α550でメリークリスマス!:ソニーショップ★テックスタッフ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

α550でメリークリスマス! [┣ デジタル一眼“α”]

DSC03403.jpg

まだクリスマスイブですが、当店のクリスマス特別企画ということで一昨日、表参道までイルミネーション撮影に行ってきましたので、その様子をお届けしたいと思います。

α550を持ってのイルミネーション撮影挑戦記です。今までいろんなセミナーで聞きかじってきたことを、実践してきました。

 

DSC03417.jpg

さて、場所は原宿・表参道です。10年ぶりに表参道のケヤキ並木のイルミネーションが復活したとかでニュースになっていましたが、12月1日から1月10日まで、17~22時の時間で点灯しているそうです。

11月にα550が届いてから、いろいろな被写体を相手に撮影練習してきていますが、このイルミネーション撮影もやってみたかったんです。

なんせα550をすでにお持ちの方なら気持ちはわかってくださると思うんですが、背面の液晶モニターがなんせ高性能でちょっとした夜の風景を写真にとるだけで、身もだえするほどきれいに夜景が撮れるんです。これ、ちゃんとしたイルミネーションを撮影したらもっと気持ちよいんだろうなぁ。。。ということで、試してきました。

 

さて、セミナー各種やガイドブックなどを読んで、夜景撮影に関してのいろいろなテクニックは覚えているんですけど、それをなかなか試す機会がありません。そういうテクニックは知識として覚えても身にはつかず、自分でやってみないと自分の技にはなりません。

ひとつひとつのテクニックを試してみます。

DSC03364.jpg 露出補正+0.7EV

まずはこれ、普通にプログラムオートで撮影している(やや、露出補正しています)写真です。表参道ヒルズのきれいに飾られたイルミネーションの様子なんですが、写真でみるとなにか感動がありません。見た目にはもっと派手に見えるんですけどね。

ということで、ここで露出補正してみます。

DSC03365.jpg 露出補正+1.3EV

ちょっとやりすぎなんですがこれは露出補正と言って、カメラが自動で感知している明るさよりも、もっと大幅に明るくするようにして撮影した写真。

イルミネーションが思い切り派手になりました。

そう、イルミネーション撮影の第一歩は露出をあげること。これで単なる電球撮影からイルミネーション撮影にしてくれます。このときは私は基本を+0.7EVに設定しておいて、撮影後のプレビューで物足りない!と、思ったときはさらに補正を強くかける、ということをしてきました。

なるほど、これだけの事で写真が全部デラックスになりますねぇ。

 

DSC03358.jpg ホワイトバランス:オート

続いてはホワイトバランスです。これは表参道ヒルズの隣にあるラルフローレンの建物ですが、まぁ、普通にきれいに撮れていますが、うーん、実際にはもうちょっと暖かみのある色なんです。

α550ではオートホワイトバランスの具合がかなり良くなっていて、見た目に近い色を出してくれるというか、あとから補正をしなくても使える写真が激増していて、かなりお気に入りな感じにはなっています。

が、ここに演出を加えたい、というときはやはり手を加えます。

DSC03359.jpg ホワイトバランス:日陰モード

これもちょっとやりすぎなんですが(^_^;)ホワイトバランスを太陽光とか日陰、曇空モードにすると一気にオレンジな感じの暖かい写真になります。

逆にこれを電球色モードにすると先ほどのオートホワイトバランスと同じ色になるので、正確なホワイトバランスをとってくれてはいるんですが、こっちの方がやはり雰囲気があるかなぁ。

ホワイトバランスってなに?という方も多いと思いますが、私もきちんと人に説明できるほどの理解はしていません。ですが、こういう使い方だけ覚えておいて効果だけ利用できれば良いかな?とも思えます。青っぽくしたいなら電球色モード、オレンジにしたいなら太陽光モード、みたいに覚えておくとよいようです。

 

DSC03361.jpg ノーマル撮影

続いては「オートHDR」です。これは明るいところと暗いところの差があるときに人間の見た目に近い状況にするため露出を変えたシャッターを高速に2枚切って合成するというもの。

日中の逆行時や、窓からの風景などに効果があることはわかっていたんですが、夜景では効果があるのかな?と、試してみたのがこちら。

DSC03363.jpg オートHDR撮影

看板のきれいなモデルさんを写したかったのですが、そこにギリギリ露出をあわせて撮影すると1枚目の場合、街路樹イルミネーションが寂しくなってしまっています。HDRを使うとだいぶ街路樹が浮き立ってきていますね。

HDRのコツは暗いところを持ち上げてくれる、なのでこういう場合は明るい看板に露出をあわせるのがコツ。

α550っていろいろ遊べて楽しい!

 

DSC03409.jpg 絞り値:F1.8

ついでに、こちらは当店の2009年人気ナンバーワンレンズに輝いた「SAL50F18」という、新しい50mm単焦点レンズの写真です。

イルミネーションを背景にして絞りを開いてあげると、こういう点光源というんですがLED電球がきれいにぼけてくれて水玉風になります。単焦点レンズを買ったら、こういう写真を撮ってみたくなるんです。

で、背景をぼかすには絞りをとにかく開くのがコツ。ということで、絞り開放のF1.8にして撮影してみたんですが、あらら、点光源が丸くなくてラグビーボールみたいになってしまいました。画面の真ん中あたりはきれいに丸くなるんですが、端の方に行くとどんどんゆがんでしまいます。

これも11月に開催されたソニーフェスタでの馬場先生のセミナーで指摘がありました。このレンズにはこういう癖があるので、それが気になるときは2段ほど絞ると良いんですよ、とのこと。

絞りというのはレンズを通る時に光が通ることができる面積のこと。光が通る面積が狭いとピントがあって見える範囲が広くなり、光が通る面積が広いとピントがあう範囲が狭くなってみえます。絞るとその分、ピントが合いやすくなってしまい、ぼけなくなるんですが、ちょっとやってみましょう。

DSC03411.jpg 絞り値:F4.0

これはだいぶしぼってF4.0にしたところ。ボケている点光源がやはり小さくなってしまっているのと、これもよく見ると点光源が丸くなくてカクカクして7角形くらいになっているように見えます。

絞り羽根の形がそのまま見えてしまうんですね。これも頭で理解しているだけだったので、実際にやってみると本当に言われた通りの効果があって楽しい。。。

もうちょっと丸みをつけたいので絞りをちょっとずつ開いてみます。

DSC03413.jpg 絞り値:F2.8

何枚か撮影してきたんですが、この距離の場合は絞りF2.8が一番良い感じでした。F2.0ではまだラグビーボール状態になってしまうし、こういうここぞという撮影の時は絞りを何種類も変えて撮影してみるのがよいんでしょうね。

これらのイルミネーション撮影のコツ。いっぺんに全部思い出して全部のことを反映させるなんていうのは、まだまだ出来そうもないんですが、ちょっとずつ挑戦、挑戦。

今回のお気に入り写真はこちらです。

 

3432847
α550SAL50F18 1/40秒 F2.0 ISO1600 +0.7EV WB:日陰モード

3432848
α550SAL50F18 1/60秒 F2.0 ISO1600 +0.7EV WB:日陰モード

3432849
α550SAL50F18 1/60秒 F1.8 ISO320 +0.7EV WB:曇天モード

 

DSC03390.jpg

表参道ヒルズの中にもクリスマスツリーがあってここでもたくさんの人が写真を撮っていました。ほとんどの方が携帯電話での撮影。なるほど、私はいつも携帯の他にカメラを持ち歩いているので気にしませんが、携帯で写真を撮る人にとっては携帯のカメラ性能ってすごく重要なんでしょうね。

3432850
α550SAL50F18 1/320秒 F1.8 ISO200 +0.7EV WB:曇天モード

特に露出をいじったわけではないんですが、ミラーボールの明かりをモロに受けたみたいで、すごく暗い写真になってしまいましたが、おかげで表参道ヒルズの中の景色が全部消えました。

偶然撮影できた写真ではあるんですが、なるほど、こうしてうるさい背景を消してしまうということもできるんですね。

 

DSC03366.jpg

こんな感じでの表参道イルミネーション撮影だったんですが、ちょっと残念なお知らせも。表参道にかかる歩道橋があって、ここからの眺めが最高なんだよなぁ!と、歩道橋からの写真撮影が狙いで行ってきたんですが、あいにく歩道橋は通行止めでした。

DSC03408.jpg

なるほど、考えることはみな一緒というか、思い切り人が鈴なりになってしまいそうで、事故防止のための措置のようです。

街路樹のイルミネーションを見下ろすように撮影しようとしている方は残念。

DSC03349.jpg

それと、私も三脚を持って行ったんですが、人混みでとても三脚が立てられる状況ではありませんでした。私もマナー重視で使えるところがあれば。。。程度のつもりで持ってきていたんですが出番はなし。

α550には強力な手ぶれ補正機能もついているので、今回はそれと、ISO高感度に頼って撮影してきました。ISO高感度の性能も上がっていてISO1600程度でもノイズ感はほとんどありませんし、手持ち撮影にも関わらずぶれを感じる写真も全くありませんでした。

気持ちよくイルミネーション写真を撮ることができて、α550に大感謝!なんですが!! うーん、行く前の意気込みとは裏腹に、なかなかうまく撮影できる画角が見つけられなくて苦戦。もう1回くらい、どこかにイルミネーション撮影に行きたいなぁ。

3432935
α550SAL50F18 1/60秒 F2.0 ISO1600 -0.7EV WB:オートモード

ということで、今年のクリスマスの挨拶に代えさせていただこうと思います。

メリークリスマス♪

 

ZDS1094.jpg
★ソニースタイル 単焦点レンズ「SAL50F18」のご案内はこちらから

ZDS1350.jpg
★当店ホームページ 単焦点レンズ「SAL50F18」店員の声はこちらから

☆当店blog 09.5.19「単焦点レンズ『SAL50F18』プチ店員の声」
☆当店blog 09.6.25「単焦点レンズ『SAL50F18』開梱レポート」

 

 

ZJS192.jpg
★ソニースタイル デジタル一眼レフ“α550”のご案内はこちらから

ZDS2260.jpg
☆当店ホームページ デジタル一眼レフ“α550”ファーストインプレッション店員の声

☆当店blog 09.10.2「SLパレオエクスプレス撮影紀行」
※発売前のα550を実際に使わせていただきました。
☆当店blog 09.10.11「α550特別体験会レポート」
※秒7コマ連写の様子を動画で紹介。他にも気になる中級機の話をちょこっと。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

sonystore
当店経由のソニーストア利用はこちらから
 
ソニーストア直営店ご利用の方へ New

ソニーショップ★テックスタッフ
当店HPはこちらから
店舗のご案内はこちらから
ソニー製品体験レンタルのご案内


Facebookはじめました

twitter.jpg
つぶやきはじめてみました

COUPON-500.jpg
ソニーストアお買い物券購入はこちらから 

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ