VAIO Lシリーズ 最新オーナーメードレポート:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

VAIO Lシリーズ 最新オーナーメードレポート [┣ VAIO]

ZFS830.jpg

明日で終了する「新Coreプロセッサー登場記念キャンペーン」。今夜のうちにオーダーしないともったいないモデルの第2弾はこちらのデスクトップモデル「VAIO Lシリーズ」です。

春モデルになってもオーナーメード項目はほとんど変わっていなくて、HDDのベースモデルが320GB→500GBにグレードアップされてやや本体価格がそれに合わせてアップ。で、新ソフトウェアの「PMB VAIO Edition」と「VAIO Care」が入ってきた!というのが2010年の春モデルです。

オーダー初日はほとんどがこのLシリーズのオーダーでした。09年秋モデルの受注解禁0時というのを一時は彷彿させてくれていましたが、さて、第2世代になった春モデルのオーナーメードの状況をレポートしたいと思います。

 

当店経由でオーダーくださった皆様、本当にいつもありがとうございます。今回のエントリーも当店経由でオーダーをいただいたVAIOオーナーメードモデルのオーダー内容を分析したものとなっています。

ソニースタイル全体で集計したオーダー比率とは違っている可能性があることをご了承ください。では、早速ですが、行ってみましょう。最新のLシリーズのオーダー集計です。

 【プロセッサー】選択
選択項目アップグレード価格キャンペーン価格選択比率
Core 2 Quad Q9550S (2.83GHz)+25,000円+15,000円約70%
Core 2 Quad Q9400S (2.66GHz)+20,000円+10,000円約5%
Core 2 Duo E8500 (3.16GHz)+5,000円+0円約25%
Core 2 Duo E7500 (2.93GHz)+0円(ベース仕様)+0円(ベース仕様)0%

まずはプロセッサーですが、はい、7割ということは、かなりの方が最高スペックのプロセッサーに集中してしまっています。

あいにく、VAIO Lシリーズには1月にインテルから発表になったCore iプロセッサーは搭載されていません。私も詳しいことはわからないんですが、ソケットが変わるのでマザーボードを入れ替える必要があるため、09年10月に発表されたばかりのLシリーズではCore i搭載は難しいのでは?というのが情報筋の話でした。

もしかすると、次のモデルチェンジまでCore i搭載はないのかもしれません。

で、明日の15時までは新コアプロセッサーキャンペーンでプロセッサーアップグレードが安くできるようになっています。Lシリーズも相当なオーダーが入ってきているので、これで春モデル終盤まで新しいキャンペーンはないかもしれません。明日15時までのオーダーが吉ってことになるかも。

 

 【カラー】選択
選択項目アップグレード価格選択比率
ブラック(ソニースタイル限定カラー)+0円約75%
シルバー+0円約15%
ブラウン+0円(ベース仕様)約10%

こちらはカラー比率。限定カラーだから、というよりはモノトーンに使いたい、フレームもブラックなので統一カラーにしたい、ってことでブラックが大人気になっている気がします。09年秋モデルの時からブラックは圧倒的な人気でしたので。

このカラーを一般販売しないのってすごいことだなぁ。と、逆に思ってしまったり。

 

 【グラフィックアクセラレーター】選択
選択項目アップグレード価格キャンペーン価格選択比率
NVIDIA GeFoece
G240M GPU(1GB)
+5,000円+0円90%
NVIDIA GeFoece
G210M GPU(512MB)
+0円(ベース仕様)+0円(ベース仕様)10%

09年秋モデルのオーダースタートの頃はほとんど100%がGPUをアップグレードしています。Windows 7になってからcudaと言う規格が出来たとかで、動画のエンコードなどをGPUにやらせるようになっています。PMB VAIO Editionなどもこれを利用しているそうで、実はGPUのアップグレードは結構意味があるんです。

近いうちにそれを実験してみたいんですが、PMB VAIO Editionでその効果があるなら、かなり魅力的です。

 

 【メモリー】選択
選択項目アップグレード価格選択比率
12GB (4GB×2+2GB×2)+39,000円約25%
8GB (2GB×4)+10,000円約45%
4GB (2GB×2)+0円(ベース仕様)約30%

皆さん、すごいことになっています。ま、8GBへのアップグレードがたったの1万円だったら、私も8GBで購入したいところ。4GBのメモリーを使うのもやっとなので8GBを超える事なんて、私はまだ一度もWindows 7を使っていて見たことがないんですが。。。動画編集のソフトが64ビットにネイティブ対応するようになったら、12GBメモリーとかも全部軽く使ってしまうんでしょうね。

動画編集を考えている人は要チェックです。

 

 【ハードディスク】選択
選択項目アップグレード価格選択比率
約2TB 5400回転/分 (2TB×1)+18,000円約5%
約1TB 7200回転/分 (1TB×1)+3,000円約85%
約500GB 7200回転/分 (500GB×1)+0円(ベース仕様)約10%

ここはコストパフォーマンスを取って、ほとんどの方が1TB仕様に。テレビチューナーを搭載して録画マシンとしてつかうのでも、USB接続の外付けHDDに記録ができますから、内蔵は1TB、録画用HDDを外付けにということも可能。

容量もそうですが、回転数の差も見逃せません。

 

 【ドライブ】選択
選択項目アップグレード価格選択比率
ブルーレイディスクドライブ+15,000円約100%
DVDスーパーマルチ/BD-ROM+10,000円0%
DVDスーパーマルチドライブ+0円(ベース仕様)0%

時代はブルーレイディスクです。ついに100%を達成してしまいました。現在、当店経由でお買い上げいただいたVAIO Lシリーズでブルーレイディスクドライブを搭載していない仕様にしている方は一人もいらっしゃいません。

フルHDディスプレイ、地上デジタル&BSデジタルのWチューナーを搭載していて、それでブルーレイディスクドライブをつけない理由がありません。(^_^)v 

 

 その他、追加できるスペック
追加項目搭載内容選択比率
内蔵テレビチューナー 3波Wチューナー+15,000円約95%
タッチパネル+17,000円約60%
VAIO AVCトランスコーダー+6,000円約80%

で、そのテレビチューナーの搭載率ですが、なんとなんとの95%です。圧縮録画ができるAVCトランスコーダーも8割の方が搭載されています。大多数の方がVAIO LシリーズはBDレコーダー内蔵のハイビジョンテレビとして購入されているのかも。だったらエコポイントをVAIO Lシリーズにだけつけてくれても良いのに。。。

タッチパネルは09年秋モデルの際にはパーツ在庫が一瞬でなくなってしまい事実上選択できないような状態になってしまっていましたが今回は自由にオーダー可能。GPUのアップグレードが必須になるんですが、なんと6割の方がタッチパネル選択をされています。

相変わらず、ものすごい人気。秋シリーズの評判がそのまま引き継がれているような印象です。

 

 【3年保証サービス】選択
選択項目アップグレード価格選択比率
ワイド+13,000円約55%
ベーシック+0円(ベース仕様)約45%

3年修理保証サービスも約半数の方が選択されています。モバイルノートではないのにやや高めに設定されていますが、確かにこれ24型の大型ディスプレイなんですよね。持ち歩く事はないにしても、お子さん、ペットがいらっしゃるとちょっと心配なことが。。。

スタイルメンバーの方はなにも考えずに無料クーポンでつけてらっしゃるとは思いますが、こういう保険料が高い製品でクーポンを使うのは大正解です♪

 

以上、VAIO Lシリーズの最新オーナーメードレポートでした。このモデルもお得に買えるのはもしかして、明日の15時までだけになってしまうかも。

 

ZDS2318.jpg
★ソニースタイル『VAIO Lシリーズ』のご案内はこちらから

ZDS2407 のコピー.jpg
☆当店ホームページ「VAIO Lシリーズ 店員の声 オーナーメードレポート」

☆当店blog 09.12.16「VAIO対BDレコーダー『デジタル録画』比較!」

468_60.gif
★ソニーストアのご利用はこちらから

ZFS594.jpg
★ソニースタイル 10周年記念 感謝クーポンプレゼントのお知らせ

★ソニースタイル ソニスタクーポンの確認はこちらから 

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 2

あるが

Core iのVAIO F、猛烈に魅力的なんですが、今回はBSチューナーが欲しくてVAIO Lの選択になりました。
地方だと地上波デジタル放送だけでは物足りないんですよ。

タッチパネル、評判高いんですね。古い人間は、どうも画面に触れるっていうのに抵抗がありまして・・・(^^;
by あるが (2010-01-28 18:41) 

店員佐藤

♪あるがさん、こんばんわ。
VAIO Lシリーズのお買い上げ、ありがとうございます。
かなりはっきり分かれるというか、テレビ録画はLで
Fシリーズではまったくテレビ録画は眼中ないみたいな
オーダーになっています。AVCトランスコードが搭載
できないのが痛いですよね。

タッチパネルはウォークマンXも含め、iPhoneなどで
なじんだ方が多くいらっしゃいますから。とはいえ
私もなかなかLシリーズのタッチパネルに慣れることが
できずにいます。
by 店員佐藤 (2010-01-29 21:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ