [★ソニー新着情報]

DSC08117.jpg

先日発表になっていたソニーカードの切り替えなんですが、我が家にもソニーファイナンスさんからソニーカードの切り替えの案内がやってきました。

いよいよ、新しいカードを使うことになるんですが、その前に新ショッピングコースなどどれくらいお得になっているのか、そもそもカードを切り替えた方がよいのか、一度考えてみないとなぁ、とは思っていましたので、ここでしっかりと計算をしてみました。

 

DSC08114.jpg

すでにこの切り替え案内が届いている方も多いはず。我が家には先週末にやってきました。ちなみにやってきたのは妻のもの。妻はノーマルカードに入っていまして、その分だけ案内がやってきています。

ゴールドカードは私の名義で作っているんですが、ソニーカードゴールドの案内はまだきていないみたいですね。

DSC08115.jpg

さて、中身をみると、一番大事なのがこれ。案内によると、従来のソニーカードは6月末まででサービスが終了するので、その前に新しいカードに切り替えます。というもの。

従来のカードから新しいソニーカードへは自動で切り替えられるのですが、切り替えを希望しない場合のみ「切替発行不要届け」というものにサインをして送ることになります。

そうすると自動発行されず、それでソニーカードの利用は終了。支払残高がある場合は最後の月にすべてを決済することになるようです。

DSC08116.jpg

そして、新しいカードはそのままにしておけば5月下旬~6月上旬に届くとのこと。ゴールドカードの区分がなくなるので、全員、このブルーの新しいソニーカードに切り替わります。

DSC08119.jpg

わかりやすく現行カードからの制度の違いなども説明されています。大きく変わるのはカードの年会費で、従来は年に一度でも使っておけば会費無料で利用できたものが、新しいカードでは初年度のみ無料で、翌年からは1,312円かかるというものになります。

クレジットカード業界のことは詳しく私もわかっていないのですが、JCB、VISAなどのクレジットカードはこの様に年会費がかかるのは当たり前のようで、一部、提携カードで発行元が負担しているんですかね? それで無料になるカードがあって、今まではソニーさんがクレジットカードの年会費を負担していたのが、普通に年会費が取られるようになった感じです。

そのほか、不明に思っていたことがいろいろ書かれていて、たとえばETCカードの扱いがどうなるのかわからなかったんですが、そのまま継続利用ができるそうでラッキー。しかも従来はETC年会費が525円かかっていたのに、こちらは逆に無料になるそうです。ETCカードを利用している人は、これはラッキーですね。

支払い方法は翌月1回、2回、ボーナス一括、リボの用意があったわけですが、新しいカードでは翌月1回とリボのみ。私は元々翌月1回しか利用していないので、特に変わりはないかも。

 

私にとっては一番大きく変わるのがソニープロダクツセキュリティです。ソニー製品をカードで買ったときに修理保証をしてくれるというもので、通常はソニースタイルのワイド保証を使うんですが(やったことはないんですが、修理にカードの保険を使うのは立て替え払いをした後に請求をしなくてはいけないなど面倒そうなので。。。)、ソニスタワイド保証でカバーができない「盗難」の時に利用ができる安心感がありました。

ソニーカードゴールドでは3年間の保証があり、これが大きな安心感を生んでいたんですけど、新ソニーカードではこれが1年になってしまいます。ま、新製品とか買ったばかりの時が一番危険なわけで、一番大事な1年が守られているからよしとしましょうか。

これでソニーカードゴールド会員の場合は12,600円の年会費がいらなくなるわけですから。(^_^;)

 

なお、新サービスもあって、ソニーカードで旅行代金を支払ったときに最高1000万円の国内旅行傷害保険というのが新たにつくそうです。海外旅行の際には保険がついていたんですが、今度から国内旅行も対象。海外に行くことのない私にはかなり嬉しいニュースかも。

忘れずに旅行代金の決済には新ソニーカードを使うようにしたいと思います。さすが年会費をとるだけのことはあるかな?

DSC08120.jpg

そして、一番大事な話なんですが「ソニーカードって結局お得になるの?」ということなんですが、それも今回はしっかりと自分でシミュレーションしてみました。

新しいソニーカードのキモになるのが「ショッピングポイントコース」です。

これは年会費とは別にポイントコースの年会費を払って、ショッピング額に合わせたポイントをもらって、それをまたソニースタイルのお買い物クーポンに戻して得をするというものなんですが、従来と比べてそれって損なの?得なの?がわかりにくいんです。

そこで、悪い頭をひねって、いろいろ計算してみました。

まずは年会費がいくらなのか、それと、たとえばですが10万円の買い物をしたときにどれくらいオトクになっているのか?をそれぞれシミュレーションしてみます。

 年会費ポイント
コース
合計額 ソニスタで
10万円
購入時
一般で
10万円
購入時
現行
ソニーカード
 0 円0 円0 円 3,970円500円
ソニーカード
ゴールド
 12,600 円0 円 12,600 円 4,940円1,000
       
新型
1.0倍コース
 1,312 円0 円1,312 円 3,485円500
新型
1.5倍コース
 1,312 円787 円2,099 円 3,727円750
新型
2.0倍コース
 1,312 円1,837 円3,149 円 3,970円1,000
新型
2.5倍コース
 1,312 円4,987 円6,299 円 4,212円1,250

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記の表がそのシミュレーション結果になります。

計算方法はちょっと大変。たとえばですが、現行ソニーカードノーマルの場合で計算すると。。。

★ソニースタイルで10万円の買い物

ソニーカード決済3%オフ特典で請求額は97,000円に!(☆3,000円お得!)

ポイントリワードで1,000円で1ポイント獲得(☆ポイントリワード97ポイント獲得!)
さらにソニースタイルeLIO決済ならポイントリワード2倍!(合計194ポイント獲得!)

ポイントリワード1ポイントをソニーポイント5ポイントに変換(ソニーポイントで970ポイントお得!)

ということで、合計3,970円分のお得をゲットできていたわけです。実にその還元率は3.97%とものすごい高率。ソニーカードゴールドの場合はソニーポイント還元率がノーマルの2倍になっていたので4.94%ものお得を得ていたわけです。(他にボーナスポイント制度もあるんですが、そこまで計算すると大変なことになるので、割愛させてください。)

 

これを新制度で試してみるんですが、ソニースタイルでの決済で3%オフになるのは変わりません。で、ポイントが2倍つくという特典がなくなってしまったこと。ゴールド会員の特別還元率がなくなってしまったのが痛いところなんですが、ポイントリワードと比べるとポイントの付与率が大幅にちがっているので、実際に計算をしてみると還元率はそれほど大きく変わっていません。

というか、こうして実際に計算してみると、ソニースタイルでの決済時に3%オフになる特典が威力ありすぎで、ポイント制度が多少変わったところであまり影響がないことがわかりました。(^_^;)

たとえばですが、新型ソニーカードのショッピングコース1.0倍というドノーマル状態で計算してみますが、年会費1,312円をペイするためにはソニースタイルで37,647円の買い物をしたら、それだけで、年会費分のお得をゲットできます。一般カードで元を取ろうとすると262,400円の買い物をしないといけないので、ポイントプログラムだけを見てソニーカードを利用するのにはちょっと向きませんが、明らかにソニースタイルで年に4万円以上の買い物をする可能性があるなら、ソニーカードは持っておいた方が断然お得、といえます。

 

ちなみにショッピングポイントコース1.0倍の場合、計算方法は先ほど導き出した還元率3.485%を元に、年会費1,312円÷3.485%=37,647円で導き出せます。(損益分岐点・・・って呼んでいいんでしょうか?)

これをすべてのカードの年会費、還元率で計算してみたところがこちらです。

 年会費 ソニスタ利用
損益分岐点
 一般利用
損益分岐点
現行
ソニーカード
 0  0  0
ソニーカード
ゴールド
 12,600 円 225,060  1,260,000
(1,000,000)
      
新型
1.0倍コース
 1,312 円 37,647  262,400
新型
1.5倍コース
 2,099 円 56,318  279,866
新型
2.0倍コース
 3,149 円 79,319  314,900
新型
2.5倍コース
 6,299 円 149,548  503,920

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外と損益分岐点って低いんですよ。特にソニーカードゴールドの一般利用での損益分岐点は大変なことになっていますが、元々ソニースタイルでの利用を前提に利用している方がほとんどでしょうから、126万円も使わなくてもOKなんです。(追記 ボーナスポイントを計算に入れると100万円が損益分岐点になります。)

225,060円なんて、1年のうちにVAIOを1台とα1台、レンズを2本買っている私には軽く超えていますから、それ以外のゴールド会員特典のサービスはすべて無料で利用できているも同然♪

 

さて、ここで上記の損益分岐点の表をみて、あれ?と、思っている方はするどいです。

ZFT302.jpg

そう、ソニースタイルさんのポイント獲得シミュレーションでは年間40万円以上の人が1.5倍コース、年間50万円以上の方が2.0倍コース。年間130万円以上の方が2.5倍コースをおすすめ、となっていますよね。

損益分岐点はずいぶん低くて、2.5倍コースにしても15万円もソニースタイルで買い物をすれば年会費がチャラになるのに!って思いますよね。ですが、ここでよく考えてみるとたとえばソニースタイルで15万円の買い物をした場合、2.5倍コースではチャラになっているだけで、これがもしも1.0倍コースだったら年会費との差し引きで3,916円分のお得をしている、という計算も成り立つんです。

そう、1.0倍コースの方が年会費が安い分、還元率が低くてもお得だったりするんです。

 

うーん、これは計算がややこしくなってきたぞ。なんか関数を使えばお得なポイントが見つけられそうですけど、そんな関数のことなんて忘れているし。。。

ということで、エクセルに還元率と年会費の計算式を入れて、10万円ごとにシミュレーションしてみたのがこちらの表です。

ZFT717.jpg

なるほど、これを作ってみて私は一目瞭然でした。表の中の黄色いセルがより上位のコースに乗り換えたほうがお得な買い物金額なんですが、これによると1.0倍コースよりも1.5倍コースの方がお得になるのが約40万円のところ。2.0倍コースの方がお得になるのが50万円のところ。そして、130万円使ったときに一番お得になるのが2.5倍コースとなります。

で、その数字はソニースタイルではなく、一般利用の場合のポイントの付き方です。

ソニースタイルだけで使って3%オフ割引特典を含めて計算もしてみたんですが、その結果が下記の表になります。

 年会費 ソニスタ
損益分岐点
ソニスタ
おすすめ
コース
 一般利用
損益分岐点
一般利用
おすすめ
コース
現行
ソニーカード
 0  0 0  0 0
ソニーカード
ゴールド
 12,600 円 225,060 130万円
(110万円)
  1,260,000 260 万円
(170万円)
        
新型
1.0倍コース
 1,312 円 37,647 4万円  262,400 30 万円
新型
1.5倍コース
 2,099 円 56,318 40万円  279,866 40 万円
新型
2.0倍コース
 3,149 円 79,319 50万円  314,900 50 万円
新型
2.5倍コース
 6,299 円 149,548 140万円  503,920 130 万円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(追記 オレンジ()で従来ソニーカードのボーナスポイントを計算に入れた場合を追記しました。)

はい、これが今回の結論です。

ずばり、ソニースタイルでの年間お買い物額が37,647円を超えるようでしたら、ソニーカードを利用した方がお得です。で、年間40万円を超える買い物をする人ならば1.5倍コースにした方がお得。さらに年間50万円を超える買い物をするなら2.0倍コース。140万円以上の買い物をする方だけが2.5倍コースをおすすめ、という結果になります。

ソニースタイル利用の場合、損益分岐点が極端に下がるので年間4万円以上ソニースタイルを利用する人ならば、損はしません。10万円以上はまず買うな、という方なら2.0倍コースにしても問題なし。

というか、クレジットカードの特典って別にポイント制度だけではないので、ソニープロダクツ保険が1年間つくだけでも、私なんかは年会費がチャラになっている計算なんですけどね。(^_^)v

 

年間、20~30万円の買い物をするくらいの予定の私ですが、そういう場合は1.5倍コースにとりあえずしておくって感じでよいですかねぇ。

さて、まずはゴールド会員向けのカード切り替え案内を届くのを待つとしたいと思います。

 

ZFT295.jpg
☆ソニーファイナンス ソニーカードホームページはこちらから

 

 

【追記】

ZFT718.jpg

ボーナスポイントの計算もしてみました。従来型カードの一般利用時損益分岐点、おすすめコースの額がちょっと変わります。()として表に追記しています。

 

 

【さらに追記】

ZFT719.jpg

ソニーカードのホームページにゴールド会員さん向けの切り替え案内ページを発見。なんと、これによると、ソニーカードゴールドの会員さんは1.25%還元の「2.5倍コース」に切り替えられるそうです。

これだとカードの年会費が今までの12,600円のちょうど半分になる6,300円になります。ゴールド会員専用のコースとなるみたいで、強制的にこのコースになるみたいです。

ZFT720.jpg

で、このショッピングポイントコースなんですが、アップグレードはいつでも行えるものの、ダウングレードは3月にしか行えないとのこと。さらに、カード年会費がゴールドのページにだけ「初年度無料」という案内がありません。最初の年会費は従来のゴールドカードで引き落とされていた月に引き落とされるそうです。

まだ、正式な乗り換え案内を私はもらっていないのですが、ゴールドカード会員さんは要注意かもしれません。一度、退会して新規でソニーカードを作るようにしないと、6,300円の年会費がかかる可能性がありますね。

 


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 8

Succhi

何が大変って、ソニーカードを公共料金等の支払いに使っていたものですから...
カード番号まで変更になってしまうので、諸手続きが面倒で(笑)
by Succhi (2010-03-29 17:17) 

名無し

これを機に6年間使っていたソニーカードを解約(更新しません葉書を投函)しました。
やはり諸手続が面倒なので。。。
by 名無し (2010-03-29 19:29) 

店員佐藤

♪Succhiさん、こんばんわ。
確かに諸手続は大変ですね。それでも、So-netだけは
自動で新しいカードに更新をしてくれるというのはさすが
グループ企業って気がしました。
by 店員佐藤 (2010-03-29 20:13) 

店員佐藤

♪名無しさん、こんばんわ。
ポイントリワードなどは6月30日までで失効するそうですので
ポイントがたまっているようでしたら、忘れずにお使いください。
by 店員佐藤 (2010-03-29 20:16) 

メイジ

我が家にも案内が来ました。
正直ソニスタ専用カードという使い方なのですが
素直に移行しようと思います(*^_^*)
by メイジ (2010-03-29 23:44) 

ピンキィモモ

こんにちは。
計算など、参考になりました。
当分PCなど高価なものは購入する予定はないので、1.0倍でいいかな。
あと、So-netの接続代金と追加メルアドがソニーカード払いなので、このままソニーカードにしていても、年会費分は出る計算。
けれど、持っている他のカードが年会費無料のなので、なんか損するように思えてしまいます…。
by ピンキィモモ (2010-03-30 11:07) 

店員佐藤

♪メイジさん、こんにちは。
ソニスタ専用カードでも年にウォークマン、サイバーショットを
1台購入するくらいで元は取れますからね。

それと国内旅行の傷害保険がつくようになったので
旅行代金に支払いがあるときは積極的に新ソニーカードを
使ってみてはいかがでしょうか?
by 店員佐藤 (2010-03-30 17:13) 

店員佐藤

♪ピンキィモモさん、こんにちは。
ショッピングポイントコースですが、通年を通してアップグレードは
いつでもできます。当面は1.0倍コースにしておいて、VAIOなどを
購入することがあるときにアップグレードするのがよいと思います。
ただし、ダウングレードは3月にしか行えませんので、忘れずに
1.0倍コースに戻してください。(^_^)v

個人的には年会費は取られてもよいので、以前の様な
ソニーのファンクラブ的な会報誌が届いて欲しいなぁと。
ここ半年くらいはソニーカードの会報誌はかなり寂しい
ものになってしまっていたので。
by 店員佐藤 (2010-03-30 17:16) 

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ